2020年11月22日

フラムの町イタリアン『Pappa Ciccia』

寒さが少し和らいだ日曜日のロンドン。本日の予報は、薄曇り。最高気温は11℃で、このままほぼ横ばいの1日になりそうです。
IMG_4873.jpg
今週の木曜日はもう感謝祭(Thanksgiving)。イギリスには全然関係ない祝日の筈ですが、アメリカ人が多く住んでいるからか、祝えるホリデーは乗っかってしまおうというハロウィン等に見られる現象なのか、週末版の新聞に七面鳥を中心とした感謝祭メニューが掲載されていました。
IMG_4903.jpg
イギリスでは七面鳥はクリスマスに食べる人がいると思うので、もうクリスマスメニューを掲載してるのか〜なんて思って眺めていたのですが(鳥の丸焼きなんて作るつもりは毛頭ありません)、よくよく読むと感謝祭に向けての記事でした。私の周りの人々は感謝祭のことなどおくびにも出さないですが、どれ程の割合の人が祝っているのでしょうか?
*****************
さて、今回はフラムの町で24年間ピッツェリア&トラットリアを営む町イタリアン『Pappa Ciccia』です。
IMG_4468.jpg
フラムに2店舗およびパトニーに1店舗を構える気取ったところのないイタリアン。いつ前を通っても賑わっていて人気がありそうだったので、落ち着いて食事ができそうなMunster ロード(なんて読むのでしょう?)にあるトラットリアに予約をして、ディナーを楽しみました。
IMG_4095.jpg
なお言うまでもないですが、食事をしたのはロックダウンになる前です。右の入口はテイクアウト専門のピッツェリアの店舗で、左側の入り口がトラットリアになっています。
IMG_4239.jpg
店内は然程広くないので、午後7時近くになると、店内はほぼ満席に。皆さん歩道に並ぶテーブルでの食事を希望されていましたが、私達は目の前を歩行者が行き交うのも、交通量が多いのも落ち着かないので、店内で食事をしました。

先ずは生ビール(1種類しかなし)と白のハウスワインのカラフェで乾杯。このハウスワインが美味で(ロンドンだと珍しい印象です)ご機嫌に。
IMG_4096.jpg
折角なので2人分のアンティパストを頼むと、驚くような量のチーズや野菜が乗ったお皿が登場。驚いていたら、店員さんがニッコニコして「凄いでしょ?!」と得意げでした。

量がこんなに多いと思っていなかったので、パスタを1皿ずつ頼んでしまったのですが、これなら1皿をシェアしても十分だった気がします。
IMG_4097.jpg
おつまみも美味しかったですし、パスタも安心の味。町でずっと親しまれてきた定食屋っぽい雰囲気で、お子さん連れのお客様をよく見かけるのに納得でした。
IMG_4667.jpg
ワインをカラフェで飲んだり、アンティパストをどーんと頼んだりしたので結構いい値段した記憶がありますが(£50超えたと思います)、楽しい食事で満足でした。また2人とも疲れて、気軽に楽しく、安心の食事をしたい時に利用したいトラットリアでした。

Pappa Ciccia
105 – 107 Munster Road, Fulham SW6 5RQ
店舗情報、営業時間、メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 02:15| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

SoHoのモダン・イギリス料理『Dean Street Townhouse』

夜明けが遅くなり、午前7時前は真っ暗な月曜日のロンドン。最近は7時半頃まで暗いので、外に出られる時間が短くなりました。本日の予報は、曇り時々晴れたり、雨がぱらついたりというもの。午前中は晴れる時間帯が長そうですが、午後になると降水確率が時間の経過とともに上がっていくので、用事は早めに済ませるが吉です。
IMG_4871.jpg
昨日は起きたら土砂降り。でも正午には晴れ渡ったので、散歩にでかけたのですが。

俄にかき曇り、風も凄く強かったので直ぐ家に引き返し。帰宅した直後、叩きつけるような雨が降り始めたので「あそこで帰る決断をしてよかった〜」と言い合いました。
IMG_4872.jpg
でも夕方には再び青空。皆さんロックダウンで何処にも行けないので、テムズ川沿いは混み合っていました。

昨日の虹は今まで見た中でも一番クッキリしていました。しかもダブル・レインボー。
IMG_4870.jpg
建物の前でもくっきりしていて、地面まで伸びている虹なんて初めて見ました。今年の秋は頻繁に虹が出ます。
*****************
さて、今回は買い物や観光の中心であるSoHoのホテル1階にあるレストラン『Dean Street Townhouse』の感想です。
IMG_4571.jpg
なお、当たり前ですがロックダウン中の現在はテイクアウトとホテル宿泊客へのルームサービスのみ提供しています。感想はまだロックダウンになる前に、ブランチに訪れた際の備忘録です。
IMG_4570.jpg
このレストランは、オクスフォード・サーカス及びピカデリー・サーカス駅から徒歩約10分。カーナビー通りやナショナル・ギャラリー、リバティーロンドン、大英博物館、コヴェント・ガーデン等の観光地から徒歩圏内なので、観光のついでに立ち寄りやすいだけでなく。
IMG_4574.jpg
住んでいる方でも用事のついでや、セントラルロンドンに足を伸ばす口実に食事しやすい立地です。私達はリージェンツ・パークを散歩した後にランチで訪れました。
IMG_4566.jpg
訪れる前日に予約をした際には選択肢が沢山あったにも関わらず、当日はウォークインのお客さん達が入店を待たされていました。人気が高そうなので、予め予約をした方が良さそうでした。
IMG_4573.jpg
店内は1920年代の禁酒法の時代を意識したのかな?と思われるような、スイングとかジャズが似合いそうなインテリア。ダークで大人っぽいテイストで、席がゆったりしているので落ち着いて食事が楽しめます。グレート・ギャッツビーの舞台になりそう。

店員さんは、非常にキビキビしていてプロフェッショナル。皆さん制服を着て、テキパキと気持ちよく接客してくださいます。
IMG_4575.jpg
私達はギリギリ正午前に到着したので、ブランチメニューがついたQRコードを渡されました。Covid-19 対策としてメニューを自身の携帯で見させる、入り口のサニタイザー、席が1席空けて隣に人が座らない、など気が配られていて、安心して食事が楽しめました。
IMG_4569.jpg
日曜日だったので、正午過ぎになったら皆さんサンデーローストを楽しまれていました。イギリスっぽさを味わいたい方で、パブの量の多さと質の平凡さに飽き足らない方には、とってもお勧めな気がします…評判が良いですし、我々の食事から推察するに美味しそうなので。
IMG_4576.jpg
私達は普通にフルイングリッシュ・ブレックファーストとベジタリアン・フルイングリッシュ・ブレックファーストを注文。これがとっても美味しくて大満足でした!
IMG_4578.jpg
補足すると、プロセッコもコーヒーも非常に満足のゆく味でした。立地の便利さと抜群の居心地、気持ち良いサービスにおいしい食事。
IMG_4565.jpg
少し高めの値段設定とはいえ、以上を鑑みると納得できました。是非また訪れて、サンデーローストやディナー等を試してみたいレストランでした。

Dean Street Townhouse
69-71 Dean St, Soho, London W1D 3SE
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:21| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

キューのパブ『Coach and Horses』

朝晩はめっきり冷え込むようになった月曜日のロンドン。本日の予報は変わりやすい天気が1日続くというもの。正午頃小雨がぱらつく場所もありそうですが、基本的には1日晴れたり曇ったりを繰り返すようです。最高気温は15℃。曇りがちだからか、少し気温が高めのようです。
IMG_4411.jpg
ロンドンの方達は『There's no such thing as bad weather, only bad clothing』という格言を地で行く方が多く、ボランティア仲間も小雨くらいなら平気でピクニックを楽しみます。私もすっかり慣れて、少々の雨であれば外で食事もしますし、活動もガシガシします(体調が良ければ、ですが)。

フラムパレスにある屋外の幼稚園では、大雨の際にはティーピーテントみたいな物に入って少しの間雨を凌いでいる時もありますが、原則的には雨でも風でも外で元気にお遊戯したり、単語を学んだりしていて微笑ましいです。現在ロンドンはティア(段階)2というCovid-19 の規制地域に入っていて、身内であっても一緒に住んでいない人達と屋内で会うことは禁止されています。
IMG_4354.jpg
そこで本領発揮とばかりに、近所の散歩道にはお喋りしながら散歩を楽しむ人が溢れ、公園のベンチや芝生にはピクニックを楽しむ人が集まっていたと散歩に出掛けた夫が目を丸くしていました。近所のカフェレストランも、外のテラス席が満席だったとのこと。

インスタグラムでは、ワッフルメーカーまで持ち出して、屋外で友達とワッフルを食すピクニックを楽しむ姿まで見かけました。ピクニック用のバスケット(picnic hampers)を使っている人達なんて、ロンドンに来て初めて目にして心底驚いた記憶があります。
IMG_4381.jpg
ニューヨークでもピクニックは人気でしたが、バスケットなんて見たことありませんし。それを言うなら、ちゃんとした食器を持ってきて優雅にピクニックしている人達だって、ほぼ見た記憶がありません。所変われば…ですね。

今日からウェールズはロックダウンに入るようですね?皆さん気をつけつつも、元気に明るくお過ごしください。
*****************
さて、今回はキューガーデンを訪れるとなんだかんだで頻繁にお世話になっているYoung's系列のパブ『Coach and Horses』です。
IMG_4068.jpg
このパブはキューガーデンのエリザベスゲートを出た正面に位置している、地元の人々に愛されている、いかにもという感じの安心のパブです。パブ本来の雰囲気が強く感じられるのですが、それもその筈。
IMG_3698.jpg
上階には泊まれる部屋が用意されていて、昔ながらの旅籠っぽい雰囲気が残っているのだと思います。バーセクションには、1人で新聞読みながら一杯引っ掛けている男性とかがいますし。食事をするセクションでは家族で誕生日を祝っていたり、老夫婦がしっぽり食事をしていたり。
IMG_3697.jpg
肩肘張らないの~んびりした空気が味わえるので、特別食事が美味しいわけでも、何か特筆すべき事があるわけでもないのに、足を運んでしまいます。パブならフラーズ系列を贔屓にしている私ですが、ヤングス系のこのパブには『Estrella Damm』というスペインのラガーがあり、エールがイマイチ好きになれない私のお気に入りとなっています。パブに行くなら、美味しいビールがあるかは重要です。
IMG_3700.jpg
Covid-19 対策としてアプリのダウンロード&アプリを使った注文を義務付けている旨の注意書きが送信されて来ますが、実際にアプリを使った事はありません。聞いたら「あー、ランチは使ってないんだよね」とのこと。本当にディナーでは使っているのだろうか?
IMG_3699.jpg
とは言え、入り口にきちんとサニタイザーが設置されていますし、元々席の間隔が広いですし、テラスに通じる窓は開けっ放しにされていますし、トイレは清潔。食事前にトイレできちんと手を洗えば、安心して食事が楽しめました。
IMG_4065.jpg
店員さんは皆さん、リラックスムード満載なフレンドリーな対応をしてくれる印象です。その為サービスにムラがあり、ランチメニューが出てこない時とかあるので、通常メニューしか出てこなかったら督促する必要が。
IMG_4067.jpg
でも大抵はテキパキと対応してくださいますし、適度に放っておいてくれるのも居心地が良い一因と感じます。通りに面した部屋が明るくて通気も良いですが、奥の部屋は重厚なファブリックが素敵なインテリアなので一度は試す価値あり。
IMG_4066.jpg
お値段はランチメニューから選んだ方が安く済みますが、通常メニューでも大体ロンドンのパブの平均的な値段設定。キューは食事処が少なくランチ難民になりがちですが、このパブであれば大抵食事にありつけます。

Coach and Horses
8 Kew Green, Kew, Richmond,
London, England, TW9 3BH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:09| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする