2019年07月03日

パーソンズ・グリーンのガストロパブ『Bona Green』

今日も雲一つない青空が広がる水曜日のロンドン。今日の予報は曇り時々晴れ。曇りと言っても薄い雲が出るだけみたいなので、太陽は出ていそうです。最高気温は22℃。昨日と同じような良い天気になりそうです。

昨日は活動しているとダラダラと汗が流れるような暑さでしたが、ゆっくり歩いている分には凄く気持ち良い気候でした。湿度が低いし、そよそよと風が吹いているし、暑すぎないし。今週は最高のピクニック日和が続いていて、ウィンブルドンでプレイする選手も有難いのではないでしょうか。

リージェンツ・パークで2019年7月3日~10月6日まで、園内に20以上の国際的に活躍するアーティストの彫像を展示するイベント『Frieze Sculpture』が始まりました。自由によじ登ったりできるので子供たちにも大人気なシリーズなのだとか。次回花を見に行く際には、ついでにアートも鑑賞したいと思います。
******************************************************************
さて、今回はロンドンの西にある高級住宅街パーソンズ・グリーン(Parsons Green)にあるガストロパブ『Bona Green』です。
2019-06-16 16.54.12.jpg
散歩で前を通った際に、お客さんが美味しそうにビールを飲んでいるので気になったガストロパブ(だと認識していますが、イギリス料理のレストランなのかも?)。道路に面したバーセクションでは、バーカウンターや小さなハイチェアとテーブルで、タップのビールを飲みつつ、つまめるようになっており。
2019-06-16 17.09.15.jpg
奥に進むとレストランセクションになっていて、ゆったりと配置されたテーブルで食事をしっぽりと楽しめるようになっています。通りから見た感じだと小さくて混んでいそうに見えたので予約をして訪れたのですが、日曜日の午後5時という中途半端な時間だったためか、レストランセクションは貸し切り状態でした。バーセクションは混んでいましたが。
2019-06-16 16.59.45.jpg
この日は暖かく、散歩の後で喉も乾いていたので、先ずはタップのアサヒで乾杯。地元のビール会社『Fuller's』がアサヒに買収された影響か、アサヒのビール(メニューに明記されてませんでしたが、スーパードライだと思います。辛口とかグラスに書いてあるので。)はタップで置かれているバーが多いです。
2019-06-16 17.09.19.jpg
私はどうもイギリスの本来のドリンクであるらしいエールは、気が抜けているような、旨味が足りないような、その割にはキレがないような気がして大好きになれません。特に暑くなってきて、あー喉が渇いた!ビールが飲みたい!みたいな雰囲気の時には、やっぱりラガーが飲みたくなります(IPAは苦みが強すぎて、好きではないのです)。
2019-06-16 17.46.30.jpg
ビールで喉を潤した後には、つまみを2品注文。お料理は飲み屋なので全般的に味が濃く、若者のテイストでスパイシーな物が多い印象。ただサラダはとっても美味しく、夫と2人で大変気に入りました。
2019-06-16 17.37.18.jpg
接客も非常に気持ち良く、空間もゆったりしていて、天窓から見える緑と空も気分を解してくれて、居心地抜群。また絶対に訪れると思います。リラックスしたい週末にぴったり。
2019-06-16 17.46.25.jpg
ただつまみを2品頼んだのは多過ぎて後悔したので、次回からはおつまみ1品にするか、おつまみだけで食事をするかにしたいと思います。
2019-04-09 09.38.23.jpg
料金は忘れてしまったのですが…ビール2杯+おつまみ2品+メイン2品でサービス料込みで£60位だったと記憶しています。量が多過ぎたので、普通に食べたら£50以内で収まる気がします。

Bona Green
271 NEW KINGS ROAD SW6 4RD
営業時間やメニュー、予約等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:27| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

ノッティングヒルのファーム・トゥー・テーブル・レストラン『The Shed』

雲一つない青空が広がる月曜日のロンドン。でも何故か本日の予報は曇り時々晴れ。これからモクモクと雲が出てくるのでしょうか。最高気温は22℃と過ごしやすい1日になりそうです。今週はずっとこんな気候が続くそうで、「イギリスの夏は美しい」と人々が言うのが実感できる週になりそうです。

今日からウィンブルドン選手権が始まるので、朝から中継が繋がれ盛り上がっています。やっぱり非常に大きなスポーツイベントなんですね。ニューヨークのボランティア仲間がウィンブルドンを見る為にイギリスを訪れるのを旦那様と楽しみにされていたのを思い出します。彼女は旦那様とテニスで出会い結婚されたそうで、今でも一緒にテニスを楽しまれていました。

ウィーンの友人もテニスは大好き。オーストラリアで学生時代を過ごしたからでしょうか?彼女も楽しみにしていることでしょう。

昨日はニューヨークのプライドパレードだったので、BBCニュースでも様子が流され、友達も写真をシェアしてくれて、懐かしく思い出しました。ロンドンのプライドパレードは今週末ですが、私達は丁度友人に会う為にロンドンを離れるので見逃すことに。残念ですが、来年は友達カップルもジョイン出来たら…と言っているので、一緒に初めてのロンドン・プライドを楽しめるかな?と楽しみにしたいと思います。
******************************************************************
さて、今回はノッティングヒルにあるファーム・トゥー・テーブル・レストラン『The Shed』です。
2019-02-22 17.33.11.jpg
ノッティングヒルの裏道にひっそりと佇む一軒家レストラン。とは言え、目の前にバス停がありますし、地下鉄ノッティングヒル・ゲート駅からも近いので利便性が高い立地です。
2019-02-22 17.32.45.jpg
ロンドンの短期アパートメントで住む場所を探していた時、滞在していたスローンスクエアの通りに田舎風の素敵なインテリアのレストランがありました。通る度に素敵だなぁ…と憧れていたのが『The Shed』を訪れたきっかけ。
2019-02-22 17.33.05.jpg
スローンスクエアで憧れていたレストランは、『The Shed』と同じ3兄弟が経営するファーム・トゥー・テーブル・レストランだったのです。このレストランで食事した頃はあまりノッティングヒルを訪れた事が無かったので、どうせなら知らないエリアに足を運ぼうということで選んだレストランでした。
2019-02-22 18.16.23.jpg
『The Shed』は元々はサセックスで農家を営んでいた3兄弟が、農家の一角にある納屋(Shed)で自分たちの農園で収穫した作物を使った食事を振舞ったのが始まりのよう。その為かロンドンの街中にあっても、田舎の友達の家を訪れているような木をふんだんに使った温かみのあるインテリアです。
2019-02-22 18.16.30.jpg
普段我々が夕食に充てる予算ははるかにオーバーする価格帯のレストランなのですが、ロンドンの街にも慣れ始め、次から次へと悩まされていたアパートの不具合もやっと落ち着き、ボランティアも見つかり…とやっと生活基盤ができて一息ついたところだったので、ちょっとロンドン生活を楽しみ始めたお祝いといった意味合いで奮発して食事を楽しみました。
2019-02-22 18.16.11.jpg
メニューに並ぶのは、サセックスで獲れた野菜だけではなく。お肉も狩猟されたものを内蔵まで余さず使うのをモットーにしているようでした。
2019-02-22 18.20.14.jpg
温かなインテリアと同じく、接客もとっても迅速で丁寧だけれどもリラックスしていて温かみが感じられました。珍しい食材や聞いたことがない調理法も多いので質問する機会も多く、また最初にレストランのコンセプトやメニューの説明を丁寧にしてくださるので、じっくり食事を選んで楽しめます。
2019-02-22 18.29.20.jpg
旬の食材を使ったテイスティング・メニューが一番のお勧めのようでしたが、我々には量が多すぎると判断。アラカルトで気になった料理を頼み、スパークリングワインやビールを飲みながらつまみました。
2019-02-22 18.43.32.jpg
(我々にとっては)高価なレストランなので店内も適度に静かで会話もゆったり楽しめましたし、他のお客さんもリラックスして談笑しつつもうるさくないので良い雰囲気。肩肘張らずに、でも食事と会話が中心の楽しいひと時を過ごすのにぴったりの空間でした。
2019-02-22 18.53.02.jpg
ポートベローマーケットからも近く観光のついでに寄るにも便利な立地。ロンドン旅行が記念日旅行だったり、ちょっと奮発したい理由がある時にはぴったりのレストランだと思います。ロマンチックなデートにも親密な雰囲気が醸し出せるので適しているのではないでしょうか。
2019-02-22 18.53.17.jpg
私達は前菜からメイン、デザートまでしっかり食べ、ワインもおかわりしたのでチップも含めたら£140近くしたと記憶しています。でもニューヨーク→東京でのビザ→ロンドンへの引っ越しやら、ロンドンに着いてからのゴタゴタで疲れ切っていた体と心が元気になるような食事で悔いなし。
2019-02-22 19.20.21.jpg
席の間隔がゆったりしていて活気はありつつ適度に静かで居心地のよい空間でしたし、他に日本人の方もいなかったので、夫の仕事の話やロンドンでこれからどんな生活をしたいか等、色々じっくりお喋りを楽しみながら美味しい食事に舌鼓を打てて、とっても素敵な時間でした。
2019-02-22 19.20.26.jpg
The Shed
122 Palace Gardens Terrace London W8 4RT
メニューや営業時間、予約等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:27| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

バーンズのデリ&カフェ『&Feast』

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は23℃まで上がって暑くなるようです。明日は32℃まで上がると予想されていますので、週末の計画も暑さ対策を念頭において立てた方が良さそうです。

ヨーロッパは記録的な熱波に襲われ、スペインでは山火事が森林を広範囲で焼いています。フランスも国境で消火訓練を行うなど準備を始めたとのこと。学校が休校になったり、パリの地下鉄内の気温が38℃に達したりと、市民生活にも影響が出ています。ウィーンの友人は「こっちは暑いよー。今週は平均気温が30℃を超えてる」と書いていました。ロンドンは割と涼しくて、朝晩は長袖を着てるんですけどね。昨日は午後移動したら汗をかきましたが、本当に過ごしやすい気候でありがたいです。

今週は体調を崩して寝込んでいました。休み休み掃除や洗濯だけはしていたのですが、他は放棄。昨日の午後やっと回復して買い物ができるようになって、今日からはいつも通りとはいかなくとも用事を済ませられそうです。今週末は少しおとなしめに過ごして、体調の回復に努めます。
******************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外にある高級住宅街『バーンズ』(Barnes)にあるデリ&カフェ『&Feast』です。
2019-05-31 15.17.42.jpg
このカフェは何時前を通りかかっても人気があるので気になっており、週末のグリーンマーケットに買い出しに出掛けたついでにランチを楽しみました。流石に混んでいましたが、直ぐに席に着くことができました。
2019-05-11 12.12.23.jpg
ただ、席が空いていたので注文をしようと並んでいたら、後から来た人たちにテーブルを取られてしまったので、先に席を取ってから交代で注文をする事をお勧めします。晴れた日に人気なのはやっぱり外にあるテーブル席ですが、私は日差しアレルギー気味なので勿論中に陣取りました。
2019-05-11 12.12.28.jpg
このお店は2004年にケータリング業としてスタートしたそうで、現在もカウンターで様々な総菜とサンドイッチ、デザートを並べて、お客さんが各々注文。お皿に乗った重さで総菜の値段を支払う方式です。
2019-05-11 12.13.27.jpg
お皿は小さい木製ですが、頑張れば3種類乗せられました。味付けは若者向けで濃いめ。スパイシーな物が多いですが、ぎりぎり美味しいの範疇に入る位の感じでした。
2019-05-11 12.13.33.jpg
しかし!ここのラテ&コーヒーは、ロンドンで今まで試した中で一番美味しかった(私達は酸味が苦手なので、サードウェイブと呼ばれる拘りコーヒーが好きではないのです)。夫と思わず顔を見合わせて「美味しいね」と言い合ったくらい。どちらかというと食事処という印象だったので、このコーヒーの美味しさは予想外でした。
2019-06-23 16.01.07.jpg
スイーツも甘さ強めでしたが、素朴で手作りしている味がして、健康志向っぽい作りな気がします。目の前に有名なバーンズの池もあり、コーヒーを飲みつつ休憩するのにもぴったりです。
2019-06-23 16.01.18.jpg
散歩のついでにケーキを購入してテイクアウトしたのですが、総菜やコーヒーも勿論テイクアウトが可能。周りのパン屋や八百屋、近くのグリーンマーケットと併せて買い物すれば、自宅で手抜きディナーをする事も可能。
2019-06-23 12.31.43.jpg
店内はノイズレベル高めなので店員さんとのやり取りがし難かったり、店員さんが何故かオーストラリア訛りが強くて聞き取りが困難だったりはしますが、皆さんフレンドリーでカジュアルな接客。店内もリラックスした雰囲気で、居心地が良いです。
2019-06-23 12.19.28.jpg
値段は安くありませんが、場所代だと思えば納得。バランスよく色んな野菜が食べられますしね。のんびりしたい週末にお勧めのカフェです。

&Feast
57 CHURCH RD, BARNES, LONDON SW13 9HH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:54| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする