2019年05月15日

ハマースミスのトルコ風ピザ店『PIDE OVEN』

雲一つない青空が広がる水曜日のロンドン。今日の予報も晴れで、最高気温は19℃。雨の心配もなさそうですし、風も穏やかでとても過ごしやすい1日になりそうです。昨日は活動していれば長袖1枚で丁度良い暖かさでした。今日も日焼け対策が必要そうですが、外で過ごすのにぴったりの一日のようです。今日も外で朝から夕方まで過ごす予定の私としては、有難い予報です。

我々が住むロンドンの郊外の町は自然が豊か。雨が降る日に公園を歩くとキツツキが木をつつくコンコンという音が聞こえたりしますし。昨日は夕方ツアーに乗っていたら、野生の狐がカジュアルに広場を横切っていきました。チズウィックの町を歩いていた時も狐が歩道を歩いていて驚きましたし。朝から晩まで鳥のさえずりが聞こえます。凄く贅沢な環境です。

今日も朝から用事で出掛けるので、さっさと本題です。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンの西にある3つの地下鉄ラインが通る、ディズニーのオフィスがあるのでアメリカ人の集積が高い印象のある賑やかな町ハマースミス(Hammersmith)の駅近くにあるトルコ風ピザ店『PIDE OVEN』です。
2019-03-24 14.47.56.jpg
ハマースミスのディストリクト線とピカデリー線が乗り入れる駅ビルから北側(パトニー側)に出た所にある近代的なオフィスビルの1階に入っているお店。隣にはオーガニックを意識した高級スーパーマーケットと店内にあるイートインスペースがあったりして、ビジネスパーソン御用達の一角です。
2019-03-24 14.04.01.jpg
暫くの間近代的なビルにお店が入ってるなー位にしか認識していなかったのですが、お店の前に出されているサンドイッチボードに「トルコ風ピザ」の文字が踊っていることに気付き。購読しているポッドキャストでトルコの紹介がされていた際に「トルコではトルコ風ピザがストリートフードとして定着しています。旅行の際には是非お試しを」というような事を言っていて、それじゃあと試してみました。

訪れたのが週末の午後4時頃と中途半端な時間だったので、広い店内はとても空いていました。でも混んでいても席がゆったりと設えられていて居心地が良さそうでした。
2019-03-24 14.15.30.jpg
暖かい日だったので、早速ビールを注文。生ビール(タップビール)は無く、瓶ビールが2種類あっただけだと記憶しています。

ピザは注文してから作るので、出てくるまで約15分掛かりました。でも薪のオーブンで焼かれる薄い生地で香ばしく美味しいピザだったので、ビールを飲みながら待っていたら全然気になりませんでした。
2019-03-24 14.15.37.jpg
ピザは細長い船形をしていて、具がたっぷり目に乗せられています。イタリア風ピザとは違う香辛料が使われていたり、トマトソースが全く使われていないピザなどがありますが、食べた事が無い未知の味という感じでもありません。

とは言え、香りよく、味も濃すぎず、パリッとした生地も良い歯触りで美味しかったです。ピザの割には少し高価に感じましたが、居心地の良さも手伝ってまた暑い日に再訪したいと感じたお店でした。

PIDE OVEN
77 Fulham Palace Road Hammersmith W6 8JA
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:29| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

フィッツロビアの北欧カフェ&スーパー『ScandiKitchen』

薄い雲に覆われて灰色の土曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々晴れ時々雨。昨日は雨が降る可能性があると言いつつ降らず、晴れて過ごしやすい日になりましたが、今日は本当に降りそうです。でも太陽も出そうで、イギリスらしい目まぐるしく天候が変わる1日のようです。最高気温は14℃。昨日ほどは暖かくなさそうですが、寒くもなさそうです。

今週突然ウィーンの友人から電話がきて驚きました。彼女の昼休み中に電話くれたみたいで、ちょっと話しただけですが声を聴くのが久し振りで凄く嬉しかったです。甥っ子さんの誕生日祝いに7月にパリ旅行をプレゼントするという事だったので、早速同じ日程で週末旅行を予約しました。パリに仕事以外で行くのも初めてで楽しみですが、それよりも友人に会うのが数年振りなので凄く楽しみ。一緒に食事をするだけで、それ以外はお互い勝手に観光して、勝手に泊まるのですが、ずーっと一緒に居なくても良いって自由な感じも気楽で有難いです。

9月に元取引先の女性にも会えそうです。ロンドンってやっぱり仕事等で訪れる人が多いですし、ヨーロッパに比較的気楽に出られるので、世界中に散らばる友達に会いやすい立地だと改めて感じます。
*********************************************************************
さて、今回はフィッツロビアにあるスカンディナヴィア料理を食べたり、食材を購入したりできるカフェ&ショップ『ScandiKitchen』です。
2019-05-05 15.07.24.jpg
SoHoとリージェンツ・パークの間にあるフィッツロビアは、面白そうなレストラン、カフェ、ショップが点在するエリアという印象。散歩するのも楽しいエリアで通り過ぎながら気になっていたのが、このお店です。
2019-05-05 14.28.08.jpg
スカンディナヴィアに憧れがあり、何故かはよく解らないけれど好きです。フィンランドを中心とするデザインが好きですし、訪れた際に食べた食事も美味しかったですし、自然豊かな景観も美しかった。できればアイスランドとノルウェーも訪れて、コンプリートしたいと思い続けている位には興味があります。
2019-05-05 14.25.48.jpg
そんな訳で散歩中にスウェーデン国旗がディスプレイされ、いつ通りかかっても混んでいるこのお店を見つけて、いつか食事をしたいと思っていました。
2019-05-05 14.25.52.jpg
最初に訪れた際には、丁度マヨネーズを切らしたところだったので、北欧風のマヨネーズに見えるものを購入。ショップは小さいですが一通りの食品が揃っていて、あまり英語の補足説明がないので現地であてずっぽうで買う時に似た楽しみがあります。
2019-05-05 14.26.49.jpg
カフェを利用したのは、2人でリージェンツ・パークを散策した後の週末の遅いランチ時。店内にはそれなりのテーブルが用意されており、地下にもテーブル&トイレがあります。
2019-04-25 09.39.16.jpg
カフェのメニューには定番のシナモンバンや菓子パン類だけでなく、朝食時にはお粥(ポリッジ)やサンドイッチ、ランチ時にはオープンサンドやミートボールが並びます。勿論ドリンク類も一通り揃っています。
2019-03-30 15.42.05.jpg
私達はオープンサンドとミートボールのセットを注文。副菜の北欧風のコールスローがとっても美味でしたし、量も見た目よりも多く非常に満足しました。食事が£7でメインと副菜がついてくるのも満足感がありました。
2019-03-30 12.32.57.jpg
カウンターで注文するとドリンクや食事は席まで持ってきてくれます。席は商品の陳列棚の真横にあり、とってもカジュアルな雰囲気。広くもないのでベビーカーとかでの来店は難しいかもしれません。
2019-03-30 15.51.28.jpg
でも一人でパパっと食事を済ませたい時や、リージェンツ・パークの散策で疲れた足を休める為にお茶したい時、友人や夫婦2人でカジュアルに食事を楽しみたい時にはピッタリのお店だと思います。ベジタリアンメニューも勿論用意されていますので、ご心配なく。
2019-03-30 15.48.57.jpg
食事の後は、ちょうどティーバッグが無くなるところだったので夫と買い物。ムーミンの絵柄がついた箱に入ったティーバッグがあったので購入。
2019-03-30 12.36.45.jpg
ついでに練り物が売られていたので試しに購入。グリーンマーケットで買ったモロッコインゲンと炒めたら、はんぺんみたいな味で美味しかったです。北欧って魚介を使った製品があるのも、日本人にはとっつきやすく、これからも利用しようと思います。

ScandiKitchen
61 Great Titchfield St, Fitzrovia, London W1W 7PP
お店の営業時間やメニュー等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:35| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

メーダ・ベールの温室カフェ『THE QUINCE TREE CAFE LONDON』

雨がしとしとと降っている水曜日のロンドン。本日の予報は雨時々曇り。でも午前10時以降は時々晴れ間も覗く予報になっているので、晴れ間に急いで用事を済ませてしまうと良さそうです。明日も雨が降るようですし。最高気温は15℃。昨日と同じ位の涼しさでしょうか?

最近雨が少ないので、今年も水不足の心配が広がっていたようなので、昨晩から今朝にかけて雨が降り続けたのを歓迎する向きもあるようです。確かに雨が降らなかったら困ってしまいますものね。昨日不動産屋さんから連絡があり、雨漏りは上階のベランダ部分の問題の可能性が高いので、これから上階の住人/大家さんとの交渉になるとのこと。その為問題が解決するまでに時間が掛かると予想されるので、バスタオルを置いたままにしておくことになりました。現在4枚のバスタオルで毎日洗濯して回しているのですが、1~2枚雨漏り対策に取られると足りなくなってしまうので、今日は急遽タオルの買い足しに行くことにしました。まだ調子が悪いんだけどなぁ…と思いつつも、仕方ないですね。

夫が珍しく日本人の同僚の方々と食事をしたのですが、定住するアパートが見つからず短期アパートに2か月以上住んでいるとか、洗濯機が3回壊れたとか、皆さん住む所の故障等で悩まされていたそうです。イギリスでは頻繁に住居や家電の不具合で、大家さんや不動産屋さんと対応に追われるのは普通なんですねぇ。
*********************************************************************
さて、今回はリトルヴェニスの直ぐ近くにある閑静な住宅街にひっそりと佇む種苗店(Nurseries)に併設されたカフェ『THE QUINCE TREE CAFE LONDON』です。
2019-05-05 11.52.45.jpg
住む場所を探していた際にアメリカ人駐在員の間で人気が高そうだったメーダ・ベール(Maida Vale)の町は、パディントン駅の西、リージェンツ・パークにほど近い場所にあります。リトルヴェニスがあり、周りは閑静な住宅街。あまりお店も多くなく、並木が並ぶ静かな町です。
2019-04-21 10.58.08.jpg
リッチモンドにあるピーターズハム・ナーサリーのカフェがリラックスできて気に入っているのですが、如何せん遠いし高価。もう少し近くに緑あふれるカフェは無いものか?とナーサリー(ガーデニング用品や種、苗木を売るガーデンショップ)に併設されているカフェを検索したところこのカフェを発見しました。
2019-05-05 11.08.34.jpg
このカフェも人気が高く、お店の開店前から人が並ぶ人気ぶり。近所の人達が新聞片手に訪れているかと思えば、観光客が大きなスーツケースを引きつつ来店したり。ベビーカーを引いた大グループが居たりと、客層は広く、カジュアルな雰囲気です。
2019-05-05 11.08.43.jpg
メインの食事処は温室の中ですが、入口の一応温室っぽく覆われた部分にもテーブルが幾つも並べてあるので、それなりの数のお客さんははけそうでした。その為大きなグループでない限りは、殆ど待たずに入店できているように見受けられました。
2019-05-05 11.23.04.jpg
カフェのメニューは、緑に囲まれているからと言って特にオーガニックとかビーガンとかに拘っている訳でもないようで、至ってシンプルな今風のブランチメニューでした。ポーチドエッグとかパンケーキとか。勿論、ロンドンのカフェですからベジタリアンとかビーガンとかの選択肢も用意されていましたが、普通にお肉や卵を使ったメニューが多い印象でした。
2019-05-05 11.23.07.jpg
スムージー、ラテ、ポーチドエッグ&パンケーキを頼みましたが、普通に美味しかったです。サービスもきびきびしていますし、割と放っておいてくれるので、のんびりと食事を楽しんだり、友達とおしゃべりするのに良い場所な気がします。
2019-05-05 11.52.32.jpg
以上の食事&ドリンク+サービス料で£34.54でした。時間の余裕がある好天の休日に、植物や散歩を楽しみがてら訪れるのに良いカフェです。
2019-05-05 11.53.09.jpg
尚、ショップには雑貨やカード、ロンドンのお土産なんかも売られていて、観光のついでにお土産を買ったり、ギフトを探したりするのにもぴったり。クリフトン・ナーサリーのオリジナルマグカップやティータオルなんかも売られていますので、ガーデンや植物好きの方は是非チェックをお忘れなく。
2019-05-05 11.53.42.jpg
子供たちが大喜びしていたカフェの外に並べられているトピアリー。

2019-05-05 11.54.11.jpg
安い物でも£75。高い物だと£250してましたが…。

2019-05-05 11.55.13.jpg
庭好き&アロットメントを持っている人も多いイギリス人。皆さん真剣に苗を選んでました。

2019-05-05 11.56.09.jpg
買わずとも、植物に囲まれているだけで気分転換になるのが不思議です。

2019-05-05 11.58.30.jpg
THE QUINCE TREE CAFE LONDON
5A Clifton Villas London, W9 2PH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:42| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする