2020年01月18日

マンサクが咲いたキューガーデン

冷え込んでいる土曜日のロンドン。本日の予報は晴れで美しい朝焼けです。夕方からは雲が出るようですが、それ以前は晴れるみたいです。最高気温は8℃。明日も晴れですし、体調さえ良ければ色々やりたいことがあるのになぁと残念です。

あんなに山火事で苦しんでいた(いる?)オーストラリアのサウスウェールズ地方に今度は大雨が降り、洪水が起きていることがニュースになっていました。フィリピン出身でオーストラリア人の友人は2つの故郷が噴火と山火事の被害で苦しんでいることに心を痛めています。中国の武漢で流行している新型ウイルスも、実際は当局が発表している数を遥かに上回る数の感染者が居る筈であると科学者が警鐘を鳴らしていることもニュースとして取り上げられています。安全が確認されるまでは、疑わしい地域への移動は避けるなど注意が必要そうです。
*****************
さて、今回は2020年1月第3週の王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)の風景をお届けします。
IMG_1572.JPG
先日キューガーデンが「マンサクが咲きました」(厳密に言えばHamamelis:Witch hazelはマンサク:Hamamelis japonicaとは同じではないようですが)というポストを上げました。マンサクはハイラインで冬にいち早く咲く花だったので、なんとなく気になる存在になっており。
IMG_1598.JPG
リージェンツ・パークにもスノードロップ(Galanthus)が咲いていたので、ついでに早春の訪れを感じられるスノードロップも見たいとキューガーデンに散歩に出掛けました。
IMG_1568.JPG
先ずはお目当てのマンサクが咲く地中風海庭園(Mediterranean Garden)に。

IMG_1571.JPG
Hamamelis × intermedia('Jelena'でしょうか?)。ハイラインにも咲いていたので懐かしい気持ちに。

IMG_1574.JPG
Hamamelis × intermedia'Orange Peel'。

IMG_1580.JPG

IMG_1569.JPG
Hamamelis × intermedia'Rubin'。この赤みが強いマンサクもハイラインに咲いていた種類です。懐かしい…。

IMG_1578.JPG
マンサクは北アメリカでは炎症を抑える薬として使われていた説明書き。

IMG_1583.JPG
他にもギンバイカ(Myrtus communis)の藍色の実がなっていたり…

IMG_1585.JPG

IMG_1579.JPG

IMG_1577.JPG
白やピンク、ワインレッドのヘレボルス(Hellebore:Helleborus)が咲いていたり。地中海風庭園って冬にも綺麗なんですね。

IMG_1582.JPG
春になると見事な桜とチューリップで彩られる並木も現在は硬い蕾。

IMG_1587.JPG
お次はもう一つのお目当てであるスノードロップ。多分、春ブルーベルが咲く林に咲いているだろうと当たりを付けて向かうと…

IMG_1590.JPG
やっぱり群生してました。

IMG_1595.JPG
ハイラインでも雪の中で咲いていた花ではありますが、それにしても早いように思います。

IMG_1589.JPG
今年はロンドンにおいても暖冬だったようなので、そのせいで開花が早まったのでしょうか?

IMG_1592.JPG
昆虫が好む野原として保護している意味もある旨が説明されています。

IMG_1593.JPG

IMG_1594.JPG

IMG_1591.JPG

IMG_1597.JPG
楚々とした花が彼方此方で見られます。

IMG_1599.JPG
それまで降っていた雨がさっと上がって光が差すと、林床が輝いてはっとするような美しさでした。

IMG_1601.JPG
ビクトリアゲート前の花壇にはスノードロップと共にキバナセツブンソウ(Eranthis hyemalis)が咲いていました。

IMG_1603.JPG
Eranthis hyemalisも冬の終わりが近いことを告げる花という印象が強いです。ハイラインと共にセントラルパークでも楽しみでした。

IMG_1600.JPG
posted by london-twosome at 01:33| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください