2019年03月12日

ベルファスト・フリーウォーキングツアー①

曇天の火曜日のロンドン。今日は強風注意報が発令されており、午前9時頃から雨が降り出して1日荒れ模様になる予報です。最高気温は9℃。雨に濡れて風邪を引いたりしないようにお気を付けください。

イギリスにクレジットヒストリーが無いので、クレジットカードの利用限度額が凄く低く設定されていた結果、飛行機のチケットが買えなかったり、結果として海外旅行が計画できなかったり、大きな買い物(PCとか)をしたら直ぐに現金で支払いをしたりと色々不便だったのですが。ロンドンに住み始めて6か月が経ったことで上限の引き上げ申請が認められました。これからは遣り繰りを計画したり、夫が出張時にチケットを現金で購入したりと怖いことをしなくて済むので随分安心しました。6か月経って、やっと生活が軌道に乗ってきたように感じます。やれやれ。
**********************************************************************
さて、今回は北アイルランドの首府であるベルファストの街を案内してくれる、ツアーの後に料金を参加者が決められるウォーキングツアー『BELFAST FREE WALKING TOUR』に乗った感想です。
2019-03-03 17.37.59.jpg
読んでも読んでも何故か歴史が頭に入らないポンコツ脳を持つ私は、旅行をしたら歴史を教えてくれるウォーキングツアーに乗るようにしています。英語の問題なのか分りませんが、何故か人が説明してくれると、録音された説明やマイクの説明に比べて内容が頭に入ってきやすいように感じます。
2019-03-04 07.00.30.jpg
そんなウォーキングツアーの中でも、各都市にあるフリーウォーキングツアーはお気に入り。支払う料金はツアーが終わった後に参加者が決められるので、ガイドさん達が説明が上手で飽きさせない内容に仕上がっていることが多い為です。勿論納得のゆく料金しか支払わなくて済むのも気に入っているポイント。
2019-03-03 17.34.31.jpg
そこで今回の旅でもフリーウォーキングツアーを探したら、ベルファストの街には存在しました。料金の支払いは申し込み時には発生しないものの、参加を希望する場合には予め予約をする必要があります(飛び入り参加もできそうでしたが)。
2019-03-03 17.34.35.jpg
催行時間は毎日午前11時と午後2時半で、集合場所は市庁舎前。私達が泊まった宿は宿泊料金に朝食が含まれていたので朝ご飯をのんびり食べたくて、午後2時半からのツアーを予約・参加しました。
2019-03-03 17.36.19.jpg
ツアー参加者は、プエルトリコから来た女性3人組にアメリカ人2人、アイルランド人にスコットランド人、それにロンドンから来た人達と大きすぎず小さすぎずといったサイズでした。夏はもう少し混むのかもしれません。
2019-03-03 17.38.12.jpg
ツアーの終了はアルバート記念時計塔(The Albert Memorial Clock)にて午後4時45分。2時間15分掛かったツアーは、移動距離は然程長くありませんでした。
2019-03-03 17.38.57.jpg
市庁舎、リネン・クオーター、カテドラル・クオーター、タイタニック慰霊碑、ヨーロッパホテル、クラウンバー、ビッグフィッシュ、アルバート記念時計塔などの名所を巡りながら、歴史、面白い噂、謂れ、地元の人ならではのアドバイスなんかを話してくれます。北アイルランド紛争に関する話も沢山登場します。
2019-03-03 17.41.16.jpg
他のツアーやお勧めのパブ・食事処に関しても忌憚ない意見を聞けるので、移動中に質問することも可能。結構ビシバシ厳しいことも言っていたので、その後の観光計画の参考にもなりました。
2019-03-03 17.45.44.jpg
観光のスタートに乗ることをお勧めします。私達はとても満足したのですが、参加者も多かったですし、凄く長いツアーでもなかったので、1人£10ずつ支払いました。
2019-03-03 17.46.22.jpg
ツアーで説明してもらったベルファストの街の様子は次回に続きます。
posted by london-twosome at 02:07| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください