2019年05月17日

2019年5月のフラム周辺風景

今にも降り出しそうな金曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。午前9時から夜までずっと降水確率が10%前後あるので、いつ雨が降ってもおかしくないようです。しかし午後6時~8時の間が一番確率が高いので、帰宅の際には傘が必要になるかもしれません。最高気温は15℃。太陽が出ない分、昨日までの暖かさは望めない予報です。

今朝は雨漏りの原因を探るべく作業員の方々が下見に再度訪れるので、早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2019年5月に入ってから現在までのフラムの風景を中心にお届けします。
2019-05-01 15.44.35.jpg
と言った先から、先ずはバーンズの町から。現在は既に色が抜けてしまった花が多いヘーベですが、5月の頭にはまだ綺麗に咲いていました。庭木として頻繁に見掛けるヘーベの青や紫がとても好きです。

2019-05-01 15.48.19.jpg
こちらも庭木として人気があるようでよく目にするTamarix(ギョリュウ)の木。もう色が抜けてしまった木が多いですが、5月の頭は上品なピンク色の花を咲かせていました。

2019-05-01 15.52.00.jpg
藤はぐいぐい好き勝手に伸びて管理が大変らしいですが、美しさに負けるのか色んな庭先で見掛けます。

2019-05-01 16.22.26.jpg
バーンズ近くのテムズパスに咲いていたキングサリ。ニューヨークではウエストヴィレッジの図書館の庭でしか見たことがないのに、ロンドンでは至る所で見掛ける木です。

2019-05-01 16.22.38.jpg
菜の花やノラニンジン等も咲いて春らしい小道。

2019-05-01 16.33.36.jpg
林床にも一面の花。バーンズとハマースミスを結ぶテムズパス沿いには自然保護を目的として、人の手が入らない林が保存されているので、蜂が沢山飛んで、なかなかワイルドな風情です。

2019-05-01 16.38.11.jpg
こちらもロンドンの街路樹として一般的なトチノキ(セイヨウトチノキかも?)。

2019-05-01 16.38.46.jpg
5月のロンドンは綿毛を付けた木が沢山。花粉症の私には辛い季節です。

2019-05-01 16.44.14.jpg

2019-05-01 16.45.26.jpg
オニオン系の香りがするらしいAllium triquetrumも咲いていました。白いブルーベルみたいに見えます。

2019-05-10 09.39.20.jpg
こちらはフラムとハマースミスを結ぶテムズパスの風景。

2019-05-12 19.53.46.jpg
チヂックとハマースミス間のテムズパスからの風景。

2019-05-12 19.54.54.jpg
日没が午後8時47分頃と急激に日が長くなっている5月。お陰で7時半頃夕焼けが楽しめます。

2019-05-12 20.03.35.jpg
テムズパス沿いにあるパブで夕焼けを楽しみながらビールを飲む人多数。皆さん手近なベンチや堤防に勝手にグラスを持って行ってしまうので、お店の人が集めるのが大変そうでした。

2019-05-12 20.04.22.jpg
ここ1週間は晴天が続いたので、夕焼けも綺麗な日が多かったです。

2019-05-12 20.08.50.jpg
不具合が見つかり、車両の通行が禁止されているハマースミスブリッジ。バスも通れずお年寄りとかがお困りで良くないのですが、散歩する分には静かで嬉しいと自分勝手に思ってしまいます。修理に3年かかるという試算が出されていましたが、どうなることやら。

2019-05-12 20.09.55.jpg

2019-05-12 20.10.54.jpg
ハマースミスブリッジに沈む夕日。

2019-05-10 09.49.25.jpg

2019-05-10 09.49.42.jpg
フラムパレスの入口ゲート脇のビクトリアガーデン。

2019-05-10 09.50.46.jpg
パレスのミュージアム入口脇の花壇にもTamarix。

2019-05-14 17.34.42.jpg
今週の半ばにはTamarixの色が抜けてしまいました。あっという間です。

2019-05-14 17.34.46.jpg
代わりにピンク色の花が綺麗に咲きそろいました。サルビアの一種だと仰っていたような…写真だとよく分かりませんね。

2019-05-10 09.51.20.jpg
子供たちが学ぶ昔は厩があった建物脇のワイルドガーデン。こんな雰囲気が好きです。

2019-05-14 12.49.54.jpg
ノットガーデンのアイリスも咲きました。

2019-05-14 12.50.21.jpg
藤の花の色も少しだけ残っているので豪華。

2019-05-14 17.37.26.jpg

2019-05-14 19.08.06.jpg
真っ青な空に月。

2019-05-14 19.18.20.jpg

2019-05-14 19.25.16.jpg

2019-05-14 19.29.22.jpg
フラムの軒先に咲く花も薔薇が主流になってきました。

2019-05-13 16.15.21.jpg
ハリー王子カップルにお子さんが誕生したので、M&Sで記念缶に入ったお菓子が販売されるかな?と覗いてみたのですが、ベビー服コーナーにお祝いコメントがありセールをしていた他は特に変化がありませんでした。

2019-05-14 19.03.02.jpg
posted by london-twosome at 04:13| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

2019年3月第5週のフラム風景

快晴の月曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、最高気温は17℃。気持ち良かった昨日にも負けない美しい陽気に恵まれそうです。

昨日はブログを書いたり、ジムで泳いだり、食事をしたり、家事を済ませたりしていたら結局午後2時になってしまい。なんだか疲れたので横になったらぐっすり寝てしまい、結局起きたら午後5時。でも最近は日が長くなってきたので、夕方散歩に出掛けて、美味しい夕食を食べ、お気に入りのジェラートをデザートに堪能して、テムズパスから夕陽を眺めたら、とても贅沢な充実した休日を過ごせた気分になりました。天気が良くて、美味しい物を食べられるだけで随分ご機嫌になれるものです。

週末版のタイムズを読んでいたら、文化欄に大英博物館(British Museum)で2019年5月23日~8月26日まで開催される『漫画』展の紹介記事がありました。漫画の読み方から始まって、主要な作品を紹介する大々的な展示になるようで、どんな紹介をしているのか興味が湧きました。
*********************************************************************
さて、今回は2019年3月第5週のフラム(Fulham)の風景をお届けします。
2019-03-26 09.32.11.jpg
今更ですが、来年の花見の為の備忘録として3月最終週にロンドンの西にあるテムズ川沿いの住宅地フラムを散歩した際の風景を残します。
2019-03-26 09.32.33.jpg
今年の春は雨があまり降らず青空の日が多い、ロンドンには珍しい天候だと皆さん口を揃えてらっしゃいました。

2019-03-26 09.40.44.jpg
フラムの住宅街の街路樹は春に花をつける木が多いので散歩が楽しいエリアです。

2019-03-26 09.41.46.jpg

2019-03-26 09.51.07.jpg
現在は既に散り始めた木が多い藤ですが、3月の最終週には蕾でした。

2019-03-26 09.44.16.jpg
ビショップスパーク(Bishops Park)の水仙。

2019-03-26 09.47.43.jpg
新緑も出始めた頃でした。

2019-03-26 09.50.42.jpg
フラムパレス(Fulham Palace)の歴史あるモクレン。

2019-03-26 09.52.02.jpg
現在は藤も散り始め、アイリスも咲いているノットガーデンですが、この時はムスカリが咲いてました。

2019-03-26 09.52.13.jpg

2019-03-26 09.52.25.jpg
無人販売では植物の苗や野菜に加えて、切り花が売られていました。

2019-03-26 09.57.07.jpg

2019-03-26 09.57.25.jpg

2019-03-26 09.58.22.jpg

2019-03-26 09.57.54.jpg

2019-03-26 10.03.07.jpg

2019-03-26 10.02.32.jpg

2019-03-26 10.03.46.jpg
ウォールド・ガーデンのレンガの壁に沿って植えられたアーモンド、プラム、梨など。

2019-03-26 10.04.05.jpg

2019-03-26 09.59.46.jpg
ウォールド・ガーデンの果樹園。多分リンゴの花がピンク色の蕾を付けていました。

2019-03-26 10.00.16.jpg

2019-03-26 10.01.04.jpg
5月末のリオープンに向けて、庭の整備も急ピッチで進んでいます。

2019-03-26 10.07.10.jpg
見習いガーデナーさん達が丹精込めて育てているキッチンガーデン。豆や…

2019-03-26 10.08.01.jpg
種類豊富な水仙や…

2019-03-26 10.09.49.jpg
ファンネルや…

2019-03-26 10.10.13.jpg
チューリップが植えらえていました。

2019-03-26 09.58.37.jpg
博物館が並ぶサウスケンジングトンの街から地下鉄で20分も掛からない場所だとは思えないほどの長閑さです。

2019-03-26 16.26.53.jpg
フラムは春に花咲く街路樹が沢山。

2019-03-26 16.27.12.jpg
特に花見が楽しめたのがハマースミスとフラムを結ぶWoodlawn Road。

2019-03-26 16.27.34.jpg

2019-03-26 16.27.57.jpg
ビショップス・パーク・ロードからクラブツリー・レーンの間に延々と桜やマメナシ、アーモンド等春の並木が続いています。

2019-03-26 16.28.06.jpg
交通量も極少なく…

2019-03-26 16.29.45.jpg
近所の親子が歩いているだけの静かな道に…

2019-03-26 16.31.03.jpg
春の花咲く並木と…

2019-03-26 16.30.35.jpg
庭木が…

2019-03-26 16.32.02.jpg
ずーっと…

2019-03-26 16.32.33.jpg
続きます。

2019-03-26 16.32.50.jpg

2019-03-26 16.33.13.jpg

2019-03-26 16.34.30.jpg

2019-03-26 16.35.38.jpg

2019-03-26 16.35.47.jpg
移動でここを歩くだけで、花見気分を満喫できました。

2019-03-26 16.40.14.jpg
posted by london-twosome at 05:45| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

リトルヴェニス~プリムローズ・ヒル散策

快晴の月曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ。最高気温は13℃で、雨の心配はほぼ無さそうです。風も強くないようなので、寒くてピクニックには向かずとも、外で過ごす分には問題なさそうです。

昨日は長袖3枚にウールの冬のコートを着ても、ニット帽を被れば良かったと後悔するような涼しさでした。冬みたいで、流石のアウトドア好きのイギリス人達もテラスではなく店内でビールを楽しんでいました。今日も外でビールという気候にはなりそうもありません。

プリンス・ハリーとミーガンご夫妻の初めてのお子さんの出産予定日を過ぎて1週間。毎朝ニュースが今か今かと待ち構えています。凄いプレッシャーですね。無事に誕生した暁には、M&Sで記念ショートブレッドが発売されたりとお祭りムードになるのでしょうか。
*********************************************************************
さて、今回はリトルヴェニス(Little Venice)からリージェンツ運河沿いの遊歩道を歩いてプリムローズ・ヒル(Primrose Hill)まで散策した際の風景をお届けします。
2019-05-05 13.13.04.jpg
気になっていたカフェがリトルヴェニスの近くにあったので、ブランチしがてら出掛け。ついでに運河沿いに続く遊歩道を歩いて小高い丘からロンドンの街を見渡せるらしいプリムローズ・ヒルまで散歩しました。その風景をお届けします。
2019-05-05 12.13.55.jpg
地下鉄サークル線およびハマースミス&ザ・シティー線の『ロイヤルオーク』駅から徒歩5分のリトルヴェニスが散歩の始点。

2019-05-05 12.17.13.jpg
カムデンロック迄の運河の船旅ができるツアーの始点の為、普段から観光客や地元の散歩する人が多い界隈ですが、この日は『IWA Canalway Cavalcade』という1983年からボランティアによって運営されているお祭りが開催されていたので、特に賑やかでした。

2019-05-05 12.18.48.jpg
生バンドが音楽を奏でて人々が踊っていたり、テントが並んでいたり、操り人形劇が上演されていたり。

2019-05-05 12.18.52.jpg
リージェンツ運河沿いの遊歩道を進もうとするも、直ぐにナローボートの住人だけが入れる区域になってしまい、運河沿いの歩道を進みます。

2019-05-05 12.19.48.jpg
リトルヴェニスの周りは高級住宅地。

2019-05-05 12.24.43.jpg
運河と教会や庭木が織り成す独特の風景を楽しみながら北東に進みます。

2019-05-05 12.27.34.jpg
少し進んだら運河が暗渠に入るので、上を歩きます。

2019-05-05 12.27.25.jpg
暗渠を出た所で運河沿いの遊歩道に降りることができる筈だったのですが、何故か入口のゲートが閉められ鍵が掛けられていました。その為、クリケット場を見ながら街中を散歩。

2019-05-05 12.57.17.jpg
リージェンツ・パークまで出ると運河沿いの遊歩道に降りることができます。ロンドン動物園の横を通るので、ジャッカルらしき動物を眺めることもできます。

2019-05-05 13.13.11.jpg
プリムローズ・ヒルの入口には運河に橋が掛かっているので、上に登って北側に道路を渡ると広々とした王立公園『プリムローズ・ヒル』(Primrose Hill)に出ます。

2019-05-05 13.15.36.jpg
公園には小高い丘があり、少し息を切らせて登ると遠くに高い建物がずらっと見えます。ロンドンの街が一望できるという感じでもないのですが、有名処の建造物を一通り見ることができます。

2019-05-05 13.07.49.jpg
プリムローズ・ヒルは、だだっ広い芝生の公園で特に花壇も無いと思われます。ただピンク色の小さな薔薇のような花を咲かせる木が多くあり綺麗でした。

2019-05-05 13.19.49.jpg
暖かくて好天に恵まれればピクニックに最適な場所でしょう。

2019-05-05 13.33.00.jpg
丘からの遠望を堪能した後は、リージェンツ・パークに戻り運河を更に東に進み。

2019-05-05 13.36.47.jpg
カムデンロックへと運河が北に折れる地点で遊歩道を離れ、リージェンツ・パークのブロードウォークを散歩して地下鉄で帰宅しました。リトルヴェニスからリージェンツ・パーク迄は約30分でした。

2019-05-03 11.38.22.jpg
遠出せずとも旅行気分を味わえる散歩道でした。
posted by london-twosome at 01:46| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする