2020年02月21日

リッチモンド駅〜ハムハウスへの散歩

雲が多めなものの晴れている金曜日のロンドン。本日の予報は晴れたり曇ったり。日中小雨が降るかもしれません。最高気温は11℃で寒さが和らぐようです。そのせいで朝からくしゃみが止まらないんですかね…。

ドイツで起こった射撃事件がトルコ人等の移民をターゲットにした差別を動機としたものであった疑いが濃厚になってきていますが、ロンドンでもリージェンツパーク近くのモスクでラビが刺される事件が起こりました。刺殺するつもりで刺したと思われますが、襲われたラビは一命をとりとめたとのこと。なんでこんなに人心が安定しないのでしょうね…。

今日から3日間、ロンドンの独立系本屋を中心に巡る『London Bookshop Crawl』が行われます。今年で5回目を迎えるというこのイベントでは本好きの人で集まって本屋巡りをしたり、IDカードをサイトからダウンロードして持っていくと、先着数名に本がプレゼントされたり(プレゼントされる本と本屋は後ほどSNSで発表されると書いてありましたが?)とイベントが企画されています。面白そうなので参加しようと調べると、全てのチケットが売り切れていました。残念。でもサイトには自分で本屋さんを巡れるマップがいくつも紹介されていますので、本好きの方はご自分で巡ってはいかがでしょうか。私も積ん読状態がもう少し解消されたら、マップに従って本屋を巡ってみたいと思います。本屋さんは大切な文化的なスペースだと感じるので、電子化の波を上手く乗りこなして存続し続けて欲しいと願っています。
*****************
さて、今回は地下鉄/オーバーグラウンド駅『リッチモンド』からナショナルトラストが管理する『ハムハウス&ガーデンズ』(Ham House and Garden)までの約30分の散歩道の風景をお届けします。
IMG_2035.JPG
今回ハムハウスを訪れた際には、地下鉄ディストリクト線でリッチモンド駅まで移動し、駅からは30分テムズ川沿いを歩きました。駅舎を背中にして左側に歩いていくと、テムズ川に出ます。
IMG_2036.JPG
テムズ川に出たら、川沿いの歩道を左に進んでいくとハムハウスに着くので迷う心配もなく。ほぼ舗装されている道ですので足元も然程汚れません(数カ所ぬかるみがありましたので、汚れても大丈夫な靴を履いたほうが良いことに代わりはありません)。
IMG_2034.JPG
去年はナショナルトラストが紹介しているリッチモンド駅からリッチモンドヒル〜リッチモンドパーク〜ハムハウス〜テムズ川沿いの道を通って駅に戻るハイキングをしましたが、3時間近くかかり割と疲れました。今回の駅とハムハウスを往復するだけの道は起伏もありませんし、短いのでどなたでも気軽に楽しめると思います。
IMG_2032.JPG
テムズ川沿いの道からハムハウスに続く道に入る場所には道標があります。この短い道は舗装されていません。

IMG_2033.JPG
対岸には『マーブルヒルハウス』が。

IMG_2001.JPG
ハムハウスの近くでは乗馬を楽しむ人達が見られます。

IMG_2037.JPG
カワサギ(?)の親子。川鳥も多く居ます。

IMG_1996 (1).JPG
モモの花でしょうか?鮮やかな色です。

IMG_2010.JPG
ハムハウスの昔の正門。現在は使われていないようですが、並木が立派です。

IMG_1999.JPG
posted by london-twosome at 16:23| Comment(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください