2019年09月19日

グレート・ディクスター①

今日もよく晴れて朝焼けが美しい木曜日のロンドン。本日の予報も晴れ。午後3時頃から少し雲が出るようですが、雨の心配はなさそうです。最高気温は21℃。昨日より少し暖かくなって過ごしやすい1日になりそうです。毎日素晴らしい陽気ですね。からっと晴れて清々しいです。

今朝のBBCニュースではこの4年間で強盗/追い剥ぎが33%上昇したことが取り上げられていました。スマートフォンの普及と警察官の数が減った事が原因と考えられているとのこと。近年道路を歩きながらスマートフォンを見ている人から、スクーターで通り抜けながらひったくって盗むという犯罪が増えているそうです。映像を見るとバス停で待っている人から目の前の道を走り抜けながらひったくったり、交差点を曲がりながら道を渡ろうと立ち止まっている人の手からスマートフォンを奪い去ったりしていました。スマートフォンはなるべく外で出し放しにしないことの大切さを改めて認識したと同時に、どうしてもスマートフォンを見なければならない時には、なるべく車道から離れる必要があることも肝に命じました。

歩き携帯は色んな意味で危ないので辞めましょう。
*****************
さて、今回はイギリスの南東の町ライからバスで30分の場所にあるイギリス随一の庭という呼び声も聞かれる庭『グレート・ディクスター』(Great Dixter)です。
IMG_8793.JPG
グレート・ディクスターの名声は、ロンドンに住み始めて直ぐに耳にしました。アパートを探している時に本屋で見つけた『Wild Garden Weekends』という本にも「もしイギリスで一つしか庭を見ることができないのであれば、グレート・ディクスターを見るべき」というような事が書かれていましたし。
IMG_8757.JPG
ボランティアしているガーデンで20年以上庭師をしている男性に「お薦めの庭はありますか?」と質問した時も、回答は「グレート・ディクスター」。「個人的にはイギリスで一番綺麗な庭だと思うよ」でした。
IMG_8798.JPG
そんな訳でずーっと訪問したかったのですが、グレート・ディクスターへ行くためのバスが発着するライとヘイスティングスは何れも人気の行楽地。日帰り可能な距離なものの、非常に疲れやすく移動に弱い私が日帰りするには少し辛そうな距離でもあり。
IMG_8774.JPG
またお金と時間を使ってわざわざ行くのなら、ついでにライやヘイスティングスも観光したいという気持ちもあり。何回か小旅行を計画したのですが、ガーデンのピークである春〜夏にかけてはライもヘイスティングスも大人気。
IMG_8759.JPG
週末の宿泊施設は何ヶ月も前から満室。車が無いと滞在できる宿泊施設が限られる上に、なるべく民泊は避けるようにしているために余計にややこしく。結局9月の頭に訪れることになりました。
IMG_8805.JPG
そんな訳で、お届けするガーデンの様子は9月第2週の様子です。庭は季節によって全然様相が違うと思いますので、訪れる際のご参考のために秋の庭であることを念頭に置いてご覧ください。
IMG_8811.JPG
なお、今回はロジスティクス編。次回、庭の様子をお届けする予定です。
IMG_8820.JPG
ライの駅前にあるバス停Cに発着するバス313番に乗ると、グレート・ディクスターから徒歩10分のバス停に着きます。バス停の名前は『Dixter Road』。
IMG_8770.JPG
バスは1日5往復しか無いようなので、予めきちんと時間を調べてバスの時刻に合わせて計画を練ることをお勧めします。また日曜日は殆どバスが走っていませんので、バスでの移動は諦めました。週末バスを使って訪れるのであれば、土曜日しかありません。
IMG_8769.JPG
加えて復路は、平日は午後2時半の次は午後5時44分のバスで、それが最終のようですが。土曜日は午後3時43分が最終でした。重ねてになりますが、必ず事前にバスの時刻表を調べておくことが肝要です。
IMG_8809.JPG
バスのチケットは、運転手さんから直接購入。一目で観光客だと認識してくれたみたいで「グレート・ディクスターに行くの?往復券で良いですか?」と言われました。コンタクトレスのクレジットカード決済しましたが、多分現金でも購入できるのでは?(要確認)。確か£6.6/人だったと記憶しています。
IMG_8789.JPG
車内には電光掲示板がありませんし、アナウンスも全く無いのでヒヤヒヤしましたが。『ディクスター・ロード』の一つ前のバス停が小学校なので、小学校を通り過ぎたら停車ボタンを押せば目的のバス停で降りることができると思います。
IMG_8802.JPG
ボタンを押さなくとも運転手さんが覚えてくれていて、停まってくれた気はします。グレート・ディクスターへ続く道の目の前で降ろして「この道を真っ直ぐ行けば着くから」と親切に教えてくださいましたし。心配であれば乗車時に一言声を掛けておくと安心です。
IMG_8787.JPG
バスを降り、細い一本道を10分のんびり進むとグレート・ディクスターに到着します。交通量が少なく、パブリック・フットパスもあるので安心して歩けました。但し、パブリック・フットパスは結構虫が多かったので辟易しましたが。
IMG_8808.JPG
納屋のような建物の脇にチケットブースがあるので、クレジットカードでチケットを購入。邸宅と庭を見物するチケットもありましたが、我々はバスの時間の関係でバス停への往復も含めて3時間の滞在時間だったのでガーデン・オンリーのチケットを購入。2019年は£11/大人でした。
IMG_8777.JPG
庭は然程広くはなく、2時間もあれば一通り見ることが可能です。ショップ苗木屋およびカフェがあり、カフェの裏とチケットブース脇にトイレがあります。
IMG_8795.JPG
カフェは新鮮なサラダを安価で食べられて凄く素敵でしたが、席が外のピクニックテーブルのみだったので、雨の日は困るかもしれません。屋根付きの席はごく限られていましたし。
IMG_8786.JPG
雨天の場合は、ライやヘイスティングスでバスに乗る前に食事を済ませておいた方が安心だと思われます。サンドイッチ、スープ、ケーキ等がメニューにありましたが、二人とも3種類の新鮮そうなサラダを選択。とっても美味しかったです。
IMG_8765.JPG
庭で2時間、カフェで40分程を過ごしました。思いの外疲れていたので、最後の方はサンクン・ガーデンで鳥の囀りを聞きながら、ぼーっとベンチで庭を眺めて過ごしました。至福の一時でした。
IMG_8819.JPG
Great Dixter
Northiam, Rye TN31 6PH
ガーデンは春から秋の間のみオープンしています。開館時間や価格等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:01| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください