2019年09月27日

リージェンツ・パークの秘密の花園『St John's Lodge Gardens』

曇天の土曜日のロンドン。本日の予報は雨のち曇りのち雨。午前10時〜午後7時の間も曇りとは言え降水確率が高めなので、折りたたみ傘を持ち歩いた方が良さそうです。

今日のラグビーワールドカップは、静岡のスタジアムで日本対アイルランドの試合が行われるんですね。BBCの朝のニュースで故郷の静岡からの中継が入って懐かしかったです。それにしてもBBCに登場するスポーツアンカーさんやコメンテーターさんはスタジアムを埋め尽くす日本ファンの中で戦うアイルランドチームを心配していますが、アイルランドの方が圧倒的に強いんですよね?今日は出かける予定を立ててしまったので観戦はできませんが、良い試合になって盛り上がりますように。

BBCニュースのアンカーの男性が、今朝の放送で夏目漱石の『吾輩は猫である』の冒頭の一節をもじって笑いを取っていました。イギリスと日本って文化的親和性がとても高いというのが、1年住んでみた感想です。四季があるから?長い歴史を大事にしているから?面白いですね。そして実用的な知識やスキルを武器に相手をやり込めるタイプの知識人よりも、色んな興味や文化的知識を持って柔らかく着地を目指すような文化人の方が好きな私は、BBCのアンカーさん達は好ましく映ります。
*****************
さて、今回はリージェンツパーク内にある静かな庭園『St John's Lodge Gardens』です。
IMG_8905.JPG
セント・ジョンズ・ロッジ・ガーデンは、バラ園で有名なクイーン・メアリーズ・ガーデンのあるインナーサークルを出て直ぐ北にひっそりと佇んでいます。入り口が目立たない上に、入って直ぐアーチが続いているので、一見すると私有地に見えて入るのを躊躇してしまう雰囲気です。
IMG_8916.JPG
実際リージェンツ・パークには何度も足を運んでいるのに、私はこの庭園に全然気付いていませんでした。クラスメイトが教えてくれて「ここはひっそりしてるのが良いんだから、人に教えないでね!」と言っていたのですが。
IMG_8909.JPG
このブログを読んでいる方なんて殆どいませんし、HPにも堂々と載っている場所ですし。お庭が好きな方や、元々は瞑想の為に造られたという静けさを楽しみたい方には是非訪れて欲しいので書いてしまいます。
IMG_8918.JPG
ですから、このブログを読んで実際に訪れる方は是非とも静かに、ワイワイせずに空間を楽しんでくださいますようお願い申し上げます。
IMG_8911.JPG
名前からお分かりの通り、この庭は1818年に政治家のヴィラとして建てられた邸宅の一部で、1889年に建造されたとのこと。現在も邸宅は王立公園内では数少ない個人邸宅として、ブルネイ・ダムサラーム国の王族がお住まいなのだとか。しかしながら、庭は1928年から一般に開放されているそうです。

IMG_8906.JPG
庭はいくつかのセクションから成っています。メインは噴水を中心に花壇に囲まれた空間でしょうか。

IMG_8910.JPG

IMG_8914.JPG

IMG_8907.JPG

IMG_8908.JPG
花壇には色とりどりの草花が咲いています。

IMG_8900.JPG
隣にはブロンズ像が飾られた一画。

IMG_8917.JPG
瞑想にぴったりな生け垣の壁に囲まれた空間。ベンチが生け垣に沿って設置されており、すっぽりと植物に覆われたような形で寛げます。

IMG_8912.JPG
あまり広くないのも落ち着きます。

IMG_8915.JPG
通路のような場所にも低木や花壇が設置されていて、手入れが行き届いている印象です。

IMG_8913.JPG
posted by london-twosome at 23:36| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

グレート・ディクスター②

青空が広がる金曜日のロンドン。本日の予報も晴れで、最高気温は21℃。明日は25℃まで上がる予報で、なんだか怖いくらいに暖かくて晴れの日が続いています。今日は気候変動に対して行動を求める大規模な抗議運動が行われる予定です。週末もセントラルロンドンの道路が車両進入禁止になって、歩行者天国になるイベントが開催されるようです。今日・明日は車での移動がどうしても必要な場合は、予め交通情報を確認する必要がありそうです。

今週末は2日間に亘っていつもは一般公開されていない建物が無料で公開される『オープンハウス・ロンドン』(Open House London)が開催されます。1年住んでもよく知らないこの街を知る良い機会なので、今日リストを確認して行き先を決めたいと思います。どうせ明日は用事でセントラルロンドンに行く予定にしているので、丁度良いです。

今朝のBBCニュースでは、ラグビーワールドカップの話題が取り上げられています。日本から中継も繋がり、ラグビーの歴史を持たない日本で興味が高まっている事を報じています。先日行われたスコットランドチームの公開練習に5万人もの人が訪れたんですね?イギリスでは試合は朝放映されるのですが、それでもパブが「ブラッディ・マリーを飲みながらラグビーワールドカップを観戦しよう!予約はこちら!」とか宣伝していて、折角なので1回くらい乗ってみようか?と夫と話しています。

ドイツに住む元ボランティア仲間が久し振りにニューヨークを訪れたようで、もう一人のボランティア仲間とSoHoのcafeで会った際に連名でニューヨークの絵葉書にメッセージを書いて送ってくれました。毎日やることもあるし、その割には特に代わり映えが無い日々なので、どうしてもメールや手紙を書きそびれているのですが、私もニューヨークや日本で出会った世界中に散らばる友達の事は折に触れ思い出しては幸せを祈っています。そんな風に想ってくれている人達が居ると思うと、とても幸せに、有難く感じます。今日も頑張れそうです。
*****************
さて、今回はイギリスの南東にあるライからバスで30分の位置にある有名な庭『グレート・ディクスター』(Great Dixter)の風景をお届けします。
IMG_8813.JPG
グレート・ディクスターは、著名な庭師でガーデン・ライターだったクリストファー・ロイド(Christopher Lloyd)氏の邸宅だった場所。氏が何十年も掛けて丹精した結果、自然に見える『ワイルド・ガーデン』として個性的な現在の姿になったようです。
IMG_8816.JPG
ロイド氏のご両親がこの邸宅を購入した1910年当時は、殆ど何も植わっていなかったそう。そこからお父上がトピアリーを植え、お母堂がナルキッソスを育て…と段々と庭を作り上げ。
IMG_8807.JPG
1954年にロイド氏が学業を終えてこの邸宅に戻ってから、徐々に現在の庭を作り上げたとのこと。氏が2006年に他界された後は、彼の下で20年ガーデナーを、1992年からはヘッドガーデナーを勤めたFergus Garrett氏が現在も庭を手入れしているそうです。
IMG_8761.JPG
ロイド氏が他界されてからは、財団によって管理され、3月の終わり〜10月末頃まで毎年一般に公開されています。邸宅も公開されていますが、我々は時間が足りず庭のみ見物しました。
IMG_8817.JPG
バス停から徒歩10分。パブリック・フットパスがあります。

IMG_8812.JPG
入り口を入ると直ぐにメドウ・ガーデン(Front Meadow)が広がり、クロッカスが咲いていました。目の前には邸宅。HPで見ると、春はもう少し草原っぽくして刈り込んでいないようですね?草花が咲いている様も見てみたいです。

IMG_8768.JPG
邸宅の前にはソーラー・ガーデン(Solar garden)。日当たりが良好な花壇という意味でしょうか?マリーゴールド等の一年草がビタミンカラーを爆発させている、元気一杯ながらもグレート・ディクスターの中では整えられた印象が強い花壇。

IMG_8762.JPG
入り口を入って直ぐ右側の生け垣の入り口を潜ると、そこはサンクン・ガーデンSunk Garden)。

IMG_8751.JPG
数あるガーデンの中でも、秋のグレート・ディクスターにおける私の一番のお気に入りはこのガーデンでした。

IMG_8764.JPG
色彩豊かで整い過ぎていないけれど…

IMG_8758.JPG
納屋にはドライフラワーが飾られ、田舎風情が楽しめ…

IMG_8755.JPG
納屋の壁には色づく葡萄が。

IMG_8753.JPG
勢いよく草花が通路にまではみ出してましたが、花壇の幅が狭めなのでワイルド過ぎず自然な雰囲気にまとまっています。

IMG_8756.JPG
納屋の日陰に座って、この風景を眺めつつ小鳥の囀りに身を任せる至福の一時を過ごしました。

IMG_8754.JPG
グレート・ディクスターを形容する際に「如何にもイギリスの田舎の庭という感じ」という言葉を聞きますが、サンクン・ガーデンはそんなイメージでした。確かに。

IMG_8803.JPG
テラス側に広がるロング・ボーダー・ガーデン(Long Border)。

IMG_8804.JPG
グレート・ディクスターの庭を紹介する写真の多くはこのボーダーガーデンで撮影されているようで、ここを見た途端見覚えがある!と思いました。

IMG_8806.JPG
ロング・ボーダーも色彩に溢れて、見事なものでした。

IMG_8792.JPG
この花壇の端にもベンチが用意されていたので、時間が許せば座って存分に眺めたかったスポットでした。

IMG_8778.JPG
邸宅の入り口を左に進むと、トピアリー・ガーデン…

IMG_8771.JPG
とお隣のピーコック・ガーデン(Peacock Garden)。ここら辺は境界線がよく分からず。オーナメンタル・グラスの印象が強いです。

IMG_8783.JPG
お隣はハイ・ガーデン(High Garden)。

IMG_8815.JPG

IMG_8785.JPG
昔はベジタブル・ガーデン(Vegetable Garden)だったセクション。

IMG_8773.JPG
部分を見ると綺麗なのですが、通路に面してとても背が高い草花が植えられていたので、中には何が植わっているのか見にくい花壇が多く。

IMG_8784.JPG
素人目に見ると、いくらワイルドガーデンと言ってもワイルド過ぎでは?と感じることもしばしば。

IMG_8780.JPG
ボランティア仲間に尋ねても、私自身の印象でも、もしかしたらグレート・ディクスターの一番の見頃は春または初夏なのかもしれません。

IMG_8779.JPG
生け垣に囲まれたガーデン部分は、セクション分けがはっきりわかりませんでした。ここは多分オーキッド・ガーデン(Orchard Garden)だと思われます。

IMG_8801.JPG

IMG_8796.JPG
ロング・ボーダーの横にあるローワーテラス。

IMG_8794.JPG
ショップ方面に向かうと広がるトピアリー・ラウン(Topiary Lawn)。ここもHPの写真を見ると春は草原になっているようですね?その時期は素敵でしょうね…。

IMG_8797.JPG
トピアリー・ラウンの前にある物置小屋。ダリヤの花壇が鮮やかです。

IMG_8800.JPG
物置小屋の裏にはエキゾチック・ガーデン(Exotic Garden)。ここはもうガーデンというか…葉っぱを掻き分けて進みます。

IMG_8767.JPG
通路にも大きな植木鉢が並べられ、彩りが添えられています。

IMG_8791.JPG
思い返してみれば、サンクン・ガーデンとロング・ボーダーは素晴らしかったですし、全体的にも個性的で魅力あふれる庭でしたし。
IMG_8799.JPG
種類豊富な蜂と蝶々が多くいて、自然環境にも大いに貢献していると感じられたのですが。
IMG_8760.JPG
前評判の高さを知って期待値が上がりすぎていたのか、なんだか想像を超えるワイルドさに少しがっかりしました。
IMG_8775.JPG
来年は春先から初夏のグレート・ディクスターを訪れたいと誓ったのでした。
IMG_8748.JPG
私が従来通りの『庭』という概念に囚われ過ぎているだけかもしれませんが…。
IMG_8788.JPG
何事もそうだと思いますが、庭も知れば知るほど奥が深く、もっと知りたいと思わせてくれます。
IMG_8790.JPG
もしかしたら、そんな『未完成』感もグレート・ディクスターの魅力なのかもしれません。
IMG_8810.JPG
Great Dixter
Northiam, Rye TN31 6PH
開園時期や時間、料金等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:29| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

グレート・ディクスター①

今日もよく晴れて朝焼けが美しい木曜日のロンドン。本日の予報も晴れ。午後3時頃から少し雲が出るようですが、雨の心配はなさそうです。最高気温は21℃。昨日より少し暖かくなって過ごしやすい1日になりそうです。毎日素晴らしい陽気ですね。からっと晴れて清々しいです。

今朝のBBCニュースではこの4年間で強盗/追い剥ぎが33%上昇したことが取り上げられていました。スマートフォンの普及と警察官の数が減った事が原因と考えられているとのこと。近年道路を歩きながらスマートフォンを見ている人から、スクーターで通り抜けながらひったくって盗むという犯罪が増えているそうです。映像を見るとバス停で待っている人から目の前の道を走り抜けながらひったくったり、交差点を曲がりながら道を渡ろうと立ち止まっている人の手からスマートフォンを奪い去ったりしていました。スマートフォンはなるべく外で出し放しにしないことの大切さを改めて認識したと同時に、どうしてもスマートフォンを見なければならない時には、なるべく車道から離れる必要があることも肝に命じました。

歩き携帯は色んな意味で危ないので辞めましょう。
*****************
さて、今回はイギリスの南東の町ライからバスで30分の場所にあるイギリス随一の庭という呼び声も聞かれる庭『グレート・ディクスター』(Great Dixter)です。
IMG_8793.JPG
グレート・ディクスターの名声は、ロンドンに住み始めて直ぐに耳にしました。アパートを探している時に本屋で見つけた『Wild Garden Weekends』という本にも「もしイギリスで一つしか庭を見ることができないのであれば、グレート・ディクスターを見るべき」というような事が書かれていましたし。
IMG_8757.JPG
ボランティアしているガーデンで20年以上庭師をしている男性に「お薦めの庭はありますか?」と質問した時も、回答は「グレート・ディクスター」。「個人的にはイギリスで一番綺麗な庭だと思うよ」でした。
IMG_8798.JPG
そんな訳でずーっと訪問したかったのですが、グレート・ディクスターへ行くためのバスが発着するライとヘイスティングスは何れも人気の行楽地。日帰り可能な距離なものの、非常に疲れやすく移動に弱い私が日帰りするには少し辛そうな距離でもあり。
IMG_8774.JPG
またお金と時間を使ってわざわざ行くのなら、ついでにライやヘイスティングスも観光したいという気持ちもあり。何回か小旅行を計画したのですが、ガーデンのピークである春〜夏にかけてはライもヘイスティングスも大人気。
IMG_8759.JPG
週末の宿泊施設は何ヶ月も前から満室。車が無いと滞在できる宿泊施設が限られる上に、なるべく民泊は避けるようにしているために余計にややこしく。結局9月の頭に訪れることになりました。
IMG_8805.JPG
そんな訳で、お届けするガーデンの様子は9月第2週の様子です。庭は季節によって全然様相が違うと思いますので、訪れる際のご参考のために秋の庭であることを念頭に置いてご覧ください。
IMG_8811.JPG
なお、今回はロジスティクス編。次回、庭の様子をお届けする予定です。
IMG_8820.JPG
ライの駅前にあるバス停Cに発着するバス313番に乗ると、グレート・ディクスターから徒歩10分のバス停に着きます。バス停の名前は『Dixter Road』。
IMG_8770.JPG
バスは1日5往復しか無いようなので、予めきちんと時間を調べてバスの時刻に合わせて計画を練ることをお勧めします。また日曜日は殆どバスが走っていませんので、バスでの移動は諦めました。週末バスを使って訪れるのであれば、土曜日しかありません。
IMG_8769.JPG
加えて復路は、平日は午後2時半の次は午後5時44分のバスで、それが最終のようですが。土曜日は午後3時43分が最終でした。重ねてになりますが、必ず事前にバスの時刻表を調べておくことが肝要です。
IMG_8809.JPG
バスのチケットは、運転手さんから直接購入。一目で観光客だと認識してくれたみたいで「グレート・ディクスターに行くの?往復券で良いですか?」と言われました。コンタクトレスのクレジットカード決済しましたが、多分現金でも購入できるのでは?(要確認)。確か£6.6/人だったと記憶しています。
IMG_8789.JPG
車内には電光掲示板がありませんし、アナウンスも全く無いのでヒヤヒヤしましたが。『ディクスター・ロード』の一つ前のバス停が小学校なので、小学校を通り過ぎたら停車ボタンを押せば目的のバス停で降りることができると思います。
IMG_8802.JPG
ボタンを押さなくとも運転手さんが覚えてくれていて、停まってくれた気はします。グレート・ディクスターへ続く道の目の前で降ろして「この道を真っ直ぐ行けば着くから」と親切に教えてくださいましたし。心配であれば乗車時に一言声を掛けておくと安心です。
IMG_8787.JPG
バスを降り、細い一本道を10分のんびり進むとグレート・ディクスターに到着します。交通量が少なく、パブリック・フットパスもあるので安心して歩けました。但し、パブリック・フットパスは結構虫が多かったので辟易しましたが。
IMG_8808.JPG
納屋のような建物の脇にチケットブースがあるので、クレジットカードでチケットを購入。邸宅と庭を見物するチケットもありましたが、我々はバスの時間の関係でバス停への往復も含めて3時間の滞在時間だったのでガーデン・オンリーのチケットを購入。2019年は£11/大人でした。
IMG_8777.JPG
庭は然程広くはなく、2時間もあれば一通り見ることが可能です。ショップ苗木屋およびカフェがあり、カフェの裏とチケットブース脇にトイレがあります。
IMG_8795.JPG
カフェは新鮮なサラダを安価で食べられて凄く素敵でしたが、席が外のピクニックテーブルのみだったので、雨の日は困るかもしれません。屋根付きの席はごく限られていましたし。
IMG_8786.JPG
雨天の場合は、ライやヘイスティングスでバスに乗る前に食事を済ませておいた方が安心だと思われます。サンドイッチ、スープ、ケーキ等がメニューにありましたが、二人とも3種類の新鮮そうなサラダを選択。とっても美味しかったです。
IMG_8765.JPG
庭で2時間、カフェで40分程を過ごしました。思いの外疲れていたので、最後の方はサンクン・ガーデンで鳥の囀りを聞きながら、ぼーっとベンチで庭を眺めて過ごしました。至福の一時でした。
IMG_8819.JPG
Great Dixter
Northiam, Rye TN31 6PH
ガーデンは春から秋の間のみオープンしています。開館時間や価格等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:01| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする