2020年07月24日

ガナズベリー・パーク

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は曇り。ただ1日中10%前後の降水確率があるので、雨の備えをして出掛けたほうが安心そうです。最高気温は25℃。朝からロンドンにしてはムシムシとしていたので、少し蒸し暑くなりそうです。
IMG_3418.jpg
今日からお店等の閉鎖空間では布で鼻と口を覆うことが義務化されました。公共交通機関同様、本日からマスク等をしていない所を見付かったら罰金の対象となります。
IMG_3407.jpg
お店、スーパーマーケット、ショッピングセンター及び交通機関の建物内等の閉鎖空間では布で口と鼻を覆うことが義務付けられますが、レストラン/パブ/ジムは除外されています。但し、テイクアウトする時はマスク様の物をする必要があるとのこと(飲み食いする時のみ除外)。
IMG_3401.jpg
映画館や劇場、ヘアサロン、ジム等は既にソーシャルディスタンスを保つ為の手立てがされている筈なので、そういった対策済みの空間ではマスクは義務化されないとのこと。これからおでかけの際にはマスクを持ち歩くことをお忘れなく。
IMG_3409.jpg
今週末からジムが開く!と喜んでいたら、通っているジムではプールは来週末まで開かないと連絡がありました。なーんだ、と少しがっかり。でもガッチリ予約制で人数を制限する上に、更衣室は男女の別を無くして一方通行の通り抜け制度にするそうで、本当にジムでは着替えができない事が判明。
IMG_3410 (1).jpg
夏の間は濡れた水着の上に服を着て家まで帰っても辛くはなさそうですが、秋からはキツイだろうな〜と先が思いやられます。でもやっぱり半年振りにプールで泳げるのは楽しみです。
*****************
さて、今回はロンドンの西、チヂック/イーリング/アクトンの町堺にある公園『ガナズベリー・パーク』(Gunnersbury Park)を初めて訪れたので、風景をお届けします。
IMG_3424.jpg
ガナズベリー・パークは、元々はクヌート1世の姪が1044年までお住まいだったカントリーマナーハウス。その後、ロンドン主教、政治家/法律家、バッキングシャー伯爵の縁故、豪商、プリンセス・アメリア、大佐等、名だたる人々の屋敷となった後。
IMG_3403.jpg
1835年にロスチャイルド家のお屋敷となり。1925年にカウンシルがロスチャイルド家から土地屋敷を買い取ったことで、現在のように公共に開かれた公園となったとのこと。
IMG_3402.jpg
お屋敷は『ガナズベリー・パーク博物館』となり、今では地域の歴史や考古学、衣装やアートの展示を行っているそうです。が、Covid-19の影響で現在は門扉が閉じられています。
IMG_3404.jpg
ガナズベリー・パークの最寄り駅は、地下鉄であればピカデリー線とディストリクト線の『Acton Town』かピカデリー線の『South Ealing』。周りは幹線道路に面しているので、到着するまではあまり散歩には適にしていない環境でした。
IMG_3417 (1).jpg
ガナズベリーには用事で訪れたのですが、帰り際に公園内を散歩がてら横切ってみました。園内には博物館の他に、スポーツ施設、温室、地中海風の庭、池、カフェ等があり、芝生ではスポーツを楽しむ人や読書する人。池の周りではピクニックを楽しむ人を見掛けました。

IMG_3408.jpg
昔のお邸の跡なのか、ボートハウスがあったのか?わかりませんが、建物の周りに地中海風の庭がありました。
IMG_3411.jpg
一部はロックガーデンっぽくなっていたり。

IMG_3405.jpg
ボランティアさんと思しき方が、水遣りをされていて。季節毎の植物の説明を見やすいように直してくださいました。「時期が過ぎちゃったんだけれど…」と仰ってましたが、丹精込めてお手入れされている感じがしてありがたかったです。

IMG_3414.jpg
ガナズベリー・パーク内には、専門学校の『Capel Manor College』のキャンパスがあります。

IMG_3415.jpg
当該専門学校には園芸学科があるのですが、そこの先生・学生さんが設計したというお庭も池の端にありました。

IMG_3412.jpg

IMG_3413.jpg

IMG_3416.jpg
芝生に木が所々に生えているーというイングランドっぽい公園はどうしても色に乏しくなりがちですが、この一角が色鮮やかで遠くから引き寄せられました。

IMG_3421.jpg
池の傍には温室。

IMG_3420.jpg

IMG_3419.jpg
水生植物が集められた一角もあります。

IMG_3422.jpg

IMG_3423.jpg
廃墟の跡にはアロットメントなのか畑がありました。

IMG_3406.jpg
posted by london-twosome at 15:01| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください