2019年08月13日

ロンドン~ヨーク鉄道の旅

晴れている火曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は21℃で過ごしやすい1日になりそうです。

何故か風邪がぶり返し、微熱が出て体中が痛みます…ので、早速本題です。
********************************************************************
さて、今回は1泊2日でヨーク(York)を鉄道で訪れた備忘録です。
2019-08-06 10.09.15.jpg
ヨークは、イングランド北部のノース・ヨークシャー州の街で、日本においては京都のような位置づけに感じます。夫と同じフロアで働くイギリス人の方々もお勧めしてくださっていましたし、私がロンドンに住み始める前から行きたかった庭が近くにあることから、やっと実現させた旅行でした。

ヨークの周りには豊かな自然や小さな町、天体観測できる宿等が点在しているので、1週間かけて周辺を巡る旅をしようかと考えていたくらい魅力的な地域なのですが。友達と会う為に方々へ旅行した為に、夏休みは基本家でまったりすることになり。結果として、1泊2日でヨークの町と庭を見る小旅行となりました。
2019-08-06 07.31.27.jpg
ただヨークの町は小さいので1日びっしり見れば一通りは名所を見物はできました。でも機会を改めて再訪したい魅力的な街でもありました。

ヨークの街へはロンドンから鉄道で約2時間。乗り換えなしでキングスクロス駅から訪れる事ができるので、手軽で便利です。
2019-08-06 07.56.38.jpg
私達はThe London North Eastern Railway(LNER)を利用しました。LNERは今年の8月から新型車両『AZUMA』を導入。

新型車両だと全ての座席で充電が可能だったり、座席が若干広かったり、無料WiFiが高速だったり、新幹線の技術を導入しているので揺れが少なく快適だったりと特典が沢山あるようです。しかし、我々が移動する日程で調べると旧式の車両のファーストクラスチケットがAZUMAの普通車チケットとほぼ同額。
2019-08-06 07.37.15.jpg
移動にかかる時間も少ししか変わらなかったので、それならばファーストクラスで悠々と出掛けた方が良かろうと判断し、旧車両のファーストクラスのチケットを購入しました。普通車であれば1/3のお手頃価格で移動できたのですが、疲れやすい中年夫婦の旅行なのでちょっと贅沢しました。

LNERのチケットもイギリスの他の鉄道会社と変わらず、早めに購入すれば安くチケットが買えるようでした。また追加料金なしで席指定ができますので、必ず指定することをお勧めします(当日駅で購入すると席指定できない気がしますが、要確認です)。
2019-08-06 10.46.39.jpg
帰りは普通車のチケットを購入した人達が空席が無く連結部に立っていました…2時間立ちっ放しはきついですよね。加えてファーストクラスでも、席指定をしていなかった人達は座れていたものの、一緒に座ることはできず一人ずつバラバラになっていました。繰り返しますが席指定は無料で予約できるので、必ずすることをお勧めします。
2019-08-06 07.37.06.jpg
キングスクロス駅は、言わずと知れた『ハリーポッター』所縁の駅。吹き抜けのロビーに『プラットフォーム9と3/4』の表示もあります。

私達の電車は午前8時発だったのですが、待っている間に既にPlatform 9 3/4sでハリーみたいなマフラーを巻いて、ヘドウィグや荷物が乗ったカートと記念撮影したい人達が列を成していました。いまだに大人気なんですね。
2019-08-07 15.42.33.jpg
乗車プラットフォームは、発車15分~10分前位に電光掲示板に掲出されます。ほぼ定刻通りに発車していたので、プラットフォームが判ったら早めに乗車した方が安心です。

ファーストクラスは、ドリンクとスナックのサービスがありました。2時間の乗車中、往路は2回、復路は3回のサービスでした。
2019-08-07 15.48.55.jpg
本来であればコーヒー&紅茶のホットドリンクも提供される筈でしたが、何故か往復共にボイラー故障でホットドリンクは無し。スティルとスパークリングウォーターのボトル、リンゴとオレンジジュース、各種ソーダが選択でき。スナックは4種類のショートブレッドとプレッツェル、コーンのスナックなどから2個位まで貰えます。

往路はきちんと朝ご飯を食べた後だったのでショートブレッドを1袋食べただけで満足しましたが、往路は夕食前で腹ペコだったのでショートブレッドとプレッツェルを貰って、何とかディナー迄繋ぎました。凄く有難かったです。
2019-08-07 09.01.34.jpg
気軽に行けて、歴史に満ちた雰囲気のある街並みを楽しめるので、週末旅行にぴったり。元気があれば日帰りも可能な距離だと思います。
posted by london-twosome at 02:21| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください