2020年10月11日

ショーディッチのカフェ『Coffee Matters』

曇ったり晴れたりを繰り返す予報の日曜日のロンドン。明日・明後日とまた雨の予報なので、済ませられる用事は今日片付けておくと楽かもしれません。最高気温は13℃。風は穏やかそうですが、それでも肌寒くなりそうです。
IMG_4335.jpg
ロックダウンで3月から登校できないまま6月に終了してしまったコースの修了証書がクラスメイトの元に届いたようです。クラス委員をしていた方があまりに遅いので問い合わせをしてくれたりしていたのですが、4ヶ月経ってやっと証書が送られたみたいです。

でも半分程のクラスメイトと同様に私の元には届いておらず。あの学校の事務能力を根本的に全く信用していない私としては、手元に届くまで喜べない…という心境です。
IMG_4342.jpg
今年は紅葉の当たり年。クラスメイトが美しく紅葉したご自宅の庭の写真を送ってくれたり、見掛けた綺麗な紅葉をお裾分けしてくれたり。随分画面上で楽しませてもらっています。

確かに近所の紅葉も過去2年に比べて、色鮮やかな気がします。今日は気候が穏やかな予報ですし、我々も紅葉狩りに出掛ける予定です。皆様も小さな秋を見つけられますように。
IMG_4330.jpg
カルフォルニアに住む友達カップルは、7月の結婚記念日を祝おうと何回か計画を立てたものの、Covid-19や山火事による大気汚染等の影響で何もできず。結局この週末に海岸沿いの駐車場に車を駐めて、トランクでピクニックをしてお祝いしたとのこと。

2020年は何も計画が立てられませんね。
*****************
さて、今回はショーディッチにあるカフェ『Coffee Matters』です。
IMG_2068.jpg
…とは言え、実はロックダウンになってからこのカフェの前を通っていないので、現在も営業しているのか自信がないのですが(SNSも6月中旬以降更新されていないんです。最近近所のパブやカフェがバタバタと潰れているので…)。ショーディッチ自体には足を運んではいるのですが、何故かこのカフェ方面は行ってないんですよね…。
IMG_2067.jpg
ショーディッチはテックカンパニーが集中しているだけあって、お洒落なレストランやカフェには事欠かないのです。カフェが多すぎて、そしてカフェに入って休憩するほど贅沢するのも気が引けて、殆どスルーして入ったことがありませんが。
IMG_2066.jpg
でも冷たい雨が降っていたある日、トイレも借りたかったので、温まりに入ったのがこのカフェでした。並びにもカフェが幾つかあるのですが、このカフェがトイレとかが清潔そうかな?と感じたのです(もう既にCovid-19が流行りだしていました)。

間口が狭い割には、中に入ると広々と感じる店内。奥行きがあり、奥の部屋には天窓があって天然光が入ることもあるのですが、ミニマムなスッキリしたインテリアとまとまりがある食器や植物使いが、空間を広く感じさせる効果を生んでいるのだと思います。
IMG_4337.jpg
多分あまり食事はなく、コーヒーを中心としたドリンクと、ちょっとつまめるペイストリーが中心のメニュー。我々が訪れたのは朝だったこともあり、お客さんの殆どが観光客っぽいコーヒーを楽しむ人と近くで働いていると思われる人たちがテイクアウト。
IMG_4334.jpg
コーヒーに拘って淹れているのが感じられましたし、静かで居心地が良かったですし、トイレは予想通り清潔でしたし、店員さんは適度にフレンドリーでしたし、休憩や時間を潰すのに丁度良かったです。

Coffee Matters
157 Bethnal Green Rd, London E2 7DG
お店のFBページはこちらインスタグラムのページもあまり更新されていません。
posted by london-twosome at 04:49| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

ハマースミスのカフェ『COFX Coffee Caffeine Society』

青空が広がる木曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温は22℃。引き続き晴れて暑い日が続いています。水が足りなくなりませんように…。好天が続いているので、昨日ベランダの掃除を始めたのですが、終わらず。今日も掃除を続けて、なんとか終わらせたいと思います。
IMG_3045.jpg
友人が叔父さんを亡くした上に、看護師の奥さんが救急勤務中に血を浴びてしまった患者さんがコビッド19にも感染していたことが後からわかり、先週はとても落ち込んでいました。悪いことって重なりがちですよね…。

アメリカの救急救命室では、運び込まれた時点でコビッド19のテストはするものの、結果が出るまで処置を待つことはできないので、今回のような事が起こるそう。それはそうですね。
IMG_3043.jpg
でも未だに医療用マスクやガウン、バイザーが足りていないので、支給された物を1週間使い続けているのだそうで。それは危険で、問題だと友人も憤っていました。

今日奥さんのテスト結果が出る筈なので、感染していないことを心から祈っています。アメリカのコビッド19の死者が10万人を超えてしまいましたね。
IMG_3042.jpg
1日も早く、状況が改善しますように。
*****************
さて、今回はロックダウンが解除されたら参考にしてくださいということで、ハマースミスにある小さなカフェ『COFX Coffee Caffeine Society』です。
IMG_1147.jpg
イングランドでは6月15日に店舗の営業を再開する方針が打ち出されました(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは別スケジュールで動いています)。パブ、レストラン、理容店、劇場等はまだ営業を開始できませんが、カフェは2Mのソーシャルディスタンスを保つことを条件として営業が許可される見通しです。
IMG_1145.jpg
ハマースミスにあるこのカフェは、ハマースミスとフラムを結ぶ幹線道路沿いにあります。しかし、店員さん達はとってもフレンドリーで、移民のオーナーが頑張って経営しているような気がする、親密な小さなカフェです。
IMG_1146.jpg
特にサードウェーブ・コーヒーにありがちな酸味が苦手な私達は、ヨーロッパの人たちが淹れてくれる苦味が効いたコーヒーが好み。その点このカフェのコーヒーは好みに(バッチリではないものの)合って、居心地の良さと相まって、ちょっと気分転換したい時に利用しています。
IMG_2703.jpg
菓子パンやケーキは選択肢は多くないものの、これまた近所の移民の方が手作りしているそうで、素朴でほっとする味がします。ちょっと薄暗くて、然程広くもない店内は、いつでもお客さんが居ます。
IMG_2689.jpg
一人でPCに向かう人や、グループや2人でお喋りを楽しむ人々。地元の人たちに愛されている、個人経営のカフェなのだと感じます。
IMG_2925.jpg
3ヶ月以上に及ぶロックダウンを、こういう小さなお店が乗り切って元気に戻って来てくれますように。

COFX Coffee Caffeine Society
220 Fulham Palace Road Fulham, London W6 9NT UK
あまり情報はありませんが、お店のHPはこちら
posted by london-twosome at 13:45| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

リッチモンド駅近くのカフェ『Butter Beans』

暖かい週末になりそうな土曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも降水確率が10%〜20%あるので、いつ雨が降ってもおかしくなさそうです。急に雨が降っても大丈夫なように準備をして出掛けた方が良さそうです。明日から火曜日に掛けては雨が降ったり止んだりしそうなので、用事は今日済ませるか、水曜日にした方が濡れないかもしれません。

今週末も来週末も雨が降りそうで、なかなかハイキングに行けません。でも2週末連続嵐だったのに比べれば、出掛けられるだけ有り難いと思わねばなりません。特にウェールズ等の洪水の被害に遭った地域では日常に戻れない人達が大勢居るので、温かい自宅に居られるだけでも幸運です。これ以上災害も事件も起きませんように。

やっと横浜港に停泊しているクルーズ船で14日間に亘る隔離生活を送っていたイギリス人を乗せたフライトが飛び立った事もニュースになっています。イギリスに戻ってからも、地方の施設で隔離生活を送る事になるとのこと。早く新型コロナウイルスの問題が中国でもその他の地域でも収束することを祈ってやみません。
*****************
さて、今回はリッチモンド駅の近くにあるカフェ『Butter Beans』です。
IMG_2042.JPG
リッチモンドには沢山のカフェやレストランがあるのですが、少しだけ小腹が空いていて、トイレも使いたい…というような時に利用できる気軽なカフェが少ない印象があります。沢山あるカフェは混んでいて席が空いてなかったり、トイレが壊れていたり、そもそもトイレがなかったり。
IMG_2041.JPG
そんな中『Butter Beans』はリッチモンド駅から数分の便利な位置にありながら、トイレもあり、席も空いており、サンドイッチやスープ等の軽食から焼き菓子まで揃っていて、小腹を満たしつつ休憩するのにぴったり。入店してサンドイッチを食べつつ、ドリンクを飲みました。
IMG_2038.JPG
サンドイッチは3種類しか選択肢がなく、£4ちょっとする割には小さくてサイドも付いてきませんが、かぶりつくと丁寧に作ってあって凄く美味でした。地元で働いている方達も贔屓にしている様子だったのが納得ゆく、美味しさ&居心地の良さでした。
IMG_2040.JPG
ニュージーランドから来た方々が2011年に開いたカフェということで、店内はのんびりした雰囲気。一人でPCに向っている人や友達と話し込む人、同僚とぱぱっと食事を済ませる人、色々です。
IMG_2039.JPG
リッチモンド駅の構内にある公衆トイレが壊れて使えなかったので、少しトイレを使いたい…という時にも便利な立地です。

Butter Beans
3 Westminster House, Kew Rd Richmond, Surrey, United Kingdom
カフェのFBページはこちら
posted by london-twosome at 15:53| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする