2019年11月09日

幸せを科学するポッドキャスト『The Happiness Lab』

今朝も冷え込んでいる土曜日のロンドン。今朝はイングランドでも氷点下になる場所があると予想していましたが、確かに寒いです。現在の気温は1℃。本日の予報は曇りのち雨。午前10時以降から降水確率が高くなり、夕方5時頃から強めの雨が降るようです。最高気温は7℃と引き続き寒い1日となりそうなので、冷たい雨に濡れて風邪など引かないようお気をつけください。

ダービシャーの大雨と洪水はやっと水が引き始めたようですが、1人が死亡、6,000人以上が影響を受けているとのこと。家屋や車が水没している映像が繰り返し流されています。カルフォルニアの山火事が大被害を及ぼしていると思ったら、今度はオーストラリア。巻き込まれてお亡くなりになった方も出ているようで、気候変動のせいなのか次から次へと起こる自然災害のニュースに気が塞ぎます。

最近は仕事でもないのに飛行機に乗ると軽蔑されるのではないか?と感じて、多くの人がなるべく電車で移動できる範囲で休暇を計画したり、飛行機を使ったら絶対にソーシャルメディアには投稿しなかったりするのだそう。昨日のフリーペーパーでもエッセイストの方が「ニュージーランドへのバケーションを計画。長距離のフライトをアレンジしたことのあまりの罪悪感から木を植えてくれる組織に寄付した」という体験を面白おかしく寄稿していました。でも実際問題罪悪感をひしひしと感じますよね…。ウィーンの友達に会いに行きたい気持ちはあるのですが、フライトを使うことへの罪悪感が。ユーロスターがドイツまで延びる計画があると新聞に出ていたので、そこまで延びればボンの友達に会いに行けるのに!と期待を寄せています。現在でもやれないことは無いのですが、以前ウィーンからボンまで夜行列車を利用したら酷い乗り物酔いに悩まされて、道中ずっと苦しみ、戻してしまい、二度と長距離列車は利用すまいと心に誓ったんです。困ったことです。
*****************
さて、今回は幸せを科学するポッドキャスト『The Happiness Lab』です。
IMG_9725.JPG
このポッドキャストは、現在定期購読(というのも変ですが…購聴?)している外国に住む人が住んでいる国を外から来た人からの視点で紹介したり、海外で生活するためのHow Toを紹介するポッドキャスト『The Postcard Academy』のホストがお勧めしていたために知りました。イェール大学で教鞭を執る心理学者が、近年うつ病で苦しむ学生が急増していることに危機感を覚えて、大学で幸せを感じる為に知っておくべき科学を教えるクラスを設立。
IMG_9727.JPG
そのクラスは教授や大学側の予想を遥かに上回る200人の学生から申込みが殺到し、受講した生徒によってハッシュタグで「most difficult class at Yale」が付けられたそう。コースでは実際に幸せを感じる為にやるべき事をリサーチに基づいて導き出し、学生に宿題として実践させたとのこと。
IMG_9737.JPG
でも教授であるDr Laurie Santos氏は、うつ病の蔓延は何も若い世代に限らないことにも心を痛めており。広く一般の人々にも知識を広めることはできないか?と考え、スポンサーを見つけて無料で授業をポッドキャストとして配信を始めたとのこと。
IMG_9728.JPG
配信が始まったのは2019年9月で、現時点ではエピソード8までが配信されています。私は今週家事をしながら聞き始めたのですが、あまりの面白さに聴くのを止められず。結局2日間で配信済みのエピソードは全て聞き終わりました。
IMG_9736.JPG
先日週末版の新聞で、ここ数年勇気や元気が貰える名言の類が大流行(かくいう私も好きで、PCの壁紙とかに名言が入ったものを利用しています)。ツイッターやフェイスブック等のソーシャルメディアでシェアする人が多く、その風潮にうんざりした人達が「くだらない名言をいちいちアップしやがって」とか言って、友達付き合いを止めたり喧嘩になったりというちょっとした確執を生んでいることが紹介されていました(私も自分へのメモ代わりにFBに書いていたので、この記事を読んで反省。これからは自分のみに公開する形で書こうと思ったのでした)。
IMG_9724.JPG
その記事によると、人々は色んなことに迷い疲れていて、手っ取り早い格言のようなものを掲げて自分を鼓舞しているのでは?という分析がされていました。確かにニューエイジっぽい、気分的な物がチヤホヤされる傾向がある気はします。そういう物全てにうんざりしている人もまた多いということなのでしょう。
IMG_9735.JPG
でもこのポッドキャストは、『ポジティブは良い運を呼び寄せる』みたいな気分に任せた内容でも、ラブ&ピースみたいなヒッピーっぽい浮世離れした内容でも無いのでご心配無く。きちんと心理学(行動心理学を含む)を研究している学者さんたちが、研究結果に基づいた話をしてくれます。
IMG_9732.JPG
では堅苦しくて面白くないのでは?とか難しすぎるのでは?と思われるかもしれませんが、全然そんな事もなく。1話が30分〜50分に抑えられていますし、それぞれ1テーマに絞られているので充実した内容ですが、情報が多すぎもせず。
IMG_9729.JPG
HPへ行けば根拠となった統計や研究が確認できるようにはなっていますが、細かい数字や事実の羅列がダラダラと話されることはありません。事例や個人の経験も交えて分かりやすく解説してくれるので、腑に落ちました。
IMG_9726.JPG
これらのエピソードを聞いて、私自身も大きく誤解をしていたことが多くて愕然としました。例えば『ポジティブ・シンキング』。なんでもポジティブな方が良いと思われがちですが、最新の研究結果でそうではないことが判明。
IMG_9731.JPG
ポジティブなことばかりを考えている人は、出世しにくい、お金を稼ぎにくい、やる気が出にくいという傾向が見られるのだそう。その理由は人間の脳は想像と現実の区別を上手くつけられないから。つまりなりたい自分になっているイメージをし過ぎてしまうと、脳が勝手に目標を達成したと勘違いしてリラックスしてしまうことが要因なんだそうです。
IMG_9734.JPG
でも勿論ネガティブにばかり考えているのは以ての外なんであって、ではどうしたら良いのか?とか。毎日の生活の中で、勉強や仕事をする上で、人生の目標を定める為に、はたまた病気に罹って治療法を判断しなければならないような大切な決断をする際に、実践できるヒントが満載の内容です。
IMG_9733.JPG
聴くとなーんだと思うような事でも、知ってるよ・そんなことと思うようなことでも、いざ実践しようとすると継続できないというのも、このポッドキャストが教えてくれるテクニックの特徴。現代人がなかなか幸福を感じられないのは、そもそも幸せになるための道のりを間違えているか、知識無く勘に従って行動しているか、はたまたやるべきことや取るべき道が分かっていても継続できないか、なのだと教えられます。
IMG_9730.JPG
「幸せとは状態ではなく感情である。だから幸せは掴み取れるものではなく、常に感じるべくして努力し続けるもの」というのが、多くの現代人が肝に銘じるべき原則ということが強調されていて、なるほどね〜としみじみ思います。言うは易し、行うは難しという内容が目白押しですが、知らなければ実践する努力もできないわけで。

これから繰り返し聞いて、実践を試みる大切な授業になりそうです。

『The Happiness Lab』のHPはこちら
posted by london-twosome at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください