2020年09月14日

ロックダウンルールの強化

おはようございます。少しずつ体調が回復しているものの、まだ体が鉛のように重くて、家事以外はほぼベッドで過ごしています。

動悸や息切れはほぼ治っているので、あともう一歩だと感じるのですが。ここからなかなか進歩しません。まぁ、治ったところで外に出れる訳でもありませんが…。

テストキットも届いておらず、これが批判を受けている一端なんだな〜と実感しているところです。今朝のBBCニュースでは、「GPが本来ならば対面で診察すべきケースも電話診療で済ませている事を政府が批判した」というニュースを読んでいました。登場したGPは「仕事してるわよ!」と憤ってましたが。

私達が登録しているGPはHPに「絶対に来るな!」とデカデカと謳っているので、そうなんだ…?とびっくり。今日までルールが然程変わらなかったので毎日Covid-19のHPをチェックする癖が抜けてしまいましたが、またこまめにチェックしなくちゃなぁと思っているところです。
*****************
さて、今回は今日からイングランド、スコットランドおよびウェールズにおいてロックダウンの規則が強化された話題です。
IMG_4090.jpg
7月の終わり以降、ロックダウンが既に終わったかの如くに生活していたイングランドですが、勿論その間もパンデミックは続いていて、ロックダウンが解除されていた訳でもありませんでした。そして最近Covid-19感染者が急増している事を受け、今日から規制が再強化されます。

今回の規制強化は完全なロックダウンに戻るのを避ける為で、以前のようにビジネスが休業を強制される訳でも、人々が仕事に行けなくなる訳でも、学校がオンラインになる訳でもありません。ジョンソン首相は「曲がりなりにも『普通』のクリスマスを迎えるために、今引き締めよう」と呼びかけていました。
IMG_4089.jpg
とはいえ、今日からの規制強化は大幅にルールが変わったという訳ではありません。今までも1度に集まれるのは室内であれば6人が上限で2世帯までと決められていましたが。それが屋外にも適用されることになっただけです(ウェールズにおいては室内のみ)。

加えて、今までは30人以上集まっていないと警察が公権力を行使できなかったところを、今日からは6人以上だった時点で直ぐに罰金を申し渡すことができるようになるという変化もあります。ただ警察も最初は様子見をするとみられていて、直ぐには罰金を課さず、先ずは解散を促すのでは?と言われています。
IMG_0904.jpg
フリースを着ていたような気候から、今日・明日と30℃近い夏のような気候に逆戻りすると予報が出ています。太陽大好きイングランドっ子達は、こぞって外に繰り出すでしょうが、大勢で集まって大騒ぎするのは我慢して欲しいものです。

なんとか完全なロックダウンを回避できますように。
posted by london-twosome at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

反省中

おはようございます。長らくお休みして、ご心配をおかけしていたら申し訳ございません。
IMG_4108.jpg
月曜日から体調を崩しています。週末も毎度の倦怠感と目眩に悩まされて、大人しくしていたのですが。月曜日から酷い倦怠感に加えて、胸が締め付けられるような苦しさがあり、息が苦しくて。

起き上がるとハァハァと息が切れちゃうし、気持ち悪いしで…少し家事をしてはベッドで休みの繰り返し。基本的にはずっとベッドでダウンしてました。
IMG_4100.jpg
木曜日にやっと喋ったりが問題なくできるようになってきたものの、なんだか良くならないし、いつもと違いすぎるな…と不安になり。ここまで回復すれば、なんとか移動もできそうだしとプライベート医院に予約の電話をするも、動いたり喋ったるすると息切れから咳が出るので病院を訪れることはできないとのことで、電話での診療を受けました。

すると「直ぐにGP(General Practitionerの略で総合診療医のこと。徒歩圏内で登録できるお医者様をリストされた中から選択して登録。かかりつけ医になってもらう)に連絡してください」とアドバイスが。え?と不安になりつつGPに電話すると、受付の方が「何で症状が出て直ぐにA&E(救急外来)に行かなかったの?!」と。
IMG_4087.jpg
慌てて、2016年にも同様の症状が出たこと。その時に心臓の検査は一通り受けて問題がなかったこと。今年の頭の健康診断でも心臓他、特に問題なかったこと。貧血が酷く、息切れはここまで酷く無くとも普段からすることを説明。

それならばと、翌日の電話診療の予約を入れてくれました。そうなんです。まだロンドンでは(イングランド全体かも?)、先ずは電話でトリアージュして、Covid-19の症状がなく、絶対に必要だと判断された人しか対面での診療は受けられないんです。
IMG_4103.jpg
そんなこんなで、胸の締め付けや息苦しさは随分楽になった昨日の朝。予約の午前9時から15分遅れただけのほぼ時間通り、GPから電話が掛かってきました。チャキチャキとした女医さんでした。

すると「息切れがするって聞いたけれど?」と診察が始まったので、症状を説明。それに対する女医さんの回答は「今直ぐCovid-19のテストキットを手配します。キットが届いたら直ぐに検査して、返送してください。自己隔離も確実に実行してください」。
IMG_4104.jpg
あんなに気をつけていたのに〜。木曜日になんとか動ける様になったので、底をついていた食料を補充する為にスーパーに買い物に行ってしまいました。現在、猛烈に反省しています。

まだテストキットが届いていませんし。届いたところで症状が出てから5日以内にテストしないと正確な結果が得られないので、何れにせよ自己隔離が義務付けられていますし。
IMG_4088.jpg
どうせまだ胸が苦しくて動けないのですが、夫も巻き込んで自己隔離。食料が不足しそうだったので、オンラインでお買い物を済ませました。

現在はロックダウン中ほどはデマンドが無いのか、スーパー側がキャパを増強したのか、注文した2時間後には食料が届き。自己隔離中なのでドア前に置いてくれるよう頼んだら、きっちり守ってくれました。
IMG_3884.jpg
今はまだ体調が悪いですし。体調が回復しても、また暫く何処にも行けない・誰にも会えない日々になるので、ブログもあまり更新しないかもしれませんが、ご心配なく。

どうかCovid-19に感染していなくて、これ以上人様に迷惑を掛けなくて済みますように…。
posted by london-twosome at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

フラムパレスの野菜

空がほぼ雲で覆われている木曜日のロンドン。本日の予報は晴れたり曇ったりを繰り返し、午後には雨が降る時間帯があるというもの。明日までコロコロと天候が変わるようなので、折りたたみ傘を持ち歩いたほうが良さそうです。最高気温は19℃。木々も色付き始めましたし、いよいよ秋が近づいてきました。
IMG_3586.jpg
『イングランドの学校ではマスク着用が義務化されない』と書いたばかりですが、昨日政府が見解を180℃転換した事が批判を浴びていました。Covid-19は未知のウィルスであっという間に状況が変わるパンデミックなので、状況に応じて臨機応変に対応を変えるのは素晴らしいと思うのですが。

今回の件については、別に急に感染が広がっているわけでも、新たな科学的発見があったわけでもないので、もう少し注意深く方針を決定した方が良かったかも?という案件な気がします。パンデミックにおいて情報の出し方が大事なことは、痛感した事の1つだと想像するので。
IMG_3577.jpg
南米〜北米に巨大なハリケーンが接近中なようですね。大きな被害が出ませんように。
*****************
さて、今回は先週フラムパレス(Fulham Palace)で購入した野菜で作った食事の備忘録です。
IMG_3778.jpg
美味しそうなトマト。無農薬で温室内で育てられた種類豊富なトマトが入っています。

IMG_3777.jpg
畑で無農薬で育ったミントと豆も購入。

IMG_3780.jpg
シンプルにミントと一緒に冷やしトマト。

IMG_3815.jpg
トマトはサラダに添えたりも。

IMG_3781.jpg
ミントは桃のサラダにも使いました。

IMG_3782.jpg
豆は和風の煮物に。今回は育ちすぎていなくて、柔らかく、美味しかったです。

IMG_3779.jpg
前回美味しかったのでラディッシュも購入。今回は赤だけでなく、紫色のラディッシュもあります。

IMG_3793.jpg
今回も甘酢漬けにして、ポリポリ食べました。

IMG_3788.jpg
フラムパレスのじゃがいもは非常に美味しいので、今回も購入。ミントと一緒にポテトサラダ再び。

IMG_3814.jpg
次の日はポテトピザ。little SOURDOUGH KITCHENの生地は今でもお気に入り。

IMG_3839.jpg
ランチ用に簡単なスープカレーをじゃがいもとScandiKitchenのソーセージで作りました。

IMG_3840.jpg
ビーツも2個購入。これもScandiKitchenのミートボールと簡単で美味しいスープを作って夕飯の1品に。体調が悪い日が続いていたので、生姜たっぷりでピッタリの献立でした。
posted by london-twosome at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする