2019年07月18日

パリでの夕食

今にも降り出しそうな木曜日のロンドン。本日の予報は雨後曇り後晴れ。雨は午後3時までには止み、午後7時以降は太陽が出る予報です。とは言え、土曜日までは連日雨の予報なので、このまま高気圧に覆われるというわけではなさそう。土曜日は雷雨の予報になっているので、週末のお出掛けは、日曜日にした方が良さそうです。

体調が引き続き、どうにもこうにも…なので早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行で食べた夕食の備忘録です。

カルチェ・ラタンの如何にもなビストロ『Relais Odeon』
カルチェ・ラタンの中にある観光客ご用達のビストロ。友人の指定で落ち合って、食事をしながら2時間喋り倒しました。
2019-07-06 17.34.37.jpg
普段あまり外のテラス席を選ばない私達ですが(ヨーロッパで外の席に座ると大抵周りの人がタバコを吸い始めますし、目の前を車が走る場所は埃っぽくて好きではないので)、友人は外が大好き!この時も、ビストロがカルチェ・ラタンの石畳の細い道に面して出していたテーブルに着きました。
2019-07-06 18.17.18.jpg
このビストロのメニューは友人曰く「如何にもパリに来た観光客向けの定番ばかりで、大して美味しくもないけど外しもしなくて、お腹一杯になる」。本当にそんな感じでした。周りで食事していたのも観光客が多かった気がしますが、目の前をひっきりなしに行き交う観光客も相まって、パリで観光してるんだなーという感じは十分味わえました。
2019-07-06 19.56.30.jpg
私はこれまたド定番でいこうと夜なのにクロック・ムッシューを注文。夫と友人はチキン・オーバー・ライスを選択。アメリカと同じようにパリでも定番メニューなんだと初めて知りました。甥っ子さんは、これまた定番のハンバーガーを食べてました。「今回の旅行で1回も食べてないから」と。
2019-07-06 17.20.11.jpg
パリのレストランは大抵何処もそうなのだと想像しますが、一品だけ頼んで後はずーっと喋り倒していてもお店の人が放っておいてくれるので、久し振りの友人と会うにはピッタリのロケーションでした。如何にもパリっぽい風景ですし、一緒に撮った記念写真もパリで会ってる!感に溢れていて良い思い出になりました。
2019-07-06 17.19.03.jpg
最初喋りすぎていて、メニューを全然見ずに、2回ウェイターさんが来ても「あ、まだ注文決まってません」とか言っていたのに、嫌な顔一つせずニコニコ対応してくれてましたし。友人がふざけて「貴方オーランド・ブルームにそっくりですね!言われません?」とか言って、以降ウェイターさんを「ミスター・ブルーム」とか呼んでもニコニコ対応してくれてましたし。とっても感じの良いサービスでした。本当に似てたんですよね…これが。
2019-07-06 17.18.48.jpg
友人が奢ってくれたのでお会計が幾らくらいだったのかわからないのですが…メイン一品€12~15くらいだったと思います。一回位如何にも観光客!という食事をするのも良いものです、やっぱり。

Relais Odeon
132,boulevard saint germain 75006 Paris, 75006 Paris
何故かHPを見ることができません。FBページはこちら

地産地消の拘りビストロ『Le 52』
10区のシャトー・ド(Chateau d’Eau)と呼ばれる地区にある地産地消の拘りビストロ。朝から晩まで朝食、昼食、間のコーヒーやドリンクを提供している頼もしい存在です。
2019-07-07 17.46.47.jpg
このビストロも『The New Paris』という本でニュービストロ・ムーヴメントの牽引役として業界に影響を与えたニュービストロとして紹介されていました。朝ご飯に利用する人が多いようでしたが、私達のホテルからは少し遠かったので夕食に訪れました。
2019-07-07 17.56.06.jpg
とは言え、ディナーは午後7時から。私は夜あまり外出しないように心がけていますし、ウォーキングツアーが終わってから直ぐに食事をして帰りたかったこともあり、午後6時前に到着。
2019-07-07 18.05.50.jpg
お店の方に聞くと、「ディナーメニューは午後7時からしか注文できませんが、冷たいおつまみなら食べてもらえますよ」とのこと。そこでビールを飲みながら、パテ、ブラータとリークのサラダおよび付け合わせで出してくれたパンで夕食を済ませました。
2019-07-07 18.52.54.jpg
どれも新鮮で、素材を活かすさっぱりした味付けで、パンは滋味深く、非常に美味しくて満足。ついでにデザートのオレンジケーキを頼み、これまたこだわっているらしいコーヒーも楽しみ、とても満足して食事を終えました。こだわっているだけあって、コーヒーは酸っぱくて好みの味じゃなかったんですが…。
2019-07-07 17.42.37.jpg
ビール×2+タパス×3品+デザート+コーヒー×2で€40でした。ちゃんと温かい食事を食べたらもっと満足感が得られそうです。

このレストランがあるChateau d’Eauという地域は、ランチをしたHolybellyも擁している今美味しい物を食べたければ足を運ぶべき地域の1つのようで。大変エスニック色が強い面白い風景の地域です。
2019-07-07 17.44.10.jpg
黒人の方用のヘアサロンが軒を連ね、多くの黒人の人々がたむろしていたり。インド料理店が多いことで有名らしいですし。通りには各国料理店が軒を連ねていますし。大きな市場があることでも有名らしいです。

一方シャトー・ドの地下鉄駅の周りには、人間が大便をした跡が其処等辺にあって凄く不潔だったり。Le 52で食事をしていたら、目の前の通りで女の子のお尻のポケットに入っていた何か(スマートフォンかも?)をすれ違った男が盗んで騒動になっていたり。意味もなくたむろしている人達がいたり…と治安がイマイチ。
2019-07-07 19.18.33.jpg
ニューヨークのブルックリンの一部地域と同じで、昔は治安が悪かった地域がジェントリフィケーションされて段々お洒落な店が増えてきたものの、まだ治安に一部不安が残る…といった感じの端境期にある地域に感じました。こういう地域も見れて良かったと思っていますが、訪れる際にはバッグは抱え込んで持つ(バックパックは前に抱えるのは当たり前で、何処でも前に抱えることが前提)。スマートフォンを見える場所に収納しない、なるべく出さない。如何にも観光客丸出しでキョロキョロしない、等注意が必要だと感じました。

また暗くなってから一人で訪れるのは避けた方が良いと思います。私達はホテルまで歩いて帰りましたし、別に危ない思いもしませんでした。気を付けて明るい内に訪れる分には、大きな問題は無いとは感じました。でも十分な注意は必要だとも思います。
2019-07-07 19.24.15.jpg
綺麗な如何にも観光地ばかりを訪れていても、その街の事は解りません。そういった意味でも、ここら辺は一人でなければ足を運んで損は無いと思います。美味しい物がリーズナブルに食べれますしね。
2019-07-07 19.24.27.jpg
日常のパリ、今のパリが感じられるビストロでした。

Le 52
52 RUE DU FBG SAINT DENIS 75010 PARIS
何故かメニューが開けませんが…営業時間やお店の場所等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

パリでの朝食

薄曇りの水曜日のロンドン。本日の予報は晴れのち曇り。雨の心配はないようです。最高気温は26℃。昨日は久し振りに午後は半袖で丁度良い気候でしたが、今日も似たような陽気になりそうです。

どうにも貧血/風邪が良くなりません。昨日も技術者の方が帰ってから、家事を済ませていたら頭痛が酷く。結局午後から寝込んでいました。今日も倦怠感と頭痛、咳が治まらず、ボランティアをお休み。1日のんびり休養させてもらうつもりです。

そんな訳で本日も早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行で食べた朝食の備忘録です。

South Pigalleにある拘りカフェ『KB Coffee Roasters』
ホテルの周りに日曜日の朝早くから営業している食事処が無くウロウロしていて地図で見つけたカフェ。長らく苦くて不味いコーヒーを啜り続けたパリの街に2008年になってからオーストラリアやニューヨーク、ロンドンのサードウェイブ・コーヒーの波がパリにもやってきたという紹介で、確かこのカフェが本の中で触れられていたと記憶していて。興味を惹かれて入店しました。
2019-07-07 10.00.00.jpg
モンマルトルの丘の麓にあるピガールは、比較的治安も良く面白いショップやレストラン、カフェやベーカリーが多い印象でした。その中でもサウス・ピガールの辺りは、街角にメリーゴーランドがあったり、石畳の道が続いていたりで雰囲気が良い一画だった気が。ちょっと歩いただけでも、日本人の方が経営していると思われるバーや鳥飯屋、和食店があったりもしました。
2019-07-07 09.27.51.jpg
このカフェは小さなスクエアに面していて、外のテラス席は大人気。店内もそこそこ混んでいましたが、カウンター席に待たずに座ることができました。
2019-07-07 09.27.55.jpg
メニューから何から全部フランス語でしたが、店員さんが親切に英語で対応してくださり。2人共①生フルーツジュース+②ホットドリンク+③バゲット&バター&手作りコンポートかグラノラかケーキ(ペイストリー)で€12という朝食セットを選択しました。
2019-07-07 09.29.26.jpg
ちょっと高いかな?(ホテルの朝食と同額だった)と思ったのですが、いざ食事をしたら納得。その場でミキサーで作ってくれたリンゴジュースとオレンジジュースはたっぷりで美味でしたし。アメリカーノとラテも酸味が少し気になったものの、拘っているのは理解できる味で。
2019-07-07 09.31.37.jpg
夫のバゲットはしっとりしていて粉の滋味が強くて、手作りのジャムを付けて食べるととっても美味しいと大満足してましたし。私が選んだスコーンも外はサクッと中はしっとりで、すっごく美味しく。暫し2人で無言になって食事を味わいました。
2019-07-07 09.32.36.jpg
パリらしい並木を眺めながらの食事で雰囲気も抜群。2人とも幸せな気分でカフェを後にしました。

KB Coffee Roasters
53 Avenue Trudaine, 75009 Paris, France
フランス語のお店のHPはこちら

平日営業の朝粥屋『BOL Porridge Bar』
なんでこのオートミール専門店を見つけたのかもう覚えていないのですが…。ホテルから徒歩圏内で、月曜日~金曜日の午前8時半~午後2時半までしか営業していないお洒落なカフェ。
2019-07-08 08.52.32.jpg
ロンドンに発つ月曜日の朝が最初で最後のチャンスなので、楽しみに訪れました。こちらも黒板に書かれたメニューは全てフランス語。
2019-07-08 09.04.50.jpg
一生懸命訳して夫に説明していたら、店員さんがフランス語で何やら話かけてくれ。何?とぽかんと見返したら、即座に英語で「英語のメニューご覧になりますか?」と質問してくれました。
2019-07-08 09.06.32.jpg
そこからは英語のメニューを見つつ注文、支払いを済ませました。メニューはスムージーやフレッシュジュースの他は、手作りポリッジのみ。
2019-07-08 09.14.20.jpg
ポリッジは、お店側で予め組み合わせを考えて名付けてあるものと、自分でベースを(多分)4つ位から選んでトッピングも好きな物を選んで、独自のポリッジを作るタイプがありました。因みにポリッジとは、オートミールなどを水やミルクで煮て粥状にした食べ物で、米国ではオートミールと呼ばれています。
2019-07-08 09.14.27.jpg
店内は小さなテーブルが3つとカウンター席が少しあるだけのシンプルな造り。木の家具と白いシンプルな内装にドライフラワーが飾られていて、お洒落で静かで落ち着く空間です。

ポリッジは注文を受けてから丁寧に作ってくれるため、出てくるまで15分は待った気がします。美味しいコーヒー(酸味が少ない好みの味でした)を啜りながら、足早に通勤するパリジャンを眺めていたので全然気になりませんでしたが。
2019-07-08 09.36.52.jpg
ポリッジは手作りのフルーツコンポートがのっていて、滋味深い味。食べている内にお腹の中で膨れるのか、小さめのボウルに入ってきたのにお腹一杯になりました。旅行で胃が疲れてきた方にお勧めです。

店内にはオートミールも売られていて、健康志向の方へのお土産に良いかもしれないと思いました。甘い物を食べない、コーヒーミルを持っているか知らない方へのお土産って迷いますものね…。
2019-07-08 08.39.34.jpg
コーヒー+ラテ+ポリッジ×2で€23でした。

BOL Porridge Bar
76 Rue du Faubourg Poissonnière, 75010 Paris
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。但しフランス語です。
posted by london-twosome at 04:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

パリでの昼食

晴れている火曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温が26℃まで上がり、久し振りに暑い1日になりそうです。外で活動される方はお気を付けください。

今日は雨漏りの件で技術者の方が原因を調べに訪れる予定です…が時間の連絡が待てど暮らせど来ません。本当に来るのかな…?と若干不安ですが、兎に角待つしかできないのでさっさと家事を済ませて準備します。

そんな訳で早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行で食べた昼食の備忘録です。

パリで美味しいブランチ『Holybelly 19』
このブランチ処は、新たな食や手作り工芸のムーヴメントを紹介する『The New Paris: The People, Places, and Ideas Fueling a Movement』という本で紹介されていたので訪れました。フランスは規制が厳しく、食事処を経営するにはライセンスが必要で。どうやらコーヒー、食事、アルコールを一緒に出すブランチという概念が無い為に、ライセンスを複数取得しなければならない等の複雑な手続きが避けて通れなかったようです。
2019-07-06 15.27.07.jpg
でも海外生活を体験したペアは是非ブランチ文化をパリに紹介したいと奮闘。やっと開店に漕ぎつけたのが姉妹店である『Holybelly 5』。当該店舗が大人気を博したので、同じ道の違う番地(2ブロック離れています。5とか19は番地)に姉妹店をオープンさせたとのこと。
2019-07-06 15.35.48.jpg
『Holybelly 5』は、オーストラリア風のブランチ処。ブランチの定番メニューに近年出現したフランスの地ビールを主に提供している、カジュアルな雰囲気のお店。
2019-07-06 15.36.07.jpg
翻って『Holybelly 19』は、ナチュラルワインを提供し、ワインに合う料理を食べられる店舗。どちらも魅力的で迷いましたが、ナチュラルワインを試してみたかったので、『Holybelly 19』にしました。
2019-07-06 15.55.24.jpg
本来であれば、パリに到着してホテルに荷物を落としたら直ぐ食事したかったのですが。『ATELIER DES LUMIÈRES』のチケットが午後1時半以降全て売り切れていたので、最初にショーを見てからランチに行くことに。
2019-07-06 15.55.30.jpg
ブランチ処だけあって午後4時ラストオーダーの5時閉店のお店に午後3時半頃入店しました。同じ日の午前10時に訪れた友人は「私達は直ぐ座れたんだけど、直ぐ後から行列して待ってたよ。午前10時までに訪れるのが鍵かも」と言っていました。流石に私達が入店した午後3時半は空いていて、他に3ペアのお客さんが居るだけでした。

店内は黒と白でまとめられたシックな装いで、落ち着いて食事が楽しめました。店員さんはフランス語が話せる英語が母国語の方と、英語が堪能なフランス語が母国語の方で、インターナショナルな雰囲気。カジュアルな接客ながらも、効率よく、フレンドリーで、気持ち良いサービスでした。
2019-07-06 15.27.10.jpg
ナチュラルワインとは、フランスでは法律で定義がされていない為しっかりと定まっていないようなのですが。ペクチン等の薬剤を加えずに、自然酵母で発酵したワインを指すことが多いようです。加えて有機栽培されたブドウを使っているケースも多そう。

フランスでもナチュラルワインを取り扱うお店が増え、若者を中心に広まりつつあるようですが。まだまだ「変な味だ」、「味が安定しない」と受け付けない人も多いとか。ここで試したナチュラルワインは、甘みが強くて、どちらかと言うとぶどうジュースみたいな風味でしたが、美味しかったです。
2019-07-06 15.22.16.jpg
食事は言わずがもな。素材が新鮮で、それを活かす味付けで、2人共至福の時間を過ごしました。友人一行も我々も、とっても気に入った食事処でした。メニューはフランス語のみでしたが、店員さんが丁寧に英語で説明してくださったので困りませんでした。

食事の後、ウェイトレスさんと雑談したのも楽しかったです。ワイン+フルーツクーラー+メイン×2で、サービス料込みで€43.70でした。

Holybelly 19
19 Rue Lucien Sampaix, 75010 Paris
営業時間や場所などの詳細はお店のHPにてご確認ください。インスタグラムやFBでお店の雰囲気や大体のメニューの雰囲気は掴めると思います。

タイのストリートフード『Street Bangkok:Etienne』
このお店も上記の本で著者Lindsey Tramutaさんがお気に入りのレストランとしてリストしていた場所です。数か所にお店を出していて、本当は運河に近い店舗に行きたかったのですが。この日は午後からカルチェ・ラタンのウォーキングツアーに参加する予定だったので、徒歩20分程の場所にあるEtienne Marcel駅近くの店舗を訪れました。
2019-07-07 12.06.30.jpg
タイの屋台料理を提供しているだけあって、店内はがらーんとした倉庫のような雰囲気の場所に、長テーブルと丸椅子が並んでいる非常にカジュアルな感じ。そこにネオンサインや丸見えの厨房にぶら下げられている塊肉なんかが、アジアの雰囲気を添えています。
2019-07-07 12.16.38.jpg
このお店もメニューはフランス語のみ。でも店員さんが注文のシステムやメニューを英語で説明してくださったので困りませんでした。
2019-07-07 12.16.50.jpg
先ずは席に座ってじっくりとメニューを検討。開店と同時に入店したので店内は席を選び放題で、席の心配をすることなく2人で注文できました。午後1時以降は混んできたので、席を確保してから代表者が注文した方が安心かも。
2019-07-07 12.24.01.jpg
私達は2人共丼を注文(確かベースはヌードルかライス、サラダが選べたと思います)。大きさは3つあったのですが、2人共一番小さいお皿を選択。これがぴったりの量で、後程パリで唯一デザートを食べれたことに繋がったので、非常に良い選択でした。日本人、特に女性は小さいお皿で十分な気がします。小さく見えるんですけれど。
2019-07-07 12.24.06.jpg
注文してから作るので、料理が出てくるまで15分位掛かったと記憶しています。その間生姜が効いたジンジャーエールとこれまた生姜で風味付けしたレモネードを飲みつつのんびり。このお店はビールも売りにしていて美味しそうだったのですが、この後長時間歩く予定だったので我慢しました。
2019-07-07 12.03.04.jpg
私はカリッカリに焼いた豚バラ肉とキュウリの酢の物&八宝菜のピリ辛炒めがライスにのった丼。夫は鴨がダークソースでBBQされた丼を注文したのですが、これが美味しかった!未だに夢に出そうな程食べたいです…。

大変カジュアルな雰囲気なのでリラックスして食事を楽しめますし、味は抜群。店員さんもフレンドリーで楽しい気分になります。トイレも1つですがあります。
2019-07-07 12.50.44.jpg
以上で€30でした。ロンドンに進出してくれないかなぁ…と願ってやまないお店です。

Street Bangkok:Etienne
112 Rue Saint-Denis, 75002 Paris, France
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

本格ベトナム料理『Pho Saint-Georges』
このレストランは、モンマルトルのウォーキングツアーの後に利用しました。ホテルとウォーキングツアーの間に位置していたので、たまたま前を通りかかり、良い雰囲気だったので帰りに立ち寄りました。
2019-07-08 13.28.13.jpg
これが非常~に美味しかった。小さなご近所さんで賑わうお店で、店員さんはフランス語しか喋れなかったのですが。メニューには英語の説明があり、こちらが英語を話すと理解してくれたので全然困りませんでした。
2019-07-08 14.02.46.jpg
仕事の合間にランチに来ている風情の客層が多く、皆さんフランス語。注文を取るにも、料理が出てくるにも時間が掛かるフランス時間なレストランなので、急いでいる時にはお勧めしませんが。パリらしさを何故か感じたお店でした。
2019-07-08 14.05.49.jpg
フランスとベトナムの歴史的な繋がりからパリでは美味しいベトナム料理が食べられるのでは?と期待していましたが、ここの料理は未だに夫と話すくらい美味しくて忘れられません。お店の方も「美味しかった?」と何度も尋ねて気にかけてくださり、気持ち良い接客でした。忙しすぎて時間は掛かるんですが。
2019-07-08 14.46.07.jpg
エビアンの大瓶+ヌードル×2で€23.60でした。

Pho Saint-Georges
35 Rue Notre Dame de Lorette 75009 Paris France
営業時間やメニュー等の詳細はレストランの紹介ページにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする