2019年11月06日

薬局でインフルエンザ予防接種

冷え込んでいる水曜日のロンドン。スコットランドでは氷点下になり、オクスフォード等でも0℃まで下がって、芝生は霜で真っ白になっているようです。本日の予報は曇り時々晴れのち雨。雨が降り始めるのは午後6時ころで、明日まで降り続くようです。最高気温は10℃。明日は午前中を中心に1日雨になりそうなので、用事は今日やっつけておくと安心かもしれません。

昨晩はガイ・フォークス・ナイトでした。我々が住むボローでは週末に既に大規模な花火大会は終わっていましたし、その他の大きな花火大会も週末に済ませた場所が多かったので、昨日は豪華な花火が上がったわけではありませんでしたが。それでも近所の花火を窓から楽しめましたし、そこ彼処で個人で打ち上げ花火を上げる人々も多く、午前2時頃まで火薬の音が響いていました。去年に比べて打ち上げ日がバラけた影響で今年の花火は控えめだった印象が残りましたが、景気も悪くなってるのかもなぁ…と心配になったり。今年はディーワーリー(ヒンドゥー教のお祝いで「光のフェスティバル」とも呼ばれる。ヒンドゥー暦のカールッティカ月の新月の夜(Diwali:グレゴリオ暦では10月から11月)に祝われる)も10月27日から5日間だったので、既に終わっていたことも大きいのだとは思いますが。

イギリスの選挙戦は凄く長いですね…来月行われる選挙に向けて連日選挙戦の報道が流れるので既に若干食傷気味です。どうしてもブレグジットに話題が集中しがちですが、市民の声を読んだりTVで耳にしたりすると、皆さん国民保険や医療の問題や環境問題にも強い興味を持っており、選挙がブレグジットばかりになってしまうことを危惧する声が多く聞かれます。ナイフによる刺殺事件だって大問題ですし、薬物中毒依存だって回復している印象を受けませんし。これ以上ブレグジットに時間と労力を取られて、大切な問題が後回しにならないと良いと願っていますが…。
*****************
さて、今回は初めてイギリスで受けたインフルエンザの予防接種(flu vaccination)の備忘録です。
IMG_9281.JPG
小学校でインフルエンザの予防接種を受けて高熱を出し予防接種を受けないよう医師に指示されてから、ずーっと予防接種を避けてきました。しかしイギリスで土いじりをする為には破傷風(tetanus)の予防接種が義務付けられており、10年に1回受けるべき破傷風の予防接種を20代、30代と受けずにきてしまったので、お医者様に相談して接種。
IMG_9296.JPG
3日間倦怠感に悩まされたものの、高熱を出したり、湿疹が出たりといったアレルギー反応は起きませんでした。お医者様に相談した際に、「昔のワクチンは純度が低く、管理も徹底されていなかったので、不純物が混ざっていたりして熱を出したのではないか?現在のワクチンは純度も上がり、管理も徹底されているので、アレルギー反応を起こす確率はとても低く、接種しておいた方が安心」である旨説明も頂きました。
IMG_9295.JPG
破傷風の予防接種の結果とお医者様からの説明に勇気を得て、今年はインフルエンザの予防接種にもトライしてみることに。今回は然程心配は無いであろうと判断し、薬局や予防接種専門の簡単なサービスを提供している会社でちゃちゃっと受けることにしました。
IMG_9279.JPG
ネットで調べると、至る所に店舗を持つ薬局『Boots』が我々の住むフラットの近くの薬局で予防接種を行っており、予約もネットで簡単にできるので便利でした。因みにイギリスではインフルエンザの予防接種は一般的に「flu jab」と呼ばれているので、flu jabで調べたほうがヒットしやすい気がしました。人と会話する時にも「flu jab」を使った方が通じやすいです。
IMG_9290.JPG
予約の時間(平日の正午近く)に薬局に足を運ぶと、予防接種の受付をしてくれると思われる処方箋カウンターに列が。並んでいると隣のレジに居る店員さんが「処方箋ですか?」と質問してきたので、「予防接種の予約をしてるんです」と答えると「ではその列に並んでいてください」と指示。
IMG_9215.JPG
5分ほど列で待たされた後、やっと問診票を手渡され「記入してお待ちください」と。問診票には氏名、住所、電話番号等の個人情報と(保険は適用外らしく、そもそも聞かれません)、妊娠の可能性の有無やアレルギーの有無、当日の体調等の簡単な質問が並んでいて、5分もあれば記入できます。
IMG_9167.JPG
そこから結局混み合った薬局で20分待ち、やっと担当の方(医師でしょうか?特別なライセンスを持った薬剤師さん?)に奥の個室に呼ばれ。そこからは3分もせずに、あっという間に予防接種は終了しました。
IMG_9516.JPG
なんでも薬物中毒の患者さんたちへの注射も薬局で担当されているそうで、中毒患者さん達は待たされると暴れたりして危険なケースが多いので優先して対応しているための長い待ち時間だったとのこと。大変ですね…。
IMG_9212.JPG
先生からは「予防接種は1年に1回で大丈夫ですが、来年受けるのであれば9月の頭に摂取することをお勧めします。10月だとちょっと遅いですね。流行し始める前に摂取することが肝要ですから」というアドバイスを頂きました。
IMG_9549.JPG
会計はレジで簡単に済み、£12.99でした。注射を受けた後はやはり倦怠感がありました。数日後から体調を崩して2日間寝込みましたが、それは予防接種とは関係なかった気がします…接種を受けた翌日に終日肉体労働をしたのは良くなかったかもしれません。
posted by london-twosome at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください