2019年03月16日

ベルファストのカテドラル・クオーター

雲一つない快晴の日曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ。夕方からは晴れとなっていますが、これから雲が出てくるのでしょうか?ただ午後はにわか雨が降る所もあるようなので、お出かけの際には念の為傘を携帯した方が安心かもしれません。

今日は聖パトリックの祝日(St. Patrick's Day)。ピカデリーサーカスから正午にパレードが始まったり、トラファルガー広場で正午から午後6時までフェスティバルが開かれたり、催し物が開かれるようです。アイリッシュパブなんかも盛り上がることでしょう。勝手な印象だとニューヨークよりロンドンの方が盛り上がりそうな気がしていますが、どうでしょうか?今日はやっと体調がある程度回復したので、少しだけ外出してみるつもりなので、街の様子が楽しめることを期待しています。
**********************************************************************
さて、今回はベルファストの街にある数ある地域の中で一番の繁華街だと思われる『カテドラル・クオーター』(Cathedral Quarter)の風景をお届けします。
2019-03-06 12.40.29.jpg
今回の旅行では、北アイルランドがロンドンに比べて少し物価が安いこともあり、また中年になったのでバーフードとかは胃が受け付けにくくなってきたこともあり、奮発してきちんとしたレストランで食事を多く摂りました。その結果として、滞在したホテルはボタニカル駅近く(クイーンズ大学方面)だったにも関わらず、カテドラル・クオーターに頻繁に足を運びました。
2019-03-04 16.28.46.jpg
カテドラル・クオーターは、その名の通り聖アン大聖堂(St Anne’s Cathedral)のある地域なのですが、現在は話題のバーやレストランが集まっている場所として有名。現在とっても人気らしい『The Dirty Onion』というバー(パブ?)、北アイルランドで唯一らしい5つ星ホテル『The Merchant Hotel』、ベルファストにサードウェイブコーヒーをもたらしたと言われている『Established Coffee』、私達も足を運んだコンテンポラリーアートセンター『MAC』があります。
2019-03-04 16.29.00.jpg
そんなカテドラル・クオーターは、ストリートアートの宝庫でもあります。今回は地域の風景をお届けします。
2019-03-04 16.29.25.jpg
なお、重ねてになりますが多くのアートは北アイルランド問題にかかわるメッセージ性があるように思われますが、意味が分からないことが殆どです。写真を載せたからといってどちらかの意見に同調している、広めようとしているというわけではありませんので、思想的な事は抜きにして風景としてお楽しみください。
2019-03-04 16.30.53.jpg
有名なミュージシャンを多く輩出しているらしいベルファスト。彼らも有名なのでしょうか?

2019-03-04 16.31.06.jpg
細い路地にぎっしりパブやレストランが並び、電飾で飾られていることが多いです。

2019-03-04 16.31.29.jpg
ベルファストの街の中心街はユニオニストとナショナリストの棲み分けがくっきりとは無く、入り混じっているように見えましたが、パブの外側からどちら側かはっきり理解できるようにしているお店が結構あった印象です。無用なトラブルを避けるための工夫なのでしょうか。

2019-03-04 16.31.56.jpg
暖かくなると路地で立ち飲みする人で溢れるみたいです。

2019-03-04 16.32.19.jpg
そんな人たちの為に路地にはベンチが。

2019-03-04 16.32.38.jpg
窓にもアート。

2019-03-04 16.33.01.jpg
ベルファストの名所を使ったアート(宣伝?)。

2019-03-04 18.46.44.jpg
夜に訪れた上の路地。

2019-03-04 18.47.00.jpg
最終日にアルスター博物館(Ulster Museum)を訪れた際に、北アイルランド問題を扱ったセクションで『The Umbrella Man』という絵が飾られていました。

2019-03-04 18.48.16.jpg
その絵の詳細は忘れてしまったのですが、1968年から始まった北アイルランド問題(The Troubles)を象徴的に描いたもので、ユニオニストの地区で偶々働いていたカトリック系住民が抗争が起こっているためにイギリス側の警察組織がやってくるから危ないので避難するよう言われて蜘蛛の子を散らすように逃げている最中、傘売りを突き飛ばしたので傘が空を舞った様子を描いたというような説明だったと記憶しています。

2019-03-04 18.48.35.jpg
上の写真の路地に面したガレージ様の扉が夜になると開き、中にぎっしりアートがありました。

2019-03-04 18.49.35.jpg
そこにもカラフルな傘。傘には何かのメッセージ性があるのかも?とアルスター博物館で絵を見て初めて思い当たりましたが、それが何かは解りませんでした。

2019-03-04 18.49.30.jpg
アイルランドの詩人であるウィリアム・バトラー・イェイツ氏の『An Irish Airman Foresees His Death』という詩が天井に書かれていたり。

2019-03-04 18.50.23.jpg

2019-03-04 18.50.30.jpg

2019-03-04 18.50.34.jpg
中に入ると駐車場の周りも宣伝や絵、多分何らかのメッセージ性のあるアートがぎっしり。

2019-03-04 18.52.10.jpg
暖かい季節には、このような場所でも人々が飲み明かすのでしょうか。

2019-03-04 18.53.11.jpg
紛争の最中は街の中心部への立ち入りは午後8時以降禁止されていた名残なのか、夜は人通りが極端に減ります。

2019-03-04 18.56.37.jpg
posted by london-twosome at 23:44| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください