2019年03月15日

豊富な語彙

今朝も強風が吹き荒れている金曜日のロンドン。今日も引き続き強風注意報(イエローワーニング)が発令されていますので、枝が落下してきそうな場所を避けるなどお気を付けください。本日の予報は曇りですが、10%前後の降水確率はありますので、いつ雨が降っても大丈夫なように準備して出かけた方が安心そうです。最高気温は15℃、最低気温も10℃と比較的暖かい1日となる予報です。

どうにも倦怠感が酷く全然頭が働かないので火曜日からずっとダウンしています。とは言え、最低限の家事だけはしていたのですが。昨日近くのスーパーに買い物に出るだけだからと油断して傘を持たずに出掛けたら、まんまと雨に降られました。結構晴れていたのに、俄かに曇ったと思ったら強い雨。折角風邪が治ってきたところなのにぶり返したら大変と帰宅して乾かそうと思ったら、急に寝室が雨漏りし始めました。慌てて不動産屋さんに電話。バタバタとバケツや雑巾を設置したり、不動産屋さんや物件の管理をしているハンディーさんの対応をしていたら、すっかり着替えるタイミングを逃してしまい。雨が止み、一段落した午後にはすっかり体調が悪くなってしまいました。薬を飲んで寝たのに今日はすっかり風邪っぴきに逆戻り。幸いなことに原因不明の強い倦怠感は取れてきてるみたいなので頭は働きますが、体調が最悪。仕方ないので今日も1日ベッドで過ごします。

数日前には料理も何もしてないのに何かの警報が鳴り響き、無駄にあたふたしましたし。次から次へと起きるアパートのトラブルに、相変わらず悩まされる日々です。とは言え、隣町で強盗に入られた老女がショックで心臓発作を起こし他界される事件が起きたようで。その報道で同日に3軒も同じ通りで強盗に入られたことも知り。トラブルに悩まされても、セキュリティーがきちんとしている今の物件に住めているのは有難いと改めて思った次第です。

ライブで4人もの観客がナイフで刺される事件が起きたり、強盗や空き巣、追いはぎが横行したり。経済が落ち込んでいるせいか、犯罪の報道が本当に目につきます。皆様安全にお過ごしください。ニュージーランドの事件も…なんてことでしょう。
**********************************************************************
さて、今回は体調が悪すぎてベルファストの詳細を記すことはできないので、ロンドンで暮らし始めてから小さな楽しみになっている天気予報についてです。
2019-02-14 09.34.03.jpg
ロンドンに暮らし始めて、人々の語彙の豊富さに感心しています。アメリカ英語とイギリス英語は言い回しが全然違っていて面白いのですが、それ以外にもイギリス人の方が語彙が豊富だと感じます。

別に良い悪いという問題ではなく、多分圧倒的に多国籍国家であるアメリカではなるべく少ない語彙で、単純に、短い文章で、誰にでも正確に言いたいことを伝えることが優先された結果だと思うのですが。長い期間アメリカ英語に慣れた耳には、イギリス英語が豊かで愉快に響きます。
2019-03-01 17.24.56.jpg
BBCでインタビューを見ていると、どうやら小学校に入る位から語彙がぐんと豊かになっているのでは?と思われ。小さな子供たちがとっても長い文章を、丁寧語や尊敬語を使いこなして一丁前に意見を述べているのを聞くと、非常に微笑ましい気分になります。

身近なところでその違いを顕著に感じるのが、天気予報。兎に角語彙が豊富なんです。
2019-02-06 09.45.47.jpg
最近、強風の荒れ模様が続いているのですが、『windy』、『 blustery』、『 gusty』、『 stormy』、『 wild wind』と強風を表すだけでも色んな単語が出てきます。しかも使い分けている。

天候とお天気予報士の方々の使っている単語を見比べてはいるのですが、どうにもまだ使い分け方がよく解りません。何となくwindyはコンスタントに風が強い状態。blusteryは風がビュービューと音を立てて吹いている状態。gustyは突風が吹く状態。stormyは強風に雨も加わった状態…なのかなぁ?と思っているのですが。ではblusteryとgustyの違いは?となるとよく解りません。
2019-01-07 18.11.37.jpg
曇天も、『cloudy』と『overcast』を明らかに使い分けているので調べてみると、overcastは雲で空全体が覆われて空が全く見えない状態であるのに対し、cloudyは雲が多いものの偶に切れ間から空が見える状態のことを指すとのこと。曇天にも他に色々表現方法があったと思うのですが、覚えられていません。

そんな風にTVを見るだけで色々発見がある今日この頃。スコットランドや北アイルランドを旅行すると、其々発音やイントネーションが違うだけでなく、使われている単語も違っていて面白かったです。
2019-03-01 16.50.06.jpg
同じ英語圏として一緒くたに考えがちですが、やっぱり世界は広い。まだまだ学ぶことだらけのロンドン生活です。
posted by london-twosome at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください