2019年04月29日

ヒーバー城へ鉄道日帰りの旅

霧が出ている火曜日のロンドン。本日の予報は曇り後晴れ。最高気温は18℃。雨の心配はほぼ無さそうです。

今朝はBBCでも日本の元号が変わることを報道しています。経済指標を報道する際に、ついでみたいに「日本の市場はお休みです。現在日本は元号が変わることを祝って長期の祝日に入っています」みたいにさらっと触れている感じですが、現行天皇が式典を執り行う為に移動している動画も一瞬流していて、結構興味がありそうです。

夫が無事帰宅して、日常が戻りました。夫が不在でも午前5時半に起きて、ジム行って…という生活は変わりませんが。今日も眩暈がしていますが、活動はできそうです。眩暈に苦しむ人って多い気がするんですよね…なんで原因&治療法が解らないのでしょうか。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンから鉄道に乗ってヒーバー城(Hever Castle)に日帰り旅行をした際に知っておくと便利だと思われる物事です。
2019-04-26 14.31.25.jpg
以前も記載した通り、ロンドンからの鉄道はサザン鉄道(Southern Rail)に乗りました。私は荷物が無く、20分~25分歩くのが苦にならないので一番の最寄り駅である『Hever』駅から歩きましたが。駅からヒーバー城までの道は田舎の細い道で歩道がありません。
2019-04-26 08.53.11.jpg
荷物がある、健脚ではない、お子さん連れ等で25分も歩道の無い道を歩けない場合は、一つ前の『Edenbridge Town』駅で降りてタクシーに乗ることをお城側は勧めています(Heverにはタクシー会社が無い)。また予め到着時間を決めた上で、タクシーの予約をした方が良いとのこと。Relyon Carsという会社ですので、アレンジをお忘れなく。
2019-04-26 09.49.21.jpg
ヒーバー駅は無人駅。駅舎も無く、従ってトイレもありません。駅の周りにも店なんてものは皆無。お城に着くまでトイレを使ったり、ドリンク等を購入することができませんので、そのつもりで電車の中でトイレを済ませておいたり、ロンドンの駅で予め必要な物は購入しておく必要があります。因みにお城まで営業しているお店は一軒もありませんでした。
2019-04-26 09.57.30.jpg
駅にお城への地図が貼ってありますし、お城のHPでは標識に従って行けば分かるように書いてありましたが、私は迷いました。念の為、スマートフォンで地図検索ができるように充電をしっかりすることもお勧めです。残念ながらサザン鉄道のファーストクラス以外の車両には電源はありませんのでそのおつもりで。
2019-04-26 10.21.47.jpg
駅からお城迄の道は牧場や豪邸がある牧歌的な風景。春らしく子羊が草を食んでいたり、馬がパカパカと歩いていたり、野ウサギの親子が3匹でひょこひょこ牧場を横切っていたりしました。子ウサギや子羊が春らしくて、凄く可愛かったです。
2019-04-26 09.52.34.jpg
春らしいと言えば、道路脇にもブルーベルが沢山咲いていました。流石ケント。緑溢れるイギリスの田舎らしい風景が広がります。とは言え、割と交通量があるのでお気を付けください。
2019-04-26 10.27.25.jpg
ヒーバー城には、入口ゲート近くやローズガーデン横など困らない程度にトイレがあり、ローズガーデン横のトイレは割と清潔でした。ただ池の周りを歩くルートの方にはトイレがありませんので、お気を付けください。
2019-04-26 14.42.39.jpg
もう少し暖かくなると売店も開き、色んな場所に設置されているピクニックテーブルやベンチで気軽に食事を楽しめそうでした。が、屋根がある食事処は2か所しかないと思いますので、天気が悪いと混みそうです。
2019-04-26 11.43.51.jpg
入口近くにあるMOAT RESTAURANTで食事をしましたが、温かい食事は正午~午後3時までしか提供されません。因みにローズガーデン横にあるGUTHRIE PAVILION RESTAURANTの温かい食事は正午~午後2時半までしか注文できません。モート・レストランでは午後3時を過ぎても売れ残ったサンドイッチは引き続き買えますので、午後3時以降甘くない食事がしたい場合は、入口近くのカフェテリアの方が良さそうです。
2019-04-26 14.54.11.jpg
私は2種類あったスープからリークとポテトのスープの選び、ケントのクリスプ(イギリスではポテトチップの事をクリスプと呼びます。ポテトチップはポテトフライ(アメリカでいうフレンチフライ)の事。)とアールグレイをカップで頼んで〆て£9。スープにはケントの名を冠したフッカフカの白パンが添えられていて、とても美味でした。
2019-04-26 14.20.50.jpg
売店は2か所にあります。ローズガーデン横のショップは入りませんでしたが、多分植物の苗や種、ガーデニング用品を買うならCOURTYARD SHOPの方が向いていそう。ガーデナーさん曰く、ヒーバー城の為に作って貰った薔薇の品種の苗なんかも売っているそうなので、車で訪れてガーデニングされたい方はチェックしてみると良さそうです。
2019-04-26 12.45.11.jpg
私が買い物したのは入口近く、モート・レストランの向かいにあるHEVER SHOP。ここはお土産物を販売していて、ヒーバー城の絵葉書やカード、マグネットやティータオル、マグカップにキーチェーンといった定番のお土産物に加え。Book of Hoursと呼ばれるアン・ブーリン直筆の署名が入った彼女が肌身離さず使っていた聖書(でしょうか?祈りの書と呼ばれていますが)の装丁を使った商品も各種並べられています。
2019-04-26 14.00.02.jpg
加えて地元ケントで作られたチョコレート、トフィー、ジャムなんかも売られていて、想像以上にお土産物を探すのに便利そうな売店でした。実際夫が次に日本出張に行く時のお土産を購入しちゃいました。時間が無くてよく見れなかったのですが、できれば自分が使う絵葉書なんかも購入したかったです。
2019-04-26 09.53.55.jpg
ロンドンとヒーバーを往復する電車は1時間に1本しか走っていません。逃したらもう1時間待たねばなりませんし、午後4時5分の電車を逃すと、購入してあるオフピークの安価なチケットが使えなくなってしまします。
2019-04-26 15.34.58.jpg
その為早めに駅に着くように、午後3時20分にはお城を後にしました。帰りは迷うことなく20分で無事駅に到着。
2019-04-26 15.37.54.jpg
ヒーバー駅は無人駅ですが、ロンドン行きの電車が発着する1番線には券売機が設置されており、電車の運行状況が表示されるインフォメーション電光掲示板があります。そこを確認すれば自分が乗る電車が遅延していないか、今何処の駅に居るが表示されています。発着する電車を知らせる大きな電光掲示板は別にあります。
2019-04-26 15.21.32.jpg
4両編成の短い電車なので、小さな待合室のある周辺から2-4両と書かれた看板の間(長いホームの片側だけ)で電車を待たないと、電車が来てから猛ダッシュすることになりますのでお気を付けください。
2019-04-26 10.27.55.jpg
ロンドンに帰る電車は空いているとは言っても、全ての列に人が1人は座っている感じでした。2人で並んで座りたいとなると、4人席を誰かとシェアすることになったでしょう。
2019-04-26 10.37.37.jpg
とは言え、たったの50分であっという間にロンドンブリッジ駅に到着しました。気軽に訪れることができるのに、見所満載の庭と歴史があるお城があって訪れる価値が十分あると感じました。他の季節に庭も見たいですし、お城の展示も鑑賞したいですし、予約制のアフタヌーンティー(チューダーヴィレッジのティールームで食べられるらしい)も奮発してみたいですし。
2019-04-26 13.31.04.jpg
イギリス人のご婦人が「クリスマスにはお城全体が綺麗にライトアップされて、各部屋に違う趣向を凝らした立派なクリスマスツリーが飾られて、そりゃー見応えがあるわよ。是非クリスマスにも再訪したら良いわよ!」と太鼓判を押していたので、見たくなっていますし。四季折々に足を運びたくなっています。

Hever Castle & Gardens
Hever Rd, Hever, Edenbridge TN8 7NG
詳細はお城のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 22:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください