2020年07月31日

大人気のインド料理屋『Dishoom Kensington』

雲ひとつ無い青空の金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。ロンドンにしては珍しく午前7時前から既に暑く、最高気温は34℃まで上がる予報。太陽と暑さが大好きなロンドンの人々は大はしゃぎ。昨晩は「フォー!」とか大騒ぎしている若者や、子供たちの笑い声。ご近所さんたちが、バルコニーでBBQしている煙っぽい匂いが漂っていたり、食事を楽しむカチャカチャという音がしたり、ソーシャライズしている声が聞こえたり。皆さん、とっても幸せそうでした。今日はパブやアイスクリーム&ジェラート屋さんが大繁盛するでしょうね。皆さん、ソーシャルディスタンスを保った上で楽しんでくれるといいですね。

今週は学校の補修、ボランティア、ピラティス教室および6ヶ月ぶりの美容院の予約と、凄く楽しみにしていた予定が目白押しでした。のに、何故か目眩と吐き気が全然治まらず、全部泣く泣くキャンセル。体調が回復してから美容院の予約は取り直すつもりなのですが、次の空きは1ヶ月後らしく…。ロックダウン中の140日間皆さん髪の毛が切れなかったので、予約が詰まっている状態でキャンセルしてご迷惑をお掛けしたのも申し訳なさすぎますし。そんな事なので、次の予約は取れないしで、惨めな気分です。あー、体調不良の原因が解明できないかな〜と本当に思います。
*****************
さて、今回はロックダウンが始まった3月以降初めての外食で人気のインド料理屋『Dishoom Kensington』で食事をした感想です。
IMG_3516.jpg
『Dishoom』は凄く人気のインド料理屋で、通常であれば予約ができません。その為食事をしたければ一か八かで行ってみるしか無いのですが、いつ見ても「1時間並んでる〜」みたいなツイートが絶えない人気店。

SoHoやショーディッチ等の人気の観光地・地元の若者が集まる場所に5店舗を構えているのですが、いつか食事したいと思いつつ並ぶのが嫌いすぎて諦めていました。ロンドンに住んで長いボランティア仲間の日本人女性は「彼処は美味しいですよ〜。昔は別に行列が無くて、ふらりと食べに行けたんです!」と仰っていて、「いいなー」なんて言ってたんです。
IMG_3513.jpg
それがロックダウンが緩和されて、政府がレストランの営業を許可する際に出した条件の中に『必ず予約を取って、クラスターが発生したら直ぐにトレースできるようにすること』という物があり。その結果『Dishoom』も予約を受付るようになっています。

ここのところ、ロンドンにおけるCovid-19の新規感染者数は1日50人前後で推移しています。完全に安全という訳では全くありませんが、自宅から歩ける範囲で、気をつけて訪れれば食事しても大丈夫な気がしています(第2波が来たら、また自粛しますが)。
IMG_3512.jpg
そこでずーっと食事したかった『Dishoom』の週末の朝食を予約。そう、このレストランはインディアンなのに朝食が有名なんです。

着くと他のお客さんの案内が済むまで外で待ち。順番が来たら入り口脇にあるディスペンサーで手を消毒。
IMG_3514.jpg
席に案内される際にも、なるべく他のお客さんと席の間隔が空くように気配りがされており。メニューは利用したら直ぐに消毒薬で拭われて、カトラリーが入っているコップには紙袋が掛けられ、テーブルにセットされて初めて紙袋が取り去られて外気に触れる…と徹底的に衛生面に気が配られていました。

店員さんは全員マスク着用&天井にはファンが回って、入り口は開けっ放し。空気の入れ替えも万全でした。窓はありませんでしたが、天井も高くて、そこまで心配でもありませんでした。
IMG_3515.jpg
従業員の皆さんは凄くフレンドリーで注意が行き届いていて、非常に気持ちよく食事が楽しめました。待たされないし、対応がテキパキ・ハキハキしているし、サービスもタイムリーで、とってもプロフェッショナル。

そして!評判&期待を裏切らないドリンクと食事。チャイはスパイスが強く効いていて風邪が治りそうな本格派。飲み終わったら、すっとお代わりを持ってきてくれて驚きました。

私はナンの卵&ベーコンサンドを、夫はフルイングリッシュをインド風にアレンジした朝食を選んだのですが。何というか素朴なような、懐かしいような。格別凝っている訳ではないけれど、とびきり美味しくて、早速次のディナーの予約を入れるべく、Covid-19の状況を日々睨んでいます。

チャイ+コーヒー+ナンサンド+フルイングリッシュブレックファーストで£30ちょっと。あの空間で、しっかりしたサービルな上に食事内容でこの値段なら凄くお得感がありました。とってもお薦めです。

Dishoom Kensington
4 Derry Street London W8 5SE
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 23:52| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

チヂックのベトナム料理『Pho』

風が強めなものの快晴の日曜日のロンドン。本日の予報は午前中は晴れて、午後から段々雲が出てくるというもの。最高気温は20℃で、風が強かった昨日よりも風が吹くそうなので、あまりピクニックには向かないかもしれませんが、散歩は楽しめそうです。ただ昨日と同じく、いつ雨がぱらつくかわからないようなので、念の為空模様を気にかけた方が安心そうです。
IMG_3201.jpg
イングランドにしては暑い日が続きビーチに人が押し寄せた為に、週末はパトロール隊がビーチを廻り、ソーシャルディスタンスの徹底を指導。お陰で昨日は特に大きな問題は起きなかったようです。

反してロンドンの郊外では、ブロックパーティーをして密集している人達に警官が注意を促したことをきっかけとして衝突。パトカーを破壊したりなど、暴動に発展していました。
IMG_3182.jpg
ブラック・ライヴス・マター運動は一時よりも落ち着いてきたようですが、衝突が完全に収束したという訳でもないようです。継続して長期に渡って取り組まねばならない活動ですが、これ以上暴力沙汰になりませんように。
*****************
さて、今回は前回テイクアウトした食事について書いたチヂックにあるベトナム料理レストラン『Pho』です。
IMG_2619.jpg
『Pho』はブリテンで30店舗を展開するベトナム料理店。ロンドンだけでもコヴェント・ガーデン、SoHo、レスタースクエア、イズリントン、オクスフォードサーカス等の中心街にも店舗があるので、観光のついでに立ち寄るにも、住人が外食するにも便利なレストランです。
IMG_2617.jpg
チヂックにある店舗に足を運んだのは、週末の午後4時の開店直後。そのお陰か空いていて、店員さんが凄く明るくて、テキパキしていて、とても居心地が良かったです。混んだらノイズレベルが高そうですが。
IMG_2618.jpg
ロックダウンに入る前の食事だったので、今ひとつ記憶が鮮明で無いのですが。前菜+メインのセットメニューみたいなものを注文したのか?珍しく、前菜2品にヌードルを1つずつ食べたので、お腹がはち切れそうになった記憶があります。
IMG_2614.jpg
日本では生春巻き(サマーロール)が好きでしたが、ロンドンのベトナム料理に限って言えば春巻き(スプリングロール)が断然好き。ここの春巻きは味がしっかりついていますが、両方とも美味しかったです。
IMG_2616.jpg
日本に暮らしていた際にはフォーの方が好きだったのに、ロンドンでは断然ヴァーミセリ(Bun)が気に入っているので、このお店でもブンを選択。ここの麺はよく使われているビーフンみたいな形状よりも太めでツルツルとした食感の、素麺っぽい麺。
IMG_2615.jpg
なんとなく味が絡みにくく、その結果か汁も味が濃いめな気がします。個人的にはよく出てくる細めのビーフンっぽい麺のほうが好みかも。夫によるとフォーも普通に美味しかったとのこと(味は濃いめ)。
IMG_3192.jpg
でも手軽に気持ちよく食事ができて、価格も高く無いので、利用価値大だと感じました。平常時であれば地下にそれなりに清潔なトイレもあります。

Pho
134 Chiswick High RoadChiswickLondonW4 1PU
営業時間、メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:49| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

ブルック・グリーンのスパニッシュ・タパス『Los Molinos』

今日も曇天の木曜日のロンドン。本日の予報は雨後曇り。時々晴れ間が覗くようですが、午後3時までは降水確率が20%以上あるので雨が降る時間が多そうです。昨日も1日中雨がシトシト降り続きましたが、今日もそんなロンドンらしい天候になりそうです。最高気温は19℃。そちらも昨日と同じような気温でしょうか。
IMG_3068.jpg
昨日の『The Times』紙内に挟まれているマガジンのような別紙に、麻生財務相が「日本のコビッド19による死者が欧米より少ないのは、日本国民の民度が高いからだ」というような発言をしたことをコラムニストが洒落にしていました。「(世界ワースト2位(既に政府公式発表の死者は4万1千人を超え、一部識者の見解では6万人)の)イギリス人は民度が低いっていうの?そんな訳ないでしょ!イギリスはマナーが生まれた国って言われてるのよ?!」とか憤っているふりをして。

規制が緩んで屋外で過ごせるようになった人達が、公園や空き地に空き瓶やピクニックのゴミを残したり。公衆トイレが閉まっているのでそこら辺で用を足す人が後を絶たず、区の職員や公園を管理する団体が後始末をしなければならなかったり。
IMG_3067.jpg
ロックダウンで人通りが減って他人の目が無いからか、道路が犬の糞で溢れている現状や。医療関係者のふりをして、医療関係者だけが買い物をできる時間帯にスーパーに出かける人がいたり…といった状況を紹介していました。

公衆トイレが開いていないし、ショップも開いていない状況で、抗議デモをしたり、公園で日光浴をしている人達はどうしているんだろう?と不思議に思っていたのですが…。人の大便を始末しなければいけないなんて、心が折れちゃいそうですね。
IMG_3066.jpg
土曜日から一人で子育てをしている人や独居老人を中心に、独居の方はサポートバブルに頼って良い事になりました。親御さんにお子さんを預けたり、パートナー/恋人と過ごしたりしても良いとのこと。

動物園等の屋外施設も月曜日からオープンしますし、少しずつ出来ることから注意深くやっていくようです。1日の死者も250人位に落ちては来ましたが、まだまだですねぇ。
IMG_3064.jpg
学校も9月までは再開されないことが決定しましたし、親御さんは大変な期間が続きそうです。まだまだ続きそうなロックダウン。気持ちを明るく保って、皆で元気に乗り切りましょう。
*****************
さて、今回はシェパードブッシュとハマースミスの間、ブルック・グリーンにあるスパニッシュ・タパスのレストラン『Los Molinos』です。
IMG_9039.jpg
1991年から家族で経営してきたという温かみ溢れる小さなレストラン。皆の女将さんという雰囲気の女性がお客さんたちと楽しそうにお喋りしながら接客(というか、雇われたウェイターさん達が接客して女将さんはほぼ喋っていただけでしたが)している大衆食堂です。
IMG_9031.jpg
タパスなので、小皿を何皿も注文するシステム。ですが、1つずつのお皿が割とボリュームがあるので、お店の方のお勧めよりは少なめに注文したほうが良い気がしました。
IMG_9033.jpg
先ずはなにはともあれ、ビールとハウスワインの白を注文。流石食堂っぽく、ワインはなみなみと注がれてきます。生ビールはなく、スペインを中心とした瓶ビールが並んでいたと記憶しています。
IMG_9035.jpg
メニューもありましたが、女将さんが本日のオススメが書かれたボードを持ってきてくれたので、お勧めを中心に選びました。イギリス人でもとっつき易いようにか、フィッシュ&チップス風の魚の揚げ物があったり。
IMG_9036.jpg
ブルスケッタ風のパンやライスコロッケ。ししとうの炒めものを食べて満足しました。馴染みがある安心の味で、居心地抜群なので、楽しい食事でした。
IMG_9034.jpg
食事が美味しかったし、雰囲気も良かったので、良い気分になって珍しくデザートも注文。フランは甘みが強かったですが、ギリギリ美味しい範疇に留まっていました。
IMG_9037.jpg
チョコレートフォンダンは、中からチョコレートが蕩け出てくるとまではいきませんでしたが、味は美味しく。どちらもドリンクと一緒に食べて丁度良い味わいでした。
IMG_9038.jpg
5月4日〜テイクアウトのみで営業を再開しているとのこと。ロックダウン期間限定テイクアウトメニューを電話で注文してから、指定された時間に取りに行くというシステムみたいです。
IMG_3065.jpg
いい加減自炊にうんざりしていますし、個人商店には踏ん張って欲しいので、近々テイクアウトしてみようかな?と思います。

Los Molinos
127 Shepherds Bush Road London W6 7LP
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 13:34| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする