2018年12月16日

チャリティーの季節

昨日の雨天から一転、青空の日曜日のロンドン。本日は午前中は晴れ、午後は晴れ所により曇り、夕方からはにわか雨の予報です。現在は冷え込んでいますが、天気が崩れるに従って気温も上がり、最高気温は9℃になるとのこと。昨日は風もあり凄く寒かったのですが、今日は少し寒さが緩みそうです。

昨日は掃除・洗濯を済ませた後、午後はホリデーカードをひたすら書いていました。お陰で私はほぼ終了。1日風邪で寝込んでいた夫には今日取り組んでもらって、月曜日には郵送したいと思います。日本には元旦に届けば良いので余裕ですが、アメリカ・ドイツ・オーストリアにはもう届いていないといけない時期なので、ちょっと焦ります。ニューヨークを出たので俄然早めに着いているべきカードの数が増えましたし…。

そんな訳で、ここ数日で海を越えてホリデーカードが届き始めました。ドイツの元ボランティア仲間は毎年ご家族の1年の活動を細かく知らせてくださるので楽しみになっています。お子さん2人にもお目にかかりましたし、ご自宅にも泊めてもらったので懐かしいですし。この夏とうとう教職を定年退職で退いた彼女は電気自動車をプレゼントされ、近所を乗り回しているそう。彼女が担当していたクラスはドイツで生まれたお子さんが2人しかおらず、その他は全て移民/難民の子供達でカリキュラムを立てるのにとっても苦労していたので、今の所は沢山できた自由時間を満喫しているみたいでした。その奥さんの学校でボランティアとしてドイツ語を教えていた旦那様も一緒に辞め、現在は地域政治に携わっているのだとか!お子さん達もそれぞれ家を買ったり、社会福祉士として難民を支援したり、スイスで金融の仕事をしたり、短編映画を撮影したり、元気にご活躍の様子。

ウィーンの友達カップルの結婚式で知り合った女性は、大きな交通事故で肩/腕を折って大変でしたが、やっと回復してきたとのこと。娘さんがケンブリッジの卒業生なので彼女もイギリスに詳しく、私達がイギリスに居るのが不思議な気分みたいです。息子さんがイギリスに旅行にいらっしゃるそうで、相変わらず自由に羽ばたいている様子。自分たちに子供がいないせいか、皆さんのお子さんの成長がとても嬉しい今日この頃です。
*************************************************************************
さて、今回はコヴェント・ガーデンのマーケット内に店舗を構える老舗玩具店『ベンジャミン・ポロック玩具店』で買い物をした徒然です。
2018-12-13 14.04.17.jpg
毎年この季節はチャリティーの季節。アメリカと違ってイギリスではアパート内で働く用務員さんコンやシェルジュさんにホリデーチップは渡さなくても良いそうで心底ほっとしているところです。

が、しかしチャリティーにお金を寄付する文化は変わらないようで、むしろTVで毎日寄付が必要なチャリティーを選んでは、アルコール依存症、エイズ、ホームレス問題、精神病、孤独など問題を提起し、どのような団体がいかなる取り組みをしているのかを紹介し、寄付先を明示するという取り組みをしたり、フリーペーパーでも同様の特集を組んだりしているので、熱心にチャリティーに取り組んでいる印象があります。
2018-12-14 08.14.51.jpg
住んでいるフラットから、チャリティーの案内が来るのも然り。私達が住んでいるフラットでは、近所に住む地元アーティストの作品販売の仲介をしたり、近所の子供病院に寄付するおもちゃの代行受付を行ったりしている案内が届きました。

ニューヨークでも近所の低所得者住居の子供たちへのおもちゃの寄付を毎年していたので、今年もおもちゃの寄付もすることに。ただ募集Eメールにも詳しく書かれていましたが、ネットで調べてみると病院へのおもちゃの寄付には注意が必要とのこと。
2018-12-14 08.16.26.jpg
先ずかさばり過ぎるもの(大きな人形など)はNG。私達に送信された案内では人形は禁止されていませんでしたが、多くの病院では衛生面から布でできた物(ぬいぐるみや布製の絵本、指人形)は受け付けていないようでした。同様の理由から、新品以外はNG。そこで布製の物は購入しないことに。

病院からは、iPadやNintendo Wiiなどの高価な物も望ましいギフトとしてリストされていましたが、個人的には寄付で自分でも購入しないような高価なものを選ぶ気はなく、除外。多分、私を含め低年齢層を念頭においたプレゼントばかり寄付される傾向があるので、敢えてリストにティーンエイジャーにもプレゼントできるような物を含めたのだとは思うのですが、でも…。
2018-12-08 15.31.08.jpg
大人がプレゼントしたいと思うような本や絵本は、病院側が子供が喜ぶギフトとして例に挙げたリストには全く含まれておらず。残念な気もしますが、確かに本は好みもあるでしょうから難しいのでしょう。という訳で、外し。

ニューヨークではレゴを購入することも多かったですし、病院の望ましいギフト例としても挙げられていたのですが、ベッドの上でレゴを広げたらブロックをなくしちゃったり、誤って上に寝ちゃったり、誤飲したり、何となく危険が多いような…?という気がして今回はパス。子供たちはハリーポッターやスターウォーズのおもちゃを喜ぶと書いてあったので、レゴはぴったりなのですが。
2018-12-13 09.36.59.jpg
そんなこんなで色々調べては迷って散々悩んだ挙句、やっぱり自分が子供の頃に好きだったおもちゃで、リストにも挙げられていた万華鏡を寄付することに決めました。値段も子供に適正な気がしますし(古い人間なので、お子さんに高いおもちゃをプレゼントすることに抵抗があります)、寝たきりでも楽しめますし。入院しているお子さんは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚などを使用する機会が少なくなりがちなので、それらを刺激するおもちゃが良いというアドバイスもあったので、そういう意味でも良いかな?という気もしました。

そこで万華鏡を販売しているお店を調べたら、コヴェント・ガーデンのマーケット内にある『ベンジャミン・ポロック』(BENJAMIN POLLOCK'S TOY SHOP)というおもちゃ屋さんに行き当たりました。このお店はベンジャミン・ポロック氏が1937年に死去するまで、紙に人気舞台を再現して子供たちが色を塗ったり、立体に組み立てたりして遊べるよう販売していた1枚1ペンスのおもちゃが原点という、長い歴史を持つとのこと。その歴史130年。
2018-10-24 18.37.38.jpg
コヴェント・ガーデンに着いたら、ショップが並ぶマーケットの1画にお店があります。私はよく分からず、貼り出された地図で割り出しました。

1階にはガラスケースの中に商品が並んでいて、階段を上がると2階にショップがあります。とても小さなスペースですが、お客さんで一杯。観光客が多いようでしたので、有名なお店なのでしょう。皆さん季節もあるのでしょうが、結構お買い物をしていました。
2018-10-24 18.37.54.jpg
このお店の看板商品は、舞台を再現したかのような立体紙芝居のようなトイ・シアター。紙芝居と言っても1場面しかないので、場面転換はできないと思われます。しかし精巧に描かれていて美しく、ヨーロッパから来た観光客と思しき女性たちがこぞって買い求めていたのも頷ける小さな夢空間。カードみたいなサイズのシアターも販売されていたので、劇好きな方のお土産に良いかもしれません。

他にも紙でできた操り人形とか、人形の操り人形とか、人形劇を演じられそうなおもちゃが揃っています。必要もないのに欲しくなる、どこか懐かしいような、憧れでしかなかったお伽の世界が目の前に現れたような、わくわくする品揃え。
2018-10-24 18.38.05.jpg
所狭しと懐かしいようなおもちゃが並んでいて、プレゼントやお土産を購入するのにぴったりなだけでなく、観光のついでに覘くだけでも楽しめること請け合い。そこはかとなくイギリスの文化的歴史の長さも感じられます。

お店の方に病院に寄付するおもちゃを探している旨相談したら、丁寧に相談に乗ってくださいました。結局万華鏡、複眼レンズ(テレイドスコープ)、妖精がくるくる回るオルゴール(子供の頃に自分が好きだったので…)を購入。寄付してきました。
2018-10-24 18.43.02.jpg
今度大事な人に贈るカードを探す際には足を運んでみようかと思いましたし、コヴェント・ガーデンを訪れたら用もないのに立ち寄ってしまいそうです。
posted by london-twosome at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

サウスケンジングトンの火曜日のファーマーズマーケット

夕方から雨が降る予報の土曜日のロンドン。本日の最高気温は9℃。1日中太陽が出ないようなので、暗くて寒い1日になりそうです。来週は雨の日が多そうなので、月曜日の晴れ間が貴重に感じそうな1週間です。

使っているドライクリーニング屋さんが安めでその場所で洗濯をしている代わりに現金しか受け付けていないので、銀行にお金を下ろしに行こうと駅を通り抜けたら、クリスマスキャロルが流れていました。2週間前からクリスマスのデコレーションはされていたのに、音楽が変わると急にホリデーシーズン本番!という雰囲気。町のメインスクエアにも大きなツリーが登場していました。

昨日から始まったウィンターマーケットもあるみたいですし、キューガーデンやチズウィックハウスのライトショーも始まりましたし、クリスマス本番といった雰囲気になってきました。夜出掛けると体調を崩しやすいのでなるべく午後6時までには帰宅するようにしている私も、初めてのロンドンのクリスマスは是非味わいたい。今日から頑張って暗くなってからホリデーライトやマーケットを見物するために、足を運ぼうと計画しています。

夫は昨日ニューヨークから出張に来た弁護士さんとランチを楽しみました。弁護士さんは出張に次ぐ出張で少し太ってしまい、疲れていたとのこと。確かに移動とホテル暮らしは本当に堪えます。長期間バックパッカーをする人たちのポッドキャストを偶々聞いていたのですが、私にはできない…と思ってしまいました。健康で元気なことって本当に大事です。
*************************************************************************
さて、今回はロンドン中心部の西側、博物館や美術館が多くありフランスの香りが漂う町サウスケンジングトンの火曜日に開催されるファーマーズマーケット『South Kensington (Tuesdays) Farmers' Market』の感想です。
2018-11-20 11.21.40.jpg
地産地消を可能な範囲で心掛けています。先週は体調を崩して買い物に行けなかった関係で、週末各地で開かれるファーマーズマーケットに足を運び損ねました。そこで火曜日にサウスケンジングトンで開かれているファーマーズマーケットに出掛けました。
2018-11-20 11.21.15.jpg
サウスケンジングトンのファーマーズマーケットは、とても分かりやすい場所にあります。ロンドン自然史博物館とヴィクトリア&アルバート博物館の間にあるエクスビジョン・ロードをハイドパーク/ケンジングトン・ガーデンズの方に歩いていくと『ファーマーズマーケットはこちら』と書かれた幟が出てきます。
2018-11-20 11.11.19.jpg
マーケットはインペリアル大学の中庭のような場所で開かれています。その立地のせいか、火曜日という曜日のせいか(この場所では土曜日にもファーマーズマーケットが開かれています)、ストリートフードの屋台がその殆どを占めていました。冷たい雨が降る日だったことも影響しているのかもしれません。
2018-11-20 11.09.04.jpg
とは言え、有機野菜、果物、パンを売る屋台があったので十分と言えば十分。シード入りパン、リンゴ、カボチャ(ニューヨークでも売られていましたが、kabochaと表記されている日本の甘いカボチャで感激。とても美味しかったです)、玉ねぎ、人参、ルッコラ(アメリカではArugulaと呼ばれてましたが、イギリスではRocketと呼ばれているみたい)、ホウレンソウ(どちらも変わらずspinach)を購入して帰宅しました。
2018-11-20 11.10.56.jpg
願わくば牛乳やヨーグルトが買えると嬉しいのですが、乳製品を売るお店があるマーケットは少ないみたいですね。火曜日の出店リストの中には、卵や精肉を販売するお店の名前がありましたが、私が訪れた日は出店していませんでした。
2018-11-20 11.37.25.jpg
買ってきたカボチャでグラタンとカボチャのサラダを作ったり。ルッコラでパスタとルッコラとひよこ豆のサラダを料理したり。新鮮な野菜を食べられるとやっぱり豊かな食事になる気がします。
2018-11-20 11.09.10.jpg
ファーマーズマーケットの近くあるロンドン自然史博物館の前には、スケートリンクとツリー、メリーゴーランドが登場しています。その入り口で警備をしていたお兄さんが「今日は寒いねー。でも中に入れば暖かいからもう少しの辛抱だよ」と声を掛けてくれました。
2018-11-20 11.39.18.jpg
でも私はリンクやメリーゴーランドの写真を撮りたかっただけなので、少し見たら直ぐ引き返して彼の前を通り過ぎることに。すると「なーんだ、中に入らないの?」とまた声を掛けてくれたので、「今日は買い物しなきゃなの。寒いから暖かくしてね」と返したら、「大丈夫!君こそ暖かくね!」とニッコニコで挨拶してくれました。
2018-11-20 11.09.51.jpg
マーケットで野菜を売っていたおじさんも、手がかじかんでお金が出せない私に「寒いよねー。」と言うので、「この雨でお店が出てるか心配してました。これから2時まで外で過ごすなんて大丈夫ですか?」と返すと、「完全防寒してるからね!このコートは雨は弾くし暖かいし便利なんだよ。上下ウールの下着も着込んだしね!」と笑ってました。タフだー。
2018-11-20 11.35.48.jpg
今の季節はフェスティブな雰囲気を一緒に味わえるのが楽しいマーケットでした。

South Kensington (Tuesdays) Farmers' Market
Queens Lawn, Imperial College SW7 5NH
出店リストや時間等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

気持ちだけロンドンで感謝祭

曇りの予報で午後には所により晴れの金曜日のロンドン。昨日は1日中曇って寒かったですが、今日は本当に少しは太陽が顔を覗かせるのでしょうか。最高気温は8℃。昨日よりは寒さが和らぐとBBCのお天気お兄さんは言っています。

昨日は注文していた収納小物が届き、箱を開いて、畳んでリサイクル収集場所まで持って行ったり、小物を組み立てたり、改めて収納をああでもない、こうでもないと考えたりしていました。このアパートに住み始めて2か月が経ちますが、船便の荷物が最近まで届かなかったこともありなかなか落ち着きません。クローゼット内の片付けまで辿り着けなかったので、今日も引き続き整理整頓に精を出します。

夫のイギリスの運転免許証も無事届きました。夫の申請書に記載漏れがあり返却されたのですが(私も見直すべきでした…)、直ぐに修正してスペシャルデリバリーで送り直したのに、なかなか届かないので冷や冷やしていたのでほっとしました。日本人担当者は数人しかいらっしゃらない上に、最初に修正を指示してくださった担当者に送り返すように指示されていたので、その方が休暇でも取られていたのでしょうか。何はともあれパスポート以外の身元を証明するIDが手に入って便利になります(VISAのような英国滞在査証はIDにはならないそうです)。今度は申請過程に提出した日本の運転免許証が無事手元に返ってくることを祈るばかり。最長半年掛かるそうなので、気長に待ちたいと思います。

アメリカでの支払い、アパートの敷金の返金、会社との清算がやっと完全に終了し、アメリカに残してあったお金をイギリスの銀行口座に送金する手続きを取ってもらいました。手続きしてからアメリカの銀行から送金をするまで数日かかり、現在はイギリスの銀行口座に振り込まれるのを待っている状態です。来週の頭には送金手続きが完了する筈なのですが、実際に口座残高に反映されるまでドキドキが続きます。全てが終わったら、銀行口座を閉めてアメリカでの手続きを終えることができるので、あと少し。今月は何故か給料が振り込まれず、1週間ほど待って夫が問い合わせをして、やっと給料を受け取ることができてほっとしたばかり。アメリカから貯金が来れば、毎月冷や冷やしなくて済むようになるのでそういう意味でも心労が減ります。全て上手くいきますように。
*************************************************************************
さて、今回は11月の第4木曜日にアメリカとカナダで祝われる感謝祭(Thanksgiving Day)を気分だけロンドンで味わった徒然です。
2018-11-22 19.24.58.jpg
アメリカ&カナダ人が沢山住んでいるためか、たった6時間程のフライトで着くので連休で訪れている観光客が多いせいか、ロンドンでも感謝祭のことをよく耳にします。観光局が運営している『Visit London』にも感謝祭を祝うにはどうしたら良いか特集しているページがありますし。

フリーペーパーの『Time Out』や『The Evening Standard』でも、サンクスギビングディナーやデザートについて言及していました。アメリカに住んでいた時は、別に特別な思い入れがあった訳ではないのでイギリスに来てまで何かやろうなんて全然思っていなかったわけですが、こうやって読んでしまうと何もしないのも寂しく感じ始めました。
2018-11-22 19.27.29.jpg
でも元々七面鳥はあまり好きではないですし、ニューヨークに住んでいた時とは違い感謝祭は平日で夫は仕事をしています。アメリカンレストランではサンクスギビングディナーを提供していて、割と多くのレストランがあったのですが、そこまでするのもなーという感じでした。

そんな時『ロンドンでもパンプキンパイを食べられる場所』という特集を目にして、デザートを買って食べるくらいして良いのかもと思い。調べてみると、結構手に入りやすいことが分かりました。アメリカ人はこの時期パンプキンパイを食べれないと寂しく感じるんですね…よく解ります。
2018-11-22 19.33.23.jpg
パンプキンパイとかパンプキンマフィンとかパンプキンケーキとかって、格別美味しくないんですよね。なのにあると思わず選んでしまいます。頼んでから私ってパンプキン好きなのかな?と首をひねり、食べてからやっぱり格別美味しくないんだよなーと思うのが常。でも多分大好きなんですよね。絶対といっていい程選んでしまいます。

そんなこんなで、すっかりパンプキンパイを食べるぞ!モードに突入し、パンプキンパイを購入できる場所を調べました。その特集を読むまでロンドン(イギリス全般に言えるのかも?)にパンプキンを使ったスイーツが無いこと自体に気付いていませんでしたが、確かにそういわれると見掛けないかもしれません。
2018-10-26 09.38.41.jpg
記事を読んだり、ネットで検索すると、サンクスギビングディナーを提供しているレストランは多数見つかりますが、パンプキンパイをテイクアウトできるお店は限られてきます。フォートナム&メイソンで小さな1人サイズのパンプキンパイを売っているとか。Konditor & Cookというロンドンベースのベーカリーでスパイスの効いた美味しいパンプキンパイが食べれるとか。ホールフーズマーケットでこれぞアメリカ!というパンプキンパイが売られているとか。どれも魅力的で迷いました。

でもどうせなら散歩がてら片道でも歩いて行ける場所が良いのと、ホールではなく1人用の小さなパイが良かったのでハミングバード・ベーカリー(The Hummingbird Bakery)で購入することに決定。ハミングバード・ベーカリーは、2004年にアメリカのベーカリーの味をロンドンに紹介するべくポートベロ通りにオープン。以降人気を博して、現在では6店舗を展開しているとのこと。
2018-11-07 16.00.33.jpg
まだ短期アパートに住んで住居を探していた時、サウスケンジングトンの店舗で一休みしたことがあり馴染みがあるお店でもありました。その時はやっぱりカップケーキは甘すぎると思ったものの、店員さん達がとってもフレンドリーで感じが良かったので好印象が残っていました。

ポートベロの元祖の店舗前もBooks for Cooksに行った際に前を通っています。どこも歩いて行ける距離なのですが、どうせなら行ったことが無い店舗を試したいのと、ポートベロ周辺はちょっと苦手意識があるので(ごちゃごちゃしていて人が多いので)、今回はリッチモンドに行きました。
2018-11-07 15.59.45.jpg
午後1時前に訪れたので、店舗はがら空き。お陰でこちらでもやっぱりフレンドリーで丁寧な店員さん達に説明を受けながら、気持ちよく買い物ができました。

七面鳥とも豪華な特別メニューとも縁のない、ごく普通の夕食の後、パンプキンパイを半分に切って2人で堪能しました。クラストが柔らかくてカリッと香ばしいのが好きな私は好みではなかったものの、フィリングがアメリカのパンプキンパイよりも格段に甘さが控えめにしてあって、そのお陰でパンプキンの風味がして、香辛料がちょっと控えめの優しい味わいで、「アメリカのより美味しい」と二人で顔を見合わせてしまいました。
2018-10-27 13.16.49.jpg
好きじゃないと分かっているのに見た目の可愛さに惑わされて購入したカップケーキは、やっぱり甘さがきつすぎましたが、カップケーキの中では美味しいと感じました。上にクリームがのっている方が、アイシングが嫌いな私としては美味しく食べられました。とは言え、やっぱり見た目が季節感・イベント感があると気分が上がるものです。

アメリカの友達が感謝の念を述べたり、ネイティブアメリカンの人々に思いを馳せることを呼び掛けたりするポストを読みつつ、今年も1年無事に終わりそうなことや色々な人達の助け、そして何より夫が元気でいてくれることに感謝した1日でした。

The Hummingbird Bakery Richmond, Surrey
3 The Quadrant, Richmond, TW9 1BP, United Kingdom
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする