2020年08月04日

ブリックレーン『鮨翔』からテイクアウェイ

晴天の火曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。但し正午頃と夜、降水確率が少しあるので雨がぱらつくかもしれません。最高気温は23℃。今日から週末にかけて段々と気温が上がっていくようなので、対策をしてお出掛けください。
IMG_3548.jpg
第2波がいつか、というのが専ら最近のニュースです。早ければ来週末位に始まってしまうのでは?と危惧されていますが、現時点での一番の心配は9月から再開される公立学校。

イギリス政府が導入した追跡システムは上手く機能しておらず、第2波が来たらトレースできないと言われています。とは言え、学校再開は人命を守る次に優先されるべき事項に挙げられているので、学校の再開を確実にするためにパブの営業を再度禁止しようという案まで飛び出している様子。
IMG_3550.jpg
でも確かに学校は大事ですよね?イギリスでは既に2人の若者が未来を悲観して自殺していますし。若者の精神を守ることだってとても大切で、その為には学校の再開も欠かせないのだと感じます。
IMG_3551.jpg
しかし第2波が来たら、今までの70歳以上ではなく、今度は50歳以上は外出禁止&外部の人との接触禁止の措置が取られる模様。そうなると夫は該当してしまうので、私が体調を崩したら代わりに買い物を頼むことができなくなります…。今のうちから必要最低限の食料と生活必需品は備蓄しておく様にしないと。
*****************
さて、今回はブリックレーンにある正統派和食処『鮨翔』からテイクアウェイをした徒然です。
IMG_3532.jpg
以前も登場したロンドンに住んで長い日本人のボランティア仲間からの情報を頼りにしています。特にロンドンはニューヨークと違ってびっくりするくらい口に合わない、なんちゃって和食がまだまだ多い印象なので、美味しい和食情報はちょこちょこ教えてもらっています。
IMG_3550.jpg
そんな彼女が勧めてくれたお店の1つがこの『鮨翔』でした。それまでエンジェルのお店の前を通ったことしか無く、偶イギリス人のお客様しかいなかったので、『繁盛してるけど、本当にちゃんとした和食なのかな?』と疑っていたのですが(ごめんなさい!)。
IMG_3531.jpg
料理上手で関西出身&舌が肥えている彼女が言うのであれば間違い無かろうと、イズリントンにあるお店でランチ。とっても美味しいお寿司をリーズナブルに楽しめた上に、小さなスーパーが併設されているので『Ichiba』よりもお手頃価格で日本の食材を購入できたのも非常にポイントが高く。

以降、用事でブリックレーンを訪れる際には必ず立ち寄る、お気に入りの和食店になりました。そんな訳で、先日夫が用事でイズリントンを訪れた際にも、和食のテイクアウェイをリクエスト。
IMG_3530.jpg
本音を言えばお寿司が食べたかったのですが、夏場に片道1時間掛かる道を持って帰る訳にもいかず、泣く泣く丼と卵焼き&いなり寿司をお願いしました。

ついでにお豆腐と納豆も買ってきてもらい、久し振りに和食が食べられてとても嬉しかったです(近所に豆腐を販売するお店があったのに、ロックダウンが始まってから何故か入荷されなくなりました)。またお店で寿司が食べられる日が来ることを願っています。

Sushi Show
136 Bethnal Green Road London, UK E2 6DG
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 14:22| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

ハマースミスのクレープ屋『LA PETITE BRETAGNE』

曇天の土曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は26℃で、大体昨日と同じ位まで気温が上がる予報です。昨日は暑かったですね〜。帽子にマスクで出かけたら、マスクが蒸れて汗だくになりました。それに変質者みたいですしね…。
IMG_3445.jpg
7月25日からジムの営業許可が出ました。完全予約制にして利用者を制限したり、時間が来て利用者を交替する際にディープクリーンするなど対策をしてくれているようですし。ロンドンは感染者と死者が減っては来ているので、開いたら利用してみようと思っています。なにしろ1月中旬からずーっと泳げてませんから…。
IMG_3397.jpg
なるべく更衣室は利用しないよう要請されているので、パパっと水気をとったら帰宅してシャワーを浴びる予定なので、服も濡れてしまうだろうし、洗濯物が増えてややこしくはあるのですが。泳げると腰の調子が随分良くなるので、待ち遠しいです。予約が取れるかも問題ですが。
IMG_3394.jpg
明日は雨が降る予報なので、今日存分に散歩を楽しみたいと思います。
*****************
さて、今回はハマースミスのハマースミス&ザ・シティー線の地下鉄駅目の前にある本格クレープ屋『LA PETITE BRETAGNE』です。
IMG_1975.jpg
ずーっと訪れたいと思いつつ、いつ見ても混んでいるので試しそびれていたガレット/クレープ屋。週末の朝早めの時間にはテーブルに空きがあったので、ブランチをすることができました。
IMG_1972.jpg
このクレーパリーは本場ブルターニュ風らしく(ブルターニュに行ったこともなければ、クレープをよく食べるわけでもないのでお店の申告を信じてます)、お食事ガレットはそば粉の生地&デザートクレープは小麦粉生地。
IMG_1971.jpg
通常はおかずガレット+デザートクレープ+ドリンクのセットがあるのですが、現在はパンデミックの影響でセットは注文できなくなっています(HPのメニューにはありますが、質問したら断られました)。でもガレットだけでもお腹一杯になると思います。
IMG_1973.jpg
店内には窓際にカウンター席、6人位座れる大テーブル1つと、2人用テーブルが幾つか配置されています。ブルターニュ名物のシードルをはじめとするアルコールやコーヒードリンク類、ソーダ類を飲みつつ、ガレット&クレープを味わえます。
IMG_1974.jpg
平日のランチ時は働く人達で混み合いますし、場所柄大グループで食事している人達も多かったです。現在はガラーンとしていますが、テイクアウトもできるので、COVID-19が心配な方でも安心して本場の味を自宅で味わうことが可能です。
IMG_3364.jpg
このお店のガレットはとっても香ばしく風味豊か。テイクアウトして家まで帰る間中、食欲をそそる香りがしていたので我慢するのが大変でした。
IMG_3365.jpg
家についた頃には冷めてしまっていたのですが、それでも美味しく。夫も「ここのガレットは香りが良くて美味しいね」と満足そうでした。
IMG_3366.jpg
デザートに選んだのは塩キャラメルのクレープ。こちらは生地がしっとりして、ソースは甘くとっても美味しかったのですが。持ち帰る間に箱が傾いたようで、ソースが箱から染み出してベトベトして、少し後処理が大変でした。

テイクアウトしても美味しかったですが、できればできたてをお店でまた食べたいものです。次はシードルも飲んでみたいな、と思っています。

LA PETITE BRETAGNE
5-7 Beadon Road, W6 0EA
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。現在はクリック&コレクトが出来る様になっている筈なのですが、私が購入した際には利用できませんでした。時間の問題なのでしょうか?
posted by london-twosome at 01:05| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

フラムのオーガニックベーカリー『Little Sourdough Kitchen』

朝から風が強く曇天の土曜日のロンドン。本日の予報は曇り時々雨。風が強めで午後4時まで厚い雲に覆われるようです。最高気温は22℃。最低気温が17℃までしか下がらないのが、ロンドンにしてはムシムシと暑い感じかもしれません。
IMG_3220.jpg
今日はスーパーサタデーと呼ばれ、一斉にサービス業(レストラン・パブ・ヘアサロン等)がオープンするので、昨晩から叫び声を上げて喜んでいる人達が居ました。飲みすぎて急性アルコール中毒になったり、酔っ払って喧嘩したり、活動して怪我をしたりする人がお正月と同じ位多く出るのでは?という予想の下、救急医療や警察が厳戒態勢なのだそう。まだまだ1日の死者が150人前後をウロウロしている状況です。皆さん、はしゃぎ過ぎて羽目を外されませんように。
IMG_3214.jpg
一昨日突然バスルームの電気が点かなくなり、急遽修理を依頼。翌日の夕方用務員さんが訪れてくれたのですが、それまで窓のない真っ暗なバスルームを利用する際にはモバイルを持ち込んでライトを利用したりしていて、とても不便でした。結果的にワイヤレスの灯りが故に、スイッチパネル内には電池が埋め込まれていて、電池切れだっただけ。電池を交換したら直ぐに電気が点くようになりました。原子人間の私は灯りがワイヤレスという発想自体がなかったので、へぇ〜と感心すること頻りでした。時代は変わりましたねぇ…。
*****************
さて、今回はロンドンの西にある閑静な住宅街フラムの端、ハマースミスとの境にあるオーガニックのサワードウを販売する小さなベーカリー『Little Sourdough Kitchen』です。
IMG_3378.jpg

IMG_3219.jpg
このベーカリーはまだロックダウンが始まる随分前、週末に長い散歩をしていた際に偶然前を通りかかって見つけました。その頃は地下で焼き上げたパンを1階にある店舗で棚にそのまま置いて販売しており。
IMG_3218.jpg
午後1時過ぎに訪れるとパンが完売して買えないことが多く、実際にサワードウのパンを購入できたのは数えるほどでした。仕方なくこちらもサワードウで手作りしているクロワッサンを買ったり、どうしても買いたい時は朝わざわざ足を運んだり。
IMG_3217.jpg
でもここのパンを購入して食卓に並べると、夫が「これ美味しいね」と必ずコメントしてました。サワードウで作っていると言っても酸っぱくなく、外はパリッとしていて中は程よくしっとり。
IMG_3185.jpg
香ばしい粉の香りが良くして、滋味溢れて、サンドイッチにしても良し、トーストしても良し。でも焼き立てを買って切っただけで食べると、適度にもちっとして、とっても美味しく。
IMG_2968.jpg
ロックダウンになってテイクアウトも外食も全くできない状況が100日以上続いた中で、このベーカリーのパンを朝買い、ランチは切ったパンに野菜やチーズ、ハム等を思い思いに乗せてオープンサンドにして食べるだけで幸せで。ロックダウン中の週に1度の手抜きなんだけれど幸せランチの定番になっていました。

ロックダウンが始まる直前にはイートインコーナーもオープンし、店内でコーヒーを楽しみつつ、日替わりで3種類程置かれている菓子パンや2種類程並んでいるケーキ、クッキー数種にティラミス等と、サンドイッチやピザを食べれたようでした(気付いて直ぐにロックダウンになったので、食べたことがないのです)。
IMG_2878.jpg
ロックダウン中は彼方此方買い物に行けない我々のために野菜や卵、パスタやコーヒー豆、オリーブオイルなんかも販売してくれたので、ここだけで買い物を済ますことができたので非常に感謝しています。が、通常の状態に戻ってきても、オリーブオイルやパスタ、チーズなんかは継続して販売しています。

このお店のクロワッサンは、サワードウの割には美味(個人的には外側がもっとパリパリしているのが好みですが、サワードウでここまで美味しいのは珍しく感じます)。クッキーは凄く素朴な味で、イギリスっぽくないボソボソとした食感ですが、そこはかとなく懐かしく、手作りの味。
IMG_2876.jpg
シナモンロールは、甘〜くて美味しかったです。店員さんも皆さんハキハキ明るくて、気持ち良い接客。

頑張っている個人商店を応援できますし、個人的にはFabriqueとLittle Sourdough Kitchenが今のところ2大お気に入りベーカリーとなっています。ベーグルならBeigel Bakeが断然好き。
IMG_2877.jpg
この3店舗があれば、満足。そう思うくらいです…と言いつつ、The BakehouseOCTOBER 26も捨てがたい気もしますが。

Little Sourdough Kitchen
237 Munster Road, Fulham, SW6 6BT
お店のフェイスブックページはこちら
posted by london-twosome at 00:51| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする