2019年10月17日

ポッドキャスト『This Movie Changed Me』の『Amadeus』

朝焼けが美しい木曜日のロンドン。朝から晴れているのは久し振りですね。しかしながら本日の予報は雨が降ったり止んだり。太陽が出たり曇ったりといった変わりやすい天候になるであろうというもの。風も強く吹く時がありそうですので、お気をつけください。最高気温は15℃。昨日までに比べて涼しくなるみたいです。

ハードブレグジットを避けるのであれば今日中にEUとの合意案をまとめなければ期日に間に合わないようで、朝から緊迫したニュースが刻々と流されています。現時点ではEUとの合意案に北アイルランド議席の議員10名が反対しているため、合意は難しい状況。真面目に絶対に無いと困る薬とかは予備を購入しておいたほうが安心かもしれません。カタロニアの情勢も緊迫の度を深めているみたいですし、朝から不穏な空気が流れるニュースばかりです。一体どうなってしまうのでしょう。

今日も朝から屋根の補修工事が入る予定なので、早速本題です。今度こそ修理が終わって問題が終結しますように。
*****************
さて、今回は以前もご紹介したことがあるポッドキャスト『This Movie Changed Me』です。
IMG_9040.JPG
このポッドキャストは以前も感想を書いたことがありますが、その時はシーズン1がアップロードされていた頃で、その後シーズン1は終了し。暫くの間更新されなかったので寂しかったのですが、この夏シーズン2が始まりました。

シーズン2が始まってからも楽しみに毎週聴いていて、映画は見たことが無いものの『Contact』の回を聴いて感動したりしていました。
IMG_9044.JPG
そして今週の映画は『アマデウス』。『アマデウス』は小学生か中学生の頃に観てから忘れられない、「一番好きな映画は?」と聞かれたら「アマデウス」と答えるようなお気に入りの映画です。

この映画を観てからモーツァルトが大好きになりましたし、ロンドンに移ってからドライブが一切無いPCになったので音楽を聞くことも、メディアを再生することもできず、CDやDVDが全く再生できない状態ですが、それまではこの映画のサウンドトラックを折りに触れては聴いていました。そして一番好きな作曲家はモーツァルト。とても思い出深い映画なのです。
IMG_9043.JPG
ポッドキャストはいつも家事をしたり、移動したり、『ながら』で聞く私。今回も例外ではなく掃除しながら流し聴きしてました。

しかしこの映画を紹介した牧師さんの言葉や、プレゼンターの方との遣り取りも相まって、映画の一部が再生されるとダーッと涙が流れ。暫く家事をしながら大粒の涙をこぼす羽目に陥りました。
IMG_9048.JPG
サリエリの「All I ever wanted was to sing to God. He gave me that longing and then made me mute. Why? If he didn’t want me to praise him with music, why implant the desire like a lust in my body and then deny me the talent?」という台詞。実に人生の命題を突いていて、痛々しい質問ではないでしょうか。

中学生の私がこの映画を観て、本当の意味でサリエリの痛みや人生の複雑さ。才能に溢れた(人に作中で描かれていた)モーツァルトの突き抜けた才能を持つが故の苦しみを理解できたとは思いませんが、それからずーっと心に残り続けたというのが、子供心に何か感じるものが在ったのだろうと思います。
IMG_9047.JPG
ホストの方は「I’m going to do my best to be kind to my inner Salieri — please do the same.」と言って、このエピソードを締めていました。自分を愛し、許す事は本当に難しいですよね。

でも「良かれと思って善意で行う事が、悪い結果を招く事もある」ということを肝に命じつつも「自分に無いものを求め続け自分を責めるのではなく、自分が持っているものを認めてあげる」事を目指したいものです。言うは易し…ですが。
IMG_9142.JPG
この映画を『人生を変えた1作』に選んだ牧師さんが、「直ぐに答えを見付けるのではなく、答えが見つからない問題を問題として皆で認識して抱え続けることの大切さ」についても語っていて。作家の村上春樹氏が本の中で同様の事を語っているのを読んでから、私も折に触れ分からないことを分からないまま抱え続け、考え続けることの大切さを思ってきました。

本当に頭の良い人って「分からない」ってはっきり口に出して認めるというのが歳を取るにつれ感じていることで、それが上手くできない私はいつも見習わなければと肝に銘じています。プレゼンターとホストの会話も示唆に富んでいて面白い回でした。
posted by london-twosome at 02:12| Comment(0) | 映画・劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください