2019年08月23日

スキャンプトン・ウォールド・ガーデン②

青空が広がる金曜日のロンドン。本日の予報は曇りと晴れが繰り返し、午後5時以降は快晴。最高気温は27℃で、今日も日中は暑くなりそうです。最近涼しい日が続いていたので、昨日からの暑さの復活に体が上手くついていきません。今日も昨日のように急に暑くなるようなので、体温調整がしやすい格好でお出掛けください。

ボランティア仲間と話していたら、1ヶ月前に車を盗まれたことを話していました。盗まれた車は発見されたそうですが、ぶつけられ、中は部品が盗まれ、シートが破られ、ガラクタが放り込まれていたそうで、廃車にするしかないとのこと。写真を撮ったりして保険の請求をしているそうですが、内部に指紋が残されていた犯人と見られる男は遺体で発見されたそうです。18歳の男だったそうですが、ギャング関連ですかね…。怖いですね。

私達は比較的安全な地域に住まわせて貰っているのですが、それでも刺殺事件が起きたり、昼日中に下校途中の高校生がスマートフォンを脅し取られたりと事件は起きます。怖がっても仕方ないですが、気をつけては暮らしています。夜は歩ける距離でもバスで移動したり。日中でも人通りが多い通りを使ったり。ATMは銀行のロビーでしか使わないようにしたり。

これからブレグジットで人身が荒れそうなので、特に気を引き締めたいと思います。
*************
さて、今回は前回から引き続きモルトンの近くにあるスキャンプトンホール&ガーデンズ(SCAMPSTON HALL)の風景をお届けします。
2019-08-07 11.52.01.jpg
ウォールド・ガーデンを囲むレンガの壁の中も、生け垣で6つのセクションに分けれています。

2019-08-07 11.35.12.jpg
入口を入るとぐるりと回廊のように生け垣の道を進み。

2019-08-07 11.35.40.jpg

2019-08-07 11.39.13.jpg
生け垣沿いに植えられた花を眺めます。

2019-08-07 11.41.47.jpg

2019-08-07 11.41.22.jpg
最初に入ったのは貰った地図では②とされている、波のように草が植えられたセクション。
2019-08-07 11.42.19.jpg

このベンチを囲む花が咲いている様はHPで使われています。

2019-08-07 11.48.17.jpg
2019-08-07 11.46.09.jpg
細長いボーダーガーデンが並行して配置されたセクション。貰った地図では⑥春と夏のボックス・ボーダーと名付けられています。
2019-08-07 11.47.05.jpg

お隣の⑤はサイレント・ガーデン。真ん中に四角い池を配し、周りにトピアリーが並べられたグリーンのみのセクション。オードルフさんぽくない感じがしますが、歴史を意識した結果なのでしょうか。
2019-08-07 12.00.44.jpg

ボーダーを過ぎて真ん中に進むと、この庭の目玉とも言うべき⑦多年草の野原。
2019-08-07 12.01.29.jpg
2019-08-07 12.04.42.jpg
このセクションの真ん中には楕円形の噴水があり…

2019-08-07 12.05.23.jpg

2019-08-07 12.01.37.jpg
その周りを色とりどりの草花が咲く4つの花壇が配置されています。
2019-08-07 11.53.51.jpg

そして其々の花壇の真ん中にベンチが2個ずつ。
2019-08-07 11.54.35.jpg

ベンチに座ると周りは一面の花で、蜂の羽音が間近で聞こえます。蝶々も乱舞。
2019-08-07 11.52.47.jpg
2019-08-07 11.55.19.jpg
ここは特に見応え十分。ベンチで暫しのZENモーメント。

2019-08-07 12.05.56.jpg
多年草の原の前には⑧温室。温室に沿っても花壇があります。
2019-08-07 12.18.31.jpg

温室と反対側の隣には⑨桂の林。木のセクションと野原、そして草原を作る所はオードルフさんならでは。
2019-08-07 12.07.59.jpg

②の草原の隣には③切り花用ガーデン。歴史あるお庭ならではです。
2019-08-07 12.12.30.jpg

奥に進むと④野菜ガーデン。住人達のお腹を満たしていたのでしょう。
2019-08-07 12.12.03.jpg

訪れたときにはズッキーニや玉ねぎ等、色んな野菜が元気に育っていました。

2019-08-07 12.20.29.jpg

2019-08-07 11.45.04.jpg

2019-08-07 12.22.47.jpg
入り口側に戻っていくと、また⑩ボックス・ボーダーガーデンがあり。

2019-08-07 12.24.47.jpg
ボーダーを抜けると、⑪サーバンタイン・ガーデンと名付けられた庭があります。なんでもトピアリーが蛇のような形状をしているから、その名がついたとか。うーん?
2019-08-07 12.23.32.jpg

カフェの目の前にはピラミッドのような⑫高台があります。周りを囲むように桜が植えられていたので、春は見事でしょう。

2019-08-07 12.24.54.jpg
上に登るとガーデンの全体像が見渡せると説明書きにはありますが、そうでもないような…。
2019-08-07 13.16.00.jpg

入り口からウォールド・ガーデンを囲むレンガの壁の外に出ます。

2019-08-07 13.37.53.jpg
カスケード(滝)トレイルと名付けられた短めの遊歩道を歩きました。

2019-08-07 13.22.50.jpg
私達は庭だけを見物するチケットを購入しましたが、邸宅も存在します。

2019-08-07 13.22.03.jpg
ホールの前にもフォーマルガーデンが存在しますが、殆どが芝生の広場です。

2019-08-07 13.26.39.jpg
池の方に歩くと、ロックガーデンがあります。
2019-08-07 13.26.23.jpg

この庭はまだ作っている途中みたいでした。

2019-08-07 13.28.50.jpg
どちらかと言うとより多くの植物を植えるための庭なのでしょうか?

2019-08-07 13.47.05.jpg
元々存在した池を掘って延長して、屋敷の直ぐそばで水浴びできるようにしてあります。

2019-08-07 13.33.51.jpg
屋根付きの橋の後ろには女性が泳ぐ為の小さな池があります。なんでも人目を気にせず水浴びできるように設計されたそうで、窓も覗けないように上の方についています。
2019-08-07 13.35.06.jpg

こちらは男性が泳いだ池。広くて気持ち良さそうですよね…確かに丸見えですが。

2019-08-07 13.39.56.jpg
お子さんが遊べるプレイグラウンドを過ぎて…

2019-08-07 13.48.26.jpg
1793年頃からこの場所に建物が建っていたことが分かっているそうです。外国から取り寄せた珍しい鳥が飼われていたのだとか。

2019-08-07 13.49.37.jpg
元々あった池と拡張した池の堺にある小さな橋を渡ってお屋敷の方に戻ります。
2019-08-07 13.52.59.jpg

現在でも羊が飼われているようで、草を食んでました。
2019-08-07 13.53.07.jpg

渡り鳥でしょうか?鳥の群れも。
2019-08-07 14.21.30.jpg

ガーデンショップもあり、ビジターは苗を買っていました。イギリスの方は庭を見てインスピレーションを得て、自分の庭に反映させるようで、見物しながらご自分の庭のことをかまびすしく話し合っていました。カスケード・トレイルは30分程で歩き終わりました。
2019-08-07 12.19.54.jpg

Scampston Walled Garden
Scampston, Malton YO17 8NG
開園時間や料金、行き方等はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:27| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください