2019年06月28日

バーンズのデリ&カフェ『&Feast』

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は23℃まで上がって暑くなるようです。明日は32℃まで上がると予想されていますので、週末の計画も暑さ対策を念頭において立てた方が良さそうです。

ヨーロッパは記録的な熱波に襲われ、スペインでは山火事が森林を広範囲で焼いています。フランスも国境で消火訓練を行うなど準備を始めたとのこと。学校が休校になったり、パリの地下鉄内の気温が38℃に達したりと、市民生活にも影響が出ています。ウィーンの友人は「こっちは暑いよー。今週は平均気温が30℃を超えてる」と書いていました。ロンドンは割と涼しくて、朝晩は長袖を着てるんですけどね。昨日は午後移動したら汗をかきましたが、本当に過ごしやすい気候でありがたいです。

今週は体調を崩して寝込んでいました。休み休み掃除や洗濯だけはしていたのですが、他は放棄。昨日の午後やっと回復して買い物ができるようになって、今日からはいつも通りとはいかなくとも用事を済ませられそうです。今週末は少しおとなしめに過ごして、体調の回復に努めます。
******************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外にある高級住宅街『バーンズ』(Barnes)にあるデリ&カフェ『&Feast』です。
2019-05-31 15.17.42.jpg
このカフェは何時前を通りかかっても人気があるので気になっており、週末のグリーンマーケットに買い出しに出掛けたついでにランチを楽しみました。流石に混んでいましたが、直ぐに席に着くことができました。
2019-05-11 12.12.23.jpg
ただ、席が空いていたので注文をしようと並んでいたら、後から来た人たちにテーブルを取られてしまったので、先に席を取ってから交代で注文をする事をお勧めします。晴れた日に人気なのはやっぱり外にあるテーブル席ですが、私は日差しアレルギー気味なので勿論中に陣取りました。
2019-05-11 12.12.28.jpg
このお店は2004年にケータリング業としてスタートしたそうで、現在もカウンターで様々な総菜とサンドイッチ、デザートを並べて、お客さんが各々注文。お皿に乗った重さで総菜の値段を支払う方式です。
2019-05-11 12.13.27.jpg
お皿は小さい木製ですが、頑張れば3種類乗せられました。味付けは若者向けで濃いめ。スパイシーな物が多いですが、ぎりぎり美味しいの範疇に入る位の感じでした。
2019-05-11 12.13.33.jpg
しかし!ここのラテ&コーヒーは、ロンドンで今まで試した中で一番美味しかった(私達は酸味が苦手なので、サードウェイブと呼ばれる拘りコーヒーが好きではないのです)。夫と思わず顔を見合わせて「美味しいね」と言い合ったくらい。どちらかというと食事処という印象だったので、このコーヒーの美味しさは予想外でした。
2019-06-23 16.01.07.jpg
スイーツも甘さ強めでしたが、素朴で手作りしている味がして、健康志向っぽい作りな気がします。目の前に有名なバーンズの池もあり、コーヒーを飲みつつ休憩するのにもぴったりです。
2019-06-23 16.01.18.jpg
散歩のついでにケーキを購入してテイクアウトしたのですが、総菜やコーヒーも勿論テイクアウトが可能。周りのパン屋や八百屋、近くのグリーンマーケットと併せて買い物すれば、自宅で手抜きディナーをする事も可能。
2019-06-23 12.31.43.jpg
店内はノイズレベル高めなので店員さんとのやり取りがし難かったり、店員さんが何故かオーストラリア訛りが強くて聞き取りが困難だったりはしますが、皆さんフレンドリーでカジュアルな接客。店内もリラックスした雰囲気で、居心地が良いです。
2019-06-23 12.19.28.jpg
値段は安くありませんが、場所代だと思えば納得。バランスよく色んな野菜が食べられますしね。のんびりしたい週末にお勧めのカフェです。

&Feast
57 CHURCH RD, BARNES, LONDON SW13 9HH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:54| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ビクトリアのギリシャ料理のファーストフード店『The Athenian』

晴れている日曜日のロンドン。本日の予報は晴れたり曇ったりを繰り返すというもので、午後2時以降は降水確率が10%以上あるので俄雨が降る可能性が高そうです。最高気温は19℃。昨日は強風で散歩が大変でしたが、今日は風も穏やかそうで、特に午前中は散歩に適した天候に恵まれそうです。

今日は女子ワールドカップで、イギリス対スコットランドの試合がニースで戦われるので盛り上がっています。なんでもイギリス対スコットランドは因縁の戦いで、ライバル心がとても強いのだとか。面白い試合になると良いですね。

面白そうな映画が沢山公開されているのですが、何故かここ1週間風邪っぽさが抜けません。完璧に寝込んでないので家事はできているのですが、出掛けるのが億劫に感じます。ましてや映画を集中して観る気力が湧きません…。そんな訳で今日も朝から元気がないので、早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回はビクトリア駅のすぐ傍、ベルグレービアにあるギリシャ料理のファーストフード店『The Athenian』です。
2019-02-11 13.55.35.jpg
ベルグレービアは可愛らしいカフェやベーカリー、ハイソな雰囲気の街並が魅力的な地域。ちょっと探検してみたくて散歩したのですが、我々のお財布にも優しい値段設定の食事処は混んでいて入れず、席が空いているレストランは私達の予算では難しく…ランチ難民になっていた時に見つけたのが今回のお店『The Athenian』でした。

このお店はビクトリアのバスと鉄道駅のすぐ傍にあるファーストフード店。イギリスだけでも6店舗を展開するチェーン店です。
2019-02-11 13.26.12.jpg
しかし、チェーン店とかファーストフード店と言っても、注文を受けてから全てを作る本格派で、ビーガンやベジタリアンにも対応している満足感があるメニュー構成でした。ギリシャでは一般的なストリートフードであるスブラキを提供しているのですが、ちょっと今風にアレンジしているのかな?と思われます。

スブラキとは串焼きの事らしいのですが、お店の人達の定義によれば『ピタパンにグリルした肉・シーフード・野菜を挟んだギリシャで一般的に食べられているストリートフードのサンドイッチ』ということになるよう。実際メニューはシンプルで、ピタパンに挟む具材を選ぶという感じでした。
2019-02-11 12.31.14.jpg
店舗にはカウンター席とテーブル席があり、トイレも利用できたので、駅の近くという立地も相まって便利。ピタサンドもローズマリーのポテトフライもできたてで美味しかったです。サンドイッチにポテトフライが入っていたので、サイドとしてポテトを追加注文する必要は無かったとは思いましたが、満足しました。

テイクアウトする人も多く、旅行前にここでサンドイッチをテイクアウトして待ち時間に食べるのにもぴったりだと思います。

The Athenian
15A Elizabeth Street Belgravia, Victoria SW1W 9RP
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:55| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

フィッツロビアのスコットランド料理店『Mac and Wild』

晴れている水曜日のロンドン。本日の予報は晴れと曇りを繰り返すものの雨の心配はないというもの。最高気温は19℃。過ごしやすい1日になりそうです。

空気汚染が問題となっているロンドンですが、ロンドン郊外にあるBoston Manor Parkで人体に安全な基準を超える有害物質が検出されたので、公園内で運動をするのをやめるよう勧告が出されています。ロンドン中心街でもホットスポットのように空気が汚い場所があるようなので、気を付けた方が良いですね。

トランプ大統領ご一行は、今日はポーツマスでDデイの式典に出席した後アイルランドへと移動するとのこと。昨日は大規模なデモ等で中心地で道路が閉鎖されるなど交通に影響が出たようですが、今日からは日常が戻ってきそうです。買い物に行かねばならないので、ほっとしています。

昨日は1日中用事で出かけていたりでブログを書く時間を取れませんでした。細かい用事がちょこちょこあって、なんだかんだ時間を取られてますが、今日まとめてやっつけてしまう予定です。
*********************************************************************
さて、本日は面白いレストランやショップが並ぶフィッツロビア(Fitzrovia)にあるスコットランド料理を提供するレストラン『Mac and Wild』です。
2019-06-01 13.00.57.jpg
このレストランは前を通る度に前で席を待つ人々が居たりして人気がありそうで気になっていました。用事で前を通ったら、時間が早かったせいか席が空いていたので直ぐに座ることができました(でも直ぐに満席になりました)。
2019-06-01 12.55.41.jpg
このレストランはスコットランド料理とジンを中心にしたメニューを提供していて、店員さん達もスコットランド出身の方が多そうでした。その為かフレンドリーでカジュアルな接客ですが、英語が聞き取りにくく感じました(スコットランドのアクセントに慣れていないので)。
2019-06-01 12.56.07.jpg
店内はハイランドにある小屋みたいな印象でまとめられ、毛皮や動物の骨がデコレーションされていてビーガンの人々が見たら卒倒しそうなテイスト。メニューも凄く肉食系なので、念の為ベジタリアンメニューも用意があるものの、動物愛護精神が強い友達と訪れるのは避けた方が賢明です。
2019-06-01 13.00.45.jpg
よく晴れた暑い日だったので、先ずはビールで乾杯。タップビールはありませんでしたが(皆さんジンベースのカクテルを飲んでいたようでした)、チャリティーに寄付するビールが2種類あったので、夫と2人で其々注文。
2019-06-01 12.32.45.jpg
多くの人がスコティッシュ・フルブレックファースト(ハギス:羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理も入っています)を頼んでいましたが、ステーキやハンバーガー等お肉が売りみたいでした。そんな訳で夫はブレックファースト・バーガーを選択。
2019-06-01 14.59.20.jpg
私はそこまでミーティーな気分になれなかったので、アボカドトーストにスコットランドのスモークサーモンをサイドで付けました。お店の方は「チップス(ポテト)を付ける?」とか「ポーチドエッグ追加する?」とか聞いてきますが、サイド料理の追加無しでも十分な量なのでお気を付けください。
2019-05-31 15.17.00.jpg
美味しかったですし、イギリスに居ながらスコットランドを感じられるスポットで観光のついでに寄るにも良いお店のように感じました。以上でサービス料も元々込みで£36.50でした。

Mac and Wild
65 Great Titchfield Street London W1W 7PS
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:20| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする