2020年01月25日

オリンピアのイタリアンパブ『The Bird In Hand』

天気が下り坂になりそうな土曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも午後から徐々に降水確率が上がってくるので、昨日と同じように霧雨が降ったりはしそうです。最高気温は10℃。明日は雨になりそうなので、やるべきことはさっさと済ませておいた方が良いかもしれません。

1月25日は『バーンズ・ナイト』(Burns Night)というスコットランドの伝統的なお祭りの日。スコットランドが生んだ詩人ロバート・バーンズが生まれた日に、彼の功績、ひいては彼を生んだスコットランドの国土や文化を祝うお祭りなのだそう。
IMG_1655.JPG
ロンドンでもパブでバグパイプの演奏が行われたり、スコットランドの伝統料理が振る舞われたり、ウィスキーを飲んだりとお祝いが行われるそう。昨日通りかかった精肉店の前にも『ハギス(haggis:羊の内蔵や各種肉、穀物やスパイスを混ぜ合わせて作ったソーセージみたいな料理)あります!』と看板が出ていました。
*****************
さて、今回はオリンピア近くにあるイタリアンパブ『The Bird In Hand』です。
IMG_9017.JPG
このパブは評判が良いので食事に訪れたいと思いつつも、週末のランチタイムしか予約ができなかったり、どの駅からもちょっと距離があったりで二の足を踏み、なかなか訪れる機会が作れずにいました。しかし週末にオーバーグラウンドを使って散歩に出掛け、オリンピア駅(Kensington (Olympia))を利用する機会があり。

まだ暖かい時期で喉も乾いていましたし、丁度良い機会なので行きたかったパブに足を運ぼうということになり、ランチとディナーの間の中途半端な時間でしたが一杯引っ掛けました。中途半端な時間だったが故に常は混んでいるらしい店内も空いていましたが、代わりに食事は注文できませんでした。
IMG_9015.JPG
が、元々ビールが飲めれば良かったので2人ともギネスのパイントを注文。夫はつまみのサーディントーストを頼みました。
IMG_9019.JPG
食事メニューは注文できない時間だったにも関わらず、店内には誕生日パーティーを開いている集団がいて。大人はビール、お子さんはジュースを飲みながら、他店舗から持ち込んだピザでワイワイしていました(勿論、お店の方の了承を得たのでしょう)。
IMG_9014.JPG
お店の外観はパブそのもので、花で覆われた如何にもという風情ですし、外のベンチではお馴染みのタバコを吸うグループで賑わう光景が見られましたが。内装はどちらかと言うとイタリアンぽい雰囲気でした。バーカウンターはありましたけれど。
IMG_9016.JPG
夫が頼んだトーストも美味しかったそうですし、店員さんは効率的で感じの良い接客でしたし、トイレも清潔でしたし。少し値は張る印象でしたが、是非きちんと食事に訪れたいと思った(ガストロ?)パブでした。
IMG_9020.JPG
The Bird In Hand
88 Masbro Road Brook Green London W14 0LR
営業時間、メニュー、週末のランチタイムの予約等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:20| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください