2020年03月19日

世界文化遺産『ダラム城』

小雨の木曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。最高気温は9℃。昨日は夕方から急に冷え込みましたが、今日も引き続き寒い1日になりそうです。

昨日とうとうイギリスでも公立学校が閉鎖されることが発表されました。政府としては学校の閉鎖は避けたかったようなのですが、学校側が自主的に閉鎖し始めたので、プレッシャーに折れる形での決定みたいです。相当数の医療機関従事者がお子さんが学校に通うことを前提にシフトを組んでいるため、お子さんが在宅することになると出勤できないという問題が生じるだけでなく。就学児童の相当数(40%だったような?)が朝食と昼食を学校で提供される無料の食事に頼っている現実があるため、政府としてはなるべく学校は閉校したくなかった模様で、金曜日からの混乱を考えると心配になります。

世界恐慌も心配され、イギリスにおいても4人に1人が職を失う可能性があるという統計が出されています。イギリスはもうすぐ母の日なのですが、今年は集まって食事もできません。皆様もくれぐれも健康に、その上で感染を拡大させないように気をつけてお過ごしください。

かくいう私も生活が一変。火曜日から夫は自宅勤務していますし、ボランティア仲間とのランチの約束も無期延期。出産予定の彼女がトラブルに巻き込まれないよう祈るばかり。ボランティア仲間の女性陣全員で集まってする筈だった少し贅沢なランチも、レストランが昨日から無期休業に入って当たり前ですが中止に。昨日の学校閉鎖の首相発表を受けて、学校からは正式発表がされていないものの、クラスメイト達から次々と「きっとこのままこのコースは終了になっちゃうね」、「事態が収束したら、クラスが無くても皆で集まろうね」、「何か困った事があったら教えてね。お互いに助け合おう!」と次々とメッセージが入りました。毎週楽しみにしていたクラスだけに、悲しい気持ちで一杯です。とは言え、くよくよしていても始まりません。個人商店等をできる範囲で支えつつ、一刻も早く事態が収束するよう、健康は維持しつつ、一緒に住んでいない人とのコンタクトは避けて過ごします。
*****************
さて、今回はダラムにある世界文化遺産に登録されている大学施設(!)『ダラム城』(DurhamCastle)のツアーの感想です。
IMG_2540.JPG
ダラム城は、現在はダラム大学の学生寮として利用されています。その為一般の見学は、午後1時15分〜4時15分まで毎時1回、計4回催行されるツアーでのみ可能です(大学が休みの期間は午前10時15分〜12時15分まで毎時1回ずつ、計3回のツアーが追加催行されるそうです)。
IMG_2447.JPG
但し、イベント等で急にキャンセルされることがあるので、必ず訪れる前にHPにてツアー予定をチェックするのをお忘れなく。我々が行った時期には、1週間前からツアーの予定がアップされていました。
IMG_2535.JPG
ツアーのチケットは、ダラム城の隣にある図書館のショップかダラム城とダラム大聖堂の入り口付近にある『World Heritage Site Visitor Centre』にて£5/大人で購入することができます。私達は午後1時15分からのツアーに乗りたくて、午後1時頃世界遺産ビジターセンターのカウンターに到着したのですが、既にチケットが売り切れており。仕方なく午後2時15分からのチケットを購入しました。
IMG_2539.JPG
3月でシーズンオフの平日だし、コビット19の影響で観光客も少ないであろうしとなめていましたが、1つのツアーの上限人数が少ない上に人気も高そうです。週末や観光シーズンにツアーに乗りたい場合には、なるべく早くチケットを抑えておくと安心そうです。
IMG_2534.JPG
ツアーの所要時間は約45分。中に入ったら写真撮影は一切禁止。世界文化遺産で老朽化も激しいので、触ったりするのも厳禁です。
IMG_2538.JPG
また所によっては1回に通れる人数を2人に制限したりして、収蔵物と建物の保護を図っているので、ガイドさんの指示に従って行動することが大切です。丘の上に聳える塔は生徒さんの寝室があるだけで見処が無いためツアーからは外されています。
IMG_2536.JPG
その為ツアーは11世紀から存在したという教会(祈りの間という感じの狭くて暗い空間)から始まり、博物館を兼ねている廊下を経て、ハリー・ポッターの映画内ディナーのシーンで登場する大広間で終わります。教会において、座りながらダラム城が1072年にウィリアム1世の命により建造が始まり、ダラム大聖堂の司教の邸宅となり、1837年からはダラム大学の一部となった歴史が説明されました。
IMG_2537.JPG
ノルマン朝においては川に囲まれた小高い丘の上という戦略的に大切な場所に建てられた要塞であったことや、各部屋の歴史、装飾の説明等を細かく加えてくれます。私達のガイドさんは大学・大学院共にダラム大学で終了したという女性でした。
IMG_2533.JPG
各部屋で説明が終わった後、5分〜10分自由に見学する時間をくれるので、ゆっくりと鑑賞することが可能。なのですが、大広間だけは吹奏楽部の練習を中断してもらって見学したので、説明が終わってからは比較的速やかに部屋を出なければなりませんでした。
IMG_2531.JPG
個人的にはツアーの面白さも、見ごたえでもダラム大聖堂の方に軍配を上げますが、ダラム大聖堂はツアーに乗らずとも見学が可能。2つともツアーに乗る時間が無いのであれば、ダラム城のツアーに乗って内部を見学し、ダラム大聖堂はご自身で見学するというのがベストでしょうか。

時間が許せば、ダラム大聖堂の宝物館を見学したり塔に登ったりできると尚楽しめるように思います。

Durham Castle
Palace Green Durham DH1 3RW
ツアーに関してはHPにて日程や時間、料金をご確認ください。
posted by london-twosome at 16:00| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください