2019年10月22日

キューガーデンの新ガーデン『Agius Evolution Garden』

まだ真っ暗な火曜日のロンドン。今週末夏時間が終わるのも納得の日の短さです。今朝は冷え込んで現在6℃しかありませんが、最高気温は14℃。予報も曇り時々晴れで太陽が出る時間は少し寒さも和らぐでしょうか。金曜日と土曜日に少し雨が降りそうですが、先週までみたいな連日の雨にはならなそうでホッとします。

今日は風邪が悪化してダウンしているので、早速本題です。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)にこの夏新たに誕生した庭『Agius Evolution Garden』です。
IMG_9417.JPG
ダーウィンの進化論に則って、植物がどのように進化してきたかを感じられる、科学と園芸の融合を目指して新たに造られたお庭。オープン直後から行きたいと思っていたのですが、花の盛りだった夏は行きそびれてしまい。秋になってようやく足を運べました。
IMG_9436.JPG
この庭はベジタブルガーデンだった場所に構造はそのままに造られており、進化の過程に沿ってシダ類など原始の姿に近い植物から、どのように枝分かれしていったかを花壇を辿っていくことで感じられます。同じ門や網に属する植物が同一セクションや花壇に集められているので、その類似性を感覚的に掴めます。
IMG_9419.JPG
既に枯れている花も多かったのですが、花の盛りに訪れたら単純にその美しさを堪能できたことでしょう。秋でもウォールド・ガーデン風の庭が十分楽しめました。
IMG_9440.JPG
また隅の方にはベジタブル・ガーデンと果樹が残されているので、秋の実りも見られました。お子さんと一緒に訪れて勉強するのにも良さそうです。
IMG_9435.JPG
原始に近い形の植物から。

IMG_9427.JPG

IMG_9430.JPG

IMG_9428.JPG

IMG_9429.JPG
難しいので日本語で意味を調べても知らない概念。単子葉植物の花壇には、確かこんな植物が植えられていました。

IMG_9433.JPG
モクレン類の説明も。

IMG_9434.JPG
例として植えられていたのはこんな植物だったような…既に自信がありません。

IMG_9420.JPG

IMG_9426.JPG

IMG_9416.JPG

IMG_9415.JPG

IMG_9421.JPG

IMG_9418.JPG

IMG_9423.JPG
純粋に綺麗な花を鑑賞も。

IMG_9431.JPG
真正双子葉植物の説明。

IMG_9432.JPG

IMG_9422.JPG
例としてバラ目やホオズキが植えられていたような…。

IMG_9425.JPG
ワンポイントの植物の見分け方を教えてくれたりも。

IMG_9424.JPG
不思議な色合いのベリーがなる蔦は、確かに葡萄の葉っぱにそっくりです。

IMG_9439.JPG
庭全体の構造はウォールド・ガーデンぽいまま。

IMG_9441.JPG
果樹セクションには、果汁たっぷりで歯ごたえ抜群。とても美味しかった林檎の品種もありました。

IMG_9437.JPG
スクウォッシュ(カボチャ)もまだ少しだけ実ってました。

IMG_9438.JPG
フラムパレスでも野菜畑にマリーゴールドを植えてましたが、コンパニオンプランツなのでしょうか?

IMG_9443.JPG
posted by london-twosome at 01:34| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

2019年10月第3週のリージェンツ・パーク

朝は冷え込んでいる金曜日のロンドン。本日の予報は午前9時と午後4時〜6時を中心に降水確率が高く、それ以外の時間は曇ったり、晴れたりするというもの。昨日から引き続き、天気が変わりやすい1日になりそうです。最高気温は14℃。今日も薄手のコートが手放せないみたいです。

昨日ジョンソン首相が滑り込みでEUと合意をまとめ上げ、今日議会に持ち込む事がトップニュースです。北アイルランドを代表している議員が未だに反対票を投じるとみられるため、再度否決される可能性も高く。どうなるのかとニュースでは議論がつきません。明日は再度2回目の国民投票を求める大規模デモ行進が計画されていて、このまま国民投票か総選挙に持ち込みたいという人達も多いようです。一方でEU脱退を強く訴える人達は、議員に脅迫状を送りつけて期限までの脱退を求めており。誰も何が起こるか分からない、混沌とした状況です。

昨日は朝から工事業者の方が来るのを待っていたのですが、約束の午前9時〜午後1時の間には現れず。またか…と思っていたら、不動産屋さんがフォローアップしてくださり、待っていればいつかは来ると連絡が来たのでひたすら待ち。午後2時前にやっと来てくれたのですが、昨日は下見で補修工事は改めてスケジュールを組んで行うとのこと。工事の日が決まったら連絡しますと言いつつ、去っていきました。また日程が決まるのを待ち、在宅して工事を見守るのか〜と溜息が止まらないですが、不動産屋さんには助けてもらって本当に有難いです。去年はクリスマス時期に洗濯機が壊れて、コインランドリー通いをしていましたが、今年は静かなホリデーを迎えられますように。
*****************
さて、今回は2019年10月第3週のリージェンツ・パーク(The Regent’s Park)の風景をお届けします。
IMG_9179.JPG
この日は雨。

IMG_9177.JPG

IMG_9178.JPG
天気が悪い日の朝はリージェンツ・パークは人気が少なく、鳥が多い気がします。

IMG_9187.JPG
今週気付いたのですが、同じ場所に同じ鳥が居ます。クイーン・メアリーズ・ガーデンのベンチの所にはいつもこの2羽がいますし…

IMG_9181.JPG
カフェ前の木には、いつもこのロビンがいます。

IMG_9182.JPG

IMG_9183.JPG

IMG_9180.JPG

IMG_9200.JPG

IMG_9184.JPG
クイーン・メアリーズ・ガーデン(Queen Mary's Garden)のバラ園。花は少し減ってきましたが、まだ楽しめます。

IMG_9188.JPG
野外劇場の外壁に這う蔦が真っ赤に紅葉。

IMG_9190.JPG
トリトン噴水(The Triton Fountain)の周りの花壇を先週更地にしていましたが、今週は球根を植えてました。春になったらチューリップや水仙が楽しめるのでしょうか。

IMG_9193.JPG

IMG_9191.JPG
トリトン噴水へと続く並木も色付いてきました。

IMG_9186.JPG
先週作業されていた花壇はすっかり更地に。

IMG_9195.JPG
トリトン噴水の東側にある小さな水辺。ずっと水が枯れていましたが、連日の雨で久し振りに水が流れていました。

IMG_9197.JPG
ロンドンの色んな場所で最近よくキノコを目にします。滝の近くにも生えていました。

IMG_9192.JPG

IMG_9189.JPG
トリトン噴水の東側と南側の花壇はまだ残されていました。

IMG_9194.JPG
ダリアが咲いていて、週末訪れるダリアが綺麗な庭への期待が高まります。

IMG_9198.JPG
バラ園に続く通路にあるCallicarpa (beautyberry)。ムラサキシキブって秋を感じますよね。先週より色が濃くなってます。

IMG_9199.JPG
ニューヨークではエコシステムを守るために落ち葉をそのまま地面に残す公園が増えていましたが、イギリスではまだ除去するのが一般的な模様。理由は病気が蔓延しやすい為みたいです。

IMG_9201.JPG
ブロードウォーク(The Broad Walk)の並木。

IMG_9204.JPG
今週はアヴェニュー・ガーデン(The Avenue Gardens)の冬支度をしていました。

IMG_9205.JPG

IMG_9202.JPG
大分植物が抜かれて、更地に。

IMG_9217.JPG

IMG_9211.JPG

IMG_9213.JPG

IMG_9214.JPG

IMG_9203.JPG
でも、アヴェニュー・ガーデンでも残されている花壇もあります。

IMG_9219.JPG
名前はわからないのですが、テニスコート(Will to Win Regents Park Tennis Centre)の横にある緑地。人も少なく、緑を楽しみながら散歩できる小道があります。カフェもあるので休憩にも良さそうです。

IMG_9209.JPG
posted by london-twosome at 18:02| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

2019年10月第2週のリージェンツ・パーク

朝から雨が降ったり止んだりしている金曜日のロンドン。本日の予報は雨。ただ夕方少し太陽が顔を出す時間もありそうです。最高気温は17℃。天気が悪いので少し暖かいですね。

昨日フランス人のボランティア仲間と一緒に作業をしている間、雑談。「もうイギリスがブレグジットした時のために滞在申請はしたんですか?」と聞くと、「やるべきなんだけど、何にもしてないの!でも、何がどうなるか全然わからないでしょ?もう私達はこのままイギリスに住み続けるって決めてるから、必要になったら必要な手続きをするって肝を据えたの。ジタバタ心配したって仕方ないでしょ?なんとかしてみせるって思って、どーんと構えてるの。」とのこと。確かにブレグジットしないかもしれませんし、方針が決まってから対応した方が効率良いのかも…と思って聞きました。不要な心配はしない、というのは海外生活をしていると特に大切だと頭では分かっているのですが、なかなか実行できない私は見習わねばと念じたのでした。

今週は珍しく連日用事が詰まっていて、今日やっとフリータイム。家事をまとめてやっつけなければなりませんが、夏からバタバタしていたので後回しになっていた買い物やらを済ませてしまいたいとも思っています。
*****************
さて、今回は2019年10月第2週の王立公園『リージェンツ・パーク』(The Regent’s Park)の風景をお届けします。
IMG_9056.JPG
ボーティング・レイク。公園に足を踏み入れてこの池が目に入ると、とてもほっとします。

IMG_9059.JPG
野生の鳥も多く、朝は人が少ないせいか近くで眺められます。

IMG_9060.JPG
朝晩は10℃を切る日も増え、木々も色付いてきました。

IMG_9061.JPG

IMG_9063.JPG

IMG_9062.JPG
ジャパニーズ・ガーデン・アイランドはすっかり秋の風情。

IMG_9076.JPG

IMG_9077.JPG
10月に入ったので、冬支度が始まっていました。生け垣を刈ったり…

IMG_9074.JPG
寒さに弱い植物を植え替えたり。

IMG_9078.JPG
既に全ての植物がクリアされて、裸の花壇になっている場所もありました。

IMG_9057.JPG
カフェ前にはアスター。アスターも秋を感じる花。

IMG_9064.JPG

IMG_9065.JPG
まだバラ園の薔薇が楽しめます。薔薇の季節がこんなに長いなんて知りませんでした。

IMG_9075.JPG
クイーン・メアリーズ・ガーデンのトリトン噴水の東側の花壇。

IMG_9069.JPG

IMG_9068.JPG

IMG_9071.JPG

IMG_9072.JPG

IMG_9080.JPG

IMG_9070.JPG
ここも冬に備えて抜かれてしまうのでしょうか?

IMG_9079.JPG
噴水の周りの花壇は殆ど空になっていましたが、まだ植物が植えられている花壇もありました。

IMG_9086.JPG

IMG_9088.JPG

IMG_9087.JPG

IMG_9085.JPG
少し東側にはグラス類が植えられたセクション。

IMG_9073.JPG
セント・ジョンズ・ロッジ・ガーデンは養生のために閉められていました。来週は開いていると嬉しいのですが。

IMG_9083.JPG

IMG_9058.JPG

IMG_9082.JPG

IMG_9067.JPG

IMG_9066.JPG

IMG_9081.JPG

IMG_9084.JPG
綺麗な花や実。

IMG_9089.JPG
posted by london-twosome at 17:10| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする