2019年04月29日

ヒーバー城へ鉄道日帰りの旅

霧が出ている火曜日のロンドン。本日の予報は曇り後晴れ。最高気温は18℃。雨の心配はほぼ無さそうです。

今朝はBBCでも日本の元号が変わることを報道しています。経済指標を報道する際に、ついでみたいに「日本の市場はお休みです。現在日本は元号が変わることを祝って長期の祝日に入っています」みたいにさらっと触れている感じですが、現行天皇が式典を執り行う為に移動している動画も一瞬流していて、結構興味がありそうです。

夫が無事帰宅して、日常が戻りました。夫が不在でも午前5時半に起きて、ジム行って…という生活は変わりませんが。今日も眩暈がしていますが、活動はできそうです。眩暈に苦しむ人って多い気がするんですよね…なんで原因&治療法が解らないのでしょうか。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンから鉄道に乗ってヒーバー城(Hever Castle)に日帰り旅行をした際に知っておくと便利だと思われる物事です。
2019-04-26 14.31.25.jpg
以前も記載した通り、ロンドンからの鉄道はサザン鉄道(Southern Rail)に乗りました。私は荷物が無く、20分~25分歩くのが苦にならないので一番の最寄り駅である『Hever』駅から歩きましたが。駅からヒーバー城までの道は田舎の細い道で歩道がありません。
2019-04-26 08.53.11.jpg
荷物がある、健脚ではない、お子さん連れ等で25分も歩道の無い道を歩けない場合は、一つ前の『Edenbridge Town』駅で降りてタクシーに乗ることをお城側は勧めています(Heverにはタクシー会社が無い)。また予め到着時間を決めた上で、タクシーの予約をした方が良いとのこと。Relyon Carsという会社ですので、アレンジをお忘れなく。
2019-04-26 09.49.21.jpg
ヒーバー駅は無人駅。駅舎も無く、従ってトイレもありません。駅の周りにも店なんてものは皆無。お城に着くまでトイレを使ったり、ドリンク等を購入することができませんので、そのつもりで電車の中でトイレを済ませておいたり、ロンドンの駅で予め必要な物は購入しておく必要があります。因みにお城まで営業しているお店は一軒もありませんでした。
2019-04-26 09.57.30.jpg
駅にお城への地図が貼ってありますし、お城のHPでは標識に従って行けば分かるように書いてありましたが、私は迷いました。念の為、スマートフォンで地図検索ができるように充電をしっかりすることもお勧めです。残念ながらサザン鉄道のファーストクラス以外の車両には電源はありませんのでそのおつもりで。
2019-04-26 10.21.47.jpg
駅からお城迄の道は牧場や豪邸がある牧歌的な風景。春らしく子羊が草を食んでいたり、馬がパカパカと歩いていたり、野ウサギの親子が3匹でひょこひょこ牧場を横切っていたりしました。子ウサギや子羊が春らしくて、凄く可愛かったです。
2019-04-26 09.52.34.jpg
春らしいと言えば、道路脇にもブルーベルが沢山咲いていました。流石ケント。緑溢れるイギリスの田舎らしい風景が広がります。とは言え、割と交通量があるのでお気を付けください。
2019-04-26 10.27.25.jpg
ヒーバー城には、入口ゲート近くやローズガーデン横など困らない程度にトイレがあり、ローズガーデン横のトイレは割と清潔でした。ただ池の周りを歩くルートの方にはトイレがありませんので、お気を付けください。
2019-04-26 14.42.39.jpg
もう少し暖かくなると売店も開き、色んな場所に設置されているピクニックテーブルやベンチで気軽に食事を楽しめそうでした。が、屋根がある食事処は2か所しかないと思いますので、天気が悪いと混みそうです。
2019-04-26 11.43.51.jpg
入口近くにあるMOAT RESTAURANTで食事をしましたが、温かい食事は正午~午後3時までしか提供されません。因みにローズガーデン横にあるGUTHRIE PAVILION RESTAURANTの温かい食事は正午~午後2時半までしか注文できません。モート・レストランでは午後3時を過ぎても売れ残ったサンドイッチは引き続き買えますので、午後3時以降甘くない食事がしたい場合は、入口近くのカフェテリアの方が良さそうです。
2019-04-26 14.54.11.jpg
私は2種類あったスープからリークとポテトのスープの選び、ケントのクリスプ(イギリスではポテトチップの事をクリスプと呼びます。ポテトチップはポテトフライ(アメリカでいうフレンチフライ)の事。)とアールグレイをカップで頼んで〆て£9。スープにはケントの名を冠したフッカフカの白パンが添えられていて、とても美味でした。
2019-04-26 14.20.50.jpg
売店は2か所にあります。ローズガーデン横のショップは入りませんでしたが、多分植物の苗や種、ガーデニング用品を買うならCOURTYARD SHOPの方が向いていそう。ガーデナーさん曰く、ヒーバー城の為に作って貰った薔薇の品種の苗なんかも売っているそうなので、車で訪れてガーデニングされたい方はチェックしてみると良さそうです。
2019-04-26 12.45.11.jpg
私が買い物したのは入口近く、モート・レストランの向かいにあるHEVER SHOP。ここはお土産物を販売していて、ヒーバー城の絵葉書やカード、マグネットやティータオル、マグカップにキーチェーンといった定番のお土産物に加え。Book of Hoursと呼ばれるアン・ブーリン直筆の署名が入った彼女が肌身離さず使っていた聖書(でしょうか?祈りの書と呼ばれていますが)の装丁を使った商品も各種並べられています。
2019-04-26 14.00.02.jpg
加えて地元ケントで作られたチョコレート、トフィー、ジャムなんかも売られていて、想像以上にお土産物を探すのに便利そうな売店でした。実際夫が次に日本出張に行く時のお土産を購入しちゃいました。時間が無くてよく見れなかったのですが、できれば自分が使う絵葉書なんかも購入したかったです。
2019-04-26 09.53.55.jpg
ロンドンとヒーバーを往復する電車は1時間に1本しか走っていません。逃したらもう1時間待たねばなりませんし、午後4時5分の電車を逃すと、購入してあるオフピークの安価なチケットが使えなくなってしまします。
2019-04-26 15.34.58.jpg
その為早めに駅に着くように、午後3時20分にはお城を後にしました。帰りは迷うことなく20分で無事駅に到着。
2019-04-26 15.37.54.jpg
ヒーバー駅は無人駅ですが、ロンドン行きの電車が発着する1番線には券売機が設置されており、電車の運行状況が表示されるインフォメーション電光掲示板があります。そこを確認すれば自分が乗る電車が遅延していないか、今何処の駅に居るが表示されています。発着する電車を知らせる大きな電光掲示板は別にあります。
2019-04-26 15.21.32.jpg
4両編成の短い電車なので、小さな待合室のある周辺から2-4両と書かれた看板の間(長いホームの片側だけ)で電車を待たないと、電車が来てから猛ダッシュすることになりますのでお気を付けください。
2019-04-26 10.27.55.jpg
ロンドンに帰る電車は空いているとは言っても、全ての列に人が1人は座っている感じでした。2人で並んで座りたいとなると、4人席を誰かとシェアすることになったでしょう。
2019-04-26 10.37.37.jpg
とは言え、たったの50分であっという間にロンドンブリッジ駅に到着しました。気軽に訪れることができるのに、見所満載の庭と歴史があるお城があって訪れる価値が十分あると感じました。他の季節に庭も見たいですし、お城の展示も鑑賞したいですし、予約制のアフタヌーンティー(チューダーヴィレッジのティールームで食べられるらしい)も奮発してみたいですし。
2019-04-26 13.31.04.jpg
イギリス人のご婦人が「クリスマスにはお城全体が綺麗にライトアップされて、各部屋に違う趣向を凝らした立派なクリスマスツリーが飾られて、そりゃー見応えがあるわよ。是非クリスマスにも再訪したら良いわよ!」と太鼓判を押していたので、見たくなっていますし。四季折々に足を運びたくなっています。

Hever Castle & Gardens
Hever Rd, Hever, Edenbridge TN8 7NG
詳細はお城のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 22:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

ロンドンからアランデルへの日帰り電車旅

曇り時々晴れの予報が出ている火曜日のロンドン。最高気温は15℃まで上がるようですが、その分午前11時以降は降水確率6%~14%あり、にわか雨が降るかもしれません。風も少し吹くようです。でも夕方からは太陽が出る時間もあるようなので、夕日が見れる可能性もあるかも。

今日は眩暈が酷くてダウンしているので、早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンから約1時間半電車で南に下った街アランデル(Arundel)への日帰り電車旅の備忘録です。
2019-04-13 14.10.22.jpg
アランデルの街へはSouthern Railwayに乗っていきました。アランデル城のHPでは『ロンドン・ビクトリア駅から直通電車が出ています』と書かれているのですが、週末を中心に線路の整備が進められている影響でビクトリア駅からの電車が出るかがよく解らず。出ても1回乗り換えが入りそうだったので、今回はロンドンブリッジ駅から乗車しました。
2019-04-13 10.36.57.jpg
オクスフォードへ旅行した際に電車のチケットを当日購入したら倍額以上した反省から、今回は往復共に事前にWEBでチケットを購入。時間を選んで購入したのですが、チケット自体にはオフピークチケットである旨とロンドン各駅からの発着である旨しか記載されていなかったので、ビクトリア駅を指定して購入してロンドンブリッジ駅から乗車しても、帰りに一本早い電車に乗っても全く問題ありませんでした。
2019-04-13 10.46.17.jpg
またオクスフォードへ行った時とは違い、席の上に電光表示もない為、そもそも座席の指定は不可能だと思われます。でもオフピークだったからか、週末でも電車はがら空き。席の確保の問題は、往復共に全くありませんでした。
2019-04-13 12.14.32.jpg
ただプラットフォームの表示を見て、アランデル行の車両は前4両だとばかり思っていたのですが、いざ発車する際の車内放送を聞いていたら後ろ8両の方のみがアランデルに行くのだと判明。急いで席を移るドタバタがありました。車内に乗務員の方がいたので、念の為乗車した車両が正解か確認しておくと安心です。検札の際に急いで車両を移動している人達が結構いました。
2019-04-13 12.14.45.jpg
ロンドンブリッジ駅からアランデル駅までは乗り換えなし。途中駅で連結が切り離され、前方の車両はポーツマス方面へと分岐しますが正しい車両に乗ってさえいれば移動無く目的地まで座っていられます。電源があるのはファーストクラスのみ。携帯電話の充電はしっかりしてお出掛けください。
2019-04-13 12.19.04.jpg
往路はスムーズに切り離しも完了して約1時間半で到着しましたが、復路は連結車両が遅延した影響で1時間50分程掛かりました。でも菜の花畑や羊・牛・馬が草を食む牧歌的な風景やらを眺めながらののんびり旅なので、遅延も然程気になりませんでした。帰りも空いていたので、荷物やコートを悠々と置いて、おやつを食べたり、転寝したりしてましたし。
2019-04-13 10.44.09.jpg
アランデル駅からお目当てのアランデル城(Arundel Castle)までは徒歩10分。アランデル城は、可愛らしいアランデルの街の中心地にあるので、車無しで全く問題なく観光できます。
2019-04-13 14.14.17.jpg
アランデルの街はそれなりの観光地らしく、カフェやレストラン、アフタヌーンティーできるティールームやパブが軒を並べているので、ランチ処にも事欠きません。お土産物屋やショッピングできるお店も多く、中でもアンティーク店は目につきました。私達は全くアンティークに興味が無いので一軒も入りませんでしたが、アンティーク好きな方は楽しめそうでした。
2019-04-13 14.00.02.jpg
アランデル城にもカフェがあり、街の中心地にも沢山ランチ処があったにも関わらず、私達がランチをしたのは街外れにあるパブ。アランデルはthe South Downs National Parkの入口にあり、ウエスト・サセックスの豊かな緑の丘陵地帯に整備されたハイキングコースを辿ることも可能。
2019-04-13 12.35.07.jpg
ですが今回は時間も体力も足りなかったので、アラン川(the Arun River)に沿って20分だけ歩き、パブでランチしました。私は恥ずかしながらパブがパブリックハウスの省略形だとロンドンで暮らし始めるまで知らなかったのですが、今回アランデルを旅してパブの公共性を初めて納得。
2019-04-13 13.37.29.jpg
アラン川沿いには一定の間隔でパブがあり、旅人がトイレを使って、水分補給したり食料を食べたりできるようになっているようでした。その1つ目のパブに入った訳です。
2019-04-13 11.37.37.jpg
川沿いのパブは大人気。外のテーブルには犬を連れた人々が集い、中は席を待つ人でごった返していました。私達は偶々直ぐに座れて凄くラッキーでした。
2019-04-13 12.34.37.jpg
すぐ前の川ではカヌーを楽しむ人々が居て、パブ迄の散策道は家族連れや本格的なハイカーで賑わっていました。凄く手の込んだ料理だったわけでもないのに、散歩した後にパブ『BLACK RABBIT』で食べた食事や飲んだビールはとっても美味しく、幸せな気分に浸りました。食事は環境も大事です。
2019-04-13 13.55.18.jpg
街までナショナルパークを流れてきた為か驚くほど清涼な川の流れや丘陵の風景を楽しみつつ歩いた後は、地ビールのお店『Arundel Brewery』で缶ビールをお土産に購入したり。ベーカリーで、イギリスっぽいコーニッシュパイやソーセージロールを車中のおやつに買ったり、次の日の朝食用パンを買い込んだり。買い物も楽しみました。
2019-04-13 14.15.29.jpg
午後3時に駅に着いたら、ホームの公衆トイレが既に閉められていたのがネックでしたが(電車に乗ればトイレがあります)。駅前にあるタクシー事務所で水のペットボトルは購入できて、無事電車に乗り込みました。
2019-04-13 12.20.40.jpg
思ったよりも自然豊かで、イギリスのカントリーサイドを味わえそうなアランデル。再訪して違う季節のアランデル城の庭も見たいですし、いつかはハイキングもチャレンジしたいです。
2019-04-13 12.35.57.jpg

2019-04-13 12.47.46.jpg

2019-04-13 12.48.06.jpg

2019-04-13 12.59.09.jpg

2019-04-13 13.07.15.jpg
Black Rabbit
Mill Road, Offham Arundel, West Sussex BN18 9PB United Kingdom
お店のHPはこちら
2019-04-13 13.37.54.jpg

2019-04-13 13.38.04.jpg

2019-04-13 13.38.13.jpg
パブから街へ戻るアラン川沿いの道。

2019-04-13 13.45.13.jpg
写真だと分かりませんが、遠くには一面の菜の花畑の黄色。

2019-04-13 13.48.07.jpg
遠くから見たアランデル城。

2019-04-13 13.55.35.jpg
鮮やかな緑の水草が川底に生息する透き通る川。

2019-04-13 14.11.33.jpg
街の中心。

2019-04-13 14.16.34.jpg
脇道にも店が並んでます。

2019-04-13 14.25.05.jpg
小道のパブ。

2019-04-13 14.26.28.jpg

2019-04-13 14.26.38.jpg
住宅街にあった小さなパブリックガーデン。

2019-04-13 14.26.53.jpg
裏道は細く、古いままの街並みが感じられます。

2019-04-13 14.33.07.jpg
posted by london-twosome at 02:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

デリー/ロンドンデリーでの食事

重く雲が垂れ込めている金曜日のロンドン。本日の予報は曇り/晴れ。曇ったり晴れたりを繰り返しつつ、午前中は雨が降る可能性があるようです。最高気温は13℃。気温が8℃までしか上がらず、風と雨が強かった昨日に比べれば大分過ごしやすい1日になりそうです。週末は花見に出かけたいと思っていたのですが、日曜日は強めの雨が降る予報です。土曜日も曇るようですが、外に出るなら土曜日の方が良さそうです。

昨日偶々相席したロンドナーと雑談していたら、環境問題について憤慨していました。近年の気温の乱上下や大雨などを非常に危惧されていて「世界が子供の代くらいで終わるんじゃないかと心配よ」とまで。「誰も自分に直接影響しないことは気にしないのよね。環境が悪くなれば、全人類が影響を受けるのにね」と憤慨していました。彼女の友人が、ブラジルで起こっている先住民の村での殺人について話てもいて、マスメディアに出てこない人権侵害や環境問題にも心を配りたいと思いつつ、それも難しいんだよなーと思ってしまいました。こういうメンタリティーがいけないんでしょうけれど。

今日は予定では朝から火災報知器の修理屋さんが来てくれるはずなので、早速本題です。
**********************************************************************
さて、今回はデリー/ロンドンデリーでした食事の備忘録です。そしてこの回が長らく続いた北アイルランド旅行記の最後になります。ロンドンに全然関係ないトピックにお付き合いくださった方々ありがとうございました。

ベジタリアンカフェ『Cow Bog』
城壁をButcher Gateからボグサイド側に出て直ぐのウォータールー通りにあるベジタリアンカフェ。私達は旅行していると大抵最後の方に胃が疲れてきて野菜を沢山食べたくなるので選んだお店でした。場所も城壁の目の前ですし、パブが並ぶ観光名所なのでとても便利。
2019-03-07 14.23.39.jpg
こんなことを言うと北アイルランドの食事が不味かったみたいに誤解されそうですが、何故か少し値が張るレストランにも行ったのにこのカフェでの食事が2人共一番気に入りました。雰囲気も、誰かのお家みたいで親密だけれど肩肘張らず、温かくてのんびりできて。食事も美味しくて、こんなお店が家の近くにあったらなーと願わずにいられないようなカフェでした。
2019-03-07 13.40.33.jpg
このカフェレストランは多分一軒家を改装して造られており、1階で注文をして、そのまま1階に並ぶテーブルで食事をすることも可能ですし、2階に行って誰かのリビングルームみたいな場所で食事をすることもできます。私達は暖房が効いていて暖かかった1階で食事をし、2階にはトイレを利用する為だけに行きました。
2019-03-07 13.41.29.jpg
2階ではPCで仕事をしているらしき、若者数人が一人でソファーのような椅子などで寛いでいました。食事をしないで、ドリンクで粘っている人たちもいるようでした。
2019-03-07 13.49.29.jpg
メニューは日替わりで、黒板に手書きで書かれています。でも読むだけではどんな料理かよく解らなかったので質問したら親切に説明してくださいました。みんなベジタリアンで、でもビーガンのメニューも用意されているようでした。
2019-03-07 13.49.35.jpg
メニューは、フュージョン料理のようでした。私に知識が無いのでしかとは言えないのですが、多分イギリスやインド、地中海やコンチネンタルスタイルの料理をミックスしている気がしました。
2019-03-07 14.23.32.jpg
味はしっかりするのに、スパイスや塩気が丁度良く、色んな食材を一度に食べているという満足感がありました。色んな食感が楽しめましたし、何より美味しかったです。
2019-03-07 14.28.13.jpg
食器も揃っていないのに、素朴で素敵な物ばかりで、目にも美味しかったです。お金が足りない人でも食事ができるシステムも取り入れていて好感を持ちました。私達もpay it forwardしてきました。

Cow Bog
2 Waterloo Street Derry
お店のHPは見付けられませんでした。レビューはこちら

ホテルのダイニング『Shipquay Restaurant』
3月のデリー/ロンドンデリーは天気がとても変わりやすく、強風が吹いたり、凄く寒かったり、霰が降ったり、大雨になったり。しかも午後8時ともなると外を歩いている人が殆どいない、凄く静かな町となります。だからと言って別に危ないとかではないと思いますが。
2019-03-07 18.16.30.jpg
そんな時、滞在しているホテルから一歩も出ずに食事をできるのは、やっぱり便利。滞在の数日前にコンファメーションのEメールが送信されたので、そのメールに返信してレストランの予約をお願いしました。
2019-03-07 18.17.07.jpg
このホテルのレストランは、タクシーの運転手さんによると「高いからお勧めしない」そうで、ガイドさんは「あそこは良いレストランね。美味しいし、雰囲気も楽しめるわよ」ということでした。が、タクシー運転手さんお勧めのレストランに行ったら、シップキーのレストランと大体同じくらいの値段設定だったので、夫と首を捻りました。何の違いなんだろう?
2019-03-07 18.34.13.jpg
ホテルに滞在していないお客さんも多そうでしたが、私達が食事した日は酷く冷え込んだ雨の夜だったせいなのか、半分は空席でした。ウェイトスタッフの方々は皆さん丁寧で、雑談をしたりもして、パーソナルな接客を心掛けているようでした。
2019-03-07 18.34.20.jpg
数種類の地ビールが用意されていたので、2人共注文。食事も北アイルランドの牛肉やラムを使ったり、近海で獲れる魚介を使っていたりと旅情を味わえます。
2019-03-07 18.55.48.jpg
私達はお決まりのプレシアターのプリフィックスメニューを利用したのですが、全てぎりぎり美味しかったですが、やっぱり塩辛かったです。多分北国の味なんですよね…。
2019-03-07 18.56.05.jpg
量も多くて、2人共完食するのに苦労しました。北アイルランドの食事は全体的に量が多い印象でした。

Shipquay Restaurant
15-17 Shipquay Street, Derry - Londonderry, BT48 6DJ
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

新開発地区にあるマイクロブリューワリー『The Walled CIty Brewery』
2019-03-08 16.08.03.jpg
大雨から逃げる為に入ったマイクロブリューワリー。ピースブリッジを渡った場所にあったイギリス軍の基地跡を再開発している地区にある、紛争後生まれ変わったデリー/ロンドンデリーを印象付けるお店です。
2019-03-08 15.30.53.jpg
嵐のような天候のせいか、午後4時頃という中途半端な時間のせいか、私達が入店した時には他に女性2人が休んでいただけでした。ビールの種類は黒板に表示されていますが、空いていたので時間があった店員さんが一つずつ丁寧に説明してくださり。
2019-03-08 15.44.51.jpg
ハーフパイントずつ3つのビールを味見できるシステムがあると紹介してくださったので、黒板から気になる3つのビールを選んで、2人でちびちび楽しみました。そうして休んでいる間に、夫が何気なくカウンターに目をやって、前日ガイドさんが話していたコーズウェー海岸で造られている『Lacada Brewery』のビールがあるのを発見。
2019-03-08 15.46.57.jpg
コミュニティーの住人が少しずつお金を出し合って造ったという話も興味深いですし、親しみも湧いていたので、早速ハーフパイントを追加注文。どのビールも美味しかったです。
2019-03-08 16.07.15.jpg
The Walled CIty Brewery
70 Ebrington Square, Derry-Londonderry.
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

地元民お勧めレストラン『The Exchange』
2019-03-08 19.27.42.jpg
タクシー運転手さんもツアーガイドさんもお勧めしていたレストラン。私達は午後6時には訪れていたので直ぐに座れましたが、その後多くの人がバーで時間を潰してテーブルが空くのを待っていました。とても人気があるレストランのようです。
2019-03-08 18.07.41.jpg
入口近くにバーコーナーがあり、奥の方にレストランセクションがある広いフロア。全体的に照明が暗くて、ノイズレベルは高めで、シックな内装。ですが、家族連れも非常に多く、小さなお子さんを連れた大きなグループや若者グループ、カップルなどありとあらゆる客層が集まっていました。

最終日なので、飲み損ねていたギネスで先ずは乾杯。クリーミーでやっぱり定番の美味しさです。
2019-03-08 18.44.47.jpg
アーリーバードメニューは月曜日~木曜日しか提供されていなかったので、通常のディナーメニューから私はローストダックに副菜としてマッシュルームを選択。ベルファスト~デリー/ロンドンデリーに移動する電車から見える草原に沢山鳥が居たので、地元で獲れた鴨なのかとも思って。
2019-03-08 18.44.54.jpg
夫も地元の牛かも?と願ってステーキを選択。副菜はルッコラのサラダにしました。
2019-03-08 19.21.05.jpg
物価が安い北アイルランドにしてはそれなりに値が張るレストランで、何故そこまで人気なのかはイマイチ腑に落ちませんでしたが、普通に美味しくはありました。店員さん達がフレンドリーです。

請求明細と一緒にジェリービーンズとインペリアルミントが出てきたのが、面白い工夫でした。

The Exchange
Exchange House Queen’s Quay Derry BT48 7AY
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする