2018年12月20日

シェパーズブッシュのブランチ処『Proud Mary’s』

現時点では晴れているらしい木曜日のロンドン。本日の予報は午前中は晴れ時々曇り。午後は曇り。日付が変わるころ雨が降り始めるとのこと。最高気温は10℃。1日を通して気温が上下しないようなので、今日も過ごしやすい日になりそうです。

昨日の夕方から今朝にかけてロンドン・ガトウィック空港が閉鎖されクリスマスを前にして移動する人が多い時期だけに大混乱が生じたことがトップニュースになっています。原因は滑走路上で2回ドローンが目撃されたため。今年だけで滑走路でドローンが目撃される事件が92件も起きているそうで、世界中で安全性の問題が取沙汰されているとのこと。広い場所で飛ばしたいのか、写真や映像を撮りたいのか知りませんが、大事故に繋がりかねない犯罪なのだという認識の徹底が必要なのでしょう。それにしても何て迷惑な行為でしょう。テロとかではないことを願っています。我々もこのクリスマス休暇中にガトウィック空港にお世話になる予定なので、冷や冷やしています…。

昨日は洗濯乾燥機の修理屋さんが今度こそ約束通り来てくれたのですが、5分位あれこれやった後「これは完全に壊れてるから直せません。新しい機械と入れ替える必要があるから、こちらから不動産屋さんに連絡します」と非情な宣告。「入れ替えはいつ頃できるんですか?」と聞いても「通常は2・3営業日で出来るけど、大家さん次第だから」とけちょん。不動産屋さんにこちらからも連絡をいれましたが、クリスマス休暇中だし、なんだしで、「年内はきっと問題が解決しないね…」と夫と諦めモード。ニューヨークも大概でしたが、ロンドンお前もか!という感じ。既にコインランドリーのおじさんにも顔を覚えられ、挨拶を交わすようになりました。暫くの間はおじさんと毎日40分過ごす日々が続きそうです。

ニュースを見ていたら、我々が住む地域がロンドンで一番空気が汚いという統計が紹介されていました。朝晩、特に週末の朝下水の臭いが水回りから上がってきて辟易している上に、ニューヨークと違ってフラット自体は禁煙じゃないせいで周りの部屋のタバコの臭いが染み入ってきて悩まされているので、アメリカの貯金をこちらに持ってこれたのを機に思い切って空気清浄機を購入。昨日届いたのですが、開けてみるとプラグがひん曲がっていてコンセントに差すことができませんでした。お陰で返品の手続きを取らねばならず、この忙しい時期に勘弁して!とがっくり。なんでロンドン生活ではこんなに問題ばかり起こるんだろ…と溜息が止まりません。

今日は大掃除の続きをしつつ、返品の為の集荷日がはっきりしないので確認を進めたいと思います。土曜日に心おきなく休暇に入るためにも頑張ります。
*************************************************************************
さて、今回はシェパーズブッシュの近くにあるカフェレストラン『Proud Mary’s』です。
2018-12-08 14.37.11.jpg
このブランチが人気なカフェレストランは、シェパーズブッシュマーケットを散歩した際にランチに利用しました。近くでランチを摂れる場所を探していた際に、地元の人が自分のお勧めを紹介する『Like a Local』でこのお店を紹介している人を発見。居心地が良さそうなのでトライしてみました。
2018-12-08 13.42.05.jpg
シェパーズブッシュ・マーケットを出た目抜き通りを西に5分歩くと、脇道にこのカフェレストランがあります。確かに地元民がお子さんや友達と食事をする場所という感じ。メニューはオーストラリアのカフェ文化を意識しているようでした。
2018-12-08 13.42.16.jpg
然程大きくない店内は木のインテリアでまとめられ、壁には一面の鉢植え植物が飾られたりネオンサインが輝いたりと如何にも健康を意識した今風のカフェらしい内装。お店の人達はフレンドリーでカジュアルな接客をしてくれますし、客層もご年配のカップルや家族連れ、友達グループやカップルまでさまざまでリラックスした雰囲気で居心地抜群。

メニューはブランチメニューが一通り揃っている他、スムージーやフレッシュフルーツジュースなど、ヘルシーな選択肢も豊富。勿論、コーヒーや紅茶も選べます。
2018-12-08 13.53.37.jpg
私はパンケーキ、夫は丼を注文。夫のボウルは健康的過ぎて味がしなくてイマイチだったようですが、パンケーキもずっしりしていてクリームの代わりにサワークリームが添えられていたりと健康志向でしたがボリューム満点で美味しかったです。
2018-12-08 13.53.42.jpg
15分程歩くと日本人の方が経営される日系ベーカリー『Happy sky bakery』があったり、エスニック色満載の通りから可愛らしいお店が並ぶ通りまで楽しい散歩ができます。

Proud Mary’s
1C Oaklands Grove London W12 0JD
お店のFBページはこちら。
posted by london-twosome at 15:53| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

リッチモンドの温室カフェ『Tea house at Petersham Nurseries』

重く雲が垂れ込めている火曜日のロンドン。本日の予報は曇り。正午前後に少しだけ降水確率がありますが、あまり心配はいらなそう。夕方は太陽が出るみたいなので、夕日が楽しめるかもしれません。でもBBCのお天気お姉さんは「夕方から雨が降るかもしれません。ハロウィンを楽しまれる方は傘を持って行った方が安全でしょう」と言っていました。どっちなんでしょう?最高気温は9℃。今日も寒い1日になりそうです。

昨日の給湯器の点検は思ったよりも長い時間が掛かりました。台所やお風呂のお湯を出しっ放しにしたまま点検するので、もったいなくてハラハラ。靴を履いたままお風呂と玄関を行き来するので、板張りだから良いものの…と複雑な気分に。ニューヨークで暮らした時のように、シューカバーを買っておくべきかもと思った次第です。でも契約で洗濯機を動かすことはできないと言われていたので、フラットのハンディマンさんを呼んだのですが、何もせずに帰っちゃいました。一体何だったんだろう…。

映画『アマデウス』を、生のオーケストラ演奏で観るイベントが金曜日に開催されるそうです。この映画は大好きで、サウンドトラックも聞きまくっていたので、行きたくて仕方ないのですが、もう立見席しか残っていないようです。貧血もちの私にとっては、3時間立っ放しは辛い…。もっと早く気づけば良かったです。
*************************************************************************
さて、今回はリッチモンド・パークの目の前にあるガーデンセンター(種苗場)に併設された温室内にある気軽なカフェレストラン『Tea house at Petersham Nurseries』です。
2018-10-14 12.50.19.jpg
このカフェレストランも、ワイルドガーデンを紹介したガイドブックに載っていたので、わざわざ足を運んだ食事処。訪れた日は冷たい土砂降りの日で、寒いし足元は悪いしで園内を散策できずにとっても残念だったのですが(家を出た時は雨が降っていなかったので、あんな土砂降りに見舞われるとは思っていなかったのです)、ガーデニング用の種や植物を育てて販売している広いお店です。
2018-10-14 12.53.00.jpg
コベントガーデンにも店を構えている有名店らしく、イベントのフラワーデザインとかも手掛けているみたい。リッチモンドのお店は自然の中にあり、カフェは人気で2週間前でも全然予約が取れずに諦めました。
2018-10-14 12.21.00.jpg
ティーハウスは午前9時から営業しているものの、午前10時からしか軽食は提供されず、ランチを注文できるのは正午から。その為、正午ぴったりに訪れたのですが、温室内はほぼ満席に近い状態でした。土砂降りじゃなかったら、席を確保するのは難しかったかもしれません。とっても人気のお店みたいです。
2018-10-14 12.21.18.jpg
注文/支払いは通路を挟んで向かい側にある小屋でして、自分でお盆に載せて温室まで運んでくるセルフサービス・スタイル。席を確保してから、1人ずつ食事を買いに行きました。
2018-10-14 12.22.29.jpg
温室内は一応暖房が効いていたみたいでしたが、寒かったので上着は着たまま。丁度食事を運んだ際には小降りになっていたので支障はありませんでしたが、雨だとお盆で両手が塞がって、食事を運ぶのが大変な気がします。混むのでしょうが、やっぱり天気の良い日に訪れた方が楽しめるロケーションだと思います。
2018-10-14 12.53.32.jpg
ティーハウスにはペットを連れて入ることが許可されているので、席に犬を連れてきている人も多くいました。お子さん連れの団体さんが奥に陣取って立食パーティー状態で楽しんでいたり。女性同士でお茶をしつつ話し込んでいたり。お年寄りのカップルが食事をしていたり。若者グループがわいわいしていたり。色んな年齢層の、色んなグループがいました。カジュアルで、肩肘張らない雰囲気です。
2018-10-14 12.55.31.jpg
食事は素朴で、捻った所が無く、作り立てで、しみじみ美味しかったです。が、いかんせん寒いので、ポットに入った紅茶もスープも直ぐに冷めてしまいました。
2018-10-14 12.56.16.jpg
トイレは通路の向かい側に4つほど個室があります。ちょっと並びましたが、割と清潔ではありました。外にあるので、リッチモンドを散策している時にトイレを借りることもできそうでした。
2018-10-14 12.56.29.jpg
部屋に飾るグリーンを買って帰りたかったのですが、雨の中運ぶのは大変なので断念。でもお洒落な植木鉢等の小物も充実していたので、インテリアを選ぶのも楽しそう。
2018-10-14 13.04.19.jpg
長靴も穴が開いて捨ててしまったので手持ちがなく、足元が悪すぎて園内を見て回れなかったのが残念。種類豊富な苗木や鉢植えが販売されていたみたいで、見て回るだけでも植物園のような楽しみ方ができそうでした。晴れた日にリベンジしたいです。
2018-10-14 13.03.11.jpg
リッチモンドの地下鉄駅から徒歩20分~30分。Dysartというバス停からは徒歩3分といったところ。リッチモンド・パークはDysartのバス停の目の前ですし、周りもテムズ・パスやネイチャー・パスが多くあり、自然豊かな気持ち良い場所にあります。
2018-10-14 12.57.02.jpg
但し、殆どの人は車で訪れるようでしたので、駐車スペースを確保するのは大変かも?混んでいると少し離れたジャーマン・スクール前の駐車場に停めるよう指示されるみたいでした。
2018-10-14 12.56.39.jpg
歩きたくなるネイチャー・パス。

2018-10-14 13.08.16.jpg
目の前にある小さな教会。

2018-10-14 11.55.15.jpg
教会の入口に花の飾りつけ。結婚式でもあったのでしょうか。

2018-10-14 11.55.33.jpg
墓地も美しい。

2018-10-14 11.56.47.jpg
Tea house at Petersham Nurseries
Church Lane, Off Petersham Road, Richmond, Surrey, TW10 7AB
営業時間、メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 05:35| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

チェルシーの地中海風カフェ『Cafe Zefi』

曇りの火曜日のロンドン。でも予報では段々と雲が晴れて、日中は最高気温が21℃の晴れて気持ち良い1日になる予報です。昨日は結局全然太陽が出なかったので、今日は晴れてくれると嬉しいです。

まだ入居して2週間にもかかわらず、早速光熱費の請求書が届いたので、銀行からの引き落としの手続きを取ったのですが。週末「お手続きありがとうございます。引き落としに切り替えるのに11月中旬までかかります」という手紙が届きました。そこで慌てて届いている請求書の支払いをしに行ったのですが、近所のお店は金額を聞いたうえで「今機械が壊れてるから支払いができない」と言い。仕方なく少し離れたお店に行くと、「現金でしか支払いができない」の一点張り。理由を聞いても、全然答えてくれませんでした。怪しすぎる…。

その後、カードを郵送するために郵便局に足を運んだのですが。それなりに規模がある町の郵便局なのに窓口が2つしかないので、長蛇の列。やっと窓口に辿り着くと、防弾ガラスで遮られている向こう側の職員さんが話す声を届ける筈のインターコムが壊れていたらしく、指示が全然聞こえず何度も聞き返す羽目に。だからこんなに列が長くなるんだ!と、なんともゲンナリした気分になりました。

ロンドンって、そこかしこに財政難なのかな?と思わせる節があるんですよね…。もっと効率が良い街なんだと勝手に想像していましたが、ニューヨークとどっこいどっこいな気がしてきました。はぁ。
**************************************************************************
さて、今回はチェルシーのギャラリーやインテリアショップが並ぶ可愛らしい通りにある、カジュアルながらも野菜がたっぷりと摂れるカフェ『Cafe Zefi』です。
2018-09-10 12.29.02.jpg
このカフェはV&Aから10分程スローンスクエア方面に歩いた細い通りにひっそりと佇んでいます。ミシュランの建物のすぐ傍。中庭に面したガラスの扉と天窓から差し込む日差しで、のんびりと食事が楽しめるリラックスしたお店です。
2018-09-10 11.35.50.jpg
料理は中東系か地中海系だと思います。ショーケースにその日の総菜とサラダがずらりと並んでいるので、好きなメインとサイドディッシュやサラダ数種類を選んでいくスタイル。朝は朝食メニューがあるようでした。
2018-09-10 11.35.39.jpg
美味しそうなケーキが並ぶショーケースと生ジュース&スムージーのメニューもありますので、ドリンクやデザートだけでも使えます。2階にトイレもあるので、V&Aやキングス・ロード、サーチギャラリー等を観光するついでに立ち寄るにも便利な立地だと思います。
2018-09-10 11.38.17.jpg
凄く美味しくて心に残るといった食事ではないのですが、何を食べても新鮮でしたし、居心地が抜群に良かったので気に入っています。バラバラの家具が使われた誰かのリビングルームのような店内も、リフレッシュできる中庭も。お店の人のカジュアルな接客も、肩の力が抜けてほっとする感じでした。
2018-09-10 12.03.52.jpg
店内は静かなので会話を楽しみながら食事するのにもぴったり。そのせいかPCを持ってきてミーティングしながら食べている人や、カップルでしっぽり食事する人、友達とお喋りを楽しむ人、家族で賑やかに食事する人、と色々な人がいました。
2018-09-10 12.07.04.jpg
場所が場所だけに、それなりの値段設定だったという印象です。ディナーは2人で£38くらいした記憶がありますし。ランチもスムージーを頼んだので£20は優に超えていたと思います。でもチェルシーに行ったら、また訪れたいと思ってしまうカフェです。

Cafe Zefi
103 Walton Street, London SW3 2HP, England
お店のHPは見付けられませんでした。通りの向かいにあるレストランのFBページはこちら
posted by london-twosome at 02:40| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする