2019年09月05日

ナショナルトラストの『オスタリー・パーク&ハウス』

まだ真っ暗ですが晴れているように見える木曜日のロンドン。本日の予報は晴れのち曇り。午後6時以降は少し降水確率があるので、にわか雨が降るかもしれません。その時間に移動する方は、念の為準備しておくと安心かもしれません。最高気温は19℃。少し前から最低気温が10度を下回る日が出てきてましたが、とうとう最高気温も20℃を下回る日が暫く続きそうです。秋ですねぇ。

今週の火曜日でロンドンに移り住んで丁度1年でした。この1年驚くほど何もしなかったなーとしみじみと考えてましたが、私は新しい環境に馴染むのに時間がかかるタイプなんだと改めて認識しました。ニューヨークに移り住んだときも、東京に転職/引っ越した時も、結婚した時も暫く新しい生活に慣れなかった…と思い返しています。2年目は新しい事を始めたいと思います。その為にも今週は頑張りどころです。

2晩続けてイギリス議会は夜を通して審議を続け。結局、総選挙に打って出ることも現時点では決まらず。今度は月曜日までにハードブレグジットを禁止する法案が成立するかの攻防となっているみたいです。イギリス議会の知識が無いので、何が起こっているのかよく理解できません。毎日新聞も目を通しているし、ニュースも見ているんだけどな…。
*****************
さて、今回はロンドンの西の郊外、ヒースロー空港に近い場所にあるナショナルトラストが管理する邸宅と庭『オスタリー・パーク&ハウス』(Osterley Park and House)の風景をお届けします。
IMG_8461.JPG
このナショナルトラストが管理する歴史ある邸宅と庭の存在を知ったのは偶然。ヒースロー空港に行く為に地下鉄ピカデリー線に乗っていた際にオスタリー・パークという駅名を目にして、2人で「ここに公園があるのかな?」と話したことがきっかけでした。
IMG_8417.JPG
ある週末に近場で新しい庭か公園を訪れることができないかと検索をかけて、夫が発見。以来訪れる機会を狙っていたのですが、計画を立てると私が体調を崩すの繰り返しで、8月の中旬にやっと実際に足を運ぶことができました。
IMG_8448.JPG
ロンドンの中心部からは、地下鉄ピカデリーラインに乗って約30分ほど。駅からは徒歩15分位の場所にあります。
IMG_8409.JPG
駅からは線路を跨ぐ橋を渡り、住宅街を2ブロック歩いたら、後は草原の中を抜ける歩道を放牧されている馬を眺めながら移動できる長閑な道程です。
IMG_8413.JPG
オスタリー・パーク自体は無料で入場でき、入り口のところにもカフェがあるので、広々とした草原で誕生日パーティーを開いたり、ピクニックをしたりして楽しんでいる方も多かったです。加えて邸宅と庭を見なくとも、ナショナルトラストが運営するカフェとショップも利用可能。
IMG_8459.JPG
夏の間はコートヤードにアイスクリーム・スタンドも出ていて、皆さんアイスクリームを舐めていました。度々書きますが、心底イギリス人の方々はアイスクリームがお好きですよね。
IMG_8420.JPG
庭が見たくて訪れたので、入り口でチケットを購入して、先ずは庭を。食事の後は邸宅を見物しました。
IMG_8428.JPG
敷地に入ると直ぐに牧場で放牧されている牛がお出迎えしてくれます。並木道を道なりに進むと邸宅を築いた裕福な銀行家であるチャイルド家の奥様が、世界各地から集めさせた植物を育てた温室と前庭が出てきます。

IMG_8430.JPG
温室前にはレモンをはじめとする柑橘類が。

IMG_8424.JPG

IMG_8425.JPG

IMG_8426.JPG
前庭には鮮やかな花が植えられています。

IMG_8432.JPG
この一角には背の高い夏の花が植えられていましたが、開花前。その為色には乏しい感じです。

IMG_8414.JPG
ここから牧場を回り込むような形で散歩道が繋がっていますが、割と距離があるのでこの日は断念しました。

IMG_8434.JPG
塔を眺めやりつつ…

IMG_8431.JPG

IMG_8421.JPG

IMG_8454.JPG
彼方此方の木に不思議な実がなっているのを眺めつつ…

IMG_8436.JPG
この物件のメインの庭であるオーナメンタル・ベジタブル・ガーデンの門を潜りました。

IMG_8445.JPG

IMG_8427.JPG

IMG_8444.JPG

IMG_8435.JPG
門を入って直ぐは、多種多様な花が植えられているセクション。

IMG_8439.JPG

IMG_8442.JPG
花畑の奥にはビジターは入れない農家のようなセクションがあります。

IMG_8450.JPG
花畑から更に奥に入ると、大きな4つのセクションに分かれたオーナメンタル・ベジタブル・ガーデンがあります。
IMG_8453.JPG
真ん中に大きな豆の棚があったり。

IMG_8449.JPG

IMG_8438.JPG
花と野菜がごちゃごちゃに植えられているように見えました。

IMG_8456.JPG
昼食は昔納屋だったように見える建物に入っているナショナルトラストのカフェで食べました。

IMG_8458.JPG
コートヤードに並ぶテーブルで食べることも可能です。が、日差しにかぶれてしまう私は納屋の中で食事。

IMG_8457.JPG
素朴な地味深い味で、値段もリーズナブルだったので、散歩がてらランチに来るだけでも良い気分転換になると夫と話しました。

IMG_8416.JPG
食事の後はお屋敷を見学。18世紀のイギリスの銀行家の財力と影響力に舌を巻きます。そもそも取引先の関係者を招待して銀行の力を見せつけるために造られたという邸宅は、イタリアの有名画家の天井画やイギリスの植民地(主に中国)から取り寄せたエグゾティックな家具に溢れて、コッテコテ。王室のお姫様をお嫁さんとして迎える計画まであったそうで、彼女のための絢爛豪華な部屋も残されています。ガーデンのみの安いチケットが無いので、チケットを購入したら折角なのでお屋敷も見て、海洋国家として世界中に影響力を持っていた頃のイギリスを感じてみてはいかがでしょうか。

IMG_8460.JPG
最後はショップでお買い物。絵葉書を数枚と、エルダーフラワーから作られたワインがセールになっていたので購入しました。

IMG_8412.JPG
広いお屋敷を見物したら疲れてしまい、敷地の散歩はせずに退散。駅に向かう広い並木道を歩いていたら、オスタリーパークの農園で育てている野菜と卵を販売するお店がありました。ここの野菜は新鮮で凄く安い!ので、山程野菜を買い込んで1週間野菜を沢山食べました。オスタリー・ハウスを訪れたら、ついでにこのファームショップで買い物をすることをお勧めします。

IMG_8415.JPG
中心部から近くて気軽に訪れることができますが、田舎の風情を満喫できるので、四季折々ふらりと訪れたい場所でした。ナショナルトラストの会員になろうかな…と考え始めました。
IMG_8410.JPG
Osterley Park and House
Jersey Rd, Isleworth TW7 4RB
開演時間や入園料等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:37| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください