2020年02月29日

フラムのお気に入りベトナム料理屋『Mien Tay』

冷え込んでいる日曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。ただ午後は降水確率がずっと10%以上あるので、小雨がぱらつく可能性があります。最高気温は10℃。昨日は寒かったですね!霙混じりの雨が降り、余計に寒く感じました。先週はみぞれが2日降り、1日この冬初めての雪が振り、とても寒く感じました。今週も寒い日が続きそうですが、少なくとももっと太陽は拝めそうなので、元気を出していきましょう。

昨日は朝から晩まで出掛けていたのでブログを書き損ないましたが、2人共とても元気で遊んでいました。2020年の2月は観測を始めて以来最高降水量を記録したそうで、4週末中3週末がストームでしたし、ずーっと雨が降っていた気がします。でも今日は好天に恵まれそうなので、散歩を楽しめそうです。免疫力を高めるべく、よく食べ、よく寝て、体を動かして元気に過ごしましょう。
*****************
さて、今回はロンドンの西の郊外にある閑静な住宅街『フラム』(Fulham)にあるお気に入りのベトナム料理屋『Mien Tay』です。
IMG_9506.JPG
若い頃はなんだって海外に居るのにわざわざ和食とか食べるんだろ?なんて不思議がっていたのに、中年のこの頃は疲れたり体調が悪いと、アジア食(麺とかライスとか)しか体が受け付けない気がします。体が弱っていると、生野菜や果物なんかも負担が大きく感じるので、どうしてもアジア料理に頼ることに。
IMG_9502.JPG
そんな理由からあちらこちらのアジア料理を出すレストランにお世話になるのですが、その中でもお気に入りなのが『Mien Tay』です。そもそも和食を抜きにして考えると、私はベトナム料理が一番好きだと思います。
IMG_9504.JPG
『Mien Tay』はベトナム南西部にある地域なのだそうで、このレストランで出す料理もその地方の料理とのこと。でもベトナム料理に全然詳しくない私には違いが全く分かりません。
IMG_9505.JPG
ただ以前ショーディッチにある店舗を訪れた際にはピンと来なくて再訪したことがないのですが。フラムの店舗は凄く美味しく感じて、弱るとランチに訪れています。HPを読むと、其々の店舗で責任者やシェフが違い、少し独自色を出しているようで納得。バタシーやウッドグリーンにも店舗があるそうなので、食べ比べるとお気に入りのお店が見つかる可能性が上がるかもしれません。
IMG_9503.JPG
ロンドンにしては値段も手頃で、メインが£10前後で食べられます。我々は大体前菜(春巻きが大好きなので)とビールを2本注文しますが、それでも£35弱の記憶が残っています。

Mien Tay
45 Fulham High St, London, SW6 3JJ
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 00:44| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

ケンジントンのイギリス郷土料理屋『Maggie Jones's』

冬らしい気候に戻っている水曜日のロンドン。本日の予報は晴れたり、曇ったり、小雨が降ったりという春らしいもの。雨が降る確率が高いのは午後3時〜5時の間のようです。午前10時までは晴れるようなので、用事を済ませるのであれば朝一番が良いかもしれません。最高気温は9℃。昨日も冷え込んで寒い1日でしたが、大体同じような気温になりそうです。

先日M&Sでアルコールを購入したらIDの提示を求められました。法的には18歳以上であることを示す写真入りのIDを提示することが義務付けられているのですが、今まで1年以上私の顔を見て必要なコードを入力してくれていたので、運転免許証が盗まれると危ない為持ち歩かないようにしていました。なのに突然IDの提示を求められて面食らい。その時は本来であればIDとしては認められない保険証を提示して事なきを得ました。

しかし昨日ウェイトローズでアルコールを購入しようとレジに持っていくと、IDの提示を求められました。また?と驚きIDは持っていない旨を説明し「でも40代半ばなのは見て分かってもらえると思うんですけど…」と弁明するも、「私には貴方は25歳以下に見えるわ」とピシャリ。結局ワインを購入することができませんでした(どれだけアジア系の顔に慣れていないんだって話ですが…)。

何故急にアルコールの販売が厳しくなったのでしょうか?ウェイトローズ等の大手スーパーは『チャレンジ25』という25歳以下の人にはIDの提示を求める自主規制を行っているのは知っていますが、そのせいなのでしょうか?それとも何か問題が持ち上がったとか?当局が査察に入ったとか?だからといって一々IDを持ち歩くのも危ないので、今後はアルコールだけは自宅近くのコンビニで購入することにします。
*****************
さて、今回はケンジントンにあるイギリスの郷土料理を提供しているレストラン『Maggie Jones's』です。
IMG_1962.JPG
ずっと行きたいと思っていた『Maggie Jones's』は、イギリスらしい料理を食べられるレストランを探していた時に目に止まったお店。店内も田舎のおばあちゃんの家を訪れたような雰囲気に創られていて、木の家具や気取らない雰囲気が素敵です。
IMG_1970.JPG
ただ値段設定はかなり高めなので、気軽に訪れる事はできず。今年のバレンタインが丁度金曜日だったので、デートがてら食事を楽しんできました。
IMG_1963.JPG
予約は電話かE-mailでのやり取りでする懐かしいスタイル。バレンタインだったせいか、2階は家族(お子さんが居るお客様)とトイレ、地階は予約なしで訪れる人達とグループ、地下1階を静かに食事を楽しむカップルと大まかに分けて居た様子でした。
IMG_1966.JPG
私達は3週間前から2名で予約していたからか「静かで落ち着ける席をご用意しました」と地下に案内されました。地下は木でできたブース席が壁に沿って並んでいて、薄暗くて、たしかにしっぽり食事するのにピッタリの空間。
IMG_1964.JPG
メニューを見ると、殆どの材料がUK内で調達されているのがよく分かります。そして並ぶ料理はパイやシチュー等の素朴なものばかり。
IMG_1967.JPG
でもメインは一品£20〜30する物が殆どなので量が多いのかな?と想像し、サイドメニューは野菜を1品頼むに留めました。しかしメインの量は然程多くも無かったので、店内で焼かれていると思われるイギリスらしいフワフワのパンを何回かお代りして一緒に食べました。
IMG_1968.JPG
楽しみにしていたデザートもイギリスらしいラインアップ。アップル・クランブルとかトライフルとか。でも私はburnt cream(クレームブリュレの英語呼び)を、夫はパッションフルーツのゼリーを注文。紅茶やコーヒーと一緒に楽しみました。
IMG_1969.JPG
フレンドリーで気持ちの良いサービスに、肩肘張らずにリラックスしつつも落ち着いて食事できる環境、お馴染みのメニューが丁寧に作られていて美味しい料理も、全てとても気に入りました。値が張るので頻繁には行けませんが、ちょっと特別なデートには再訪したいと思った食事処です。

Maggie Jones's
6 Old Ct Pl, Kensington, London W8 4PL
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:26| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

フラムのニューイングリッシュ『Boma WBR』

午後から雨が降り始める予報の日曜日のロンドン。雨が降るせいか今朝は然程寒くなく有り難いです。最高気温は11℃。10℃を超えると大分楽ですよね。太陽も顔を出す時間があるようですので、ロンドンらしい天候なのでしょう。

コロナウイルスのニュースが引き続きトップニュースになっています。既にフランスでも患者が確認されているので、イギリスに入ってくるのも時間の問題のような気がして怖いです。まだ風邪も治っていなくて、ティッシュを凄い勢いで消費している状態なので、余計に感染し易そうで嫌です。状況が落ち着いて安全が確認されるまでは、なるべく人混みは避けたいと思います。

今日は旧正月のお祭り&パレードが中華街で開催されます。上記の理由から我々は足を運びませんが、無事にお祝いが終わりますように。
*****************
さて、今回はフラムにある進化系パブ『Boma WBR』です。
IMG_9714.JPG
美味しいビールが飲める今風のパブで居心地がよく好きだった『Boma Green』が閉店してしまい、とても悲しい今日この頃。近所の何でも無いけれど居心地が良くて好きだったカフェも閉まりましたし、何故好きなお店に限って潰れるんだろう…と夫と嘆き節です。
IMG_9716.JPG
でも『Boma Green』には、あと2店舗の別ロケーションがあります。今回ご紹介するのはワンズワース・ブリッジ通りにある『Boma WBR』です。
IMG_9715.JPG
ワンズワース・ブリッジ通りには、美味しいベーカリーやストリートタイ料理レストラン、イタリアンカフェなんかがあって、外食や買い物をするのに便利な一角。近くに緑も多く、テムズ川も遠くないので、散歩がてら寛ぎに訪れるのに便利なロケーションです。
IMG_9717.JPG
『Boma ワンズワース・ブリッジ』店も、『Boma グリーン』と同じくリラックス感に溢れていて居心地抜群。今風のバーで伝統的なイギリス料理の他にもパブフードの定番であるタイ料理、それに加えてブランチっぽいメニューや韓国風のアレンジがされた料理などが揃っていて、ニューアメリカンならぬニューイングリッシュとも言うべき品揃えです。
IMG_9718.JPG
店員さんは、お店の雰囲気にあってリラックス感溢れる接客。フレンドリーですし、必要な時はササッと対応してくれて気持ち良いですが、適度に放っておいてくれます。

週末にのんびりしたい時に、ブランチがてらプラプラ訪れて、買い物を済ませて散歩して帰る。そんな時にぴったりな雰囲気と立地が気に入っている今風のパブです。

Boma WBR
116 WANDSWORTH BRIDGE ROAD
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:21| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする