2019年04月28日

ヒーバー城の庭

曇りの日曜日のロンドン。本日の予報は曇り。午前10時までは高い降水確率ですが、以降は10%以下。夕方には太陽が顔を出す可能性もありそうです。昨日は凄い風でしたねー。ドライクリーニングを取りに行こうと思っていたのですが、取りやめたくらいの風でした。今日は最高気温は14℃と昨日よりは高そうですし、風も吹いてはいるものの昨日よりは弱いですし、出掛けるのに不便はなさそうです。

サンディエゴのシナゴーグで銃の乱射事件が発生。1人が死亡、3人が怪我したそうで、ヘイトクライムが多い気がしてしまいます。人の理解の範疇を超えたスピードで変化が起きてしまって、上手く馴染めない人が増えているのでしょうか。私は意識的に時代遅れになっています。あまりに大量の情報が流れ込む生活は精神衛生上馴染めそうもないですし、1人の時間も必要なので気楽に使えるコミュニケーションツールも夫以外とは使わないようにしています。

7歳に肥満だった子供の方が、11歳までに鬱の症状で苦しむ確率が高いという研究結果が発表されて話題になっています。その因果関係はまだ解明されていないそうです。肥満の子供たちの方がいじめや批判、からかいにさらされる確率が高いからか、それとも元々精神病に苦しむ人の方が摂食障害を伴う確率が多いせいかはこれから突き止めるとのこと。何はともあれ肥満をからかったり、いけないことのようにあれこれ言ったりするのは絶対に止めた方が良いことは確かです。日本のTVでは未だにデブとか言って人をからかって笑いをとっているのを見掛けますが、凄く時代遅れな気がしてしまいます。LGBTQもそうですし。アメリカでもファット・フォビアという言葉が使われて、体形で人を差別する傾向を無くそうと戦っている人が増えていると思います。日本もそろそろ対応を初めてもいいのではないでしょうか。
*********************************************************************
さて、今回はロンドンの南東にあるケント州ヒーバーにあるお城『Hever Castle & Gardens』の庭についてです。
2019-04-26 10.39.20.jpg
前回は現在開催されているチューリップフェスティバルのツアーで紹介された庭を中心にお伝えしましたが、今回はそれ以外の庭です。ヒーバー城は広い敷地を誇っており、庭だけでもかなりの広さがあります。
2019-04-26 11.09.42.jpg
今回は午前10時半~午後3時近くまでほぼ飲まず食わずで、お城の中は見れないガーデンオンリーチケットで庭や敷地を歩き回っていただけなのに、それでも全てを見ることはできませんでした。広い!そしてイベントやウエディング/コンベンション会場および高級B&Bとしても営業しているお陰か、結構隈なく手入れが行き届いている印象でした。
2019-04-26 10.48.51.jpg
広い敷地も見所満載だったのですが長くなり過ぎるので、今回は前回紹介しきれなかったり、ツアーのコースには含まれていなかった庭のお裾分けです。
2019-04-26 10.54.06.jpg
イタリアンガーデンは見所満載。

2019-04-26 10.50.40.jpg
ローマの通に見立てた小さくセクション分けされた庭は、其々が違う時代を表しているそうですが、ローマ帝国の歴史を知らないので全然ぴんと来ません。

2019-04-26 10.50.33.jpg
これはショウジョウモミジ(Acer palmatum 'Shojo-shidare')でしょうか?庭木としても人気なようで彼方此方の個人のお宅の庭でも見掛けます。

2019-04-26 10.51.10.jpg
ここでもガーデナーさんが忙しそうに働いてらっしゃいましたが、にこやかに挨拶してくださいました。

2019-04-26 10.51.28.jpg
他のビジターさん達は「綺麗ですねー」とか「何人くらいでメインテナンスされてるんですか?」とか声を掛けていて、育て方のコツを聞いている人も。それら全てに丁寧に答えられてました。

2019-04-26 10.51.38.jpg
アメリカでも思いましたが、イギリスでもガーデナーさん達には高いコミュニケーション能力も求められる時代です。

2019-04-26 10.51.51.jpg
強く印象に残ったのがこのセクション。私は何故かツボサンゴ属のヒューケラ(Heuchera)は凄く地味な植物で下草として使うと思い込んでいたので、このカラフルなヒューケラがメインのディスプレイに驚き。あんまり綺麗だったので写真をアメリカのボランティア仲間に送ったら、彼女たちも「Amazing!」と。

2019-04-26 10.52.34.jpg
イタリアンガーデンの藤も少し咲いていましたが、お城の藤の方がもう少し咲いていたように思います。

2019-04-26 10.54.55.jpg
蔓薔薇が少し咲き始めたかな?という位。やっぱり6月までお預けでしょうか。

2019-04-26 10.59.17.jpg

2019-04-26 11.09.14.jpg
ローズガーデン側の通路は『パーゴラの小道』と名付けられ、支柱ごとに違う植物が植えられているので長い季節に亘って楽しめるようにデザインされているように感じます。

2019-04-26 11.00.35.jpg
ローズガーデンにはキングサリ。蕾が綻んでいました。

2019-04-26 11.10.55.jpg

2019-04-26 11.10.37.jpg
入口のチューリップは今年の暖かさで結構な数が既に枯れてしまっていたので、チューリップ祭りの中心はイタリアンガーデンだったと思います。お城の中は見ていませんが。

2019-04-26 11.08.19.jpg

2019-04-26 14.13.34.jpg
イギリスのお庭は壁に囲まれていることが多いので、窓から覗く視点が生まれるのも好きなところ。窓とかドアってなんか良いですよね~。

2019-04-26 11.06.43.jpg
ローズガーデンのお隣はカフェテリアになっています。が、午後2時45分頃訪れたら既にケーキ&ドリンクしか販売していませんでした(今調べたら『GUTHRIE PAVILION RESTAURANT』は正午~午後3時まで営業でラストオーダーは午後2時半。『GUTHRIE PAVILION CAFE』は閉園30分前まで営業)。入り口の所にあるカフェは午後3時近くでも温かい食事が摂れましたので、そちらの方がメインの食事処なのかも?(『MOAT RESTAURANT』のホットフードのラストオーダーは午後3時。滑り込みだったんですね。ただ3時以降もサンドイッチは買えるので、3時以降に甘くない食事をしたい場合はこちらへ)。ここにはガーデンショップ、ミュージアムと公衆トイレもありました。トイレは割と清潔で使いやすかったです。

2019-04-26 11.14.08.jpg
ローズガーデン側の入口にある滝。

2019-04-26 11.13.43.jpg
この入口を入って…

2019-04-26 11.11.29.jpg
右側の壁は16世紀のイタリアとフランスで人気だったgrotto(洞窟)スタイルの庭になっています。裏にあるブルーコーナーから姉妹の広場に出る岩山のようなセクションの木が後ろから見えるのも絶妙。

2019-04-26 11.11.48.jpg
シダ植物とかあまりガーデンの中心として使われないような植物も効果的に配されていて、その美しさにはっとします。

2019-04-26 12.34.47.jpg
ローズガーデンの城側の隣にあるのは…

2019-04-26 12.34.22.jpg
『ブルーコーナー』(BLUE CORNER)。いつの季節に訪れても青色が楽しめるようになっているそうで、現在はパンジーとへーべの青。

2019-04-26 12.35.34.jpg
ここにも赤い葉。

2019-04-26 12.36.56.jpg
Two Sister’s Lawnへ向かって岩山を登ると、イタリアンガーデンが見えるような、見えないような。

2019-04-26 12.37.56.jpg
Two Sister’s Lawn(アン・ブーリンとメアリー・ブーリン姉妹の芝生の庭でしょうか)の花壇はオーナメンタル・グラスが中心?

2019-04-26 12.39.04.jpg
現在夏に向けて育てている感じでした。

2019-04-26 12.39.50.jpg
葉っぱが水を弾くとキラキラ光って目を奪われます。

2019-04-26 12.42.14.jpg
この芝生からお城に出る所に、シャクナゲ/ツツジ/サツキ(Rhododendron)が咲く谷のような小道があります(ここに植えられているのはシャクナゲかも)。上には殆ど散っていますが桜。

2019-04-26 12.42.29.jpg
キューガーデンでも『シャクナゲの谷』と呼ばれて両側に背よりもはるかに高い木が迫る、ちょっと狭くて暗い感じの小道になっていますし…こういう感じがイギリスでは主流なのでしょうか?

2019-04-26 10.43.10.jpg
因みにこの小道をお城側から見ても、鮮やかなピンクが良いアクセントになっています。

2019-04-26 12.43.31.jpg
林の中はブルーベルの花で青い海のようでしたが、姉妹の芝生の庭にも少し咲いていました。写真だとよく分かりませんが、実際目で見ると深い青が綺麗でイギリス人がこの花をこよなく愛するのが解る気がします。

2019-04-26 12.44.43.jpg
芝生の庭の片隅にある池。この黄色の花はカラーでしょうか?

2019-04-26 14.11.57.jpg
イタリアンガーデンに沿って広がる『FAITH'S GARDEN』。昔は木が植えられたセクションだったそうですが、1987年のハリケーンで多くの木が倒れた後、多年草中心の現在の庭に造り替えられたとのこと。

2019-04-26 14.12.53.jpg
スプリング・カットバックを終えたばかりでこれからという感じですね。ハイラインを思い出した庭でした。

2019-04-26 14.13.12.jpg
ここの感じはフラムパレスのウォールド・ガーデンを思い起こさせます。

2019-04-26 14.14.27.jpg
夏が楽しみなガーデンです。

2019-04-26 14.15.01.jpg
この小道からちょっとイタリアンガーデンが見えるのも、面白い造り。

2019-04-26 14.31.45.jpg
『Diana’s Walk』。チューダーガーデンからウォーター迷路に向かう小道。派手さは無いものの素敵な空間です。因みに『ダイアナ・ウォーク』という小道のダイアナとは故ダイアナ妃だとばかり思いこんでいたのですが、昔イタリアンガーデンにあったダイアナという名前の彫像に由るのだそう(1980年代に売られた!ため現在は無い)。

2019-04-26 14.15.45.jpg
次回は庭以外の敷地のご紹介です。
2019-04-26 14.10.20.jpg
posted by london-twosome at 04:05| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ヒーバー城のチューリップ祭り

低く雲が垂れ込めている土曜日のロンドン。今日は1日曇りで時々雨が降る予報。でも夕方は少し太陽が顔を覗かせるようなので、夕日が見えるかもしれません。ただ強風注意報が発令されているので、あまり木が多い場所に出掛けないようにお気を付けください。最高気温は12℃。昨日に引き続きひんやりした1日になりそうです。

明日はロンドンマラソン。スリランカで起こったテロ事件を受けてロンドンもセキュリティーを引き締めているように見えます。先日地下鉄に乗っていたら、警察官が同乗していましたし。主要駅には完全武装した警察官が二人一組で警備にあたっています。町を歩いていても、歩き回って見回りをしている警察官を頻繁に見掛けます。ボストンマラソンで起こった悲劇も頭をかすめる訳で、どうか何も起こりませんようにと心から祈っています。集まったランナーの方々が楽しんで実力を出し切れますように。
*********************************************************************
さて、今回はケント州(Kent)にあるお城『ヒーバー城』(Hever Castle & Gardens)で2019年4月30日まで開催されているチューリップフェスティバルです。
2019-04-26 14.42.01.jpg
ケント州はロンドンの南東に広がる行政区で緑が多いことから「英国の庭」とも称されているとか。ヒーバー城はアン・ブーリン(ヘンリー8世の2番目の妃でエリザベス1世の母)が幼少期を過ごした場所として有名。ただ今回は有名な庭を見物したくて、チューリップフェスティバルを機に足を運びました。
2019-04-26 10.28.25.jpg
ヒーバー城の最寄り駅はサザン鉄道(Southern Rail)のHever駅。サザン鉄道のUckfield行きの路線で、ロンドン・ビクトリア駅やロンドンブリッジ駅から乗車できます。が、ビクトリア駅から乗るとイースト・クロイドン駅で乗り換えしなければいけないと思われます。
2019-04-26 10.28.47.jpg
当初ビクトリア駅からの電車に乗ろうと思ったのですが、チケット購入時に席を予約するのか聞かれ。可能ならばと進行方向に向いている席を予約しようとしたらできないを言われ。進行方向に向いていないと乗り物酔いし易くなるので不安に思い、席の予約がそもそもできないロンドンブリッジ駅からの電車のチケットを購入。
2019-04-26 10.40.49.jpg
ロンドンブリッジ駅からは、乗り換え無しで50分。丁度通勤時間だったのでロンドンに到着する電車は満席でしたが、ロンドンからUckfieldに向かう電車はがら空きで席を選び放題でした。
2019-04-26 10.45.42.jpg
ヒーバー駅は駅舎もない無人駅です。ヒーバー城は駅から徒歩25分でした。往路は迷って30分掛かってしまいましたが…。ヒーバー城のあるEdenbridgeの道標に従えば良かったと後で気付きました。
2019-04-26 10.46.53.jpg
ヒーバー城の庭はブーリン家所縁の人々によって建造されたのかと思いきや、お城の前の小さな一角を除き殆ど全てが1903年にお城を買い取ったアメリカの富豪アスター家によって造られたのだそう。シェイクスピア・グローブもアメリカ人の呼びかけによって再建されましたし、イギリスの歴史復興・保全におけるアメリカ人の功績は結構大きいのかもしれません。
2019-04-26 10.46.33.jpg
広大な敷地のお城ですが、今回はチューリップ祭りで開催されていたツアーで紹介されたガーデン中心でお届けします。
2019-04-26 11.18.25.jpg
チューリップ祭り開催中は毎日午前11時半から追加料金なしでガーデナーさんのお庭のツアーがあります。出発点はゲート近くのインフォメーションブース。WEBにはヘッドガーデナーのツアーと書かれていましたが、伺ったら勤続7年半のベテランガーデナーさんではあるものの、ヘッドガーデナーではない方のツアーでした。

2019-04-26 10.40.00.jpg
チューリップフェスティバルは毎年恒例。年ごとにテーマが決められているそうですが、今年は『人類が月面に到達してから50年』。月をイメージして黄色やオレンジのチューリップが多いそうです。

2019-04-26 11.20.16.jpg
お城の前にあるトピアリーの数々。

2019-04-26 10.38.41.jpg
一番古い物は樹齢100年を超え、年に1回剪定するそう。小鳥などの細かいトピアリーは2・3か月に1回剪定が必要とのこと。

2019-04-26 11.38.40.jpg
お城の横には高級五つ星B&Bがあり、その前には果樹園が広がっています。ここはガーデナーさんの声が聞こえなかったのですが(上空を頻繁に飛行機が航行するので音が五月蠅く、参加者が多かったので遠かった)リンゴやプラム等を植えている、今年は暖かかったのでチェリーはもう散ってしまったと仰っていたような…。

2019-04-26 10.40.33.jpg
ヒーバー城の周りにも黄色のチューリップ(カッシェと仰っていたのですが、スペルを忘れてしまい探せません)が植えられています。お城の中に入ると、城内にもチューリップディスプレイがあったそうですが、私はガーデンのみの安めのチケットなので見れず。

2019-04-26 11.46.50.jpg
お城の裏側にはアスター家が客人や友人を招くために造ったチューダーヴィレッジ(Tudor Village)があります。外からはいくつもの小さな家があるように見えますが、内部は長い廊下で繋がっている1つの建物。現在は結婚式やイベントに使われることが多いそうです。

2019-04-26 11.50.55.jpg
チューダーヴィレッジの前にあるのがチューダーガーデン(TUDOR GARDEN)。このセクションはアスター家が来る前からあったガーデン。

2019-04-26 11.50.24.jpg
ハーブガーデンにはセクション毎に薬や食卓用等用途が明記されています。トピアリーでチェス盤が再現されていたり…

2019-04-26 14.36.25.jpg

2019-04-26 14.36.30.jpg
薔薇の庭や…

2019-04-26 14.35.54.jpg
ノットガーデン(16世紀に流行した編み物や天井に見られる唐草模様から着想を得たガーデン。ここ数年手を加え続けて完成間近)や…

2019-04-26 14.40.56.jpg
25メートル×25メートルのイチイの生垣で造られた迷路があります。確か4人がかりで8日間剪定をすると仰っていたような。「長い時間かかるのは私達も迷っちゃうせいかもしれないですけど」と冗談を。

2019-04-26 14.16.03.jpg
一番大きなイタリアンガーデンに入って、湖に向かって左側の通路はローマの通りという構想。

2019-04-26 10.47.16.jpg
小さく区切られている其々のガーデンがローマの違う年代の街並みを表現しているとのこと。

2019-04-26 10.47.40.jpg
其々のセクションに彫像が配置されたり、飾り窓があったり。

2019-04-26 10.48.14.jpg
植栽もセクション毎に全然違って、きめ細やかなお手入れが必要そう。

2019-04-26 10.49.20.jpg
私は午前10時半~午後3時まで居たのですが、ずっとガーデナーさん達が忙しそうに手入れしていました。

2019-04-26 10.50.02.jpg
専属ガーデナーさんは10人だそうですが、ボランティアさんに手伝ってもらっているとのこと。

2019-04-26 10.55.11.jpg
ガーデナーさんによると今年一番に咲いた薔薇。

2019-04-26 12.29.08.jpg
左右の通路に挟まれる形で広い芝生の庭があるのですが、その真ん中に生垣に囲まれたサンクン・ガーデン(Sunken Garden)が。

2019-04-26 12.31.06.jpg
その名が示す通り、その昔は鮮度を保つ必要のある油や乳製品を冷蔵するために造られた地下庭園だったそう。

2019-04-26 12.31.30.jpg
現在は池を真ん中に配して四方にベンチが置かれた静かな空間になっています。

2019-04-26 12.31.15.jpg
ガーデナーさん達で話し合ってデザイン変更ができるのかを質問したのですが、「歴史ある庭なので基本的には変更はしませんが、各ガーデナーがアイディアをヘッドガーデナーに持ち込み、改善をする事はよくあります」と仰ってました。

2019-04-26 12.30.38.jpg
雨水が溜まっているのかと思ったのですが、どうも葉っぱから分泌されている液体のよう。

2019-04-26 11.00.03.jpg
湖に向かって左側の通路は、蔓薔薇や蔓紫陽花、藤にキングサリ、リンゴなどの果樹を這わせたアーチがずっと続いています。右側にあるローズガーデンのレンガ壁に沿ってはずらっと椿/山茶花が。

2019-04-26 12.33.28.jpg
この通路に沿ってもチューリップがずらりと植えられていましたが、ガーデナーさん曰く「他のディスプレイで余った球根を植えてあります。でも結果的にカラフルになってぴったりのデザインになったと思ってます」。

2019-04-26 11.10.05.jpg
確かに鮮やかな色合いのチューリップが芝生の緑に映えます。

2019-04-26 10.56.11.jpg
イタリアンガーデンの突き当りには池。

2019-04-26 12.52.32.jpg
この池は38エーカー(15.3ヘクタール)あるそうですが、重機がない時代に800人の工夫によって2年間を掛けて手で掘られたのだそう。流石アスター家。

2019-04-26 11.06.51.jpg
イタリアンガーデンの右側にローズガーデンがあります。

2019-04-26 12.27.02.jpg
ローズガーデンには4,000本の薔薇が植えられているそうですが、まだ殆ど咲いていません。

2019-04-26 12.26.34.jpg
薔薇園では薔薇のお手入れの仕方を詳しく教えてくださいます。うろ覚えなのですが…確か10月頃1回目の剪定を行って強くて元気、しかも他の枝と重なっていない枝のみを残し、半分から1/3の長さに薔薇を切り落として、土を栄養のある物に入れ替え、マルチング(防寒や雑草の発生防止,霜害や地表の乾燥を防ぐために,地面に落ち葉やワラやピートモスを敷き詰めること。最近はプラスチックフィルムや不織布の専用シートがマルチング資材が使われる)をし。3月に2回目の剪定作業および肥料の追加、マルチングを行い。病気を防ぐための薬の塗布をするとのこと。但し防虫剤は一切使用しておらず、「テントウムシ等の自然の作用に任せてます」だそうです。

2019-04-26 10.53.37.jpg
ローズガーデンでツアーは終了。1時間でした。その他のガーデンについては次回に続きます。
2019-04-26 10.34.23.jpg
Hever Castle & Gardens
Hever Rd, Hever, Edenbridge TN8 7NG
開園時間・お城の開城時間・料金・イベント情報等の詳細はHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:47| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

2019年3月第4週のフラム風景

引き続き快晴の土曜日のロンドン。本日の予報は晴れで最高気温は25℃!昨日も夏みたいで帽子を忘れたことを悔やみましたが、今日は昨日よりもさらに暑くなりそうです。今日はもうワンピース着ちゃおうかと思っています。夫に至っては昨日から半袖のTシャツ。先週までコートを着て震えていたのに。急な変化に体がついていきません。

グッドフライデーの前日の夜、デリー/ロンドンデリーでデモが勃発。デモを取材していた29歳の女性記者が弾丸に倒れ死亡しました。デモ隊(ネオIRAと警察はみています)の1人が警察車両に向けて発砲した弾丸が隣で取材していた女性の頭に当たってしまったのだと考えられています。彼女は29歳で既に本を一冊出版済み。TEDトークもプレゼントしたことがある、将来有望な地元出身のジャーナリストで、もう直ぐ2冊目の北アイルランド紛争を両陣営の視点から描いた本を出版する予定だったのだそう。その取材に訪れていたとみられています。ただでさえ悲しい、将来が不安になるような事件ですが、こんなにも才能がある若い女性が犠牲になったことで余計に悲しい気分が増しています。このまま和平の均衡が崩れてしまいませんように。
*********************************************************************
さて、今回は随分と時間を遡って3月第4週のフラム(Fulham)の風景をお届けします。
2019-03-19 09.32.14.jpg
フラムはロンドンの西にある閑静な住宅街でテムズ川に面しています。立派な家が並び、藤や椿の庭木が楽しめ、通りには立派な桜並木があります。
2019-03-19 09.33.08.jpg
その為用事で訪れる度に春の風景を満喫でき、隠れた花見の名所だと思ったほどでした。そんな訳で既に1か月前の風景ですが、来年桜の時期に思い出してお散歩できるよう備忘録を残します。
2019-03-19 09.35.03.jpg
テムズパスにはレンギョウを生垣にしているお宅が多数。冬中ずっと咲いていたような印象です。

2019-03-19 09.37.26.jpg
この週ネコヤナギの花が咲きました。

2019-03-19 09.39.05.jpg
Berberis darwiniiだと思われるオレンジ色の花も、テムズパス沿いの家の生垣によく使われています。この花も冬から咲いている印象。

2019-03-19 09.39.58.jpg
この週から桜が本格的に咲いたので、道すがら写真を撮る、撮る。

2019-03-19 09.47.26.jpg
モクレンもまだ満開。

2019-03-19 09.41.16.jpg
椿も残っていました。

2019-03-19 09.49.06.jpg
ビショップス・パーク(Bishops Park)の池の周りには黄色の水仙がぐるり。花を無断で切って持って帰る親子を見てしまい複雑な気分になりましたが…。

2019-03-19 09.51.31.jpg
フラム・パレス(Fulham Palace)の入口にあるへーべ(hebe)も開花。

2019-03-19 09.51.47.jpg
ボケもこの週に咲いたと記憶しています。

2019-03-19 09.52.23.jpg
フラムパレス入口にも黄色の水仙。子供たちが周りで遊んでいました。

2019-03-19 09.54.14.jpg
カフェの前にある芝生の広場。

2019-03-19 10.01.49.jpg
ウォールド・ガーデン内にある藤の古木の根元にずらりと咲いたヒアシンス。

2019-03-19 10.02.43.jpg
キッチンガーデンに植えられた野菜。

2019-03-19 10.02.24.jpg

2019-03-19 10.08.17.jpg

2019-03-19 10.09.11.jpg
壁際には新たに植えられた、昔の果樹園を彷彿とさせるアーモンド、プラム、梨、リンゴの木。これから長い歳月をかけて大きく成長していくことでしょう。

2019-03-19 10.03.12.jpg

2019-03-19 10.05.03.jpg
果樹園にも白い花が。多分かりんとサワーチェリーじゃないかな?という事でしたが…?

2019-03-19 10.05.18.jpg

2019-03-19 10.05.36.jpg

2019-03-19 10.05.47.jpg

2019-03-19 10.06.41.jpg

2019-03-19 10.07.06.jpg

2019-03-19 10.08.26.jpg

2019-03-19 12.40.37.jpg

2019-03-19 10.09.39.jpg

2019-03-19 12.42.19.jpg
ガーデンを囲うレンガの壁沿いにもずらりと花が植えられています。

2019-03-19 12.45.19.jpg

2019-03-19 13.28.21.jpg
ウォールド・ガーデン入口にあるモクレン。

2019-03-19 12.46.49.jpg

2019-03-19 12.47.45.jpg

2019-03-19 13.08.05.jpg
パレスの道沿いにもさりげなく花が咲いています。

2019-03-19 13.17.16.jpg

2019-03-19 13.17.44.jpg

2019-03-19 13.20.24.jpg
フラムの街には本当に沢山の桜が街路樹や庭木として植えられています。これはフラムFCのホームグラウンドの周り。

2019-03-19 13.19.33.jpg

2019-03-19 13.20.31.jpg

2019-03-19 16.21.34.jpg
勿論、桜以外にも。

2019-03-19 16.23.08.jpg

2019-03-19 16.23.22.jpg

2019-03-19 16.25.18.jpg

2019-03-19 16.25.39.jpg

2019-03-19 16.26.00.jpg

2019-03-19 16.26.32.jpg

2019-03-19 16.27.11.jpg

2019-03-19 16.28.20.jpg

2019-03-19 16.29.28.jpg

2019-03-19 16.30.18.jpg

2019-03-19 16.32.03.jpg
桜が多く楽しめるフラムですが、個人的に桜を楽しむのに最適な散歩道だと思ったのがWoodlawn Road。ビショップス・パーク・ロードからクラブツリー・レーンの間に延々と桜やマメナシ等春の並木が続いています。ただこの週はまだその道を発見しておらず、フラムFC近くの道(イングルソープ・ストリートかも?)の八重桜を満喫しました。

2019-03-19 16.34.14.jpg
posted by london-twosome at 04:36| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする