2020年01月22日

波のような空のリージェンツ・パーク

寒さが少し和らいでいる水曜日のロンドン。本日の予報は曇り。午前7時前の時点で既に4℃あり、最高気温は10℃まで上がるそうです。1日厚い雲に覆われるようなので、その分寒さが厳しくないということなのでしょう。午前11時〜午後2時位まで少し降水確率があるので、小雨がぱらつくかもしれません。昨日は思ったよりも晴れ渡りましたが、今日は冬のロンドンっぽい空になるのでしょう。

オーストラリアの山火事のニュースが年末年始に連日報道された影響が大きいのか、今年は「新年を機にベジタリアン/ビーガンの日を増やそう!」というキャンペーンを頻繁に目にします。新年はダイエットを目標に掲げる人が多い影響で、ジムの勧誘やダイエット食の宣伝を毎年年頭目にする訳ですが。今年はベジタリアン/ビーガンになればダイエットもし易いというような文言が目立ちます。プラスチックを減らす為に、「全ての容器をリサイクルプラスチックで作ってます。食べ終わったら容器をリサイクルしてください」と宣伝していたり、スーパーで売られている植物由来のヨーグルトの容器が紙になっていたり、プラスチックの蓋が無くなっていたり。2020年はグリーンに暮らそう!という人々が漠然と持っている思いに、企業側も商機を見出しているようです。

ロンドンの住宅の50軒に1軒が短期レンタル(民泊)に出されているという統計が発表され、改めて問題視されています。ロンドンにおいては50人に1人がホームレスであるという統計も出されており、おかしいのではないかという問題提起がされている訳です。お金に余裕のある人達が安くロンドンに旅行するために、地元の若者達がロンドンが高過ぎて住めない状況はおかしい。観光客よりもホームレスに目を向けるべきだ。そういう主張があることを頭の片隅に置いて、旅行の計画は立てたいと思います。
*****************
さて、今回は今週のリージェンツ・パーク(Regent’s Park)の風景をお届けします。波が押し寄せるような不思議な空がとっても綺麗でした。
IMG_1609.JPG
朝は空全体がうろこ雲に覆われていました。

IMG_1612.JPG
それが正午頃になったら、雲が東側にサーッと引いていき。

IMG_1616.JPG

IMG_1618.JPG
波が引くようで、海みたいな空でした。

IMG_1627.JPG
雲が引くと太陽が出て、景色が一変しました。

IMG_1613.JPG
飛行機雲も見られました。

IMG_1621.JPG
暖冬ですが、新芽を守っているのでしょうか。

IMG_1610.JPG
いつ訪れても手入れが行き届いているリージェンツ・パーク。ジャパニーズ。ガーデンアイランドの滝の周りでは、粘土層を取り除く作業をされてました。

IMG_1619.JPG
Coppicingと呼ばれる、定期的に木を地面近くまで刈り取り、若枝を生育する手入れも進んでました。ミズキ属はほぼ毎年刈るようです。

IMG_1624.JPG
ミズキ属(Cornus)の鮮やかな赤や黄色が目を引きます。

IMG_1614.JPG

IMG_1615.JPG
先週から咲き始めたスノードロップや…

IMG_1622.JPG
結局冬中咲いていた薔薇…

IMG_1623.JPG
ハナニラ(spring starflower:Ipheion uniflorum)…

IMG_1626.JPG
セイヨウサンシュユ(Cornelian cherry:Cornus mas)…

IMG_1611.JPG
ガマズミ属(Viburnum)…

IMG_1625.JPG
fragrant sweet box:Sarcococca Ruscifoliaが咲き。

IMG_1617.JPG

IMG_1620.JPG
木々も花が咲いていたり、蕾ができていたり。だから花粉症の薬が手放せないんですね…。

IMG_1628.JPG

IMG_1629.JPG
リージェンツ・パークではありませんが、この日は日没の空も美しかったです。

IMG_1608.JPG
posted by london-twosome at 16:08| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

無料のナショナルトラスト『モーデンホール・パーク』

好天に恵まれそうな金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は9℃です。昨日は午前中青空が広がって意外に思っていたら、午後にはかき曇り。夕方が近づいたら雨になりました。今日は用事で出掛けるので、雨に降られないと有り難いのですが。

テヘランで離陸後墜落したウクライナ機は、イランが誤射したミサイルに撃墜された可能性が高いとカナダが発表した事がトップニュースになっています。176名が死亡し、70人を超える死者を出したカナダでは追悼が行われ。イギリス人も4名が犠牲になった事が判明し、ご家族が現地を訪れる手筈が整えられると共に、原因究明も早急に行う為に現地へ人員が送られることが発表されました。これらの動きを受け、ロンドン市警はテロに対する警戒を強めている事も言明されています。携帯ばかり見ず、公共の場では周囲に注意を払う癖をつけましょう。お互い助け合うことが大切ですから…。

夫は間借りしているイギリスの会社の新年会にお招き頂き、昨晩は珍しく帰宅が遅く。「飲み過ぎで気持ち悪い」と言ってバタンキューしていました。私は休んでいたクラスメイトの為にノートをまとめて送信したり、用事を済ませたり、調べものをしたりしていたら1日が終わってしまいました。新年は始まったばかりですが、もう既にフルスロットルですね。お互い今日も張り切って良い1日にしましょう。
*****************
さて、今回はロンドンの南にあるナショナルトラストが管理する公園『モーデンホール・パーク』(Morden Hall Park)です。
IMG_1232.JPG
ナショナルトラストは、イギリスにおいて歴史ある建造物や自然環境を保護する活動をしている慈善団体です。美しいガーデンを幾つも有するのでお馴染みだと思いますが、故に入場料が高めな印象が。
IMG_1255.JPG
しかし今回ご紹介する『モーデンホール・パーク』は入場無料。その代わり歴史ある建造物があったり、立派な庭があるという感じでもありません。
IMG_1247.JPG
最寄り駅はトラムの『Phipps Bridge』。少し離れた場所に地下鉄ノーザン線の『Morden』駅もあります。ですが我々はバスを使って訪れました。テニスで有名なウィンブルドンの南といった位置でした。
IMG_1259.JPG
そもそもこの公園は、クラスメイトが「ロンドンから公共交通機関で日帰りできるハイキングコースを知らないか」という質問に答えて、送信してくれたリンクの一つ『Winter walks in London』という記事で紹介されていた為に知りました。自宅からバスで1時間と気軽に訪れることができ、自然も気分転換になる程度にはありそうかな?と期待したのでした。
IMG_1260.JPG
ウィンターウォークと言っても、敷地内はどんなにのんびり散策しても1時間あれば時間が余ります。それ故、ランチをのんびり食べ、敷地内にあった古本屋で其々本を購入して…等しても、2時間で敷地を後にしました。
IMG_1234.JPG
公園についたら先ずはナショナルトラストが紹介していた『An oasis in suburbia - Morden Hall Park walk』という記事に紹介されていた地図に従って散歩。以下風景をお届けします。
IMG_1235.JPG
ショップやレストランの入った建物群を通り過ぎると、昔は粉引き小屋だった建物。2個あった水車も現在は1つになり、もう粉は引いていないそうですが、水車の風情は味わえます。

IMG_1238.JPG
橋を渡った場所にはバラ園が。季節外れでしたし、規模も大きくありません。ただ1920年から存在するバラ園だそうで、歴史は100年あるんですね。

IMG_1237.JPG
道なりに進むと…

IMG_1249.JPG
細い川に沿ってジメジメとした土地。ここら辺はユスリカでしょうか?小さな虫がうじゃうじゃと群れて飛んでいるため、うっかり喋ったら口に入りそうで恐怖でした。夏は虫刺され対策が必須かも。

IMG_1253.JPG
広々とした草原を眺めつつ…

IMG_1243.JPG

IMG_1241.JPG
立派な並木道を元来た方角に引き返します。

IMG_1244.JPG
川では飼い主にボールを投げ込まれた犬が凄く渋々泳いでいて、夫と2人で「勘弁してよ〜って感じがありありだよね」と笑いました。皆さんボールを投げ込んでいたので、泳ぐ練習をさせてるのでしょうか?

IMG_1248.JPG
川の対岸に渡ると、水鳥が多く羽を休める川溜まりが。

IMG_1250.JPG

IMG_1251.JPG
湿地帯の植生が観察できる地帯。

IMG_1258.JPG
散策を約40分で終え、ランチをすべく『Potting Shed café』へ。

IMG_1257.JPG
ナショナルトラストの運営するカフェは、素朴な味ですが美味しくてリーズナブルなので好きです。

IMG_1256.JPG
この日もシチューとカリフラワーのグラタンが約£7ずつで食べられて満足しました。

IMG_1263.JPG
食事の後は、古本屋へ。

IMG_1264.JPG
£1と安かったので、夫は『Kamikaze: History's Greatest Naval Disaster』という元寇についての本を、私はチューダーの歴史本(まだはまってます)を其々購入。夫は休み中に読み終えてました。

IMG_1266.JPG

IMG_1265.JPG
お隣にある『Stableyard Cafe』にも立ち寄り、帰宅してから食べるおやつを購入。少し古かったですが甘さ控えめで美味でした。

IMG_1261.JPG
ショップの入り口には七夕みたいなクリスマスツリーが。

IMG_1262.JPG
設置されたピアノで演奏する人達が後を絶たず、そこかしこに飾り付けがされていて、クリスマス気分を満喫できました。

IMG_1254.JPG
ボランティアやイベントの機会も沢山あるようですし、気軽な日帰り行楽地として適していると感じました。
IMG_1239.JPG
Morden Hall Park
Morden Hall Rd, London SM4 5JD
ナショナルトラストの公園についてのHPはこちら
posted by london-twosome at 06:33| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

金融街の風景

雨になりそうな木曜日のロンドン。本日の予報は雨が降ったり止んだり、太陽が出たりという目まぐるしいロンドンらしい天気になるというもの。最高気温は13℃で、雨が降るだけあって寒さが和らぎそうです。

今朝のニュースはサセックス公爵と公爵夫人が王室の一員としての地位から退くことでもちきりです。今後はイギリスとカナダを行ったり来たりする生活をする予定だそうですが、事前に王室に相談無く決定された判断だったそうなので詳細は不明。今後王室の仕事は一切しないのか?そうであるならば、収入をどうやって確保するのか?カナダで一般市民として生活する間はセキュリティーをどうするのか?など疑問が噴出しています。元々サセックス公爵夫人に対しては風当たりが強いきらいがあったので、今後大騒動になりそうです。

毎週水曜日は家事をまとめてやっつける日なのですが、昨日は用事も片付けねばならず。朝から色々取り組んでいたら、ブログを書きそびれてしまいました。昨日真面目に取り組んだにもかかわらずアイロン掛け等の家事も用事も片付けられなかったので、今日も午前中は色々取り組むつもりです。午後は自由時間を確保できると良いのですが…。
*****************
さて、今回はレデンホール・マーケット(Leadenhall Market)〜トラファルガー広場(Trafalgar Square)まで散歩した際に撮影した金融街の風景をお届けします。
IMG_1155.JPG

IMG_1156.JPG
地下鉄モニュメント駅を出るとロンドン大火の鎮魂碑(The Monument to the Great Fire of London)が目の前です。

IMG_1159.JPG

IMG_1162.JPG
レデンホール・マーケット。

IMG_1183.JPG

IMG_1176.JPG

IMG_1182.JPG
レデンホール・マーケットの周りには立派な金融機関の建物が立ち並び、ホリデーシーズン中はとても静かでした。

IMG_1178.JPG

IMG_1181.JPG

IMG_1180.JPG
面白い看板が並びます。

IMG_1174.JPG

IMG_1173.JPG
金融街には秘密めいた小道が縦横無尽に走り、思わぬ場所にパブがあります。

IMG_1177.JPG
古い建物と近代建築が入り交じる金融街の風景。

IMG_1175.JPG
小道に埋め込まれていた金融街の地図。

IMG_1184.JPG
セント・ポール大聖堂の近くにあった小道。昔は教会の近くにあった歓楽街だったのでしょうか。

IMG_1185.JPG
セント・ポール大聖堂の目の前にあるショッピングモール。

IMG_1190.JPG
セント・ポール大聖堂からテムズ川の方向を振り返ると、テートモダンが見えます。

IMG_1193.JPG
Carter Laneには飲食店が並んでいます。

IMG_1197.JPG
テムズリンクの駅近くにあるパブ『Ye Olde Cheshire Cheese』。1666年に建てられ、チャールズ・ディケンズ等がお得意様だったことで有名。

IMG_1196.JPG
フリートストリートには金融機関なのか歴史がありそうな建物が多いので、ウォーキングツアーがあったら乗ってみたいものです。

IMG_1194.JPG
テンプル教会(Temple Church)の近くは立派な建物が並び、いかにもイギリスっぽい風景を楽しめます。

IMG_1206.JPG
テンプルまで来ると、テムズ川は直ぐ傍。

IMG_1210.JPG

IMG_1205.JPG
St Clement Danes教会…でしょうか。

IMG_1198.JPG
Romanian Orthodox Church Parish of St. George…だと思います。

IMG_1209.JPG
オーストラリア大使館(The High Commission of Australia)。

IMG_1201.JPG

IMG_1200.JPG

IMG_1202.JPG
西に歩くと立派な王立裁判所 (Royal Courts of Justice)。

IMG_1217.JPG
トラファルガー広場に近づくとホテルやショップが増えます。ホテルではレゴ展をやっているようでした。

IMG_1216.JPG
こんな豪華なタバーンも。

IMG_1222.JPG
目的地のトラファルガー広場。

IMG_1219.JPG
チャリング・クロス駅。

IMG_1218.JPG

IMG_1225.JPG
帰りはエンバンクメント駅から帰宅しました。Villiers Streetもクリスマスライトで綺麗でした。

IMG_1208.JPG
posted by london-twosome at 16:10| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする