2020年02月24日

雨上がりの散歩

雨の予報が出ている月曜日のロンドン。午前6時頃から小雨が舞うようですが、本格的に降り始めるのは午前10時頃。雨脚が強まるのは正午〜午後2時の間のようです。最高気温は12℃。昨日は暖かく久しぶりにコートが不要でしたが、今日は雨も降りますし、温かくして出掛けたほうが安心そうです。

イタリアで新型コロナウィルスの感染が広がり、北部の幾つかの町で出入りが禁止されたり、カーニバルが中止されたりと影響が出ています。現在確認されている感染者数は152名で死者が3人出ているとのこと。ロックダウンされている町はミラノやヴェニスに近いそうなので、これからイタリアへ旅行する計画がある方は、注意深く影響を確認した方が良さそうです。友達カップルが4月にイタリア旅行を計画しているので、それまでには正常化していることを祈るばかり。それ以前に世界中でこれ以上被害が広がらない事を心から祈っています。イギリスでも警戒レベルが上げられ、手をこまめに洗うことや、手すり等を触った手で顔を触らないことなどを呼びかけています。できる範囲で気をつけつつ、元気に暮らしましょう。

イギリスでも春は雨の季節のようで、今年は特に雨続き。そのせいかクラスメイトやボランティア仲間でも風邪を引く人が多い気がします。寒さと言うより湿気が良くないんだよね〜と皆さんよく口にされますが、たしかにそんな気がします。私も今週から学校が再開し、久し振りにボランティアにも復活できそうで張り切っています。週末暖かかったせいで花粉症が本格化していますが、張り切って1週間過ごしたいと思います。
*****************
さて、今回は週末雨が上がって束の間青空が覗いたテムズパスの風景をお届けします。
IMG_2098.JPG
パトニーの近く。南岸のテムズパスは雨の後だからなのか、満潮時はいつでもこんな感じなのか分かりませんが、岸が水没。

IMG_2097.JPG

IMG_2096.JPG

IMG_2099.JPG

IMG_2100.JPG
皆さん慣れたもので、車で水の中を平気で走ったり、バシャバシャと水を撥ねながらランニングしていました。

IMG_2094.JPG

IMG_2101.JPG
この15分前まで雨が降っていたのですが、さっと青空が広がると途端に風景が一掃されたように感じます。

IMG_2095.JPG
パトニーから向かいのビショップパークを眺めたところ。

IMG_2102.JPG
皆さん、ここぞとばかり散歩したり、ランニングしたり。

IMG_2107.JPG

IMG_2104.JPG

IMG_2105.JPG

IMG_2084.JPG
テムズパス沿いには花が咲いたり…

IMG_2106.JPG
葉っぱが芽吹いていたりと、すっかり春めいてきました。

IMG_2108.JPG
ハマースミス橋と水面も近いです。

IMG_2082.JPG
ハマースミス橋からフラムに向かうテムズパス。

IMG_2085.JPG
フラムから向かいのパトニー側を眺めたところ。ボートハウスが並んだ風景。

IMG_2083.JPG
ビショップパークを歩いていた時、風が強くて少し怖かったです。

IMG_2086.JPG
posted by london-twosome at 02:01| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

嵐一過

朝焼けがきれいな水曜日のロンドン。本日の予報は曇りのち雨。今日から明日に掛けて雨が降り、明日の夕方は霙が降るかもしれないそうです。最高気温は9℃。BBCのお天気お姉さんは「It will be nippy」と言っていたので、思わずchillyとの違いを調べてしまいました(chillyは身震いするくらいの寒さで気温が低いこと。nippyはどちらかと言うと天候が冷たいこと…というよく理解できない解説でした。冷たい雨や風のせいで体感気温が低いことがnippyなんでしょうか?)。いずれにせよ雨対策と寒さ対策をしてお出掛けください。

ストーム・デニスが週末イギリスを横断し多くの影響を及ぼしましたが、ウェールズを中心とした水害の被害を受けた地域は引き続き危険に晒されています。昨日も洪水が各地で起きて多くの人が避難を余儀なくされ。今日も洪水が起きる可能性があるので、引き続き避難勧告に気をつけるようにとのこと。ロンドンに居るともう影響を感じませんが、危険な状況が続いていますので、ロンドンを出る予定がある方は事前に確認をお忘れなく。これ以上被害が広がらないことを心より祈っています。

とうとう新型コロナウイルスに関連して、アジア系の男性が襲われる事件が起きました。フラムブロードウェイを歩いていた男性が、コードレスのイヤフォンを奪われ、抗議したら複数の男に顔やお腹等を殴られたとのこと。犯人は捕まっていません。なんだか萎えます…。人々の恐怖に乗じて差別や犯罪を振りかざす輩は全体からみたら極々少数だということは頭に入れつつ、とは言えいつもよりは気をつけてトラブルに巻き込まれないように過ごしたいと思います。
*****************
さて、今回は日曜日の夕方、ストーム・デニスが通過した後の風景をお届けします。
IMG_1984.JPG
土曜日〜日曜日にかけてストーム・デニスがロンドンも通り過ぎました。ウェールズやスコットランドとの国境地帯、ヨークシャー周辺のように大きな被害は出なかったものの、日曜日の午前中を中心に強い風と雨がありました。
IMG_1983.JPG
予報では日曜日の午後5時から晴れるとされていたので期待していたら、本当に午後4時くらいから日が差して30分程で雨が上がりました。2日間ほぼ家から出られなくてウズウズしたいたので、急いでバーンズ(Barnes)に散歩に出掛けました。
IMG_1982.JPG
暴風雨が過ぎ去った後の美しい空が楽しめましたので、風景のお裾分けです。
IMG_1976.JPG
2軒並んでミモザが庭木として咲いていました。

IMG_1977.JPG
下校時間には先生が校門に立って生徒さん達と挨拶を交わす風景が見られる、広くて立派な学校。

IMG_1978.JPG

IMG_1980.JPG
学校に面した道沿いには(多分)セイヨウミザクラ(Prunus avium:wild cherry)の並木。

IMG_1981.JPG
午後5時を過ぎると夕焼けが始まり。

IMG_1986.JPG

IMG_1987.JPG
バーンズ橋を渡っている時、日が沈み始めました。

IMG_1988.JPG
線路沿いの住宅の塀に咲いていたクレマチス(Clematis tibetana:Chinese clematisかな?)。

IMG_1989.JPG
午後5時30を過ぎるととっぷり日が沈みました。

IMG_1990.JPG
posted by london-twosome at 16:18| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

ミモザが咲いた2020年2月第3週のリージェンツパーク

雲が多いものの晴れている火曜日のロンドン。今日の予報も晴れたり、曇ったり、小雨が降ったりと天気がコロコロ変わる1日になるというもの。最高気温は11℃ですが夜は冷え込むようなので、帰宅が遅くなる方は温かくしてお出掛けください。

2月8日から急に花粉症の症状が出始めました。くしゃみや鼻水が出たり、夜になると目が痒くなったり。一般的な症状が出るんですが、何が辛いって咳が出ること。夜になると格段に酷くなり、自分の咳で目が覚めて暫く眠れない事がしばしば起こります。他の症状は花粉症の薬である程度改善するのですが、咳だけは全然効かない気がします。

花粉症の症状が出始めてから数日後、学校に行って咳をしていたらクラスメイトが声を掛けてくれ。「あー、風邪は治ったの。これは花粉症(ロンドンではhay feverって言う方が多いです。ニューヨークではpollen allergyと言う方が圧倒的に多いのですが)で咳が出るだけなの」とお礼を伝えつつ返すと「あー!貴方も?!私の娘も土曜日から急に花粉症の症状で咳が出始めたんだよね」と言うではありませんか。「私も土曜日の夜から咳が出始めたの!」と感心してしまいました。同日に症状が出るなんて、急に花粉が飛び始めたんでしょうか?これから辛い季節ですね…花が芽吹いて楽しい季節なのに。
*****************
さて、今回は2020年2月第3週のリージェンツパーク(The Regent’s Park)の風景をお届けします。
IMG_1914.JPG

IMG_1916.JPG
ベイカーストリート駅近くからのゲートから入った場所に咲いていた水仙。

IMG_1913.JPG
この日は午後から強めの雨が降ったのですが、朝は日差しが眩しかったです。
IMG_1912.JPG
ゲート脇にある花壇にはマンサクの花。

IMG_1915.JPG
橋を渡った場所にある花壇。

IMG_1933.JPG

IMG_1934.JPG
クイーン・メアリーズ・ガーデン(Queen Mary's Garden)にあるミモザが開花。ポンポンみたいな可愛らしい黄色の花が見事でした。

IMG_1918.JPG

IMG_1919.JPG
ほぼ剪定が終わっているものの、少し薔薇が残してある通路。

IMG_1920.JPG

IMG_1924.JPG
バラ園の芝生の通路にはスノードロップや…

IMG_1923.JPG
クロッカスや…

IMG_1925.JPG
水仙が咲いてました。

IMG_1921.JPG
よく見ると種類の多いスノードロップ。

IMG_1926.JPG
こんな八重の花も咲いてました。

IMG_1927.JPG
バラ園のユーフォルビアが引き続き綺麗。

IMG_1932.JPG

IMG_1931.JPG
剪定が終わった木の周りは日当たりが良くなるせいか、春の球根がニョキニョキ成長していました。

IMG_1922.JPG
バラ園に面した通りに桜属の白い花が。

IMG_1917.JPG
日に日に日没が遅くなっていますが、午後3時過ぎには少し日暮れの気配がしていたこの週。現在はもっと明るいです。

IMG_1929.JPG
ハシバミ属のヘイゼルの枝で作られた花壇。イギリスのガーデナーさん達は剪定した枝も余さず使っていて感心します。

IMG_1911.JPG
posted by london-twosome at 18:23| Comment(0) | 公園・お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする