2019年11月25日

ブリックレーンのロンドン・バイガル店『Beigel Bake』

小雨が降ったり止んだりして1日が終わろうとしている月曜日のロンドン。今日は盛り沢山の1日でクッタクタです。これから手抜きとはいえ夕食を作ったり、洗濯したりせねばなりませんので、早速本題です。
*****************
さて、今回はイーストロンドンのブリックレーンにあるロンドンのバイガル(bye-gullという発音だそうで、アメリカでいうベーグル)と言えば!という存在である2大巨塔の1つ『Beigel Bake』です。
IMG_0021.JPG
ロンドンには、ニューヨークともモントリオールとも違う、ロンドン独自のバイガル文化が古くからあるようです。前々から気になってはいたのですが、TimeOut誌にエッセイが寄せられており、それを読んでから尚更試したい熱が高まっていたのですが、いつ通りかかっても大行列で待つのが嫌いな私は諦めてばかりいました。

ブリックレーンに2軒並んで建っているバイガル屋さんは、どちらがより歴史があるのかも判然としないようで。どちらのお店にも熱烈なファンがいるみたいです。
IMG_0041.JPG
しかし先日用事で訪れると、雨で寒い平日の午前中だったせいか4人しか人が並んでおらず。チャンス!とばかりに、私から見るとどちらかといえば人気があるように感じられる『Beigel Bake』に入店。

1個30ペンスという安さとなかなか入手できないレアさに影響され、10個もまとめ買いしてきました(〆て£3。安いですね〜)。因みにこのお店は現金のみで、カードは使えません。そのつもりでキャッシュを用意しておきましょう(目の前にATMがありますが、個人的には路上のATMは避けた方が無難だと思います)。
IMG_0011.JPG
早速その夜食べたのですが、これが本当に美味しかった!ニューヨークのベーグルみたいにモッチモチ(でも顎が疲れない程度)で、モントリオールのベーグルみたいに粉の味と少しの甘みが感じられて、大きさは中間位。

夫と二人で「美味しいね!」と気に入り、10個も購入したのに朝ごはんやお弁当のサンドイッチ、夕食のお供のパンと毎日のように食べて既に無くなってしまいました。
IMG_0007.JPG
今後ブリックレーンに足を運ぶ際には、少し並んででも購入すると思います。何故かバイガルの写真がアップロードできていませんでした…ので肝心のバイガルの写真はありません。ごめんなさい。

Beigel Bake
159 Brick Lane London, United Kingdom E1 6SB
お店のFBページはこちら
posted by london-twosome at 02:57| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください