2019年04月09日

ノッティングヒルにあるレシピ本専門店でランチ『Books for Cooks』

雨の火曜日のロンドン。今日は1日小雨が降ったり、曇ったりになりそうです。が、午前中は太陽が出たりもするよう。変わりやすい、ロンドンらしい天気になりそうです。最高気温は13℃。明日から週末に向けて気温が下がるそうですが、今日も冷たい雨に見えますね。

週末BBCで日本のトラベル特集を放映していました(2018年に放映したものを編集して再放送していたようです)。来年のオリンピック/パラリンピック開催に向けて日本の旅特集を度々組んでいるBBCですが、今回はパラリンピック開催に合わせて、どれだけ東京が身体障害者に対応しているか/していないかをチェックする内容でした。番組を見ていると、標識が足りないのでエレベーターやエスカレーターを見つけにくいことが分かります。あと日本の駅(特にターミナル駅)は、海外に比べて格段に大きいと思うので、初めて日本を訪れた人は予想より格段に大きい駅でマゴマゴしがちだと思われます。

障害がある方に対する情報発信をもっと積極的にすべきなのでしょうね。既に情報は各国語で発信しているようですから、もっと知ってもらう努力をしたり。旅行していて凄く思うのですが、結構な割合の人が全然下調べもせず、ガイドブックも持たずに旅行するので、現地でいきなり携帯で検索したり、インフォメーションに頼って旅行する人も念頭に置いて情報を発信する必要があるのでしょう。

日本は決して他の国に比べて遅れをとっていると個人的には感じていませんが、言語の壁が大きいので、精神的な壁も大きくなりがちなのでは?と思います。あと標識が丁寧で細かすぎるので却って分かりにくくなっている気がします。ピクトグラムとかですっきりさせて、全ての出入り口に情報を表示すると良い気がします。オリンピック/パラリンピックが迫ってきましたね。頑張れ、日本!
**********************************************************************
さて、今回はノッティングヒルにあるレシピ本ばかりを集めた本屋さん『Books for Cooks』でレシピを試す為に提供されるランチを食べた話題です。
2019-04-04 13.05.51.jpg
ロンドンに移ってまだ短期アパートに滞在しながら住処を探し求めていた頃、この本屋を訪れてレシピ本を購入したことは以前ブログに書きました。その際には午前11時頃訪れてしまい、カフェは正午からしかオープンしないと言われて諦めました。

今回用事で近くまで訪れて、ふとその事を思い出し。時計を見ると午後11時50分。丁度良いので駄目で元々と本屋さんの後ろにあるテストキッチンを再訪しました。
2019-04-04 12.08.03.jpg
この本屋にあるカフェは『テストキッチン』と呼ばれていますが、それと言うのも本屋さんで実際に売っているレシピ本からレシピを選んで、試しに作り、お客さんの反応を確かめているから。つまりレシピを実際にテストするために料理をして提供している訳です。

その為、用意されているテーブルはごく僅か。午後11時50分に訪れたら、2人掛けのテーブルに既にお客様が一人座っている席に相席するよう指示されました。席が限られているこのカフェでは、相席が基本のようです。お店の人の指示に従って座る必要があるので、勝手に座ると席の移動を指示されて動く羽目になります。
2019-04-04 12.28.15.jpg
相席になった女性に聞いたら、私が訪れた日は凄く寒くて天気も悪かったので、この店では奇跡的なほど空いていたそう。普段は受付と同時に席が埋まり、席数分しか料理も用意されていないので、その時点で座れなかった人は諦めるしかないとのこと。

その為、余裕を持ってお店に到着するのが鉄則だそうです。しかもテストキッチンなので、メニューは1つのみ。黒板に書いて貼り出されていますので、メニューを見て気に入らなければ諦めるしかありません。
2019-04-04 12.49.49.jpg
メニューは、前菜+メイン+デザートで、デザートだけは4種類あって選択が可能。またデザートは持ち帰ることができます(多くの人が持ち帰っていました)。そのセットメニューで£8/人と、ロンドンにしてはお得感がある値段設定です。

常連さんによると、ベジタリアンメニューは火曜日のみ。また金曜日はメインが魚料理と決まっていて、人気が高く、席を確保するのが激戦になるそうです。
2019-04-04 12.53.17.jpg
デザートを頼む際に、ドリンクの有無も聞かれます。ドリンクは何を頼んでも£1みたいでした(少なくとも私のラテは£1でした)。

相席になったロンドナーとお話できますし、お手頃価格でコース料理が気軽に楽しめますし、可愛らしい本屋さんですし、ブランチやランチにいかがでしょうか。旅の思い出にもなりそうな食事だと思います。ポートベローマーケットにあるので、観光ついでに立ち寄りやすい立地でもあります。

Books for Cooks
4 Blenheim Crescent, Notting Hill, London, W11 1NN
Tel 020-7221-1992 Fax 020-7221-1517
テストキッチンについては時間も何も掲載されていませんが…本屋さんのHPはこちら
posted by london-twosome at 01:20| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

SoHoのベトナム料理屋『Keu』

朝焼けが綺麗な火曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温は19℃。昨日は2月としては記録的な暖かさ(21℃)を記録したそうですが、本日も引き続き春みたいな陽気になるようです。ロンドンの観光局の運営するサイトでは早速アイスクリーム特集をしていましたし、実際BBCを見ていると多くの人がアイスクリームを購入しているようで、公園で日向ぼっこをしながらアイスを舐める人たちの映像が流れていました。週末には10℃位まで下がるみたいなので、風邪を引かないようにお気を付けください。でも今日は外でポカポカと過ごせますね。

ロンドンで人気の自転車シェアのシステム。実際近所でも乗り回している人を頻繁に見掛けます。ボランティア仲間もボランティアへの往復に利用している人が多かったです。ですが最近自転車を借りる為に支払いをしている場所でブラブラして、支払いを完了した人のレシートにプリントされる入力コードを盗み見て、本人が入力して自転車を借りる前にさっさと他の自転車を借りてしまう「バイク・サーフィン」と呼ばれる詐欺が横行しているそうです。支払いをした本人はシステムエラーだと勘違いして、もう1回支払いをして自転車を借りてしまい。後々多額の請求が来て初めて詐欺に遭ったことに気付くとのこと。

盗んだ人が普通に自転車に乗って返すだけであれば然程多額にはなりませんが、長期間借りられたり、自転車を損壊されたり、返却されなかったり(頻繁に起こるらしい)すると、最高£300が請求されるそうです。被害が多いのは観光客が多いエリアにある自転車シェア。とは言え、利用される際には周りに人がいないかよく確認する癖をつける必要がありそうです。ATMと同じですね。
**********************************************************************
さて、今回はSoHoにあるベトナムのストリートフード(屋台飯)を提供するカジュアルレストラン『Keu』です。
2019-02-23 15.00.33.jpg
このお店はショーディッチにある1号店を見掛けたことはありますが、入ったのはSoHoの店舗のみ。近くで用事があったのでランチに一人で訪れたのですが、美味しくて気に入り。夫と二人で近くに用事で訪れた際に、早速再訪しました。
2019-02-06 11.59.32.jpg
このお店はショーディッチで人気を博しただけあって若者のファンが多そう。店内も若者が中心の客層です。
2019-02-06 12.01.34.jpg
テイクアウトもできますが、店内で食べる場合は席に注文を取りに来て食事を席まで運んでくれるレストランのような形態。窓際にカウンター席がずらりと並び、テーブル席は大きめのテーブル。割といつ訪れてもは座れそうな余裕があります。
2019-02-23 14.28.21.jpg
カウンター席があるので一人でも居心地よく食事できましたし、夫と二人でものんびり食事できましたし。テーブルでは若者グループが食事をしています。場所柄観光客も多そうですが、地元の若者や私達のように海外で生まれ育って現在はロンドンで暮らすアジア人もお客として多そうに感じました。
2019-02-23 14.28.26.jpg
サービスは担当者によってばらつきがあります。愛想はよくないことが多いですし、直ぐ気付くという感じでもないですが、さっさと対応はしてくれるので可もなく不可もなくといった印象。待たされることはないので良しと言った感じです。

食事はストリートフードを謳っているだけありバインミーが人気みたいですが、全ての種類に辛いことを表す唐辛子マークがついたいるため辛い物が苦手な私は慄いてまだ試せていません。バインミー大好きなので、その内夫と訪れてトライしたいとは思っているのですが。
2019-02-23 14.32.08.jpg
丼物は、ウナギのたれみたいな甘いたれがかかっており、個人的お気に入りは皮がパリッパリに焼かれている豚が乗ったもの。皮が香ばしくて美味しく、たれがもう少し少ないか、白菜がもう少し多く乗っていると尚美味しいかもと思いました。

2回目に訪れた際に頼んだつけ麺は抜群に美味しかったです。香ばしいごま油の香りが食欲をそそり、プリップリのワンタンやさっぱりしたスープも美味。ただお腹に溜まらないので、麺だけだと直ぐお腹が空いちゃいそうでした。それで周りの若者は肉まんとか一緒に頼んでいたんだと納得したのでした。
2019-02-23 14.32.29.jpg
メインが£10前後なのもお手頃ですし、1人でも利用がし易いですし、便利な場所にあって居心地が良いのでこれから頻繁にお世話になりそうです。トイレもありますし、観光のついでにも寄りやすい立地だと思います。個人的には中華街よりもこちらをお勧めしたい、そんなお店です。

Keu
9 POLAND ST,LONDON, W1F 8PY
メニューや多店舗情報等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 01:42| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

テート・モダン近くのラーメン屋『Tonkotsu』

今朝も霧が出ている日曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。風も弱く、太陽が出て、最高気温は16℃。最高の行楽日和に恵まれそうです。昨日は日向に居れば長袖1枚でも大丈夫な暖かさで、皆さんこぞって公園や歩道のテーブルに繰り出して日差しを楽しんでいました。

今日は調子が悪いので、早速本題です。
**********************************************************************
さて、今回はテート・モダンの近くにあるラーメン屋『Tonkotsu』です。
2019-02-16 16.42.57.jpg
先日週末にテート・モダンを訪れた際、折角メンバーになって割引も使えるんだし、テムズ川が見えるロケーションで気持ちよさそうだし、初めてなんだしテート・モダン内のカフェでランチをしようと気軽に考えていました。いつ訪れても混んでいる印象は持っていたのですが、その日は午後3時過ぎに着く予定だったので、流石にピークは過ぎているのでは?と軽く考えていた訳です。
2019-02-16 16.03.48.jpg
しかしいざ着いてみると入る気にもならないほどの混雑ぶり。仕方なく近くでランチ処を探すことに。
2019-02-16 16.03.59.jpg
周りはオフィス街でもあり、食事処は確かに沢山あったのですが。Paulに入ったら目の前で最後の空席を取られ。LEONやなーんちゃって和食チェーン店は軒並み満席。イタリアンは結婚式で貸し切り。ピザの気分ではないし…と弱り切ってしまいました。
2019-02-16 16.06.36.jpg
そんな折目に入ったのが豚骨ラーメンのチェーン店。思ったよりも高価なランチになってしまうけれど背に腹は代えられないと入店しました。

このお店はバタシーでも見たことがありましたが、ロンドンに10店舗を構えるチェーン店。豚骨ラーメンが売りではあるようでしたが、他のラーメンもありましたので私のように豚骨ラーメンが特別好きでない人でも大丈夫でした。
2019-02-16 16.19.53.jpg
お店はお洒落で、店員さんは感じが良く効率的な接客をしてくれました。ロンドンでは、ラーメンは最先端の仕事をしている人たちやちょっとお金に余裕がある新しい物好きな人達が食べに行く流行の食べ物という雰囲気だと思うのですが、このお店は如何にもそんな雰囲気。パンクな格好した若いカップルがいるかと思えば、かっちりジャケットとワンピースで決めた落ち着いたご夫婦が食事をされていたり。
2019-02-16 16.19.57.jpg
トイレも清潔で、ビールを飲んだら£30超えてしまうしっかり値段に見合った雰囲気とサービスでした。肝心のラーメンですが、夫の醤油ラーメンは「イマイチ」とのことでしたが、私が食べた季節限定の特別メニューである鳥レモンラーメンはさっぱりして美味でした。餃子も凄く高かったけれど、手作り感があって美味でした。

格別お勧めという程ではありませんが、テート・モダン近くでランチ難民になり、バラマーケットまで行く時間はない…という時には便利だと思います。私達もこれからテート・モダンに行く機会を作るつもりなので、また訪れても良いと思ったラーメン屋でした。

Tonkotsu
4 Canvey Street London SE1 9AN
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 03:05| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする