2019年03月31日

北アイルランドのお土産

どんよりと曇っている日曜日のロンドン。今日は1日曇りのようですが、夕方から太陽が出る地域もあるようです。最高気温は11℃。BBCのお天気お兄さんは「今日からまた厚い上着を引っ張り出して着る必要があります」と言っていました。今週は先週程は太陽に恵まれなそうです。

昨日は春らしい暖かくて晴れ渡った、気持ちの良い日でしたね。用事で出掛けたリージェンツ・パークは一重の桜は既に散っていましたが、八重の桜が満開で非常に美しかったです。多くの人がピクニックを楽しんでも居て、とっても幸せな気分になりました。

移動中の地下鉄で『Britain Explained』という本を読んでいたら、目の前に立っていた男性が「イギリスを理解しようとしてるんだね。なかなか込み入っているでしょう?」と話しかけてきました。なので「混乱しちゃうんですよねー。特にEnglishとBritishの違いがねー」と答えたら、延々とEnglandとBritainとUnited Kingdomの違いが何処に起因するのか、歴史的な背景を説明してくださいました。途中で私の下車駅が来てしまい最後まで聞けませんでしたが、すらすらと年号迄交えて説明できるのが素晴らしい!と心から感心しました。そしてイギリスを分かって欲しいというような、熱心な気持ちを持っているのが分かって、表向きは物静かなイギリス人の方々の熱い面を垣間見た気がしました。

昨日は自分の説明の順番を待つ間、一緒に待っている人々と雑談する機会もあって、ブレグジットなんかについて話ができて、とても楽しいひと時を過ごしました。やっぱりその国の人達と話せると、住んでいる国のことを一番よく学べる気がします。
**********************************************************************
さて、今回はちょっと時間が無いので北アイルランド旅行から持ち帰ったお土産の備忘録です。
2019-03-10 07.20.43.jpg

2019-03-10 07.19.58.jpg

2019-03-10 07.20.32.jpg
ロンドンに戻るフライトを待つ間に、シティーエアポートの売店で購入したアイルランド土産。北アイルランドっぽさは薄いですが…。トフィーは本当に色んな場面で食べたので、北アイルランドのお土産にぴったりだと思います。因みにイギリス人の方々は、ショートブレッドも「ビスケット」と呼びます。クッキーと言わないだけなのか、クッキーとビスケットの違いが明確にあるのか…ボランティア仲間に聞いてみたい謎の1つです。

2019-03-10 07.20.59.jpg

2019-03-10 07.21.12.jpg
北アイルランドと言えば、という存在だったのがソーダブレッドとポテトブレッド。因みにアイルランド共和国側と北アイルランド側のソーダブレッドには明らかな違いがある為、ニューヨークやロンドンで食べたことがあったソーダブレッドとも、ダブリンやキラーニーを旅行した時に食べたソーダブレッドとも全然違う、未知のパンでした。でも日持ちがしない為ベルファストでは買えず、デリー/ロンドンデリーでは甘くないパンを販売しているベーカリーを見つけることができず。仕方なくスーパーのテスコに入ったら、パッケージされているソーダブレッドとポテトブレッドを発見。因みにアルスターでは、ソーダブレッドやポテトブレッドのことを『farls』と呼んでいます。私が今まで食べてきたソーダブレッドはcakesと呼ばれる種類らしい。色々違うんですねぇ。ポテトブレッドは、地元の人達がしていたようにフライパンで焼いた方が、トースターでトーストするよりも断然美味しかったです。

2019-03-10 12.44.53.jpg
北アイルランドで食べたり、ちゃんとしたベーカリーで購入したパンの方がやっぱり美味しかったです。

2019-03-10 07.21.44.jpg

2019-03-10 07.21.55.jpg
テスコでは北アイルランドのティーバッグも購入。私はミルクティー派なので、苦みがあって強いアイルランドの紅茶は好きでした。既に1つは飲み終わり、2つ目も半分消費してしまいました。

2019-03-10 07.21.30.jpg
Primroseというデリで購入したいバターがあったので、ランチがてら訪れました。残念ながらお目当てのバターは小売りを止めてしまったそうでしたが、2017年に発売されて以来話題になっているブラック・バターと呼ばれるアップルソースのような製品が面白そうだったので日本へのお土産に購入しました。ついでに我が家用にジャムも購入。

2019-03-15 06.28.09.jpg
バターが買えなかったので、テスコで販売されている普通のバターを購入。ロンドンのスーパーで売られている北アイルランドのバターとパッケージが違うだけで同じ味でした。

2019-03-10 07.30.45.jpg
デリー/ロンドンデリーの観光案内所で販売されていた街の歴史を説明した日本語のパンフレット。翻訳ソフトを使ったらしく、説明が分からない箇所が所々ありましたが。日本語の需要をお知らせしたくて購入。

2019-03-10 07.30.56.jpg
ベルファストの観光案内所で購入した北アイルランドの名所がイラストで描かれたカード。旅先から出すようにしていた絵葉書は、私も歳を取り書く時間を確保するのが難しくなってきたこと、イギリスの郵便事情が悪いこと、送料が凄く高価なこともあって、今回は止めにし。こまめに旅先から便りをくれる友人にのみカードを送りました。

2019-03-10 07.31.09.jpg
思い出に集めているマグネット。北アイルランドは初だったので、ベルファストの観光案内所で同様のイラストのマグネットを購入。

2019-03-10 07.32.25.jpg

2019-03-10 07.33.24.jpg

2019-03-10 07.33.40.jpg
デリー/ロンドンデリーの城壁内にあった『SmartSwag』。地元アーティストのイラストやカード、アクセサリーや雑貨を販売しているお店です。レインボーとユニコーンが大好きな友人の為にあるようなキーチェーンがあったので、思わず購入。地元イラストレーターさんがデザインした、デリー/ロンドンデリーの絵葉書もお買い上げ。店員さんが若い男性で、沢山雑談してくれて、デリー/ロンドンデリーのことを聞けて楽しかったですし、勉強になりました。地元の人と言葉を交わせると、観光が旅になる感じがして記憶に残ります。

2019-03-27 16.33.00.jpg

2019-03-27 16.33.07.jpg

2019-03-27 16.33.15.jpg
番外編ですが、北アイルランドで手作りされているバター『Abernethy Butter』を北アイルランドでは購入できませんでしたが、ロンドンのデパートなどで販売されています。まだ味見できていませんが、食べるのが楽しみです。ベルファストが最終日だったら、AVOCAで買えたのに。

2019-03-06 07.44.24.jpg
AVOCAでは、穴が空いた靴下の代わりと温かい毛糸の靴下を自分用に…

2019-03-06 07.44.55.jpg
マフラー&帽子を夫用に購入。早速愛用しています。

2019-03-04 16.45.46.jpg
私達は何も買いませんでしたが、ベルファストの地元アーティストの作品や工芸品を集めたお店『Studio Souk』は品揃えが良くてお勧めです。立地も町の中心で便利。

2019-03-10 07.31.42.jpg
posted by london-twosome at 16:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください