2019年09月17日

パディントンのモノクル経営のキオスクカフェ『Kioskafé』

天気が良さそうな火曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、最高気温は20℃。今朝は涼しく最低気温は7℃でしたが、太陽が出ると暖かくなるそうです。

毎週気候変動に関するニュースを見る気がします。先週はグリーンランドの氷が予想を上回る速度で溶けている影響で、スウェーデンとアメリカが破棄した電子力発電で出たゴミが剥き出しになってしまい。空気中に有害物質が舞ってしまう事が危惧されていることを取り上げていました。今朝は近い将来食料が足りなくなる可能性が高いという予想を取り上げていました。地元の食料を無駄なく購入して使い切る癖をつけようと改めて思った次第です。

ラグビーワールドカップやオリンピックに関連して日本の話題を目にします。先週は「日本では全ての製品が個別包装されていて、プラスチックが全ての物に使われているように感じます。環境問題に対する意識が低いです」とか言われており。今朝は「日本のトイレはどうやって使うのかよくわからない…ボタンが沢山あるんだよ」とか話題にされていました。日本語が解らないので、まだまだ遠くてよくわからない国という印象なんだなぁとつくづく感じます。積極的に情報を発信する努力が必要なのでしょう。

昨日は朝からバッタバタで、多くの初めましての方々とお話したので、帰宅して家事を済ませたら疲労困憊。午後9時にはバタリとベッドに倒れ込んでそのまま寝てしまいました。今朝もまだ疲れが残っていますが、今日1日頑張れば明日からは少しほっとできる筈。張り切っていきたいと思います。
*****************
さて、今回はパディントンにある雑誌『モノクル』が経営するキオスクカフェ『Kioskafé』です。
IMG_8922.JPG
このカフェはパディントン駅近くで待ち合わせ場所を探して知りました。最初は美味しそうなシナモンバンとコーヒーの写真に惹かれてHPを見に行ったのですが、店舗のコンセプトを説明する動画を見てからはわざわざ足を運びたい程魅力的でした。
IMG_8921.JPG
なんでもこのカフェはキオスクでもあり、モノクルを中心とする雑誌がずらりと並ぶだけでなく。世界中の新聞をプリントアウトして持ち帰ることができるサービスが完備されています。日本語の新聞も取り扱いがあるとのこと。
IMG_8919.JPG
カフェに足を運ぶ前に予約をしておけば印刷を終えた新聞を直ぐにピックアップして持ち帰る事が可能なようですし。自分でその場で印刷することも可能。
IMG_8895.JPG
数品だけですがモノクル監修の雑貨も取り扱いがあり、クラスで使う小さなサイズのノートを購入しました。雑誌も立ち読み。
IMG_8903.JPG
カフェはドリンクメニューは一通り揃っていますが、フードメニューは朝食が4種類、ベーグルが数種類にシナモンバン&カルダモンバンのみ。日本大好きなモノクルらしく、抹茶ラテがあります。
IMG_8898.JPG
質問したら抹茶ラテは甘味を加えてあるとのことだったので、ラテを注文。カルダモンバンもラテも美味でした。
IMG_8904.JPG
席はカウンターに椅子が6脚。2人で座れる小さなテーブルが歩道に面して4つだけとスペースが限られれています。
IMG_8897.JPG
私達は運良くカウンターにすっと座れましたが、とても人気が高いのでずっと席が埋まっていました。小さなカフェですがトイレもあるのでご心配なく。
IMG_8920.JPG
目の前に記者クラブがあり、世界中から派遣されている特派員が仕事をしているらしく。カフェを利用している人々も記者さんみたいに見受けられました。
IMG_8902.JPG
席は狭くて身体的には座り心地が抜群というわけでは無いのですが、雰囲気が抜群に良いので凄くリラックスできました。雑誌を立ち読みするのも楽しかったですし、客層も質が良くて、総合的に凄く居心地が良かった印象が残りました。
IMG_8896.JPG
夫と「定期的に足を運びたいね」と言い合った知的好奇心も満たしてくれるお薦めカフェです。パディントン駅から1ブロックという立地も便利な方が多いのでは?

Kioskafé
31 Norfolk Place London W2 1QH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:43| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください