2019年10月06日

チヂックのファーマーズマーケット『The Food Market Chiswick』

しとしとと雨が降り続いている日曜日のロンドン。本日の予報は雨時々曇り。でも太陽が顔を出す時間もあるようで、目まぐるしく天気が移り変わるイギリスらしい気候になりそうです。最高気温は16℃。昨日と同じような涼しい1日になりそうです。

学校に通学するようになり地下鉄に毎週乗っています。朝は丁度通勤ラッシュと当たっているため、始発駅に住んでいるにも関わらずタイミングによっては座れない事もあるほど混み合います。先週は運良く座れたのですが、2駅行った所で目の前にお年寄りが立ったので席を譲りました。

ロンドンで地下鉄に乗ると、かなりの確率で席を譲る気がしています。凄くお年寄りとかベビーカーを引いている方、妊婦さんに遭遇する気がするんですよね。貧血で倒れてしまう事もある私としては、なるべく席を譲りたくないわけで(ごめんなさい。我儘なのは分かってるんですけど…)、入り口付近や隅の席はなるべく避けて真ん中に座る癖がつきました。それでも結構な確率でお年寄りが近くに立たれるんですよねぇ〜。

帰りにクラスメイトと駅まで歩きながら朝席を譲らなければならなかった事を冗談で愚痴ったら、彼女も「分かる!私の所に来ないで〜と思ってる時に限って目の前に来るんだよね?!それで『こんな年寄りが目の前に居るのに席譲らないつもり?』みたいな目をしてじとーとか見てくるんだよね〜!」とか言っていて、2人で大笑いしました。ロンドンあるあるなんですね。

車窓が楽しめるので私はバスが好きで、時間が許す時にはのんびりバスで移動します。バスが好きなもう一つの理由が、2階に上げってしまえば席を譲る確率が限りなく0に近いこと。あと地下鉄より静かなので、ポッドキャストも聞こえやすいです。通学には時間が掛かりすぎるので向かないのが残念ですが。
*****************
さて、今回はロンドンの西にある閑静な住宅街『チズウィック』(発音はチヂック:Chiswick)で毎週日曜日に開かれているファーマーズマーケット『The Food Market Chiswick』です。
IMG_8715.JPG
アメリカと違って、イギリスは日本と同じようにスーパーマーケットの野菜や果物はビニールとかトレイを使って包装されています。ロンドンでは日々『ゴミ・ゼロ』運動が叫ばれ、BBCのニュースや新聞で環境問題を目にしない日が無いほどです。昨日の新聞では、ロンドンの独身者に配偶者に求めるものをアンケートした所、25%の人が『環境問題に真剣に取り組む意識があること』を上げたという統計が出ていました。

従ってゴミを減らす事を否が応でも意識せざるを得ない日々で、結果としてスーパーマーケットでの買い物を可能な限り避けなければと思う日々。そうは言っても、学校やボランティア、家の修理や家事でそれなりに忙しく、なかなかファーマーズマーケットに足を運べないのですが。
IMG_8968.JPG
そんなこんなで、週末時間がある時に足を運べるファーマーズマーケットは便利。先日チズウィックのテムズ川沿いに広がる緑地『Dukes Meadows』で開かれているファーマーズマーケット『The Food Market Chiswick』を利用しました。

このファーマーズマーケットにはフード屋台も出ていて、ピクニックテーブルで家族連れが食事を楽しみ、長閑な雰囲気。食事を購入してお隣の芝生の広場に移動してピクニックを楽しむ人々も多かったです。
IMG_8495.JPG
買い物できる屋台も種類が多く、乳製品や野菜、果物やお肉、ジャム、チーズが揃っていました。我々が訪れた日は出店していませんでしたが、魚屋さんもある模様。

プラム、ヨーグルト、野菜を沢山に鶏もも肉と牛の挽き肉を買い込んで帰宅。乳製品が揃うファーマーズマーケットはあまり多くないので、便利に感じました。天気が良ければ、ピザやモロッコ料理を購入して、広場で食べても気持ち良さそうです。近くに公園の公衆トイレが在ったと思います。
IMG_8475.JPG
The Food Market Chiswick
Dukes Meadows
屋台の種類や時間等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:48| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください