2019年04月03日

デリー/ロンドンデリーの街①

雨が上がった水曜日のロンドン。今日も午後2時~午後7時までの間は俄雨が降る可能性が高く、その間は雲が切れて太陽が出る時間もあるようです。その他は曇り。昨日のように強い雨が降る時には、霰が降る可能性もあるそうです。昨日は夕方帰宅中に霰に降られて驚きました。その直前まで晴れていたのに。日が沈む直前にも晴れてるのに霰が降って変な天候でした。現在の気温は2℃で最高気温も8℃と、昨日と同様寒い1日になりそうです。温かくしてお出かけください。
2019-04-02 18.54.43.jpg
週末に4人が刺された事件があった直ぐ近くで、また1件人が刺される事件が起こり、ロンドン北部の町を震撼させています。犯人は背の高い黒人の男でフードを被っているという事しか分かっておらず、勿論逮捕されていません。被害者がいずれも一人で歩いているところを襲われているので、なるべく単独行動を避けた方が良いと言われていますが、そんなこと言われたって用事で移動する時はどうしたって1人ですよね。背後から襲われているので、周りに気を配って歩いたり、なるべく人通りの少ない道は避けたりと工夫するしかありません。私も最近はバス通りを歩くようにしたりと気を付けています。

今日も用事があるので、早速本題です。
**********************************************************************
さて、今回は北アイルランド第2の都市であるデリー/ロンドンデリー(Derry/Londonderry)の街並みです。長くなりそうなので、2回に分けてお届けします。
2019-03-07 14.26.00.jpg
なお、この街の呼び名には論争がありデリーとロンドンデリーという2つの呼称があります。其々の名前が特定の思想に支持されているため、使用には注意が必要。私はどちらの意見にも与していませんので、いつも併記している訳で、殆どの出版物や案内も併記の形を取っています。
2019-03-07 15.37.23.jpg
しかし鉄道で切符を購入する際などは、正式名称(というと語弊があるかもしれませんが)であるロンドンデリーを使わないと通じません。そして現地の人達はほぼデリーという名を使用しています。それは思想的にナショナリストだからとかユニオニストだからとか言うよりも、「昔から使われてた名前で、ロンドンデリーという呼称はそもそもイギリス王が勝手に決めた名前だから」というような理由からみたいでした。
2019-03-07 14.34.15.jpg
デリーという名前はアルスターの発音で「ディラー」という、アイルランド語のdoireが語源で、意味は「オークの木立」とのこと。古代キリスト教以前の宗教の聖地がこの辺りに存在したことが推察されるそうです。
2019-03-07 14.43.15.jpg
因みにロンドンデリーという呼称は、アントリム、ドニゴール、コールレーンおよびタイロン郡の一部から新たな郡を作るためとプランテーションを作る為に17世紀につけられました。1613年新たな呼称が導入され、ロンドンから都市建設の資金を得たとのこと。
2019-03-08 16.22.39.jpg
2011年6月25日にEUからの援助約1400万ポンドにより完成した、エブリントンと城壁のある旧市街地側を結ぶピースブリッジ(Peace Bridge)は観光名所の1つ。

2019-03-08 16.17.32.jpg
城壁から徒歩10分弱、ギルドホールから直ぐの場所です。

2019-03-07 15.35.50.jpg
美しい橋ですし…

2019-03-08 14.53.16.jpg

2019-03-08 14.57.10.jpg
フォイル川の景色も楽しめます。

2019-03-08 14.59.18.jpg

2019-03-08 16.16.21.jpg
橋はエブリトン(主にユニオニスト/ロイヤリスト側)と旧市街(ボグサイドがあるので主にナショナリスト側)を繋ぐ象徴的な意味合いを多分に持っており、波のようなデザインも両岸から手を伸ばし握手している様子をイメージして造られています。

2019-03-08 16.12.46.jpg

2019-03-08 15.02.22.jpg
エブリントン側へ渡ると、デリー包囲戦以来英国軍の基地だった場所を公園やギャラリーなどの市民の憩いの場にする開発工事が行われています。

2019-03-08 16.11.01.jpg
現在完成しているのは、ギャラリーとマイクロブリューワリーのみ。

2019-03-08 16.10.34.jpg
ガイドさんは「先ず最初にビアホールをオープンする。私達は優先順位と言うものが分かってます」と冗談を言ってました。この冗談、ベルファストでも耳にしました。呑兵衛文化を揶揄するのは定番ジョークなんでしょうね。

2019-03-08 15.00.51.jpg
柱が立てられていて、何かのアートっぽかったのですが…。

2019-03-08 15.10.57.jpg
東側はユニオニストの地域。縁石もユニオンジャック色に塗られていますし…

2019-03-08 15.12.30-1.jpg

2019-03-08 15.12.44.jpg

2019-03-08 15.12.58.jpg

2019-03-08 15.14.59.jpg

2019-03-08 15.17.05.jpg

2019-03-08 15.18.02.jpg
壁画が並ぶ通りがあります。

2019-03-08 16.17.10.jpg
posted by london-twosome at 14:32| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

デリー/ロンドンデリーの宿『SHIPQUAY』

今にも降り出しそうな火曜日のロンドン。本日の予報は午前9時~午後7時までの間はいつ雨が降ってもおかしくなく、午後3時からは時々太陽が出る時もあるようです。雨が降り続くことはなさそうですが、雨が降らないこともないようです。今日は1日用事で出掛けるので、風邪を引かないように気を付けたいと思います。今、風邪が流行しているみたいですし。

大気汚染が大きな問題となっているロンドンでは頻繁にニュースになりますが、昨日の無料新聞では約200万人が法定基準を上回る空気汚染地域で暮らしていることが問題になっていましたし。今朝のBBCでは子供たちが地面に近いが故に環境汚染物質を吸い込んで呼吸器に問題を生じたり、将来的に痴呆症を発症しやすくなる危惧があるなどと報じていました。

我が家の空気清浄機は24時間、毎日フル稼働しています。風が強かったりすると、急に数値が12とかになって1日下がらないこともあり、何が飛んでいるんだろう?と怖くなります。近年汚染が悪化したのは、ディーゼル車が減ってきた代わりに、スクーターが増えたからと言われているそうです。公共交通機関を利用する人が増えれば良いのでしょうか。
**********************************************************************
さて、今回は時間がないので北アイルランド第2の都市デリー/ロンドンデリーで滞在したホテル『SHIPQUAY』の感想です。
2019-03-07 11.47.00.jpg
このホテルは城壁の中にあり、観光にとても便利。でもその代わり、北アイルランドにしては値が張ります。とは言え、3月はまだまだ寒く、しかも天気の移り変わりが非常に激しかったので、徒歩5分でギルドホールや主な観光地、レストランやパブに行ける立地はとても有難かったです。
2019-03-08 09.04.11.jpg
実際、2日とも雨が降ったり、強風で凄く寒かったり、雹が降ったり、突然嵐のような大雨になったりと、観光には不向きな天候。でも晴れ間も覗くので、ずーっと悪天候と言うわけでもありませんでした。
2019-03-08 09.04.16.jpg
ブティックホテルと銘打っているだけあり、昔銀行の店舗だった建物を改装して近年開いたばかりの新しいホテルとのこと。そのせいか、受付に入るまで数段の階段を荷物を持って上がる必要があります。一旦建物に入ってしまえば、エレベーターが完備されています。
2019-03-08 09.05.34.jpg
部屋は凄く広い訳でもありませんが、十分な広さ。窓が2つあり景色が良かったのが嬉しかったです。
2019-03-08 08.54.29.jpg
また、到着時に無料でスパークリングワインが貰え、部屋にはトフィーとクッキーが用意されています(2日目はクッキーのみ)。紅茶&コーヒーのセットもあるので、部屋で温まることも可能。水のボトルも毎日新しい物が補充されるので、惜しげもなく飲むことが可能です。
2019-03-09 08.14.41.jpg
加えて北アイルランドでは一般的なのか、このホテルでも宿泊料金に朝食が含まれています。朝食はコンチネンタルスタイルのビュッフェから自由に取れる他、メニューから注文して温かい食事も楽しめます。
2019-03-09 08.14.46.jpg
朝食メニューには地域性を意識したメニューも多く、アヒルの卵のスクランブルエッグ(イギリスのスーパーでも売られてはいますが)、スモークサーモン、タイセイヨウダラが選択肢にあったのでトライ。全体的にやっぱり塩気が強い気がしましたが、ぎり美味しいの範疇ではありました。
2019-03-08 10.41.58.jpg
最終日ベーシックな物が食べたくて、私はパンケーキを注文したのですが、大量のパンケーキが出てきて半分でギブアップ。ウェイトレスさんが「お口に合いませんでした?」と心配そうにしていたので、「美味しかったんですけど量が多すぎて…」と謝ったら、「確かに多いわね」と笑ってました。北アイルランドの人基準でも多いんだ、やっぱりと思った次第です。欲を言えば、もう少し甘さ控えめにもしてほしかったかな…。
2019-03-08 19.31.48.jpg
このホテルのもう一つのプラスが、バスローブとスリッパが置かれていること。今時珍しいですよね。アメニティーも一通り揃っていて充実していました。但しアメニティーは何故かアイスランドのブランドで地元感はゼロ。初めてのブランドで良い香りでしたが。但し、シャワーのみなのでお風呂に浸かって温まりたいという方にはお勧めできません(とは言え、そもそもバスタブがあるホテルが少ないとは思いますが)。
2019-03-08 19.29.28.jpg
従業員さん達はとってもフレンドリーで親切でした。夕方になると受付にスパークリングワインが置かれていて自由に飲めるみたいでしたし。インペリアルミントも置かれていて、喉が痛かったチェックアウト時に多めに貰って空港への車中で舐めました。サービスが細かい所まで行き届いていた印象です。
2019-03-07 15.29.42.jpg
デリー/ロンドンデリーの町も、午後8時にもなると通りが静まり返ります。あまり人も通らないし、車さえも疎ら。だから余計中心地にあることが有難く感じました。そんな訳なので、夜は静かで、暗くて、ぐっすり眠れました。ベッドの寝心地も良かったです。
2019-03-07 16.31.54.jpg
観光案内所や空港へのシャトルバスの発着場にも徒歩で移動できます。鉄道駅も荷物が小さければ歩けないこともないですが、対岸なのでそこはタクシー移動になります。が、観光や飲食の中心は断然城壁側なので、そちらに滞在した方が便利でお勧めです。
2019-03-08 10.37.17.jpg
目の前にアーティスト村のようなショッピング施設と可愛らしいベーカリーもあり、お土産を物色するにも便利かもしれません。真隣に小さなショッピングセンターが、徒歩数分の場所にデリー/ロンドンデリー最大のショッピングセンターもあります。私達は何も買いませんでしたが…。総合的に満足した、お勧めできる宿でした。

Shipquay Boutique Hotel
15-17 Shipquay Street, Derry - Londonderry, BT48 6DJ
詳細は宿のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 05:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

ブラディーサンデーのツアー『BOGSIDE HISTORY TOUR』

夏時間になったので午前5時半に起きるとまだ真っ暗で変な気分の月曜日のロンドン。まだ5℃しかないので寒く感じます。本日の予報は晴れ。最高気温は13℃まで上がるので、陽の光があれば冬のような寒さにはならないかもしれません。日付が変わるころからは雨になる予報です。明日から木曜日までは俄雨が降るようなので、済ませられる用事は今日やっておくと楽そうです。

土曜日にブレグジットが期日通りに行われなかったことに抗議する為に、男がセント・パンクラス駅の屋根によじ登って籠城し、数時間電車が止まるなど交通機関に大混乱が生じたことがニュースになっていましたが。昨日は大きな混乱はなかったようで一安心です。でも今日も議会で妥協案の決議が行われる予定ですので、ウエストミンスター周辺にお出掛けの方は、事前に調べた方が安心だと思われます。

土曜日の夜から日曜日の朝にかけて4人が新たにナイフで刺される事件が起こりました。内2人は命に係わる怪我で入院しており、後1人も生涯後遺症が残るであろう重症とのこと。皆さん道を歩いていたら、後ろからいきなり刺されたそうで、犯人はまだ捕まっていません。

昨日映画を観に行ったら、母の日に母親を招待していると思われる親子が隣に座っていて、お母さんがポップコーンを食べながら「ポップコーンを楽しみにしてたのよねー」と嬉しそうにしてました。花束を持って歩いている方も多かったですし、ニュースではクリスマスの次に人々がお金を使う祝日であることを紹介していましたし。母の日はとっても大切な日だと認識されているようでした。
**********************************************************************
さて、今回は北アイルランド第2の都市であるデリー/ロンドンデリーのカトリック系住民が住む地域『ボグサイド』の歴史を公民権運動を中心に案内してくれるツアー『BOGSIDE HISTORY TOUR』の感想です。
2019-03-08 11.44.20.jpg
このツアーは事前予約をするようにHPには書かれていますが、当日飛び入り参加もできそうでした。毎日午前11時と午後1時に催行されており、6月~8月の月曜日~金曜日は午後3時にも追加ツアーがあります。
2019-03-08 11.48.44.jpg
事前にHPから申し込みをしたのですが、集合時間と場所が簡単に返信されたのみで、支払いは当日現金でツアー終了後に行われました。£6/人で、ツアー後フリー デリー博物館にそのまま入館すると割引価格(£4/人だったような?)で入ることが可能です。というか、参加したツアーは我々も含めて4名だけだったので、入館せざる得ない雰囲気でした。
2019-03-08 11.59.27.jpg
ガイドさんは、生まれも育ちもボグサイドという方で、凄くブラディーサンデーに思い入れがある方です。多分ですがツアーの主催会社はフリーデリー博物館の館長さんではないかと思われ、館長さんはブラディーサンデーで実の兄を亡くした方。ガイドさんご自身も、クラスメイトを失ったり、長年の差別に苦しんだりと並々ならぬ怒りがあるように見受けられました。
2019-03-08 11.56.40.jpg
伝えられる情報は事実ですが、統計などは何と言うか、切り口や伝え方で誤った印象を受ける可能性があるなぁと思う所もあったり。歴史を知り、人々の苦しみに寄り添うのは必要なことですが、このツアーに乗る際には殊更にフラットな状態を自分の中で保つことを心掛けた方が良いと感じました。自分でファクトチェックするのも大切だと思われます。
2019-03-08 12.04.29.jpg
ツアーは全部で1時間半ほど。加えて博物館で1時間近く過ごしたので、全部見終わったのは午後1時半でした。
2019-03-07 15.42.27.jpg
ツアーの集合場所はギルドホール(The Guildhall)。無料で楽しめる歴史や市の展示があり、公衆トイレを借りることができるので、ツアー前に見学しておくことをお勧めします。
2019-03-08 11.13.00.jpg
ブラディーサンデー(血の日曜日事件)は、平和裏にカトリック系住民の平等な権利を求めてデモ行進していた市民にイギリス陸軍落下傘連隊が発砲。27名が死傷した事件。ギルドホールに向かって行進していたデモ隊が軍と最初に衝突したのが、この交差点。現在はデリー/ロンドンデリー一番のパブ街となっています。

2019-03-08 11.24.20.jpg

2019-03-08 11.25.18.jpg
衝突後、逃げ惑うデモ隊の一部がこの通りの突き当りで数名銃弾に倒れました。

2019-03-08 11.28.19.jpg
ギルドホールからボグサイドに向かって歩き、ボグサイドに出た所。ブラディーサンデーの写真で頻繁に目にする交差点。

2019-03-08 11.29.25.jpg
その当時からあったお店の軒先には、現在との比較を説明する説明板が掲げられています。

2019-03-08 11.28.27.jpg
この交差点から城壁に平行して走る道沿いに有名な壁画が並びます。

2019-03-08 11.37.09.jpg
街の一角にある慰霊碑。犠牲者全ての名前が彫られています。

2019-03-08 11.45.36.jpg
有名なバリケードのレプリカ。同じくアメリカのカルフォルニア州バークレーで起こった公民権運動で書かれたスローガンに触発されて、警察組織に向けて書かれたチョークのメッセージ「You Are Now Entering Free Derry」が発端。

2019-03-08 11.48.55.jpg
フリーデリー・コーナーと呼ばれる中央分離帯には、色合いからナショナリストのシンボルとなっているカラーの花のオブジェが飾られています(元々はアイルランド共和国で独立戦争中に亡くなった人たちを悼んで身に着けられたEaster Lilyからきているのかも?)。このピンバッジがお土産物屋さんを中心に販売されているそうですが、場所によっては身に着けていると手で払われたり、押し退けられたりと嫌がらせを受けることがあるのだとか。

2019-03-08 11.52.08.jpg
フリーデリー・コーナー付近にはありとあらゆる政治的主張が掲げられています。時期柄ブレグジット反対の主張も。

2019-03-08 11.46.48.jpg
公式に承認されている壁画は、思想的偏りなく制作するよう努力されており、其々に意味があります。『The Petrol Bomber』と呼ばれるこの壁画は、1969年8月のボグサイドの戦いと呼ばれた市街戦の様子を描いています。

2019-03-08 11.51.26.jpg
Bernadette』は、同じくボグサイドの戦いを描いた作品。

2019-03-08 11.53.03.jpg
Bloody Sunday Commemoration』は、ブラディーサンデーで他界された14名の肖像。

2019-03-08 11.54.52.jpg
ベルファストなどでもそうでしたが、ナショナリストは世界中で抑圧されていた/いる民族、組織と精神的共闘を掲げているようでした。

2019-03-08 11.55.47.jpg

2019-03-08 11.59.00.jpg
このように公式に認められていない壁画も数多く存在し、そのいくつかは過激な思想に見受けられたので、写真を撮影する時は注意が必要。

2019-03-08 11.55.39.jpg
ガイドさんによると、過去や政治的主張と関係ないストリートアートも増えてきているそう。

2019-03-08 12.00.03.jpg
怪我人が逃げ込んだパブだったような…。入り口を入った所にブラディーサンデーの絵や写真があったと記憶しています。

2019-03-08 12.00.53.jpg
Death Of Innocence』は、1971年9月6日に住んでいた通りから昆虫採集に行こうとして、軍の流れ弾に被弾して他界した14歳の少女の肖像。

2019-03-08 12.05.12.jpg
街の至る所に案内板が設置されているので、全て読むとかなり知識を得られます。町の人達の知って欲しいという熱意が感じられます。

2019-03-08 12.08.42.jpg
Bloody Sunday Mural』は、1972年1月30日に起こったブラディーサンデーの出来事を描いています。カトリック教会の司祭が撃たれた住人を運んでいる場面。

2019-03-08 12.12.23.jpg
Operation Motorman』は、1972年7月31日にイギリス軍によって行われた軍事行動。戦車などを使ってバリケードを破壊して、ボグサイドの家々のドアをハンマーで壊し、寝ていた人々を連行した場面。

2019-03-08 12.12.26.jpg
The Runner』は、紛争中よく見られた催涙ガスから逃げ惑う市民を描いた作品。

2019-03-08 12.13.55.jpg
The Civil Rights Mural』は、全ての苦しみと戦いの始まりだった公民権運動を描いているとのこと。

2019-03-08 12.14.50.jpg
The Saturday Matinee』は、1969年から頻繁に起こるようになった暴動の一場面。暴動は土曜日の午後起こることが多かったので、このタイトルがつけられたそうです。

2019-03-08 13.23.58.jpg
公式な壁画に見えますが…。ツアーには入っておらず、説明も見つけられません。

2019-03-08 13.24.05.jpg
最新の『The Peace Mural』は、抽象的に平和を願って描かれたようです。

2019-03-08 13.21.48.jpg
ツアーの終わりはフリーデリー博物館(Museum of Free Derry)の前。

2019-03-08 13.22.32.jpg
元々知識が無い上に、警察や軍、デリー徒弟少年団(The Apprentice Boys of Derry)などが複雑に絡み合うので余計に理解が難しい北アイルランド紛争。この博物館に入って、少しはこんがらがっていた頭が整理されました。結果的に入って良かったです。

2019-03-08 13.25.59.jpg
2010年に下院で行われたキャメロン首相の謝罪スピーチ(「unjustified and unjustifiable」と明言)を初めて聞いたので、心を動かされました。

2019-03-08 11.33.46.jpg
posted by london-twosome at 14:23| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする