2020年06月22日

2020年6月第3週のフラム周辺風景

快晴の月曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は23℃まで上がり暖かくなりそうです。でもロンドンって夜になるととても涼しくて気持ち良いので、過ごしやすくて嬉しいです。
IMG_3180.jpg
土曜日からロイヤルパークの公衆トイレがオープンしました。入り口に係員さんが立っていて入場制限をしているようですし、行列を覚悟で利用するよう注意を促しています。でもトイレがあると思えるだけで、大分公園を利用しやすくなりますね。

まだまだテイクアウトのみしか許可されていないために開いてないカフェ/レストランが多いですし、開いていてもトイレは閉まっていたりするのでトイレ問題は残りそうですが。少しずつでも出来ることが増えているのは心強いです。
IMG_3181.jpg
ジャパンハウスも7月から1階に限り、予約制でリオープンする予定である旨のお知らせをしていましたし、フラムパレスも6月29日から屋外に限りリオープンすると発表しました。公共交通機関が使えるようになると、キューガーデンとかも行けるんですけれど。
*****************
さて、今回は2020年6月第3週のフラム周辺の風景をお届けします。
IMG_3141.jpg

IMG_3142.jpg
フラムパレス(Fulham Palace)の直ぐ外側に出現していたポピーの花畑。

IMG_3145.jpg
パレスの入り口にある歴史的な堀。

IMG_3147.jpg

IMG_3146.jpg
ロックダウンで手入れの手が回らないようで雑草がボウボウに。でも雑草の花も綺麗ですよね。

IMG_3137.jpg
ビショップス・パーク(Bishops Park)の池。

IMG_3138.jpg
公園内にはお洒落な巣箱。

IMG_3133.jpg

IMG_3139.jpg

IMG_3140.jpg

IMG_3129.jpg

IMG_3127.jpg

IMG_3128.jpg
テムズパス沿いの風景。

IMG_3125.jpg

IMG_3123.jpg

IMG_3130.jpg

IMG_3126.jpg

IMG_3131.jpg

IMG_3134.jpg

IMG_3132.jpg
閑静な住宅街らしく民家のお庭も綺麗です。

IMG_3135.jpg
2週間前から藤が再び咲いています。年に2回咲く印象はありましたが、晩夏に2回めが咲くと思っていたのですが…?

IMG_3136.jpg
posted by london-twosome at 03:57| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ロックダウン中のホランド・パーク

夏日になる予報の水曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、最高気温は28℃。ミニ・ヒートウェイヴが来ていると言われています。散歩日和になりそうですが、ソーシャルディスタンスを保つのはお忘れなく。

昨日からバーチャル・チェルシー・フラワーショーの一般公開が始まり、各プログラムを楽しんでします。日毎に違うプログラムが用意されているようで、ガーデンデザイナーがご自身の庭からアドバイスをくれる動画やお気に入りのガーデン(昨日はクイーン・エリザベス・オリンピック・パークでした)を紹介してくれたりと、なかなか充実した内容でした。

BBCでも放映しているようなのですが、TVを観る習慣がないので見逃しています。今日も時間を作って各動画を楽しむ予定です。
*****************
さて、今回は先週からロックダウンが緩和され、目的なく屋外で過ごすことが可能となったので散歩に行ったホランド・パーク(Holland Park)の風景をお届けします。凄く久し振りですね〜。
IMG_2939 (1).jpg
先週までは1日1回の運動の為か、食料や薬を購入する為、もしくは医療機関にかかるためにしか外出することが許可されていなかったイギリス。現在はソーシャルディスタンスを保って、2人を超えてで集まらなければ、無制限に屋外で過ごすことが可能です。
IMG_2947.jpg
そこで浄水器のフィルターを買いに出掛けたついでに、ホランドパークを散歩してきました。この2ヶ月以上、自分が住むカウンシルから出たことが無かったので少しドキドキでしたが、思ったよりも人も車もまだ少なく、ソーシャルディスタンスを保つのに苦心するような場面はほぼありませんでした。
IMG_2936.jpg
公園内も平日の午前中だからか、そこまでは混雑しておらず。ベンチに座ることも許可されたので、多くの人がベンチで寛いだり、ブランケットで読書したり、上半身裸になって日光浴を楽しんだりと、新鮮な空気と太陽を満喫していました。
IMG_2940.jpg
先週までは一緒に住んでいない人と会うことも禁止事項でしたが。現在は上限を2人として、一緒に住んでいない人1人と2メートルの距離を保ちながら屋外であれば会うことができるようにもなりました(友達1人と会いたいのであれば、こちらも1人である必要があります。夫婦で友達と会うことはできません)。
IMG_2930.jpg
公共の場でしか会えないとあって、公園で2ヶ月ぶりに友達とお喋りしている人も多く見かけました。隣同士のベンチに1人ずつ腰掛けて、距離を保ったまま話し込んでいたり。
IMG_2935.jpg
2メートルの距離を保って横並びに歩きながら、少し大きな声で会話していたり。芝生の上で、2メートル離れてストレッチをしながらお喋りしていたり。
IMG_2941.jpg
長期間スーパーに買い物に行く以外外出しない生活をしていたので不思議な感覚でしたが、花壇の前でしゃがんでじっくり花を眺めたり、立ち止まって写真を撮ったりできて、少しシャットダウン前の生活に戻ったみたいでした。何より外の空気を吸いながら太陽を浴びて、季節の移り変わりを感じられるのは贅沢な気分でした。
IMG_2960.jpg
ホランド・パークまでの片道30分を歩いて思ったのですが、政府の「自宅で仕事ができない職種(例えば建設業や製造業)は仕事に戻ることを奨励する」という決定を、『お店も自宅ではできない仕事だよね』と捉えてテイクアウトのみで営業を再開しているカフェやクリーニング屋さんがチラホラありました。
IMG_2959.jpg
1軒のカフェではドアを全開にして、店内で座ってドリンクを楽しんでいるお客さんまでいました。昨晩のBBCニュースでは「緩和策を独自に解釈して営業を再開した美容院/理髪店やカフェの取締を行っている」というニュースが流れていましたが。
IMG_2956.jpg
確かに『自宅でできない仕事』ってあやふやで数通りの解釈ができますね。2ヶ月間受け取りに行けていない夫のスーツを持っているクリーニング屋さんも営業を再開しているかもしれないので、今日前を通ってみたいと思います。
IMG_2943.jpg
ワクチンが開発されるまでは元通りの生活には戻れないことは百も承知ですが、少しずつ自由が増えるのは嬉しいもの。イギリスにおけるコビッド19による死者は3万5千人近く。
IMG_2942.jpg
でもロンドンのRは0.4まで下がり、週末の1日の死者は200人を切りました(週末は報告が遅れるので少なくなり、平日上がるので実際はもっと居るのだとは思います)。少しでも早く、悲しみに取り囲まれたような生活から解放される日が来ますように。
IMG_2927.jpg
ケンジントン側の入り口を入って直ぐにあるスモークブッシュ…でしょうか?

IMG_2933.jpg

IMG_2931.jpg
既にチューリップは散った後。一面チューリップの時に訪れたら綺麗だったでしょうね。

IMG_2932 (1).jpg

IMG_2952.jpg

IMG_2949.jpg
バラ園は半分咲いていましたが、半分はまだ蕾もついていませんでした。

IMG_2958.jpg
藤棚もこの一房以外は全て散っていました。

IMG_2928.jpg

IMG_2929.jpg
テラス前の花壇。アリウムが好きなので、この季節にガーデン巡りをしたかったなぁ…と残念です。

IMG_2934.jpg
京都ガーデンは訪れなかったのですが、藤棚に孔雀が止まっていました。飛んできたのでしょうか?

IMG_2948.jpg

IMG_2946.jpg

IMG_2945.jpg

IMG_2944.jpg
噴水の周りの花壇は花盛り。

IMG_2957.jpg

IMG_2954.jpg

IMG_2953.jpg

IMG_2955.jpg
テニスコート沿いの花壇。

IMG_2951.jpg
posted by london-twosome at 00:00| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

2020年3月第1週のリージェンツ・パーク風景

雲が出ている火曜日のロンドン。本日の予報は曇りのち晴れ。最高気温は13℃で昨日と大体同じくらいの気温となりそうです。でも昨日程は風が吹かないようなので、換気がしやすいかもしれません。一昨日雷がなりましたが、シャットダウンが始まって外に出られなくなってから晴れが続きますね。残念ですが、仕方ないです。

昨日も700人を超える人が亡くなりました。コビッド19に感染してから症状が現れるまで約3週間掛かる人が多いことを考えると、やっと3週間前に始めた外出禁止の効果が出始めたところ。これから少しずつ感染者と死者が減ることを祈っています。

クラスメイトが家から出られないことを利用してドレスアップして家族写真を撮っています。オクスフォードに住むクラスメイトは皆でジプシーの楽団みたいな格好をして、庭で格好良くポーズを決めて撮影。それに刺激を受けた昨日が結婚24周年だったクラスメイトは、ウエディングドレスを着てお子さんとバンドに扮してCDジャケット風の写真を撮影。CDのタイトルは「アイソレーション」。凄く格好良く決まってました。

外出禁止になる前は「忙しすぎて家族と過ごす時間がない」って文句を言っていたんだから、このロックダウンは家族との時間を過ごす良い機会だという意見が聞かれますが、クラスメイトは実践しているようです。我々も普段は食事をしながらニュースを見ていたのですが、最近夕食時にニュースを見るとよく眠れない事があるので、食事時はTVを点けず会話をするようになりました(代わりに夕方行われる政府の定例記者会見をYouTubeでチェックしています)。まだまだ家から出られないようですから、色々工夫して家人とのコミュニケーションを活発にしたいですね。
*****************
さて、色々なことがあって随分ほったらかしにしてしまいましたが、今回は2020年3月第1週の王立公園『リージェンツ・パーク』(The Regent’s Park)の風景をお届けします。
IMG_2346.jpg
1ヶ月ちょっと前なのが信じられません。シャットダウンに入る2週間前の風景です。
IMG_2311.jpg

IMG_2317.jpg
現在では水仙はすっかり枯れてしまいましたが、この頃は咲き始めた頃でした。

IMG_2315.jpg

IMG_2313.jpg

IMG_2318.jpg

IMG_2316.jpg

IMG_2312.jpg

IMG_2314.jpg
ベイカーストリート駅側の入り口から入った場所にある花壇。

IMG_2340.jpg

IMG_2342.jpg

IMG_2345.jpg

IMG_2344.jpg
クイーン・メアリーズ・ガーデン(Queen Mary's Garden)のTriton and Dryads Fountainの周りの花壇。

IMG_2338.jpg
ジャパニーズ・ガーデン・アイランドの近くにあるミモザの花。盛は少し過ぎていましたが、まだまだ綺麗でした。

IMG_2347.jpg

IMG_2348.jpg
クイーン・メアリーズ・ガーデンにある桜並木にはクロッカスが咲いていました。現在は桜も散ってしまったことでしょう。

IMG_2332.jpg
ローズガーデン入り口の花壇。

IMG_2321.jpg
ジャパニーズ・ガーデン・アイランドとローズガーデンの間にあるモクレンが満開でした。

IMG_2356.jpg
アヴェニュー・ガーデン(The Avenue Gardens)。

IMG_2331.jpg

IMG_2330.jpg
この日はまだ学校が休校になっていなかったのですが、既にコビッド19の症例が出始めていたので病気等の関係で免疫に自信がない方や高齢の方々は自主自粛し始めた時期だったので、リージェンツ・パークも普段に比べて人がまばらでガランとしていました。そのせいか、ローズガーデンのベンチでランチを食べ始めたら、リスや鳥が『餌くれないかな?』という感じでワラワラと寄ってきて笑ってしまいました。餌をあげるのは禁止されているのですが、皆さんあげちゃうんでしょうね。

IMG_2310.jpg
訪問者が少なくて安心だったのか、ジャパニーズ・ガーデン・アイランドの鳥たちもいつもより通路に近い場所でのんびりしていました。

IMG_2339.jpg

IMG_2349.jpg

IMG_2350.jpg

IMG_2336.jpg
今は全然違う花が咲いてますよね、きっと。どんな様子なんでしょう。今年はバラ園が満開の時期も訪れることができませんね、多分。

IMG_2343.jpg
ロンドンではよく見かけるAnemone Blanda Blue。

IMG_2335.jpg
posted by london-twosome at 13:50| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする