2019年09月10日

テート・ブリテンの『The EY Exhibition: Van Gogh and Britain』

青空が覗いている火曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。少し太陽が顔ぞ覗かせる時間もあるようですが、日中少しだけ降水確率があるので、小雨がぱらつくかもしれません。とは言え、現時点では良い天気なんですけれども。最高気温は20℃で、最低気温も11℃と久し振りに10℃を下回りません。日中活動をしたら、少し汗ばみそうな感じです。

昨晩もイギリス議会が夜まで審議を続け、政権が提出した法案が否決されました。イギリス議会の顔のように感じていた、「オーダー!」という台詞で有名な下院議長が10月末で辞任することも発表。引き続き嵐のような情勢が続いています。イギリス議会は、今晩から5週間休会してしまいますし、一体どうなるのでしょうか。

今日は朝から用事が入っているので、早速本題です。
******************************************************************
さて、今回はテート・ブリテンの『The EY Exhibition: Van Gogh and Britain』の感想です。
2019-06-30 12.54.27.jpg
この展覧会は2019年3月27日〜8月11日までテート・ブリテンで開催されていました。感想を書こうとずっと思っていたのですが、旅行したり、夏の間しか見れないガーデンを見たりして忙しかったので、書きそびれていました。

私は特にアートが好きなわけではありませんし、アートヒストリーを大学で受講したこともありません。その為、ゴッホがどのような人生を送ったのか殆ど知りませんでした。
2019-06-30 13.55.00.jpg
フランスの田舎で暮らし、あまり裕福ではなく、後年は精神病に苦しみ自殺した…というような認識だったので、この展覧会で実はゴッホが兄と一緒にロンドンに暮らしていたこと。アートディーラーとして働いていたこと。アートの教育を受けたわけではなく、自己流で写生を始めたこと。強い社会主義的な考えを持っていたこと、等を初めて知りました。

有名な絵画が、テムズ川に写ったロンドンの街の灯だったことも初めて知りましたし。ロンドンで暮らす内に、下級労働者の苦しい生活を目の当たりにして、フランスに戻った際にコミューンを形成して田舎に暮らすきっかけを作ったりと、ロンドンがゴッホに与えた影響の大きさを説明していました。
2019-06-30 13.57.08.jpg
勝手にゴッホは如何にもアーティストらしく、社会的な問題や政治に関心があまりなかったと思いこんでいたので、非常に意外に感じました。とてもわかりやすくまとめられていて、興味深い展示でした。

The EY Exhibition: Van Gogh and Britain
TATE BRITAIN
Millbank, London SW1P 4RG
展覧会の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 00:41| Comment(0) | パブリックアート・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください