2019年10月14日

セント・キャサリン・ドックのカフェ『White Mulberries coffee shop』

荒れた天気になりそうな月曜日のロンドン。本日の予報は雨のち雷雨。雷雨の可能性が高いのは午後4時〜午後6時。雨がザーッと降った後には太陽が顔を出すかもしれませんが、1日中傘が手放せない気候になりそうです。最高気温は15℃。でも午前中はとても涼しそうなので、風邪など引かれないようお気をつけください。

女王陛下のスピーチは今日なんですね。すみません。てっきり先週『警察が抗議デモをスピーチのためにクリアした』と書かれていたので、次の日がスピーチなのだと思ってしまいました。随分前から準備を初めていたんですね。

ロンドンは小さな公園がある町が西側を中心に多いと感じますが、先日近所の公園を横切っていたら、子供のプレイグラウンドがある近くのベンチで麻薬の取引をしている人達を見掛けてしまいました。休日の子どもたちが遊んでいる遊具の近くで何をやってるんだ!と怒る気持ちと、あーあとがっかりする気持ちと。休日になるとテムズ川沿いでマリファナを吸っている人は毎週居て、朝から吸われたりすると折角の新鮮な空気が台無しでげんなりするのですが。オンラインで痛み止めを買って依存症に陥る人がイギリスでも増えているというニュースもありますし。メンタルヘルスに力を入れたほうが良いんでしょうね…どうやって実現するのか全然わかりませんが。
*****************
さて、今回は地下鉄サークル線&ディストリクト線の『タワーヒル』駅の近くにあるセント・キャサリン・ドック(St. Katharine Docks)にある素敵なカフェ『White Mulberries coffee shop』です。
IMG_9124.jpg
このカフェは何がきっかけで知ったのか忘れるほど前から行きたいと思い続けていたにも関わらず、近くに行く機会が無くずっと行きそびれていた場所です。今回やっと近くに用事があったので、ついでに足を運ぶことができました。
IMG_9120.JPG
平日のおやつの時間だったので、お決まりのラテとカウンターに並んでいた健康志向なのかな?というようなデザートのラインアップからレモンのグルテンフリーケーキを注文。ドックにあるお店なので、全面ガラス張りでどの席からもボートや水の風景が見えるのですが、やっぱり外の通路に置かれているテーブル席が人気。
IMG_9119.JPG
でも私には肌寒い日だったので、大きなテーブルの水辺寄りに陣取って、ラテを飲みつつ甘酸っぱいレモンケーキを食べました。凄くゆったりした気分に浸れて、いつもだったら読み物に目を通したり、ポッドキャストを聞きつつ食事することが多いのに、ここではボーッと風景を眺めて過ごしました。
IMG_9113.JPG
少ししたらPCを抱えて会議するグループが入店したので、窓際のカウンターに移り、もう暫く時を過ごしてからお店を後にしました。とっても居心地が良くて、心からゆったりできて、お気に入りのカフェになりました。
IMG_9115.JPG
難点があるとすれば、店内にトイレが無いこと。施設内にはトイレがあって、カフェの店員さんに聞くと場所とトイレに入るのに必要な4桁の数字(コンビネーション)を教えてくれます。
IMG_9136.JPG
しかし教えてもらった数字を押しても全然扉が開かず。偶然隣の男性トイレを掃除していた方に聞くと、違う数字を入力して開けてくれました。店員さんが記憶違いをしていたのか、何なのか。
IMG_9126.JPG
店内が気持ちよく、コーヒーが美味しいだけでなく、立地も便利。ロンドン塔やタワーブリッジの近くなので、観光のついでにも寄り易いですし。金融街にも近いので、シティーで働いて居る方は、少し足を延ばせばちょっとホッとした気分に浸れると思います。
IMG_9131.JPG
スムージーやオープンサンド等、朝食や昼食に適したメニューも用意されているので、ドリンクで休むだけでなく食事も可能。店内もアートに溢れているお薦めカフェです。
IMG_9125.JPG
White Mulberries coffee shop
D3 Ivory House St Katharine Docks E1W 1AT
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 04:12| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

ハムステッドのインテリアショップ・カフェ『Biggie Best Cafe』

今日も雨が振りそうな水曜日のロンドン。本日の予報は曇りですが、降水確率がずっと10%以上あるので、いつ雨が降ってもおかしくないようです。昨日は帰り支度をしていたら突然大雨が降り始めて、ボランティア仲間と少し雨が弱まるのを待つことに。紅茶を淹れてもらって、皆でお茶しながら15分雨が弱まるのを待ちました。今日も所によっては雷雨になるそうですので、お気をつけください。

今朝もトラファルガー広場の周りの道路を中心に、環境保護を訴えるデモ隊がテントを張って占拠をしています。昨日はとうとう警察が大規模な逮捕を敢行し、500名が逮捕され、テントや車両が強制撤去されました。今日は女王陛下が議会で演説をするために移動をするため、進路が妨害されないように警察はピリピリしているようです。引き続きバスや車で中心街を移動する方は、事前に交通情報をチェックする必要があります。

2週間に亘り雨漏りの修理やら体調不良やらでボランティアをお休みし、昨日久々に復帰。2週間ぶりに会う見習い修行中の職員さん(イギリスにはapprenticeshipという職業訓練制度(オン・ザ・ジョブ・トレーニングみたいなもので、給料も出て、公共交通機関の割引なんかも受けられます)があります)がクロアチアにバケーションに行くと言っていた事を思い出し「どうだった?」と質問。すると「見て、見て!」と首のネックレスを見せながら、「プロポーズされちゃった!」と。よく見ると首にダイヤモンドの指輪を下げていました。彼女は28歳なのにもう10年も付き合っている彼氏が居て、既に一緒に住んでいます。彼がアジアに駐在していたことがあり、会うついでに日本を2週間旅行した話も聞いていて、とっても仲が良さそう。

彼女はプロポーズされるなんて思ってなかったそうで、あまりにびっくりして「嘘でしょ?!」とか言いながら指輪をひったくり、思わず自分で指にはめてしまったそう。「ちょっと申し訳なかったなーって思って。喜ぶより兎に角ビックリしちゃったんだよねー」としょぼんとしてました。皆さんは「プロポーズは何回しても良いんだから、ロンドンでやり直しなよ!今度はムービーでも撮ってさ。」と盛り上げてました。今どきの若者らしく、近々中には結婚式を挙げる予定は無いそうですが、お相手は彼女の出身地に代々伝わる草原で開催されるお祭り風の賑やかな結婚式を計画してるとか。「お金が掛かるー」と言いつつ、彼女も嬉しそうでした。
*****************
さて、今回はロンドンの北東に位置する閑静な住宅街にあるカフェ『Biggie Best Cafe』です。
IMG_9011.JPG
このカフェはハムステッド・ヒースの近くに位置しているオーバーグラウンドの駅『Hampstead Heath』の近くにあったので、ふらりと入店。コーヒーを飲みながら、甘いものをつまみました。

インテリアショップの入り口付近に位置しており、店舗の奥はショップになっているので、然程広くないスペースです。確かテーブルが4-5個と窓際にスツール席があるのみでした。
IMG_9008.JPG
偶々入店した際には席が空いていたので窓際の席にすっと座れたのですが、その後急に満席に。入店を諦めて立ち去る人達も居たので、時間帯によっては人気のカフェなのかもしれません。入店できなくとも周りにカフェが幾つかあるので、何処かには入れると思います。

私はいつもの如くラテとスコーンを選んだのですが、スコーンはカチカチで殆ど甘味を感じませんでした。健康志向の雑穀のスコーンなのかな?という味。ラテは美味しかったです。
IMG_9009.JPG
夫の注文したパウンドケーキも普通に美味しかったみたいです。デザートが特別美味しいという訳ではありませんが、通りを眺めながらのんびりできるので居心地は良かったです。また、ショップ部分に並んでいる品物はシンプルで手作り感があるものが多く眺めるのも楽しかったです。

ただ、トイレが無いので注意が必要。きちんと食事したい場合や、トイレが必要になりそうな時は避けたほうが賢明な気がします。
IMG_9010.JPG
Hampstead Heath
65 S End Rd, Hampstead, London NW3 2QB
カフェの情報はありませんが、お店のHPはこちら
posted by london-twosome at 15:16| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

パディントンのモノクル経営のキオスクカフェ『Kioskafé』

天気が良さそうな火曜日のロンドン。本日の予報は晴れで、最高気温は20℃。今朝は涼しく最低気温は7℃でしたが、太陽が出ると暖かくなるそうです。

毎週気候変動に関するニュースを見る気がします。先週はグリーンランドの氷が予想を上回る速度で溶けている影響で、スウェーデンとアメリカが破棄した電子力発電で出たゴミが剥き出しになってしまい。空気中に有害物質が舞ってしまう事が危惧されていることを取り上げていました。今朝は近い将来食料が足りなくなる可能性が高いという予想を取り上げていました。地元の食料を無駄なく購入して使い切る癖をつけようと改めて思った次第です。

ラグビーワールドカップやオリンピックに関連して日本の話題を目にします。先週は「日本では全ての製品が個別包装されていて、プラスチックが全ての物に使われているように感じます。環境問題に対する意識が低いです」とか言われており。今朝は「日本のトイレはどうやって使うのかよくわからない…ボタンが沢山あるんだよ」とか話題にされていました。日本語が解らないので、まだまだ遠くてよくわからない国という印象なんだなぁとつくづく感じます。積極的に情報を発信する努力が必要なのでしょう。

昨日は朝からバッタバタで、多くの初めましての方々とお話したので、帰宅して家事を済ませたら疲労困憊。午後9時にはバタリとベッドに倒れ込んでそのまま寝てしまいました。今朝もまだ疲れが残っていますが、今日1日頑張れば明日からは少しほっとできる筈。張り切っていきたいと思います。
*****************
さて、今回はパディントンにある雑誌『モノクル』が経営するキオスクカフェ『Kioskafé』です。
IMG_8922.JPG
このカフェはパディントン駅近くで待ち合わせ場所を探して知りました。最初は美味しそうなシナモンバンとコーヒーの写真に惹かれてHPを見に行ったのですが、店舗のコンセプトを説明する動画を見てからはわざわざ足を運びたい程魅力的でした。
IMG_8921.JPG
なんでもこのカフェはキオスクでもあり、モノクルを中心とする雑誌がずらりと並ぶだけでなく。世界中の新聞をプリントアウトして持ち帰ることができるサービスが完備されています。日本語の新聞も取り扱いがあるとのこと。
IMG_8919.JPG
カフェに足を運ぶ前に予約をしておけば印刷を終えた新聞を直ぐにピックアップして持ち帰る事が可能なようですし。自分でその場で印刷することも可能。
IMG_8895.JPG
数品だけですがモノクル監修の雑貨も取り扱いがあり、クラスで使う小さなサイズのノートを購入しました。雑誌も立ち読み。
IMG_8903.JPG
カフェはドリンクメニューは一通り揃っていますが、フードメニューは朝食が4種類、ベーグルが数種類にシナモンバン&カルダモンバンのみ。日本大好きなモノクルらしく、抹茶ラテがあります。
IMG_8898.JPG
質問したら抹茶ラテは甘味を加えてあるとのことだったので、ラテを注文。カルダモンバンもラテも美味でした。
IMG_8904.JPG
席はカウンターに椅子が6脚。2人で座れる小さなテーブルが歩道に面して4つだけとスペースが限られれています。
IMG_8897.JPG
私達は運良くカウンターにすっと座れましたが、とても人気が高いのでずっと席が埋まっていました。小さなカフェですがトイレもあるのでご心配なく。
IMG_8920.JPG
目の前に記者クラブがあり、世界中から派遣されている特派員が仕事をしているらしく。カフェを利用している人々も記者さんみたいに見受けられました。
IMG_8902.JPG
席は狭くて身体的には座り心地が抜群というわけでは無いのですが、雰囲気が抜群に良いので凄くリラックスできました。雑誌を立ち読みするのも楽しかったですし、客層も質が良くて、総合的に凄く居心地が良かった印象が残りました。
IMG_8896.JPG
夫と「定期的に足を運びたいね」と言い合った知的好奇心も満たしてくれるお薦めカフェです。パディントン駅から1ブロックという立地も便利な方が多いのでは?

Kioskafé
31 Norfolk Place London W2 1QH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:43| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする