2019年07月29日

無事帰宅

青空が広がる月曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、最高気温は25℃。明日と明後日は天気が崩れるようなので、済ませられる用事は今日中に片付けておくと良さそうです。
2019-07-28 11.40.56.jpg
昨日は驚くほど問題なく、すんなりと帰ってきました。午後4時離陸の飛行機でコーク空港を飛び立ち、約55分のフライトでロンドンのヒースロー空港に到着。

アイルランドとイギリスは協定を結んでいるので、今回は本当に出国審査も入国審査も無く。飛行機を降りて、通路を歩き、出口を出たら荷物を受け取るターンテーブルに出たので驚きました。
2019-07-28 12.05.22.jpg
荷物を受け取り、地下鉄に乗って帰宅したら午後6時。久し振りに遅延も何もなく、地下鉄でも座れ、快適に問題なく帰国できました。

旅行は凄く楽しいですが、やっぱり疲れますし、帰宅すると家事が溜まっている訳で。昨晩洗濯をして早めに就寝したのですが、今朝はやっぱり風邪気味です。
2019-07-28 12.15.53.jpg
朝から2回洗濯をし、後1回で終わる所まで漕ぎつけました。後はキャリーバッグを清拭すれば、旅行の後片付けは完了。掃除を残すのみです。

フラットを空けていた間に大雨が降ったようで、帰宅したらバケツに水が溜まっていました。また雨漏りしたんですねぇ…。早く修理してくれないかな…と思いつつ、誰に話しても「イギリスではありがち」と言われるので、半分諦めてもいます。

そんなこんなで、今日はやっつける用事が多いので日記のみ。明日から暫くの間アイルランド旅行記にお付き合いくださると幸いです。
posted by london-twosome at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

無事帰宅

曇天の火曜日のロンドン。本日の予報は曇り。降水確率が夕方少しありますが、雨の心配は然程ないようです。最高気温は21℃。パリから帰ってくるとロンドンの涼しさが有難く感じます。
2019-07-08 12.58.17.jpg
昨晩無事帰宅しました。帰りのユーロスターも45分遅延しましたが、乗り込んだら順調に運行しました。が、各車両にあるトイレの大半が故障して使えなくなっており、唯一使用できる個室もトイレを流す水も、手を洗う水も無くなっていてお粗末でした。遅延の多さといい、往路の故障といい、トイレの状態といい、メインテナンスが行き届いてない印象が拭えません。

パリ最終日の昨日は週末は営業していなかったポリッジ屋さんで朝ご飯を食べ。午前11時からモンマルトルのウォーキングツアーにのってきました。
2019-07-08 11.27.48.jpg
午後5時過ぎのユーロスターでの帰宅だったのですが、出国&入国審査に時間が掛かるので出発1時間前には駅に到着していなければならないので時間があまりなく。ツアーの後は急いでホテルの傍に戻ってランチを済ませ。

少しだけ時間があったので、スーパーでお土産を、ベーカリーでパンを買い込み。バスに乗って北駅に移動したら終わってしまいました。パリの観光って予想したよりも時間が掛かります。多分、食事に時間が掛かるからだと思うんですよね…。
2019-07-08 12.24.15.jpg
無事帰宅できたのは午後8時。簡単に冷凍食品とパリ土産のバゲットで夕食を済ませ。洗濯を2回したり、荷物を片付けたりするのも億劫なほど疲労困憊モードでしたが、充実した旅行で非常に満足でした。

今日は体が信じられない程重いのですが、2人共1日頑張って働いてきます。
posted by london-twosome at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

パリ2日目

朝は半袖だと肌寒いような気温でしたが、日中は暑くて観光しているとばててしまったパリ2日目。今日は朝は朝食を食べに出掛けた以外はホテルでのんびりしたので、昨日ほどは疲労困憊しないで済んでいます。
2019-07-07 13.13.39.jpg
とは言え、日曜日の朝は営業しているカフェが少ない上、営業しているお店も開店がゆっくり。午前9時前に空腹で食べに出た私達は暫くお店を探して歩き回り。結局諦めてネットで調べて、気になっていたカフェが近くにあることを突き止めて朝食にありつけました。

ランチはホテルから約30分歩いた場所にあるストリート・タイフードのお店へ。ここが抜群に美味しくて、お店の方も親切に英語で説明してくださって大当たり。
2019-07-07 08.50.01.jpg
午後はカルチェラタンのウォーキングツアーに乗って、2時間弱歴史の説明をしてもらいました。やっぱり人に説明してもらうと歴史が頭に入りやすいですし、建築の意味や町の成り立ちを学んでから歩くと、ただ漫然と景色を眺めるより何倍も街を楽しめる気がします。今日のガイドさんも、先週までソルボンヌ大学の大学院生だったという方で、面白くも情報に満ちたツアーで大変勉強になりました。

そこから本で紹介されていた地産地消に力を入れているネオ・フレンチを食べにバスで移動したのですが…。何故かあれよあれよという間に警察に道路が封鎖されてしまい、バスも緊急運休。途中で下ろされてしまい、代わりのバスも走らず(セーヌ一帯の道路が全て封鎖されました)。
2019-07-07 16.00.14.jpg
仕方なく25分かけて目的のレストランまで歩き。ディナー時間迄待つ気力もなかったので、つまみで軽く食べ、美味しくて大満足したのですが。

前の通りが見える席で食事していたら、目の前で若い女性のポケットからすれ違った男がスリを働くのを目撃してしまい。一時ウェイターさんも加勢して騒然とするトラブルがありました。
2019-07-07 15.55.22.jpg
ジプシーの女性がツアー中物乞いに回ってきたり、夕食をテラスで食べていた人たちに物乞いの男性が来たり、スリを目撃したり。噂通り、スリや置き引きが多く注意が必要な街だなぁ…と殊更印象に残ってしまいました。

できれば今日中にお土産を買ってしまいたかったのですが、日曜日なのでお店が早々に閉店。明日帰る前に買い物をする時間があると良いのですが。
2019-07-07 11.59.11.jpg
明日はチェックアウトしたり、ロンドンに移動したりとバッタバタなのでブログが書けないと思います。火曜日も1日用事でブログまで辿り付けないかも…。水曜日には生存報告できると思いますので、ご心配なく。
posted by london-twosome at 04:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする