2019年08月12日

2019年8月第2週のリージェンツ・パーク

雲に覆われた月曜日のロンドン。本日の予報は曇り後雨。雨と言ってもイギリスらしい小雨が降るようです。最高気温は19℃で最低気温は9℃。最近は朝晩肌寒くて、夏の盛りは過ぎた気がしますね。

昨日から体調がまたまたイマイチで何もする気が起きず。ベッドで動画サイトを見ていたら、英語の聞き取りを強化する動画を薦められました。何となく見てみたら、これが面白く勉強になるので幾つも連続で視聴。知らなかった単語の使い分けを学べたりして凄く為にもなりました。イギリスに来て暫くはブリティッシュ・アクセントに悩まされたのですが、最近は随分耳も慣れてきました。ニューヨーク時代にオーストラリア人のクラスメイトがいて、彼女がバリバリのブリティッシュ・アクセントで喋っていたので大分慣れたのですが。「プライバシー」をイギリスだと「プリヴァシー」と発音したり、語尾を絶対に下げる喋り方に最初は慣れなかったのですが、聞き取れないという事は無くなってきました。

なのに先日買い物をした際、店員さんが告げた金額が全然聞き取れず。「幾らって仰ったんですか?」と繰り返してもらっても、全然解らず。結局レジで金額を確かめて支払いました。店を出た後、「店員さんが言ってること全然分からなかった!」と言うと、夫曰く「イギリス人の、特に若者は、アメリカ人に比べても全然Tを発音しないから、Thirty-sixをIrty-sixって言ってたから聞き取れなかったんだよ」と解説。昨日の動画でも如何に英語が母国語の人達がTを発音しないのかを解説していたのですが、それと比べてもイギリスの、特に若者は徹底してTを発音しません。なんでよ?!と思う訳ですが、日本人やアメリカ人の若者が喋るのを聞いていると段々と口を開かず横着な発音になっているのを凄く感じるので、少ない労力で喋れるように言葉が変化した結果なんですね、きっと。
********************************************************************
さて、今回は2019年8月第2週のリージェンツ・パーク(Regent’s Park)の風景をお届けします。
2019-08-09 14.16.28.jpg
ちょっと贅沢なランチをしがてらリージェンツ・パークの彫刻展を見に出掛けたのですが、ついでにアヴェニュー・ガーデンも見てきました。夏で花が盛りでとても綺麗だったので、多くは写真を撮りませんでしたがお裾分けです。
2019-08-09 13.33.36.jpg

2019-08-09 13.40.01.jpg
広々とした気持ちの良い芝生。

2019-08-09 14.17.35.jpg
Griffin Tazzaは変わらずピンクの花。

2019-08-09 14.18.05.jpg
Griffin Tazzaの周りの花壇は、前回は空いてましたが黄色やピンクの花で埋まって華やか。

2019-08-09 14.21.48.jpg
ライオン型花器の北側のガーデン。

2019-08-09 14.20.23.jpg

2019-08-09 14.21.16.jpg
青や紫の色味の花が中心。

2019-08-09 14.28.13.jpg
ライオンベースの南側の花壇は色彩豊か。

2019-08-09 14.25.44.jpg

2019-08-09 14.26.05.jpg

2019-08-09 14.27.50.jpg
黄色やオレンジ等の鮮やかなビタミンカラーと葉っぱの組み合わせが多いでしょうか。

2019-08-09 14.26.41.jpg

2019-08-09 14.26.59.jpg
花器を使って高さを出した花壇。

2019-08-09 14.29.09.jpg
ブロードウォークの東側の花壇。

2019-08-09 14.29.47.jpg

2019-08-09 14.30.20.jpg

2019-08-09 14.30.38.jpg
こちら側の花壇も綺麗に咲きそろっていました。

2019-08-09 14.25.32.jpg
posted by london-twosome at 00:52| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください