2019年07月20日

パリで滞在したホテル『Hotel des 3 Poussins』

雨が止んだ土曜日のロンドン。でも午前10時頃雷雨になる可能性がある予報なので、午後に雨の確率が低くなるまでは家で大人しくします。最高気温は24℃。午後雨が止んだら過ごしやすい気候になるのでしょうか。

来週はイギリスも含むヨーロッパに熱波が到来する予報です。フランスなどの大陸ヨーロッパでは、再度40度を超える気温に襲われるようですが、イギリスも南東部で30℃を超える日が続くと予想されています。ロンドンでは水曜日に33℃、火曜日と木曜日に31℃の最高気温に到達するとされていますので、十分気を付けましょう。

今週は体調が悪かった関係で全然新聞に目を通せず、1週間分の新聞が溜まってしまいました…。今日はまだ回復とまではいかないものの、1日起きていられそうです。既に来週会う予定の友達カップルはサンディエゴを出発したので、久し振りの再会に向けて体調を完璧にしたいと思います。今日は近所を散歩しつつ、ニュースに追いつきたいです。
*********************************************************************
さて、今回はパリの週末旅行で利用したホテル『Hotel des 3 Poussins』の感想です。
2019-07-06 15.15.10.jpg
いつもはエクスパートレビューを読んだり、マップ機能で観光地との位置関係や公共交通機関で移動しやすいか等をじっくり検討してからホテルを決めます。ホテルが快適かどうかは、旅の成功の鍵だと思っているので。特に体調が万全じゃないことが多い私と、2人共ヘルニア持ちの中年夫婦にはホテルの快適さは大切。
2019-07-07 10.04.00.jpg
でも今回のパリ旅行では、殆ど比較検討しないでパッとホテルを決めてしましました。それと言うのも絶対に滞在したいエリアがあったから。
2019-07-07 08.48.39.jpg
ニューヨークに住んでいた頃、私には大好きな本屋さんがありました。その本屋とはフランス語の本を扱う『ALBERTINE』。フランス語の本なんか読めませんが、フランス語文学の英訳本やフランスに関わる英語の本も場所柄取り扱いがあったので、定期的に覗いては本を購入していました。
2019-07-07 11.34.59.jpg
そんな風に購入して読んだ本の中に『The Only Street in Paris』というニューヨークタイムズ紙のパリ特派員だった女性Elaine Sciolino氏が独立後初めて出版したエッセイ集がありました。その本はフランスに移り住んだ著者が住んでいる界隈にあるマルティール通で頑張る個人商店とそれにまつわる人間模様や日常風景を描き出したエッセイ。
2019-07-07 08.50.01.jpg
フランス政府は、パリの全ての通りがチェーン店で埋め尽くされることを避ける為に特定の通りに規制をかけているのですが、マルティール通(Rue des Martyrs)も代々八百屋や肉屋、チーズ屋さん等の個人商店が受け継がれてきた通り。中には日本人ご夫妻が出したチョコレートショップや移民家族が経営する八百屋等も登場して、伝統で雁字搦めになっている訳ではないけれど、通りの個性は守ろうとする姿勢が描写されていました。

活き活きとしたエッセイで通りが魅力的に描写されていたので、いつかパリを訪れることがあったらマルティール通の傍に泊まって通りを歩いてみたいと思い続けていたのでした。なので友人から電話が掛かってきて、夫からパリで彼女と落ち合うことをOKしてもらって直ぐに、マルティール通近くの宿を探して見つけたのが『Hotel des 3 Poussins』でした。
2019-07-07 08.50.59.jpg
余談ですが、『The Only Street in Paris』というエッセイはパリが大好きな友人に送って、彼女も楽しんで読了したとのこと。その彼女と4年ぶりにパリで再会したんですから、人生は不思議なものです。

さて、このホテルはユーロスターが発着するパリ北駅から徒歩25分。観光地であるモンマルトルの丘へも徒歩10分で到着する良い立地。最寄り駅はメトロ12ライン『Saint-Georges』駅。メトロ2と12ラインの『Pigalle』駅も近く、公共交通機関も問題なく利用できます。
2019-07-07 09.02.07.jpg
ホテルの直ぐ近くにあるマルティール通には、実際ケーキ屋、健康志向のカフェ、昔からありそうなビストロやカフェ、ベーカリー、ワインショップ、ギリシャの食料店、カルフール、ベトナムの総菜屋、メレンゲ屋が軒を連ねていて、歩いているだけで楽しい気分になれました。月曜日に帰国する前には、通りのベーカリーでパンを買ったり、カルフールでお菓子を買ったりしてお土産をゲットしました。

治安も申し分なく、ホテルの周りならば心配なく過ごすことができました。夜も騒音に悩まされることなくぐっすり。友人と甥っ子さんが泊まったホテルはエアコンがなく、熱波に襲われていたパリでの寝苦しさに友人はブーブー言っていましたが、我々の部屋はエアコンで快適。パリで宿をお探しの際には、エアコンの有無をチェックするのもお忘れなく。
2019-07-07 09.02.17.jpg
パリはロンドンやニューヨークから想像するより、ホテルが安くて驚いたのですが。このホテルは同地域の中では安い方ではなかったものの、それでもタイムセールで安めに滞在できて快適でした。

部屋もタイムセールの安い料金のせいか、1階の通りに面したホテルの中ではあまり良くない部屋だったわけですが、それでも十分な設備と広さ。ベッドも適度な弾力があって、バスルームもリノベーションされていて問題なく使えて満足しました。
2019-07-07 10.00.23.jpg
そして無料のWiFiが非常に早く、写真があっという間にダウンロードできたのもポイントが高かったです。北駅が近いせいか、英語を話すお客さんが殆どでした。

室内にはポットと粉末コーヒー&ティーバッグしか備え付けられていませんでしたが、ロビーにクロワッサンとチョコクロワッサンおよびエスプレッソマシンがあって、自由に飲食できます。我々は到着して直ぐにペイストリーを2個ずつと、エスプレッソ(パリではコーヒーというとエスプレッソが出てきます)を頂きました。
2019-07-07 10.01.09.jpg
受付には、ホテルの場所が予め印刷された地図があるので貰っておくと便利です。バテリーをセーブする為にも、治安の不安からスマートフォンを出して歩けないことからも、地図はよく活躍しました。

他のエリアも探索したいのでパリを再訪してもこのホテルを利用するかは分かりませんが、また利用したいと2人で話す程気に入ったホテルです。立地も良く、周りに美味しいレストランやカフェが多く、スタッフがフレンドリーで、快適。値段の割には気持ち良く過ごせるホテルでした。
2019-07-07 10.01.42.jpg
特にパリ北駅を起点にパリに出入りする人にはお勧めのホテルです。

Hotel des 3 Poussins
15, rue Clauzel 75009 Paris
ホテルのHPはこちら
posted by london-twosome at 16:26| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

パリでカフェ

重く雲が垂れ込める金曜日のロンドン。本日の予報は雨時々曇り。日付が変わるころ雷雨になる可能性があるようですので、早めに帰宅するが吉のようです。今日は朝方~午後1時と午後8時以降と降水確率がかなり高いので、いつでも降られる覚悟で外出した方が良さそうです。最高気温は20℃。涼しい朝ですが、日中もこのまま過ごしやすい気温で推移しそうです。

やっと酷い倦怠感は抜けてきたものの、まだ頭痛や眩暈に悩まされているので、早速本題です。今週はほぼほぼベッドの中で終わってしまいました…。以前に比べて、休み休みであれば家事はできるのが有難いですが。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行中に休憩したカフェです。

と言っても、食事でお腹一杯になってしまう上に、食事に時間が掛かってのんびりしたので、1日1か所の観光しかしなかった割には、全然時間が足りず。お土産も買えませんでしたし(これはお店が早く閉まってしまったり、週末開いていないことが大きいですが)、デザートやカフェも殆ど楽しめませんでした。

カルチェ・ラタンの絵になるシュークリーム店『ODETTE Paris』
このカフェはカルチェ・ラタンのウォーキングツアーの集合場所だった為、少し早めに着いて一休みしました。場所は有名な英字本屋&カフェ『シェイクスピア&カンパニー』(Shakespeare and Company)裏手。
2019-07-07 13.47.48.jpg
中世の面影が残るガーランド通り(Rue Galande)に面していて、緑と白の可愛らしい外観の建物と石畳に並べられたテーブルが絵になって、沢山の観光客が写真を撮っていた一画でもあります。まったく車が通らない通りですし、ガイドさんが現れるのを待っていたため、私達も珍しく外のテーブルで休憩しました。

このお店は「パリで1番のシュークリームの店」と銘打っています。何かの品評会でグランプリを取ったのでしょうか?
2019-07-07 14.03.46.jpg
真偽のほどは定かではありませんが、非常に可愛らしい一口サイズのシュークリームが、色んな味で作られて並んでいる様は心をくすぐられます。この日はパリを襲っていた熱波の最終日で、まだ30℃を超える暑さ。涼しいロンドンから訪れた我々はバテバテだったのですが。

小さいので暑くても重くなくエネルギー補給できましたし、スパークリングウォーターで喉を潤して日陰で足を休めて人心地つけました。シュークリームは、感動はしませんでしたが美味しかったです。
2019-07-07 13.46.16.jpg
水2本とシュークリーム2個で€9くらいだったと記憶しています。可愛い箱に入れてもらえるので、その日に帰るのであればお土産にもできそうです。

ODETTE Paris
77 Rue Galande, 75005 PARIS
流石観光地だけあって、毎日午前10時~午後8時まで営業しています。詳しくはHPにてご確認ください。

Place de la Sorbonneに面したカフェ『L'Ecritoire』
カルチェ・ラタンのウォーキングツアー終了後、トイレを使いたくて入ったカフェ。リュクサンブール公園に行っても良かったのですが、暑さにやられて元気がなく。またトイレが直ぐ見つかるかも分からなかったのでカフェに飛び込みました。
2019-07-07 15.45.15.jpg
このカフェは、前週までソルボンヌ大学の生徒だったガイドさんが「学生が入り浸るカフェ」と紹介していたPlace de la Sorbonneという歴史的にも重要な広場に面して並ぶ3つのカフェの内の1つ。噴水に面した立地が魅力的で、如何にもパリという風情も好ましかったので駆け込みました。
2019-07-07 16.21.34.jpg
お店に入ったのが午後4時半だったので、ウェイターさんが「お食事ですか?それともドリンクだけですか?」とフランス語で質問したので、何とか単語とゼスチャーで「ドリンクのみ」で「室内で座りたい」旨を伝え(2年近く勉強しなかったら、すっかりフランス語を忘れていてがっかり…言語は継続が大切ですねぇ…レストランのやり取り位はできるようになってた筈)。
2019-07-07 16.21.46.jpg
室内ながらも、温室のようになっていて外の風景が見える席に落ち着けました。メニューもドリンクだけならばなんとか分かったので、指さしつつ英語で注文。
2019-07-07 15.49.25.jpg
私はコーヒー・フラッペなる物をアメリカとかで出てくるシャリシャリした甘いコーヒードリンクだと想像して注文したら、本格的アイスコーヒーが出てきて、まんまか!となり。夫が注文したレモンソーダと交換してもらいつつ、地下の地下牢みたいな雰囲気のジメジメした暗くて狭いトイレを借りました。
2019-07-07 15.50.47.jpg
このカフェはロケーションが良いので、涼みつつのんびり休憩できました。確かドリンク2杯で€8近くしましたが、観光ついでに足を休めるには良い、リラックスできる場所でした。

L'Ecritoire
3 Place de la Sorbonne, 75005 Paris, France
HPやFBページを見つけられませんでした。並びに後2つ似たようなカフェがあるので、どれかには入れるのでは…?
posted by london-twosome at 16:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

パリでの夕食

今にも降り出しそうな木曜日のロンドン。本日の予報は雨後曇り後晴れ。雨は午後3時までには止み、午後7時以降は太陽が出る予報です。とは言え、土曜日までは連日雨の予報なので、このまま高気圧に覆われるというわけではなさそう。土曜日は雷雨の予報になっているので、週末のお出掛けは、日曜日にした方が良さそうです。

体調が引き続き、どうにもこうにも…なので早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のパリ旅行で食べた夕食の備忘録です。

カルチェ・ラタンの如何にもなビストロ『Relais Odeon』
カルチェ・ラタンの中にある観光客ご用達のビストロ。友人の指定で落ち合って、食事をしながら2時間喋り倒しました。
2019-07-06 17.34.37.jpg
普段あまり外のテラス席を選ばない私達ですが(ヨーロッパで外の席に座ると大抵周りの人がタバコを吸い始めますし、目の前を車が走る場所は埃っぽくて好きではないので)、友人は外が大好き!この時も、ビストロがカルチェ・ラタンの石畳の細い道に面して出していたテーブルに着きました。
2019-07-06 18.17.18.jpg
このビストロのメニューは友人曰く「如何にもパリに来た観光客向けの定番ばかりで、大して美味しくもないけど外しもしなくて、お腹一杯になる」。本当にそんな感じでした。周りで食事していたのも観光客が多かった気がしますが、目の前をひっきりなしに行き交う観光客も相まって、パリで観光してるんだなーという感じは十分味わえました。
2019-07-06 19.56.30.jpg
私はこれまたド定番でいこうと夜なのにクロック・ムッシューを注文。夫と友人はチキン・オーバー・ライスを選択。アメリカと同じようにパリでも定番メニューなんだと初めて知りました。甥っ子さんは、これまた定番のハンバーガーを食べてました。「今回の旅行で1回も食べてないから」と。
2019-07-06 17.20.11.jpg
パリのレストランは大抵何処もそうなのだと想像しますが、一品だけ頼んで後はずーっと喋り倒していてもお店の人が放っておいてくれるので、久し振りの友人と会うにはピッタリのロケーションでした。如何にもパリっぽい風景ですし、一緒に撮った記念写真もパリで会ってる!感に溢れていて良い思い出になりました。
2019-07-06 17.19.03.jpg
最初喋りすぎていて、メニューを全然見ずに、2回ウェイターさんが来ても「あ、まだ注文決まってません」とか言っていたのに、嫌な顔一つせずニコニコ対応してくれてましたし。友人がふざけて「貴方オーランド・ブルームにそっくりですね!言われません?」とか言って、以降ウェイターさんを「ミスター・ブルーム」とか呼んでもニコニコ対応してくれてましたし。とっても感じの良いサービスでした。本当に似てたんですよね…これが。
2019-07-06 17.18.48.jpg
友人が奢ってくれたのでお会計が幾らくらいだったのかわからないのですが…メイン一品€12~15くらいだったと思います。一回位如何にも観光客!という食事をするのも良いものです、やっぱり。

Relais Odeon
132,boulevard saint germain 75006 Paris, 75006 Paris
何故かHPを見ることができません。FBページはこちら

地産地消の拘りビストロ『Le 52』
10区のシャトー・ド(Chateau d’Eau)と呼ばれる地区にある地産地消の拘りビストロ。朝から晩まで朝食、昼食、間のコーヒーやドリンクを提供している頼もしい存在です。
2019-07-07 17.46.47.jpg
このビストロも『The New Paris』という本でニュービストロ・ムーヴメントの牽引役として業界に影響を与えたニュービストロとして紹介されていました。朝ご飯に利用する人が多いようでしたが、私達のホテルからは少し遠かったので夕食に訪れました。
2019-07-07 17.56.06.jpg
とは言え、ディナーは午後7時から。私は夜あまり外出しないように心がけていますし、ウォーキングツアーが終わってから直ぐに食事をして帰りたかったこともあり、午後6時前に到着。
2019-07-07 18.05.50.jpg
お店の方に聞くと、「ディナーメニューは午後7時からしか注文できませんが、冷たいおつまみなら食べてもらえますよ」とのこと。そこでビールを飲みながら、パテ、ブラータとリークのサラダおよび付け合わせで出してくれたパンで夕食を済ませました。
2019-07-07 18.52.54.jpg
どれも新鮮で、素材を活かすさっぱりした味付けで、パンは滋味深く、非常に美味しくて満足。ついでにデザートのオレンジケーキを頼み、これまたこだわっているらしいコーヒーも楽しみ、とても満足して食事を終えました。こだわっているだけあって、コーヒーは酸っぱくて好みの味じゃなかったんですが…。
2019-07-07 17.42.37.jpg
ビール×2+タパス×3品+デザート+コーヒー×2で€40でした。ちゃんと温かい食事を食べたらもっと満足感が得られそうです。

このレストランがあるChateau d’Eauという地域は、ランチをしたHolybellyも擁している今美味しい物を食べたければ足を運ぶべき地域の1つのようで。大変エスニック色が強い面白い風景の地域です。
2019-07-07 17.44.10.jpg
黒人の方用のヘアサロンが軒を連ね、多くの黒人の人々がたむろしていたり。インド料理店が多いことで有名らしいですし。通りには各国料理店が軒を連ねていますし。大きな市場があることでも有名らしいです。

一方シャトー・ドの地下鉄駅の周りには、人間が大便をした跡が其処等辺にあって凄く不潔だったり。Le 52で食事をしていたら、目の前の通りで女の子のお尻のポケットに入っていた何か(スマートフォンかも?)をすれ違った男が盗んで騒動になっていたり。意味もなくたむろしている人達がいたり…と治安がイマイチ。
2019-07-07 19.18.33.jpg
ニューヨークのブルックリンの一部地域と同じで、昔は治安が悪かった地域がジェントリフィケーションされて段々お洒落な店が増えてきたものの、まだ治安に一部不安が残る…といった感じの端境期にある地域に感じました。こういう地域も見れて良かったと思っていますが、訪れる際にはバッグは抱え込んで持つ(バックパックは前に抱えるのは当たり前で、何処でも前に抱えることが前提)。スマートフォンを見える場所に収納しない、なるべく出さない。如何にも観光客丸出しでキョロキョロしない、等注意が必要だと感じました。

また暗くなってから一人で訪れるのは避けた方が良いと思います。私達はホテルまで歩いて帰りましたし、別に危ない思いもしませんでした。気を付けて明るい内に訪れる分には、大きな問題は無いとは感じました。でも十分な注意は必要だとも思います。
2019-07-07 19.24.15.jpg
綺麗な如何にも観光地ばかりを訪れていても、その街の事は解りません。そういった意味でも、ここら辺は一人でなければ足を運んで損は無いと思います。美味しい物がリーズナブルに食べれますしね。
2019-07-07 19.24.27.jpg
日常のパリ、今のパリが感じられるビストロでした。

Le 52
52 RUE DU FBG SAINT DENIS 75010 PARIS
何故かメニューが開けませんが…営業時間やお店の場所等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする