2020年02月06日

セントジョンズウッドのユダヤ系惣菜店『Harry Morgan』

冷え込んでいる木曜日のロンドン。本日の予報は曇り。でも午前10時迄は晴れ間が覗くようです。最高気温は8℃。昨日も寒かったですが、今日も冷えそうですので温かくしてお出掛けください。

トランプ大統領の無罪評決が確定しましたね。裁判ではないものの、証人も認められず誰も証言をせず、議員が「外国と取引したんだろうけど、大統領が再選されることが公共の為になると判断してやったことなんだから」というような理由を堂々と述べて無罪放免になるというのは。お金と権力があれば何をしても良いと言われたようで、司法や民主主義の根幹を無視したやり方がまかり通る世の中を嘆き悲しむ気持ちです。トランプ大統領の支持率が上がっているというのも…マスメディア等に対する不信感の強さに危機感を覚えます。何とかしないと、民主主義自体の存続が危うくなりそうで怖いです。

今日は午前中と夕方用事があるので、ちょっとバタバタしています。ので早速本題にいきます。と書いてひと泳ぎしていたら、青空だったのにあっという間に霧が押し寄せて真っ白な世界になりました。この時期はこんなことが多かったんだっけ?と既に去年の気候が思い出せない自分にがっかりしている朝です。
*****************
さて、今回はロンドンの北西、リージェンツパークの北西に隣接している閑静な住宅街セントジョンズウッド(St John’s Wood)にあるユダヤ系惣菜店『Harry Morgan』です。
IMG_1654.JPG
用事でセントジョンズウッドに出掛け朝から夕方まで1日拘束されて疲れ切ってしまった時に、夕食を作る元気がなくておかずをテイクアウトしました。テイクアウト専門の惣菜屋の入り口は左側、イートインできるレストランの入り口は右側にあります。
IMG_1657.JPG
訪れたのは平日の午後4時半頃だったのですが、既にレストランで食事を楽しむ人が結構居たので人気があるお店なのだと思います。ニューヨークには多くあったユダヤ系の惣菜を提供するデリですが、ロンドンではあまり見掛けないと思っていたのですが。
IMG_1656.JPG
クラスメイトと雑談していたら「ロンドンの北側に行くとユダヤ系デリが沢山あるよ」と仰っていて。セントジョンズウッドはリージェンツパークの直ぐ北側に隣接しているので然程北という感じもしませんが、でもユダヤ系デリとして1948年からこの場所で頑張っているとのこと。
IMG_1659.JPG
夕食だったのでガッツリ系の惣菜を買おうとチキンのシュニッツェルをメインとして購入し。ニューヨークではジュイッシュブランチの定番だったポテトパンケーキをサイドディッシュに選び。
IMG_1660.JPG
サラダとしてキュウリのサラダと卵サラダをチョイス。シュニッツェルとキュウリのサラダはウィーンでの食事を思い出す味でとても美味でした。
IMG_1658.JPG
ポテトパンケーキはニューヨークの物とは全然違って、揚げられていて油っぽく香辛料も効いていました。Potato Latkesと呼ばれていたので、一言でユダヤ系と言っても、地域によってちょっとずつ味や作り方が違うのかもしれません。
IMG_1636.JPG
Challahとかベーグルとかのユダヤ系のパン類も美味しそうだったので、また機会を改めて試してみたいと思います。リージェンツパークに行く時には、ついでに食事しても良さそうでした。


Harry Morgan
29-31 St John's Wood High St, St John's Wood, London NW8 7NH
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:09| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

フィッツロヴィアのポキ丼屋『Maui Poke』

朝から雨の土曜日のロンドン。今日は1日小雨が降ったり止んだりする予報ですが、少し太陽が出る時間もありそうです。昨日は強い雨が降っていましたが、今日は小雨みたいなので文句言えません。最高気温は11℃。明日からクリスマスイヴまでは雨は降らないようなので、イベントは明日以降にした方が良いかもしれません。クリスマス当日は雨みたいですが、その日は家でしっぽり過ごす方が多いでしょうしね。

昨日の大雨でイギリス南部の多くの場所で冠水する道路が相次ぎ。線路が土砂崩れで埋まってしまい電車が止まったり、道路が冠水した為に車やバスでの移動ができなかったりと、影響が出ました。昨日からクリスマス休暇に入って移動する人も多かった筈で、電車のキャンセルやガトウィック空港への道路が冠水したことにより空の旅にも影響が出て、ホリデーシーズンの頭から混乱が生じたそうです。今朝のニュースによると現時点でも鉄道のダイヤに大幅な影響が出て、遅延やキャンセルが相次いでいる上に、イギリス南部とウェールズで本日も引き続き洪水注意報が発令されていますので、お出掛けの前には必ず道路状況や運行状況の確認をお忘れなく。

折角クラスメイトが色んな情報を送信してくださいましたし、クリスマス翌日のボクシングデーはハイキングをしてクリスマスに食べすぎたカロリーを消費するのがイギリスの慣習でもあるようなので、電車に乗って日帰りのハイキングに出かけられないかな?と思っていたのですが。そもそもボクシングデーは電車が殆ど運行していない上に、この洪水。大人しく近所で散歩することになりそうです。
*****************
さて、今回はリージェンツパークとSoHoの間にあるフィッツロヴィア(Fitzrovia)にあるポキ丼屋『Maui Poke』です。
IMG_0927.JPG
体調が悪かったり疲れていると、どうしても1日外出した夜に買い物に行って料理するのが億劫に感じます。そんな日に夕食をテイクアウトしたのが、このフィッツロヴィアにあるポキ丼屋さんでした。

フィッツロヴィアはロンドンの中心部にあるにも関わらず、比較的静かで落ち着いた町。小さなレストランやカフェも多く、頻繁に足を運ぶ地区です。
IMG_0928.JPG
ニューヨークでは3年ほど前にポキが流行して雨後の筍みたいにポキ丼屋さんがあちこちに登場していましたが、ロンドンでは殆ど見掛けません。スーパーとかで『なんちゃって寿司』は販売されているのですが、ポキ丼はまだまだ定着していないのかな?という印象を持っています。

スーパーやチェーン店で売られているお寿司はお米がパサパサしていたり、健康思考過ぎてイマイチのことが多く。でもわざわざ和食処に予約して寿司を食べに行く訳にもいかず、ちょっとお寿司っぽい物が食べたい気分の時に『ニューヨークみたいにポキ丼屋さんがあると便利なんだけどなー』と思っていました。
IMG_0929.JPG
そんな中フィッツロヴィアを移動していたら、裏道にある可愛らしいお店がカフェではなくポキ丼屋さんだと気付き。ずーっと試してみたいと思い続けていたのですが、先日やっと長い1日の終わりに夕食用のポキ丼をテイクアウトしました。

小さな店内には一応カウンター席が4席(だったと記憶してます)用意されていますが、テイクアウトすることを主眼においていると思われる店構え。トイレは無いと思いますので、旅行のついでに寄るには少し不便かもしれません。
IMG_0930.JPG
ご飯は玄米か白米か選択でき、プロテインはマグロ、鮭、チキン、豆腐。上に乗せる具材は海藻やキュウリ・トマト・枝豆等の定番の野菜等に加え、ハワイらしくパイナップルがあります。

自分で全てを選んでお好みの丼を注文することもできますが、私はお店の人が美味しいと思う組み合わせを頼む方が好きなので、予め具材が全て決められている丼の中から、チキンとマグロを選択しました。ソースも選べたので、スパイシーソースを選択。
IMG_0924.JPG
肝心のポキ丼は、ロンドンの割にはお米がカピカピしてなくて割と美味しかったです。でもちょっと味が濃すぎるかな?と個人的には感じました。凄くお勧めもしませんが、また買っても良いとも感じました。お米に飢えている時には使えます。

Maui Poke
23 Gosfield St, Fitzrovia, London W1W 6PJ
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 16:38| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

ブリックレーンのロンドン・バイガル店『Beigel Bake』

小雨が降ったり止んだりして1日が終わろうとしている月曜日のロンドン。今日は盛り沢山の1日でクッタクタです。これから手抜きとはいえ夕食を作ったり、洗濯したりせねばなりませんので、早速本題です。
*****************
さて、今回はイーストロンドンのブリックレーンにあるロンドンのバイガル(bye-gullという発音だそうで、アメリカでいうベーグル)と言えば!という存在である2大巨塔の1つ『Beigel Bake』です。
IMG_0021.JPG
ロンドンには、ニューヨークともモントリオールとも違う、ロンドン独自のバイガル文化が古くからあるようです。前々から気になってはいたのですが、TimeOut誌にエッセイが寄せられており、それを読んでから尚更試したい熱が高まっていたのですが、いつ通りかかっても大行列で待つのが嫌いな私は諦めてばかりいました。

ブリックレーンに2軒並んで建っているバイガル屋さんは、どちらがより歴史があるのかも判然としないようで。どちらのお店にも熱烈なファンがいるみたいです。
IMG_0041.JPG
しかし先日用事で訪れると、雨で寒い平日の午前中だったせいか4人しか人が並んでおらず。チャンス!とばかりに、私から見るとどちらかといえば人気があるように感じられる『Beigel Bake』に入店。

1個30ペンスという安さとなかなか入手できないレアさに影響され、10個もまとめ買いしてきました(〆て£3。安いですね〜)。因みにこのお店は現金のみで、カードは使えません。そのつもりでキャッシュを用意しておきましょう(目の前にATMがありますが、個人的には路上のATMは避けた方が無難だと思います)。
IMG_0011.JPG
早速その夜食べたのですが、これが本当に美味しかった!ニューヨークのベーグルみたいにモッチモチ(でも顎が疲れない程度)で、モントリオールのベーグルみたいに粉の味と少しの甘みが感じられて、大きさは中間位。

夫と二人で「美味しいね!」と気に入り、10個も購入したのに朝ごはんやお弁当のサンドイッチ、夕食のお供のパンと毎日のように食べて既に無くなってしまいました。
IMG_0007.JPG
今後ブリックレーンに足を運ぶ際には、少し並んででも購入すると思います。何故かバイガルの写真がアップロードできていませんでした…ので肝心のバイガルの写真はありません。ごめんなさい。

Beigel Bake
159 Brick Lane London, United Kingdom E1 6SB
お店のFBページはこちら
posted by london-twosome at 02:57| Comment(0) | テイクアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする