2019年09月26日

ライのお土産と町の感想

しとしと雨が降り続いている木曜日のロンドン。本日の予報は雨のち曇り。雨は正午には止む予報ですが、以降も降水確率が高めなので折りたたみ傘は持ち歩いたほうが安心そうです。最高気温は20℃。明日から段々と涼しくなる予報です。

サッカーの試合を観戦するためにメトロポリタン線の地下鉄に乗っていた男性が車内で刺殺されました。他の乗客は恐怖に慄いて叫び声が聞かれたとのこと。同日には路上で若者の刺殺事件が起き、この10年で最悪の死者数になってしまったとか。ブレグジットとかで大騒ぎしていないで、警察組織にテコ入れしたり、ギャング対策を練ったり、やることをやってくれ!とニュースを見ていると朝からうんざりしてしまいます。

火曜日の夕方の大雨の影響で、夫が通勤に利用する地下鉄が最寄り駅手前で折り返し運転に。夜はバスの本数が少なく、バスでも乗り換えが必要になるので、歩いても然程所要時間は変わらないと2駅分徒歩で帰宅しました。結局帰宅に2時間要したそうで、あまりに帰宅が遅いので何か事件に巻き込まれたのではと気を揉みました。連日事件のニュースを目にしますし、ロンドンはどうしてもテロの心配も拭えないので、毎朝夫の無事を心から祈って送り出しています。もう少し安心して日常を送れないものか…。

昨日とうとう数カ月に亘って待ち望んでいた雨漏りの修理が入りました。結局上階のバルコニーの問題であろうということで、我々の部屋では全く工事しなかったのですが、念の為工事が終了するまでは部屋に居るよう言われ。結局終日部屋でじっとしていました。工事が終わっても、私には何も言わずに帰ってしまったので、様子を見て夕方には買い物やらクリーニングやらに出掛けてしまったのですが。今度こそ直っていますように。
*****************
さて、今回はライ(Rye)への小旅行で購入したお土産の備忘録とライの町の感想です。
IMG_8967.JPG
マーケット通りにある『Rye's Handmade』というお店で購入した海岸に打ち上げられたガラスで作ったピアス。ピアスを探していたので、思い出に。

IMG_8962.JPG
地元アーティストの手作り作品しか扱っていないというこのお店。折角なのでライの街並みを描いたカードも2枚購入しました。

IMG_8959.JPG
お土産とは少し違いますが、グレート・ディクスターで貰ったパンフレット。やっぱりアリウムが咲く春の写真です。

IMG_8960.JPG
パンフレット内部。こちらは初夏っぽい写真。やっぱりそこら辺が見頃なのでしょう。

IMG_8961.JPG
今回の旅行の記念マグネットは珍しくグレート・ディクスターで購入。ずっと行きたかった庭なので思い入れがあったのと、ヘイスティングスには必ず泊まりに訪れたい為、イーストエッセクスのマグネットはその時に購入しようということで。

IMG_8958.JPG
庭についてもっと知りたかったので、珍しくショップで販売されていたガイドブックも購入しました。

IMG_8963.JPG
グレート・ディクスターのショップでは、カードと…

IMG_8965.JPG

IMG_8964.JPG
絵葉書も購入。

IMG_8966.JPG
こちらはマーメイド・インが宿泊客の為に部屋に置いていた絵葉書。


ライの町は美しい街並みと静かでのんびりした空気、小さな個人商店での買い物と美味しい食事が楽しめる観光にうってつけの町でした。ロンドンから日帰りも可能なので、ロンドン旅行のついでにちょっと田舎に足を延ばすにもピッタリの距離と雰囲気です。
IMG_8743.JPG
町を見回しても白人しか居ないのもイギリスらしいと言えばそうなのかも。ただブレグジットでEU離脱に投票した住人が過半数を超えた場所だと思って見るからかもしれませんが、どうにも横柄さが目立つという感じが拭えませんでした。

チケット窓口の人が「What do you want?」と言ってきたり(因みに後ろの白人のお客さんに対してはきちんと「What would you like?」と言っていました)。ホテルの受付の方がなかなか質問に答えてくれなかったり、預けた荷物を取りに言ったら面倒くさそうなのを隠しもしなかったり。パブでビールを注文するために並んで待っていたのに、常連客の白人男性が割り込んで注文してしまったり。
IMG_8464.JPG
アジア人に慣れていなくて、アジア人=英語ができないと理解して、What would you like?なんて言ったら解りにくいかもしれないから…という親切心でWhat do you want?と言ったのかもしれませんし(しかしこれは絶対にしてはいけない対応です。NYCでの研修でも全ての人に先ずは同じ対応をすることは非常に強調されていたポイントです。相手がお年寄り、障害がある方、外国人であっても)。

ヨーロッパは全般的にサービス業に就く方々がぶっきらぼうな傾向はあると思いますし。バーで割り込みされた時は、バーテンダーの方が代わりに平謝りしていましたが。凄く苦々しい印象が町全体に残ってしまいました。
IMG_8466.JPG
レストランで若い女性のウェイターの方がお会計を担当して下さり。「ライは初めてですか?」という質問から短い会話をしたのですが。生まれてこの方ライから出たことがなく、現在もご両親の家に住んでいるという彼女に、「じゃあ、ライが好きなのね?」と言うと「It's all right」と言葉を濁していました。

ライ旅行に行ったことをクラスメイトと話した際の彼女の第一声は「マーメイド・インに泊まった?」(凄く有名でイギリス人にとってもイギリスらしさの象徴のような宿なんですね)。でも話す内に「あそこに限らずイギリスの地方は若者の仕事がなくて、過疎化に喘いでいる場所が多いのよ。だからといって白人だけの社会を維持したい、過去に戻りたいと言ってても仕方ないのだけれどねー」と溜息混じりに言っていました。
IMG_8479.JPG
イギリスでもアメリカでも、そして日本でも。大都市圏に住む人達と地方に住む人達とでは、考え方も問題意識も見えている現実も全然違うんですよね。お互い解り合う努力が必要なのでしょうが、大都市に住む人が地方の問題を理解しようと殊更努力することの必要性をまざまざと見せつけられたような旅行でした。
posted by london-twosome at 18:40| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

ライ観光

朝から雨の水曜日のロンドン。本日の予報は雨のち曇り。現在の雨は午後1時頃止むようですが、以降もずっと降水確率が高めなので傘は持ち歩いたほうが安心そうです。これから週末に掛けて段々と涼しくなっていくようです。葉っぱも色付いてますし、空きの風情ですね。

昨日、注目されていた最高裁判決が出され、首相が5週間議会を休会したことは「違法で休会は無効」と判断(首相が女王に嘘をついたかどうかは問題とはされず、あくまで休会の意図が不純であるという判断だったようです)。今日から国会が再開される運びとなり、昨晩からメディアは大騒ぎになっています。今朝のBBCニュースも早速ウエストミンスター前からの中継となり、抗議デモの人々が後ろで雄叫びを上げる光景も戻りました。

ブレグジット関連ニュースは毎日新聞を読んで、TVを見てもイマイチ理解できない部分があるのですが、最高裁は首相が国会を休会するか否かというような問題は司法が判断する問題では無いという判断がなされると思っていたので、凄く意外な結果に感じました。それは多くのメディアもそうだったようで、蜂の巣をつついたかのような騒ぎになっています。イギリスの最高裁判所は2009年10月に設立されたばかりで歴史が浅く。このような判断が下されるのも勿論初めて。なんだか歴史を目の当たりにしている感がひしひしとします。

街の反応を見ていると、ブレグジット推進派は「国民の意見を無視してブレグジットを邪魔してる」と憤慨し、EUに留まる事を希望する人々は「国会が始まったところで、解決策が見いだせるとは思えない」と悲観的。「首相が議論を引き伸ばすだけ引き伸ばして、期限直前に辞任して、自身のキャリアを道連れにブレグジットを力技で実現してしまうのでは?」なんて憶測まで飛び出しています。本当に薬とかはストックしておいた方が良いかも…。

昨日は結局工事はドタキャンされ。夕方雷を伴う大雨が降って雨漏りが始まり。色々対応するのに、てんやわんやしてました。今朝工事が行われる予定なのですが、1時間待っても現時点では誰も訪れていません。嫌な予感がする…。
*****************
さて、今回はイギリス南東部にあるライ(Rye)の風景をお届けします。
IMG_8850.JPG
通常新しい町を訪れるとウォーキングツアーに乗って歴史や文化を学ぶのですが。ライのフリーウォーキングツアーは土曜日しか催行されておらず、グレート・ディクスター行のバスも土曜日しか走っていないため参加できず。
IMG_8875.JPG
有料のウォーキングツアーも時間が早すぎたりで、結局全くツアーに乗りませんでした。その為、ミュージアムを見た他は少し歴史をネットで読んだくらい。
IMG_8851.JPG
ライの観光をしたと言っても、町をそぞろ歩いて風景を見て、カフェで雰囲気を味わい、地元アーティストの作品を扱うお店で買い物したくらい。なので風景をお裾分けするだけで、殆ど情報はありません。
IMG_8860.JPG
ライはイギリスの田舎というと我々が想像するような情緒は満載の町なので、街並みをお楽しみください。
IMG_8861.JPG
唯一お金を払って観光したイプラタワー(Ypres Tower)。

IMG_8859.JPG
元々は1249年にヘンリー三世の命によって建てられたライ城の一部。ライ城はフランス軍の襲撃から国を守るための砦だったそうですが、現在はタワー部分しか残っておらず、内部はライの歴史やライ城の歴史が学べる博物館になっています。

IMG_8892.JPG
城が壊れた後、残ったタワー部分は監獄として使用された歴史も説明されているため、少しおどろおどろしい展示もあります。

IMG_8863.JPG
が、テラスからは湿地帯(昔はここが海だったので、ライも港町だった)が見渡せます。

IMG_8862.JPG
また古には薬草として使われていた草花が植えられた庭には、イギリス初とも言われる女性専用の監獄が残されています。囚人の人権という考えの発祥もここなのだとか。

IMG_8865.JPG
Cinque Ports(フランス語で5つの港の意)という経済的都市同盟(ハンザ同盟みたいな物)の存在を知ることができたりと収穫があったのですが。風景は前の展望広場から見るので十分ですし、£4/大人は高いかな?とも感じました。

IMG_8887.JPG
因みに目の前にある広場『Gun Gardens』から見える風景はこんな感じ。大砲(のレプリカ?)が設置されています。

IMG_8870.JPG
展示という意味では同じライ城博物館(Rye Castle Museum)の『The East Street Museum』の方が内容が充実していたように思います。こちらは無料(入り口に寄付箱があります)。ライの歴史を知りたければ、イースト・ストリート・ミュージアムだけでも十分かも。

IMG_8884.JPG
ライのもう一つの観光名所である『ラム・ハウス』(Lamb House)。作家ヘンリー・ジェイムズが1898年〜1905年までを過ごし、『使者たち』『鳩の翼』『黄金の盃』を執筆したことで有名な邸宅で、現在はナショナルトラストが管理・運営しています。

IMG_8838.JPG
『鳩の翼』は大好きな映画で、いつか本も読みたいと本棚には置いているので興味はあったのですが。庭が見応えなさそうでしたし、£8.25/大人は高いかな…と思いパスしました。

IMG_8874.JPG
ラムハウスから聖メアリー教会へと抜ける小道。

IMG_8868.JPG
聖メアリー教会(St Mary's Church)。お金を払えば(£4)登れるタワーがあったようですが、我々はパス。

IMG_8854.JPG

IMG_8852.JPG
教会の周りは石畳の小道で、素敵な雰囲気です。

IMG_8857.JPG
教会の前のスクエアには雑貨屋と本屋があり、絵本の中みたいな風景でしたし。

IMG_8886.JPG
前の小道には昔からありそうなティーハウスが並んでいて、時間があったら中でお茶したかったです。

IMG_8885.JPG
目の前にはこんな建物も。何か謂れがありそうですが…。

IMG_8882.JPG
有名なマーメイド・ストリートの入り口。

IMG_8879.JPG
如何にも観光地という雰囲気で、アイスクリーム屋さん等が並んでいます。

IMG_8880.JPG
近くには『RYE HERITAGE CENTRE』があります。インフォメーションもあるので、マップ等必要な物がある方は観光の最初に訪れると良いかもしれません。他はTHEお土産という感じのショップとライの町の模型が飾られています。

IMG_8881.JPG
目の前はA259というバスも通る交通量が多い道。でもその奥に運河が見えるので、港町だったライを感じられます。

IMG_8743.JPG

IMG_8878.JPG
マーメイド・ストリートは絵になる通り。

IMG_8822.JPG
CONDUIT HILL。ライのコミュニティーセンターがある通りです。

IMG_8823.JPG
Landgateは1329年にエドワード三世の命により造られた市壁に存在した4つのゲートの内、唯一現存するゲート。昔はこれらのゲートを潜らないとライの町に入ることはできなかったとのこと。ランズゲートの近くは高台になっていて、とても見晴らしが良いです。

IMG_8876.JPG
石畳ではないのですが、『The Mint』という通りもとても雰囲気が良いです。お客さんが沢山いたので写真は撮れませんでしたが、ガイドブック等で頻繁に目にする『Ye Olde Bell Inn』も確かこの通りにあって凄く素敵でした。

IMG_8883.JPG
posted by london-twosome at 17:32| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

ライでの宿『Mermaid Inn』

朝から強い雨が降っていた火曜日のロンドン。今は小康状態で、遠くには少しだけ青空が顔を出しています。今日の予報は午後6時までこんな状態が続くとのこと。これからまた一雨来そうです。今週はずっと雨が少しは降る予報で、曇の予報は土曜日のみ。でも強い雨は今日だけみたいですよね?いつものしとしと降る雨ならば、活動はできるので許容範囲です。

本来であれば火曜日は朝から夕方まで1日用事で出かける日なのですが。今日は雨漏りの工事が入ると連絡が入っていたので、用事を明日にリスケジュールしてもらい、朝から掃除に勤しんでいました。でも強い雨が災いして、今日は工事が入らないかも…という連絡が。上階のオーナーのスケジュールだってあるので、なんとか今日中に工事してほしいと願いつつブログを書き始めました。これからどうなることやら。

使い始めて1年もしていないのに、また掃除機も不調です。以前は代替バテリーを送付してもらって直りましたが、今回はどうだろうとヒヤヒヤしています。今日1日在宅せねばならず、後はアイロン掛けを残すのみなので、掃除機のメーカーのHPで不調の原因を探ったり、解決策を見つけたりしなければ。まったくロンドンに来てから家電やフラットが次から次へと壊れて、対応に追われてばかりいる気がします。ついてないったらありません。
*****************
さて、今回はイギリス南東部にあるチューダー様式の家並みが残る町ライで宿泊した宿『Mermaid Inn』の感想です。
IMG_8821.JPG
本当は他に泊まりたい宿があったのですが、小さなその宿は3ヶ月前とかでないと週末は予約が取れず。そうこう言っている内に、グレート・ディクスターの季節が終わりに近づき我儘も言っていられず。

この際何処でも良いから、ヘイスティングスかライで泊まれる所…と探したのですが。安い宿は全て予約で埋まっており、ヘイスティングスは全く宿が無い状態。少し離れた町であれば宿はあったものの、安くもなく交通が不便そう。
IMG_8745.JPG
そんな中で何故かライと言えばというような観光名所でもある『マーメイド・イン』だけが一部屋残っていました。少し高価でしたが、ライ・ヘイスティングス一体は何処も立派な値段がするので、地域の平均からすると高いと言うほどでも無かったので、象徴的な宿に泊まれるなんてラッキーというような心持ちで予約しました。
IMG_8744.JPG
マーメイド・インは1420年に再建されたというとても古い建物。歴史自体は1156年まで遡るとのこと。この宿が何故ライの観光名所なのかというと、建物が古いだけでなく、1階奥にあるバーが主要な取引場所だったから。

なんの取引かと言えば、1730年-40年を中心に町の中心産業(!)だった密輸。13世紀にエドワード1世が関税を導入してから密輸(主に羊毛)は活発だったようですが、18世紀に主要産業と言われる程に成長。
IMG_8742.JPG
密輸業者と買い付け人が商談を繰り広げたのが、このマーメイド・インのバーだったそうです。夫が同じフロアのイギリス人にライ旅行の事を話すと「マーメイド・インは絶対行くべきだ!」と熱烈に勧められたとのこと(帰宅して宿泊することを知った訳です)。

マーメイドインがあるのは、ライのガイドブックや紹介サイトで必ず使われると言っても過言でない有名な通り『マーメイド・ストリート』。丸い石が敷き詰められた石畳の細い道の両側にチューダー様式の家並みの、雰囲気満点の通りです。
IMG_8841.JPG
鉄道の駅から徒歩10分弱。ショップが並ぶメインストリートの直ぐ裏ですし、ライ・ミュージアム、イプラタワー、聖メアリー教会、ラムハウスも近く、観光に便利な立地です(とは言え、何度も書きますがライの町自体がとても小さいので大抵何処でも徒歩圏内です)。

我々が滞在したのはファミリータイプの部屋(しか残っていなかったので、選択の余地なし)。セミダブルサイズのベッドとシングルベッドがあり、広さは十分。マーメイド・ストリートに面した部屋で、3階にありました。
IMG_8845.JPG
インは何処も彼処も雰囲気満点。入り口脇にあるレセプションも白壁に黒木。部屋に案内されると、2階から3階への階段は細くて荷物なしでも怖いくらい。

床板は歩くたびにギシギシいいますし、エアコンなんてものは皆無。バスルームの電気も紐を引っ張るタイプです。
IMG_8847.JPG
防音設備も勿論ありませんから、階下のお子さんの声が筒抜け。夕方から夜に掛けてはウェディングの大騒ぎが丸聞こえで、深夜0時まで音楽と人々の笑い声が聞こえてました。

歴史が感じられる、如何にもイギリスらしさを味わえる、とっても素敵な宿で我々は滞在を楽しみましたが。①細くて急な階段を登り降りする自信が無い方、②音に敏感な方、③暑さや寒さに弱い方、④利便性と設備重視の方、にはお薦めしません。
IMG_8846.JPG
宿代には朝食も含まれていました。朝食は1階にあるこれまた雰囲気抜群のダイニングルームで、メニューの中から選べます。

ビュッフェもあって、フルーツジュースやフレッシュフルーツ、シリアルやヨーグルト等、基本的な食事も揃っていました。
IMG_8843.JPG
私は紅茶を、夫はコーヒーを先ずは頂き。それからメニューの中から折角なので2人ともイングリッシュ・ブレックファーストを選択。

結局のんびりお喋りを楽しみながら1時間半も朝食を食べ、雰囲気を満喫しました。次にライを訪れたら、マーメイド・インのバーで一杯引っ掛けたいものです。
IMG_8741.JPG
サービスも(多少横柄なのですが)申し分なく、手書き風のライの地図も大いに役に立ちました。最近チューダー辺りの歴史に嵌っている私は、アン・ブーリンの肖像画を見てテンションが上がったりもしてました。

歴史好きで、雰囲気重視の方は滞在すると楽しめる宿だと思います。

Mermaid Inn
Mermaid Street, Rye, East Sussex TN31 7EY
マーメイド・インのHPはこちら
posted by london-twosome at 21:26| Comment(0) | UK旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする