2019年07月04日

ロンドンはNYCと違うと日々思う。

今朝も雲一つない青空が広がる木曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は25℃まで上がって暑くなります。日差しも強いので、帽子と水の準備をお忘れなくとBBCのお天気お姉さんがアドバイスしていました。

湖水地方に完成した新しい空港が今日から営業を開始することが大きなニュースとして取り上げられていました。今まではロンドンから車か電車で訪れる必要があった湖水地方に、直接飛べるようになるので観光客の増加に期待がかかっているとのこと。でも近年は環境への負担が大きいことを理由に飛行機の航行量を制限すべきという意見が声高に叫ばれるようになり、新聞も電車や公共交通機関を使ったバケーションを提案するようになっている風潮に逆行する動きだと歓迎しない意見も聞かれます。

昨日は午後移動しているだけでも汗ばむような少し暑い1日でした。イギリスの方々は「毎日暑いねー。たまらんね」とか仰ってますが、東京やニューヨークに比べれば、涼しい風が吹いて随分過ごしやすく感じます。今日と明日は暑くなりそうですが、辛いと感じるほどになるでしょうか。
******************************************************************
さて、今回はロンドンはやっぱりニューヨークと違うんだなぁと日々感じる、小さなロンドン文化の徒然です。
2019-04-09 09.55.14.jpg
去年の9月にロンドンに来て、10月新居に落ち着いてから9か月近くが経ちました。あと2か月でロンドンに来てから1年経つところまできて、何となくロンドンでの生活に慣れてきた気がします。
2019-04-09 09.37.21.jpg
まだ雨漏りが修理されなかったり、体調を崩したりで家から出られない事も多い訳ですが、ロンドンの方々と話す機会もそれなりにあり、やっぱりロンドンはニューヨークとは全然違うなぁ…と日々色んな場面で感じます。単純にイギリス英語も全然違いますしね。
2019-04-09 09.57.26.jpg
私が参加しているボランティアは午前10時頃集合して午後4時まで活動するのですが、朝一番にするのが皆でお茶を飲むこと。皆でテーブルを囲んでお茶を飲みながら(早朝から作業をしている職員さん達は朝食を食べながら)だべるのです。
2019-04-09 10.01.22.jpg
ニューヨークで参加していた3つの団体のどれもが、ドリンク類は設置されている機械で各々飲むスタイルでしたし、早めに集まった人からミーティングや作業の開始まで自然とお喋りしていましたが。お茶の時間まで含めてボランティアの時間としている所は1つもありませんでした。
2019-04-09 12.49.10.jpg
しかもロンドンのボランティア先には、陶器のマグやお皿などの本物の食器類が常備されており、各々使って各々洗ったり、気付いた人がまとめて全員分洗ったり。まるで家族みたいな雰囲気なのです。
2019-04-09 10.01.57.jpg
ボランティア全員で集まってランチするのですが、食べ終わる頃徐に一番早く食べ終わった人が(男性だったり、女性だったりします)、「お茶を飲む人~?」と伺い。人数が多ければ既に食べ終わっている人もヘルプで加わって、皆の分のお茶やコーヒーをマグに入れて手分けして持って来てもくれます。
2019-04-09 09.58.06.jpg
更に、ボランティア先の団体の予算でテーブルの上の大きな缶にビスケット各種が常備されています。それもおもむろに持って来て、皆でムシャムシャと食後のデザートにつまむのです。職員さん達が毎週買い足すようで、テーブルの缶はいつもビスケットで満杯です。
2019-04-09 09.59.44.jpg
最初"Would you like a biscuit?"と聞かれて手元を見るとクッキーを持ってらっしゃるので、何故ビスケット??と不思議に思っていたのですが。質問してみると、クッキーはアメリカ英語でイギリスでは使わないとのこと。「クッキーって言う人を見ると、アメリカ人かアメリカで過ごしたことがある人なんだってイギリス人は直ぐ分かるんだよ。まぁ、最近はそこを売りにしてクッキーって使うお店やブランドも多いけどね」だそうです。
2019-04-09 09.51.45.jpg
ニューヨークでは常時活動していたのは3団体、ロンドンではまだ1団体だけなので、規模や組織も全然違うため単純な文化比較はできないのですが、個人的に受ける狭い印象としてロンドンの団体の方が昔ながらの温かみみたいなものを感じます。夏と冬にボランティア仲間で集まって食事をしよう!という自主的な催しも計画されていますし、その際にボランティアの方の自宅ガーデンでドリンクを飲むみたいですし。パーソナルな雰囲気が強いと感じます。
2019-04-09 10.04.46.jpg
その計画中にEメールでやり取りしていたら、文章の〆に"miss those showers!"と書かれていました。文脈からアメリカで言う"stay dry!"(雨に降りこまれませんように!)という挨拶に類するものなのだろうと想像。でも定かではなかったので、次お目にかかった際に質問したら理解が正しいことが判明したのですが。こういう少し冗談を交えた、聞いたことが無いお洒落な言い回しが結構出てくるので、一瞬『ん?』となることも多いです。
2019-04-09 09.51.58.jpg
小さなことですが、そういう事柄が積み重なって『全然違う』という印象に繋がっているのだと感じています。まだまだ未知なロンドン。これから色んな事を学ぶのが楽しみです。
2019-04-09 10.06.55.jpg
因みに写真は2019年4月上旬の頃。最近は全然目にしない花ばかりなので、違和感を感じる方がいらっしゃるかもしれませんので念の為(でも今週は藤の花が咲いていてビックリでした)。
posted by london-twosome at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

アメリカのニュース・ポッドキャスト『What Next』

雲一つない青空の火曜日のロンドン。本日の予報は晴れのち曇り。最高気温は21℃。朝晩は涼しくなり、雨の心配もなく過ごしやすい1日になりそうです。今週は本当に天候に恵まれてますね。

今晩はリヨンでFIFA女子ワールドカップの準決勝戦が行われるので、朝から盛り上がっています。女性のスポーツが男性のスポーツに比べて注目を集めず、お金が集まりにくく、結果として女性プレイヤーが同等の賞金や給料を得られないことが問題となっている中、今回の女子ワールドカップは過去最高視聴率を獲得したそう。昨日の新聞では「私が子供のころはモデルとなる女性アスリートを一人しか言えなかったけれど、今の子供たちはサッカーチームのメンバーを思い浮かべることができる」と歓迎のエッセイを掲載していました。

ウィンブルドンもあるので、連日スポーツの話題がニュースで大きく取り上げられています。私は全然スポーツに興味がないのですが、ニュースを見ているだけでイギリスでもスポーツが重要な地位を占めているのが感じられます。今晩は準決勝戦を見てみようかな…と思案中です。

ロンドンの南で真昼間6人の30代~60代の女性が性的暴行を受ける事件が数か月に亘って起きていたそうですが、やっと犯人が逮捕されたようです。6人中4人の女性は、昼間公園で犬の散歩をしていただけらしく、本当に怖いですね…。明るくても人通りが少ない場所は避けた方が賢明そうです。
******************************************************************
さて、今回は最近気に入っているポッドキャスト『What Next』です。
2019-02-22 17.34.46.jpg
私は常日頃、多くの時間をポッドキャストやラジオ、オーディオブックを聞いて過ごしています。今住んでいるフラットがとっても手が掛かる物件で、毎日、毎日、掃除しないと清潔に保てませんし。料理している時間や洗濯、アイロンがけ等をしている間も、ずーっと何かしらを聞いています。
2019-02-22 17.37.51.jpg
そればかりではなく、移動中も何かを聞いています。良くないのですが、変な人に絡まれる率が格段に減りますし、移動というある意味無駄になってしまう時間にも何かしらの情報を得ることができて退屈しないので…止められません。
2019-03-21 11.11.17.jpg
TVと違って作業を続けられますし、TVよりも面白い番組が格段に多いと感じます。本や雑誌はもっと読みたいのですが、読むという行為はながら作業ができないのでそれだけの為の時間を確保するのがどうしてもネックになります。だから贅沢してオーディブルに入らせて貰い、毎月1冊本も聞いています。
2019-04-04 11.16.18.jpg
そんな中、気に入って聞いている悩み相談ポッドキャストで宣伝されていたのが『What Next』。アメリカのニュースを毎平日、1日1トピック取り上げて20分前後で解説するというフォーマット。
2019-04-04 11.18.06.jpg
取り上げられるニュースは多岐に亘っていて、アメリカ国政や国際関係、最高裁の判決、議員の汚職問題、州議会で議決される法案、銃の規制問題、ギャングなど様々。ブレグジット等の他国の重要案件が取り上げられることも稀にあります。
2019-04-04 11.14.20.jpg
これが凄く面白く、興味深い。飽きない程度にコンパクトにまとめられていますが、私のように全く基礎知識が無い人でもわかるように情報を上手く入れ込んだうえで、インタビューや議会での発言などを使ってライブ感のある内容になっています。
2019-04-04 11.26.44.jpg
オレゴンに住む友人がフェイスブックで怒っていたのはこれかーとか、裁判所がそんな判決を⁈とか、保守層に多い宗派のリーダーにそんな影響力を持つ人がいたんだ…とか。全然知らなかったことを知ってアメリカの違う側面が見えたり、ニュースを違う角度から考えることができたり、事実は知っていても争点が解らなかったニュースを理解することができたり。
2019-04-04 11.45.51.jpg
あんまり面白いので、最近は食事の席でその日聞いたポッドキャストについて夫と話してばかりいます。元々政治の話が多い夫婦ではあるのですが、最近はブレグジットやら貿易戦争やらについてだけでなく、アメリカ政治にについても頻繁に話題に上ります。
2019-04-04 11.47.14.jpg
このポッドキャストを配信しているのはSlateという1996年に創設されたオンラインマガジン出版社。非常にリベラル(左寄り)の考え方を取っている出版社だと思うので、ポッドキャストのラインアップも進歩主義的な色彩がとっても強いと感じます。
2019-04-04 13.07.01.jpg
その為、選択されるトピックは保守の人の選択とは違ってくると感じますが、内容自体は公平に作られていると思って聞いています。ただ言論空間が極端にリベラル寄りの日本では自分を保守だと思っていた私ですが、アメリカにおいてはリベラル以外の何物でもなかったので(FOXとか見れたものではありませんでした)、そこらへんの感じ方は人それぞれなのだと想像します。バリバリ保守の人が聞いたら、偏って感じるのかも…。
2019-04-04 11.38.08.jpg
イギリスを理解する為にも面白いイギリスのポッドキャストを見つけたいと思っているのですが、現時点ではBBCが配信している有名人に愛読書について語ってもらうポッドキャスト以外に見つけられていません。何かお勧めのイギリスのポッドキャストをご存知でしたら、お知らせくださると嬉しいです。
posted by london-twosome at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

イッタラのアアルトベース

雲が多いものの青空が見える土曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ。ただ午後は降水確率があり、夕方は小雨が降る予報ですので、フードのある服を着るなど対策をして出掛けると良さそうです。昨日は少し暖かく感じましたが、今日の最高気温も18℃。この週末は少し暖かくなるようです。

6月は王立公園で色々な行事が行われるようです。音楽やオペラのコンサート、ヨガやウェルビーイングのクラス、園芸関連のツアー。必ずしも無料ではありませんが、面白そうな行事が沢山。私は腰痛の関係で地べたに長時間座れないので残念ながらアウトドアの芸術関連は参加できませんが、野外コンサートは特別な楽しみですよね。元気な方は参加して思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

昨日は女子ワールドカップサッカーで日本が勝利しましたね。でもディフェンスのクリアミスで1点取られたり、日本選手のハンドが何故か審判にファウルとして認定されなかったりと、ちょっと後味が悪い試合でした。日本チームにはこのまま頑張って欲しいと思いますが、イギリス戦でも審判の判断に問題があったと議論を呼んでいたので、大会運営側にはビデオ判定も含め見直しを期待します。
*********************************************************************
さて、今回はイッタラ(iittala)のアアルトベース(Aalto Collection)を購入したというだけの日記です。
2019-06-13 16.02.44.jpg
ニューヨークで使っていた花瓶は割れてしまい、ロンドンに来てから花瓶がない生活をしていたのですが。フラムパレスの無人販売で花束が売られていたのを見てやっぱり部屋に花を飾りたいと思うようになりました。

また数年で国際引っ越しをする事になるので暫く迷ったのですが、数年を充実して過ごすことは大事なのでやっぱり購入することに。そんな時思い出したのが、ヘルシンキのアアルト自邸およびスタジオを見学した際に初めて素敵だと思ったアアルトがデザインした花瓶。
2019-06-13 16.02.54.jpg
ヘルシンキ旅行でイッタラの良さに初めて気づいて以来、我が家ではイッタラの食器が大活躍。ずぼらな私は食器を手洗いするのが億劫なので、食器洗浄機に放り込めて凄く使い勝手が良いイッタラは我が家の定番です。

花瓶は不思議な曲線を描いているのですが、実際使ってみると曲線に沿って花が勝手に止まるのでこれまた使い勝手抜群でした。値が張るので凄く迷ったのですが、購入して大正解。これから大切に使いたいと思います。
2019-03-21 14.32.05.jpg
購入を迷っている間に春は終わり、水仙やチューリップが終わったらフラムパレスで花束を売らなくなってしまって暫くオブジェとして飾る日々だったのですが。駅の改札前にある花屋さんが安い花束を売っているのに気づき、やっと花を飾り始めました。

我々が住む地域は行政がコンポストを行っていないので罪悪感がありますが…これから花がある生活を楽しみたいと思ってます。
2019-03-21 14.36.06.jpg
posted by london-twosome at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする