2019年11月27日

フォークストン・ブックフェスティバル

朝から雨が降っている水曜日のロンドン。本日の予報は1日雨が降ったり、止んだりというロンドンらしいもの。時々太陽が顔を出すようです。昨日もそんな感じだったので、同じような天候なのかもしれません。最高気温は12℃。濡れて風邪を引かないようお気をつけください。

明日はサンクスギビング。友人がパーティーに誘ってくれたのですが、仕事も学校もある中でウィーンまで行くことはできないので泣く泣く断念。クリスマス時期のウィーンに足を運んだことがないので1度は行きたいのですが、仕事が忙しい時期でもあり、ロンドンではストライキ等で頻繁に交通機関が止まる時期でもあり、なかなか実現できません。来年3月頃学校の春休みがある筈なので、その時にでも友達カップルと既に3歳になるお子さんに会いに行きたいのですが、どうなることやら。ドイツの友人も訪ねたいんですよね…ベルリンも絶対に旅行したいし。時間やお金の遣り繰りがつきません。皆さんEU内なら数日で気軽に訪れているのですが、なかなかそこまで気軽に国際旅行をする事ができません。歳なのか、なんなのか。

サンクスギビングの日はエクササイズクラスの日なので外食はできず。でも何もしないのも寂しいので、今年もデザートを購入してささやかにお祝いしようと思っています。休みじゃない木曜日だとお祝いするのも大変です。
*****************
さて、今回はロンドンから電車で約1時間(鈍行であれば1時間半)南東に行ったケントの海沿いの町フォークストンで開催されたブックフェスティバル『Folkestone Book Festival』に足を運んだ感想です。
IMG_0163.JPG
毎週聴いているポッドキャスト『Postcard Academy』のホストは現在ケントの海辺の町『フォークストン』にお住まいです。彼女が度々フォークストンの良さを発信していたので訪れたいと思っていたのですが、先日とうとうフォークストンを紹介する2つのエピソードを配信。
IMG_0280.JPG
その中で毎年11月にブックフェスティバルが開催されることが紹介されたので、元々イギリスのブックフェスティバルに足を運びたいとも思っていた私は飛びつき。早速2週間に亘って開催されるイベントから2つのチケットを購入しました。
IMG_0305.JPG
フォークストンには『Creative Folkestone』という財団があり、貧困にあえぐフォークストンの町をアート/文化を通じて活性化する取り組みをしています。ポッドキャストによればイギリスにおけるパッケージツアーの先駆けの会社をフォークストンで設立して成功したご家族が、町に恩返ししたいと設立した財団なのだとか。
IMG_0219.JPG
空き店舗だらけになったダウンタウンの一部を改装・管理して、インディペンデント・ビジネスやアーティストに限定して安めの家賃で貸出(現在迄に90軒を改装)。80室のフラット(アパート)を管理し、アーティストやミュージシャン、文筆家やポッドキャスター等クリエイティブな職業に就く人々に安価で賃貸。
IMG_0265.JPG
115室のスタジオと50店舗を管理し、スタートアップやインディペンデント・ビジネスを誘致して、クリエイティブ・クオーターと呼ばれるカラフルな一角を作り上げています。その一角にクリエイティブ・フォークストンの本部である『クオーターハウス』もあります。
IMG_0266.JPG
クリエイティブ・フォークストンは、トリエンナーレ等のアートイベントに加えて、毎年11月ころブックフェスティバルも開催しており。毎年テーマを設定して、イギリス国内に留まらない著者やミュージシャンを招待して、リーディングやディスカッション、コンサート等を催しています。
IMG_0233.JPG
今年のテーマは『The Shape of Things to Come』。今回はクオーターハウスで行われた著者のディスカッション『Johny Pitts: Afropean: Notes from Black Europe』と教会での頌歌とクラシカル音楽のイベント『Words & Music Time Machine Events - 1819: England & Austria』に行きました。
IMG_0352.JPG
どちらもとても良かったのですが、特にイギリスの中産階級コミュニティーで黒人として育ったピッツ氏が、6ヶ月に亘ってヨーロッパ各都市を訪れて、ヨーロッパで黒人として生きることの意味を問うたご自身の著書『Afropean』についてのディスカッションは面白かったです。
IMG_0323.JPG
私は日本に生まれ育った日本人であるにも関わらず、何故かいつも『ここでない何処か』に憧れていました。故郷で家族に守られていたのに、いつも居心地が悪く、自分の居場所はここではないというように感じていました。東京で働いていた期間も、あまり東京が好きではないと思い続け。
IMG_0208.JPG
15歳から22歳までアメリカで学生として過ごし、夫の駐在に従って9年間ニューヨーク、1年間ロンドンで過ごしている間もその都市に対する帰属意識は薄いまま。もう既に自分の居場所は心の中(夫の隣とか)にしか無く、何処に住んでも完全に居心地良く感じることはないだろうーと思い始めています。
IMG_0326.JPG
どの国も都市も一長一短があり、結局自分の個性や生活スタイルにその都度一番合う場所に住む以外ないのだと。でも自分の居場所を探す友達を見たり、ベルリンに住む黒人著者が「こんなコスモポリタンな都市を他に知らない。」と他の場所に住むことは考えられないと仰っていたの聞くにつけ、自分にもそんな場所がこの地球上の何処かに存在している/作れるのかも?という考えも拭い去れず。
IMG_0298.JPG
結果その時々に住む場所を満喫するよう努力しつつも、心の何処かで『いつか』という希望が捨てきれません。そんな風来坊の為か、イギリスで生まれながら自分のアイデンティティーを探し続ける著者の話に興味を持ち。
IMG_0342.JPG
実際お話を聞いて、著者が現在はフランスのマルセイユにお住まいで、一歩足を踏み入れた途端「ここだ!」という直感が働いたのだと仰るのを聞いて、やっぱりそんな場所が地球上の何処かには存在して/作ることができるのかな?と思ったり。Q&Aで「貴方のホームは何処ですか?」と質問され「難しい質問ですね…今回このイベントのために故郷に帰省して、初めてもう自分のホームはマルセイユなんだなって感じたんですよ。でもこれからもずっとそうなのかは現時点では言えません。イギリスって面白い国で、良い意味でも悪い意味でも常に驚きがあるんですよね。もう駄目だって思っても、急に思いもよらない進歩を遂げたり。だからいつの日かイギリスに住みたくなるかもしれないという可能性は捨てていませんし、これからも希望を持ち続けると思います。」と答えていたのも唸るものがありました。
IMG_0258.JPG
凄く面白そうな本なので、手に入れて読むか聞くかするつもりです。
posted by london-twosome at 15:32| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

クリスマス・アト・キュー②

気温が8℃あり、少し過ごしやすい日曜日のロンドン。本日の予報は曇り。1日中降水確率が7%あるので、今日も折りたたみ傘を持ち歩いたほうが良さそうです。最高気温は12℃。やっぱり天気がぱっとしないと暖かいですね。明日から3日間雨の予報なので、風邪など引かれないようお気をつけてください。

と言いつつ、昨日から1泊小旅行でロンドンの南東にある町のブックフェスティバルに遊びに来ています。こちらも昨日は生憎の雨。珍しく夜イベントで出掛けることが分かっていたので、昼間は2時間もホテルで昼寝してしまい、まだ町を探検できていません。今日も午後からイベントに足を運びますが、合間に観光したり、ショッピングを楽しんだり、カフェで一休みしたりと満喫したいと思っています。皆様も良い一日をお過ごしください。
*****************
さて、今回は前回ご紹介した王立植物園『キューガーデン』のクリスマスイベント『Christmas at Kew』の風景をお届けします。
IMG_0063.JPG
ライトアップされた木々やスノーフレークのようなライトを過ぎたら、教会を思わせるライトが。

IMG_0062.JPG
アヴェ・マリアが流れていた気がします。大好きな曲で聞き惚れました。

IMG_0064.JPG
紅葉が赤くライトアップされて、燃えるよう。

IMG_0073.JPG
スノーフレークが投影された道を進むと…

IMG_0074.JPG
聖堂みたいなライトが。

IMG_0075.JPG
この光のトンネルではくるみ割り人形が流れていたような?如何にもホリデーっぽくて気分が上がる音楽です。

IMG_0078.JPG
スピルチャルミュージックみたいな不思議な音楽が流れ、炎が揺れる一角。

IMG_0079.JPG
幻想的で静かな心持ちになりました。

IMG_0069.JPG
レーザーでライトアップされたTemperate House。

IMG_0070.JPG
音楽はレナード・コーエンの『ハレルヤ』(Hallelujah)。ホリデーっぽくないような?賛美歌ではあるのだと思いますが。

IMG_0085.JPG
ツリートップ・ウォークウェイを利用したライト。

IMG_0087.JPG

IMG_0089.JPG
写真で観るとその美しさが伝わりませんが、不思議なインストルメンタル音楽と降るような光に囲まれて、妖精の世界に迷い込んだような世界観に浸れました。2人で「キレー」とため息をこぼしました。

IMG_0096.JPG
木々のライトアップと地面に置かれた勾玉のようなライトのコラボレーション。

IMG_0091.JPG

IMG_0095.JPG

IMG_0094.JPG

IMG_0093.JPG

IMG_0092.JPG
コダマに囲まれたみたい。

IMG_0109.JPG

IMG_0112.JPG
虹色の光のトンネル。

IMG_0108.JPG
通り抜けるとレインルームみたいな経験ができます。

IMG_0081.JPG
春になると見事な桜の並木になるTemperate House前は、桜を意識したピンク色のライトアップ。

IMG_0099.JPG

IMG_0100.JPG

IMG_0068.JPG
途中見事な大木のライトアップも。

IMG_0117.JPG
それぞれの木が違う声でハーモニーを奏でるコーラスの林。

IMG_0146.JPG
トレイルの最後はパームハウスの『クリスマス・スペクタキュラー』。

IMG_0125.JPG
レーザーで投影されるスノーフレーク等の模様と…

IMG_0127.JPG
ウォータースクリーンと…

IMG_0144.JPG
音楽を組み合わせた10分位のプログラム。

IMG_0130.JPG

IMG_0134.JPG
見応えがあり、満足しました。準備に2年掛けるというのも納得です。

IMG_0140.JPG
交通整理をしていた女性に「今年のテーマは何だった?去年はフローズンだったのよ」と言われましたが、テーマは何だったんでしょう?ナイトメア・ビフォー・クリスマスやポップソング等、ごちゃまぜだった気がするのですが。

IMG_0149.JPG
posted by london-twosome at 03:26| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

クリスマス・アト・キュー①

少し寒さが和らいでいるように感じる土曜日のロンドン。本日の予報は曇り。今日は夜まで降水確率が高めなので、折りたたみ傘を持ち歩いたほうが安心そうです。最高気温は11℃。10℃を超えるとちょっと楽ですよね。

映画『フローズン2』が公開され、ことある毎に取り上げられています。選挙戦の風刺画もフローズンですし、BBCの朝のニュースでも紹介されましたし、週末の映画を紹介するコーナーでも取り上げられていました。クリスマスのデコレーションや子供達のドレスアップにも影響を与えそうですね。前作の何がそんなに素晴らしいのか分からなかった私としては、今回も飛行機で偶々観る機会でもできない限りパスすると思います。

ボランティア仲間のフランス人女性と雑談していたら、「私は週末を利用してパリに帰ってたの。パリに行くと、ずーっと飲み食いしてるの。フランス人は皆で集まると気が狂ったように飲み食いするのよ!」と笑っていました。「フランスはワイン、チーズ、パンとコールドミートが美味しいから」とのことで、確かにあまり手がかからない食べ物が多いので集まっても負担が軽いですよね。チーズやパンといった手間がかからない食べ物ばかり集めて家族や友達と集まるだけでも、楽しい会話がスパイスになってご馳走に感じそうです。そういう気軽な集まりを大切にしているのが、フランス人やスペイン人がハッピーに見える秘訣なのかも?と思う今日この頃です。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』のクリスマスのライトアップ・イベント『Christmas at Kew』の感想です。
IMG_0055.JPG
冬の間は植物園の訪問者が減ってしまうからだと思いますが、毎年11月下旬〜12月一杯までクリスマスのライトアップのイベントが開催されます。
IMG_0136.JPG
去年も行こうと思って、イベント初日にチケットを調べたら既に完売していました。
IMG_0150.JPG
去年の反省を踏まえ、今年はチケットが販売開始された当日にチケットを購入しました。発売初日であるにも関わらず既にクリスマスに近い日のチケットは数が少なく。
IMG_0053.JPG
夫と話し合って、イベント開始早々に足を運ぶことにしました。発売開始から2週間後ボランティア仲間がロンドンを訪れる甥/姪の為にチケットを購入しようとサイトに行ったら既に売り切れていたと話されていました。
IMG_0118.JPG
このイベントに足を運びたい方は発売と同時にチケットを購入することをお勧めします。
IMG_0054.JPG
因みに『クリスマス・アト・キュー』はキューガーデンのメンバーであっても有料のイベントで、入場時間も決められています。決められた時間内に訪れるよう注意事項が送信されましたので、綿密に計画を。
IMG_0102.JPG
我々は開場の午後5時からのチケットを購入。午後4時45分に入場してゲートが開くまで待ったのですが、これが大正解。
IMG_0057.JPG
ライトアップされたトレイルをくるっと巡るのですが、周りに殆ど人が居なかったので写真を撮り放題でしたし、自分たちのペースでのんびりと見物できました。入場する際にも全然待ちませんでしたが、午後5時頃には長い行列ができていました。
IMG_0060.JPG
私達はカフェ/ショップがあるビクトリアゲートから周り始めたのですが、道沿いにライトと音楽のインスタレーションが設置されています。想像以上に音楽が素敵で、音楽に包まれながら灯りを観るのが先ず楽しく。
IMG_0067.JPG
加えて植物園らしくライトアップされた木々が、葉っぱや枝の美しさが際立って幻想的でした。植物好きの方はライトアップされただけの木々だけでも、とっても楽しめること請け合いです。
IMG_0059.JPG
各インスタレーションの音楽が切れるまで聴き惚れても、1周で1時間15分でしたのでさくっと見物可能。とは言え、各所にクリスマスマーケット風にホットワイン(Mulled wine)、スパークリングワイン、マシュマロ(炙る焚き火付)があるので、仲間や家族でホリデー気分を満喫したり。
IMG_0061.JPG
途中でカフェも営業しているので夕食を食べたり。キューガーデンのグッズを販売している特設ショップがあるので、プレゼントやお土産を調達したり。色んな楽しみ方ができます。
IMG_0083.JPG
加えて小さな遊園地もあるので、お子さんはお話を聞いたり、メリーゴーランドに乗ったりしてました。トイレの表示もはっきりしていて、増設されていたのでトイレの心配も無用です。
IMG_0103.JPG
我々は飲み食いもショッピングも一切せずの1時間15分でしたので、ホリデー気分を目一杯味わったり、セルフィー撮影に時間を掛ける方は余裕を持って計画を組んだほうが安心です。
IMG_0129.JPG
午後6時頃からぐんと入場者が増えていましたので、写真に拘りたい方は早めの時間の方が良い気がしました。
IMG_0101.JPG
訪れる前は半信半疑で経験の為というのりでしたが、夫と2人で満喫し、来年も訪れようと言い合いました。明日はライトアップの写真を中心にお届けします。
IMG_0058.JPG
posted by london-twosome at 02:16| Comment(0) | 行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする