2019年11月07日

SoHoのレバノン料理レストラン『CERU』

雨が降ったり止んだりの木曜日のロンドン。本日の予報は雨後曇り、時々晴れ間が覗くというもの。変わりやすいイギリスらしい天候になりそうです。最高気温は10℃。まだ体調がイマイチなのですが、ボランティアには参加するつもりなので、冷たい雨に打たれて風邪を引かないように気をつけたいと思います。

今週ロンドン北部にあるヘルスセンターで泳いでいた男児に天井の一部(多分電灯を支えていた金属?)が落ちて、血まみれになる事故が起きたと新聞に載っていましたが。昨晩はピカデリーにある劇場で演劇を上演中、天井の一部が観客の上に落下。数人が軽い怪我をしただけで済んだようですが、怖いですね…。ロンドンは古い建物が沢山あり、それが街の雰囲気を保っているのも確かですが、きちんと補修はして欲しいものです。

昨日午前中〜午後5時近くまで上階のベランダの工事が行われていました。上階の住人(ボランティア仲間でもあります)と偶然エレベーターで一緒になったので「凄い音ですねぇ〜。まだ工事してましたよ」と言うと「正午には終わるって言われてたんだけどね」とのこと。「本当に今日中に終わるんですかね?」と言うと、肩を竦めてました。昨日の感じからすると絶対工事が終わらなかったと思うんだよな〜と思うのですが、例のごとく進捗について全く連絡はなし。また突かなければなりません。
*****************
さて、今回はSoHoでランチをしたレバノン料理レストラン『CERU』です。
IMG_8934.JPG
このレストランはサウス・ケンジントンでも目にしたことがあるオシャレな外観のレストラン。人気がありそうで、気軽にレバノン料理を食べられるのでは?と前を通りかかる度に気になっており、ある週末ランチに入店しました。
IMG_8926.JPG
レバノン料理は全然馴染みが無かったのですが、お店の雰囲気が外国人でもとっつきやすいラインアップにしてくれているのでは?と思わせてくれました。そしてその印象は正しかったと思います(ディープなレバニーズを食べたことが無いので比べられませんが…)。
IMG_8927.JPG
先ず店内が北欧テイストの白木の家具に可愛らしいアクセントの色合いで、エスニック色が強すぎずポップな雰囲気。ブランチやランチに入るのにもぴったりな風合いに、ランプシェードやトイレの扉等ポイントでイスラムっぽいテイストを取り入れていて、バランスが良く居心地が良かったです。
IMG_8930.JPG
店員さんは初めての来店かを確認した後、一通りメニューの説明をしてくれたのが助かりました。全体的によく注意を払ってくれて、待たされること無く、気持ちよく食事を楽しめました。ノイズレベルも低めなので、会話が楽しめたのもプラスでした。
IMG_8929.JPG
メニューにはブランチ用の1人1皿頼むタイプの料理も用意されていましたが、折角初めて訪れたので我々はタパススタイルの小皿を幾つか注文。店員さんは「1人3皿は頼んだほうが良いですよ?」と圧強めに勧めてくださいましたが、大抵海外の方の提示する量は多すぎるので「足りなければ追加注文します」と告げ、1人2皿ずつ頼みましたがジャストな量でした。
IMG_8928.JPG
料理は思ったよりも香辛料がきつくなく、美味しく。量も多すぎずお腹に余裕もあったので、デザートも注文することにしました。
IMG_8933.JPG
周りのテーブルの方々が飲んでいたドリンクも美味しそうだったので、オリジナルビール(お店のオリジナルがあるのがビックリですよね?!フルーティーで軽い女性が好きそうな、暑い夏にぴったりなビールでした)に追加してミントティーも飲みました。夫はミントとレモン&紅茶のドリンク。
IMG_8931.JPG
これがミント好きにはたまらない、新鮮なミントの葉がぎっしり入った代物で幸せ一杯になりました。なかなか出会わないんですよね。
IMG_8932.JPG
異国感満載なデザートもありましたが、お腹がくちくなっていたこともありますし、中東系は甘みが強い印象もあって腰も退けて。夫はシャーベットでさっぱり済ませ、私はアイスクリームにカルダモンとハミチツを掛けたデザート。

カルダモンが清涼感を生んで、蜂蜜の甘さとバランスが良く、新しい味でしたが奇抜過ぎず美味しかったです。デザートと締のドリンクまでしっかり頼んだ影響もあってお値段は張りましたが、満足した食事処でした。SoHoの観光のついでに寄るのに便利な立地です。

CERU
11 D'Arblay St, Soho, London W1F 8DT
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:43| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください