2019年12月06日

ヒーバー城のクリスマス

雨の予報の金曜日のロンドン。今日は1日雨が予想されており、ロンドンにしては強めの雨が降るようです。最高気温は13℃。天気が崩れると気温は高くなりますが、濡れて風邪を召されないようお気をつけください。

昨日からパリが大規模なストライキに突入した影響がロンドンにも出ているようです。昨日の朝からユーロスターがキャンセルされ、多くのフライトもキャンセルに。このストライキは1週間色々な形で続くようで、ユーロスターでの移動を計画されている方は、事前のチェックが欠かせません。昨日のパリは「暗黒の木曜日」と呼ばれるほど全ての機関が閉鎖したそうで、殆どの学校もお休み(教師がストライキをしていたため)。結果として親御さんも在宅でお子さんの世話をすることに。地下鉄をはじめとする交通機関も止まったので通勤できない人が在宅で働いたり、休んだり。貸し電気スクーターが出現して、通勤客に人気だったとか。この時期はイギリスもストライキが相次ぐので、あまり旅行を計画しない方が良いんだなーとつくづく感じます。

昨日は予報に反して1日曇天で全然太陽が出ませんでした。夕方用事で出掛けたら雨に降られましたし、思ったよりも天気が悪かったです。今日も2日前までは小雨の予報だったので日帰り旅行の計画を立ててしまったら、今日見てみたら結構な強い雨。とは言え、週末は月曜日からの予定に備えて遠出したくなかったですし、イギリスで雨に怯んでいたら何にもできないので、後悔はなし。今日も体調がイマイチですが、楽しんできたいと思います。
*****************
さて、今回はケントにあるアン・ブーリンが幼少期を過ごしたお城『ヒーバー城』(Hever Castle)で開催されているクリスマスイベント『CHRISTMAS AT HEVER CASTLE』の感想です。
IMG_0569.JPG
初めてヒーバー城を訪れた際に言葉を交わした他のビジターさんが「クリスマスになるとお城の其々の部屋に違うツリーが置かれて綺麗よ。クリスマス時期に再訪したら?」と言葉を掛けてくださいました。その言葉が頭に残っており、ヒーバー城がクリスマスイベントの連絡をアップした際に直ぐにチケットを購入しました。
IMG_0526.JPG
クリスマスイベントのチケットは昼間の分と夜のライトアップされる時間帯で別々に販売されており、値段も違う場合があります(メンバーでも夜はお金を払わねばならないとか)。とは言え、電車と徒歩で訪れる我々は夜訪れる選択肢は無いわけで。通常通り昼間のチケットを購入しました。
IMG_0585.JPG
訪れる前にはちょっと子供騙しな感じだったりして?とか半信半疑だったのですが、結果的にはとっても楽しめました。今年のテーマが『Alice in a Christmas Wonderland』だったのも良かったのかもしれません。アリス大好きなので。
IMG_0529.JPG
訪れた日は体調がイマイチだったこともあり、さくっと見て帰ってきました。午前11時15分頃到着して、午後1時半には出ましたが、クリスマスのイベントは一通り楽しめました。庭はあまり見れませんでしたが。
IMG_0533.JPG
各部屋に置かれていた凝ったクリスマスツリーの写真と不思議の国のアリスの場面を描いたトランプのカードの写真をここに載せられないのがとても残念ですが。ツリーに飾られているオーナメントも、アリスを意識したチャシャ猫や、マッドハッターの帽子、ハンプティダンプティ、アリス、ティーカップ&ティーポット等で探すのが楽しかったですし。
IMG_0587.JPG
ヒーバー城をテーマにした、アン・ブーリンが肖像画の中で首にかけているBの文字の下にパールが3個あしらわれているネックレスをモチーフにしたオーナメントやヒーバー城のオーナメントもあったりして、チューダー朝が好きな方も楽しめると思います。
IMG_0593.JPG
以下は、外のディスプレイをお楽しみください。
IMG_0522.JPG
サザン鉄道(Southern Railway)のヒーバー駅からヒーバー城までフットパスを歩きました。

IMG_0521.JPG

IMG_0520.JPG
足元が悪くて後悔し、復路は道路を歩きました。

IMG_0523.JPG
ヒーバー城前のパブもフェスティブな雰囲気になっており、サンデーローストを楽しむお客さんで混んでました。

IMG_0595.JPG

IMG_0524.JPG
ゲートにツリーが並んでいて、雰囲気が盛り上がります。

IMG_0528.JPG
ヒーバー城へと続くアプローチのトピアリーは夜はライトで輝くのだと思いますが、昼間も楽しめるように薔薇で飾られていました。

IMG_0527.JPG
鹿のトピアリーには真っ赤なお鼻。

IMG_0530.JPG
お城の入り口に飾られているツリー。定期的に泡の雪も降ります。

IMG_0565.JPG
お城から出ると前の広場には、メリーゴーランドや焼き栗の屋台というホリデーマーケットにあるような風景。

IMG_0581.JPG

IMG_0579.JPG

IMG_0590.JPG

IMG_0578.JPG

IMG_0582.JPG

IMG_0583.JPG
お城の前から、クリスマストレイルが用意されており、道順に沿って進むとアリスに因んだデコレーションがそこかしこにあります。

IMG_0577.JPG
別料金が発生し、事前の予約が必要ですが、サンタさんと写真撮影することも可能です。

IMG_0586.JPG

IMG_0588.JPG

IMG_0580.JPG
お子さんが一緒だと記念撮影ができるスポットも沢山用意されているので、良い思い出になるかも。

IMG_0568.JPG

IMG_0566.JPG
ランチは入り口近くの『MOAT RESTAURANT』で食べました。営業開始の正午直後に入ったのに、入り口近くの最後のテーブルをタッチの差で確保できました。寒いのに外で食べている人も多くて、繁盛してました。このカフェは意外と食事が美味しくてお気に入りです。

IMG_0576.JPG

IMG_0572.JPG

IMG_0573.jpg

IMG_0575.JPG

IMG_0571.JPG
初冬のイタリア庭園。

IMG_0598.JPG
posted by london-twosome at 00:00| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

ヒーバー城の秋の庭と駅からのフットパス

冷え込んでいる火曜日のロンドン。本日の予報は曇り。午前10時〜午後4時の間、小雨がぱらつく可能性があるかもしれませんが、雨の心配はあまり無さそうです。最高気温は11℃。昨日は寒かったですね〜。とうとうニット帽とカシミアのレギンスを登場させたのですが、それでも外で活動していると寒くて震えました。今日も完全防寒して作業するつもりです。

自称ISの首脳が殺害されたのを受けてヨーロッパでのテロリズムの可能性が高まっているというニュースを読んだ昨日、地下鉄で席が空いたので座ろうと思ったら座席の下に荷物が。一瞬『え?!どうしよう?あ、座っていた人に知らせなきゃ』とかパニクってフリーズしてる間に、多分私のビックリした顔で気付いた人が荷物を取りに戻ってきて事なきを得ました。その人に「荷物忘れてますよ!」と声を掛けても振り切って降りていったら、迷いなく直ぐに警察に通報できますが。もしただ荷物が置かれていたら、どうしたら良いんでしょうね?ただの忘れ物かもしれませんし、かと言って通報しなくて万が一爆発物だったら甚大な被害が出ますし。普段からいざという時の行動を色々シュミレーションしておくべきだな…と痛感しました。

ずっと車両の通行が禁止されているハマースミス橋。工事に3年は掛かるという試算が出ているので、仮設橋を3ヶ月で直ぐ隣に建造する案が出されていましたが、区の議会で否決されたとのこと。確かにそんなお金使うなら、本物の橋をさっさと直せという気がします。個人的には、このまま歩行者&自転車専用の橋になってくれると嬉しいのですが…。
*****************
さて、今回は秋のヒーバー城(Hever Castle)を訪れた最後の備忘録で、メインのイタリアンガーデン以外の庭と鉄道ヒーバー駅からヒーバー城までのパブリック・フットパスについてです。
IMG_9317.JPG
今回も前回と同じくロンドンブリッジ駅からサザン鉄道(Southern Railway)でヒーバー城まで行き。ヒーバー城まで約30分徒歩で移動しました。

IMG_9393.JPG
今回は一緒に電車を降りた人達が皆さんパブリック・フットパスを利用したので、よく晴れていましたし私達も途中まで牧場を横切る長閑な道で移動しました。

IMG_9297.JPG
この方が歩道がない車道の脇を移動せずに済んだのは良かったのですが。

IMG_9300.JPG
直ぐ近くの羊を横目に見つつ、草原を突っ切るイギリスらしさを満喫できる道なき道。

IMG_9301.JPG
しかし、足元が悪い上に羊の糞がそこら辺にあるので、天気の悪い日や足元がはっきり見えない暗い日は利用しない方が無難です。その為、帰り道は車道を歩きました。

IMG_9302.JPG
また帰りは1時間に1本しか無い電車が前触れ無く人員不足でキャンセルされ。駅舎もトイレもない寒いヒーバー駅のホームで1時間以上待つ羽目に。今後はヒーバー城を出る前に、必ずサザン鉄道のHPをチェックして、電車の運行状況を確認しようと心に誓いました。

IMG_9299.JPG
ロンドンブリッジからヒーバー駅までは約50分で手頃な日帰りの旅を楽しめる場所ですが、夫と同じフロアのイギリス人の方が「あの路線は直ぐ電車が止まるから気をつけて!」と開口一番言っていたというのが深く肯けたのでした。皆様も家を出る前とヒーバー城を出る前に必ず運行状況の確認をお忘れなく。

IMG_9303.JPG
ヒーバー駅にはトイレが無く、駅とヒーバー城の間にはお店がありません。お城の目の前にパブがありますが、開店してるのを見たことがありませんので、トイレは電車の中で済ませておくこともお忘れなく。

IMG_9304.JPG
入り口から立派。ヒーバー城の入場料はオンラインで購入しておくと少し安いです。予約番号を入り口のブースで告げると、チケットをプリントアウトしてくれます。

IMG_9344.JPG
ヒーバー城のメインの庭はイタリアンガーデンですが、その他にも庭があります。その1つが『TWO SISTERS’ LAWN』。

IMG_9342.JPG

IMG_9343.JPG

IMG_9341.JPG

IMG_9339.JPG

IMG_9338.JPG
この庭では夏の終わりから400のダリアが咲きます。

IMG_9353.JPG
もう1つが『FAITH'S GARDEN』。

IMG_9351.JPG
この庭は、春に訪れた際にピート・オードルフ氏のデザインを彷彿とされる配置に惹かれ、オーナメンタルグラスが成長する秋に訪れたいと思っていたのでした。

IMG_9347.JPG

IMG_9349.JPG

IMG_9354.JPG
その印象の通り、ハイラインっぽい自然な印象の庭に。

IMG_9352.JPG
イタリアンガーデンの外壁に沿ってベンチが置かれているので、陽気に恵まれたらここで休憩するのも良さそうです。

IMG_9373.JPG
イタリアンガーデンを中心にハロウィンのスカベンジャー・ハントやデコレーションを設置してましたが…

IMG_9346.JPG
敷地内に鍵が散らばってました。

IMG_9331.JPG
トイレを借りがてらイタリアンガーデンのカフェで温かい飲み物を購入し、ベンチで池を眺めたり、サンクンガーデンのベンチで寛いだりして休憩。ハロウィンのイベントの一環で、子どもたちがビスケット(イギリス英語でクッキーのことです)のデコレーションに挑戦してました。ミッドターム休みだったことも相まって、カフェはとても賑わってました。

IMG_9345.JPG
散歩道に沿って絵本から飛び出したかのようなキノコを発見。実在するキノコだったんですね〜。

IMG_9378.JPG
チューダーガーデンは唯一アン・ブーリンがお城で過ごした時代から存在したと信じられている庭園。随分手を入れて当時とはガラリと変わっているとは思いますが、ノットガーデン等を当時の流行を再現するように造っているので歴史ファンは必見の庭です。

IMG_9305.JPG
posted by london-twosome at 02:50| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

秋のヒーバー城のレイクウォーク

快晴の月曜日のロンドン。午後は雲が出るようですが、雨の心配はなさそうです。最高気温は11℃。昨日から引き続きの秋晴れで気分爽快です。

またまた地下鉄が大幅遅延しているので、早めに家を出ねばなりません。その為、早速本題です。EUが期限の延長を認めてくれますように!またISの首脳が殺害されたため、ヨーロッパの何処かでテロが起こる危険性が高まっているそうです。皆様気をつけようが無いとは思いますが、不審な人や物に気を配って、いつもよりも心がけて他人に明るく優しく接して、安全に過ごしましょう。
*****************
さて、今回は前3回書いてきたケントにあるヒーバー城(Hever Castle)の敷地にある、池を巡る遊歩道(LAKE WALK)を秋の風情を楽しみながら散策しましたので、その風景のお裾分けです。
IMG_9370.JPG

IMG_9348.JPG
イタリア庭園の直ぐ前にある池から遊歩道がスタート。

IMG_9332.JPG
この日は天気予報で想像していたよりもよっぽど晴れ、青空が広がったので気持ち良い景色です。

IMG_9355.JPG
お子さんに人気の水の迷路を過ぎて、芝生の中を進み…

IMG_9298.JPG
少し進むと、ワイルドフラワー・メドウが現れます。

IMG_9357.JPG

IMG_9356.JPG
HPで見ると色とりどりの野草が咲き乱れてとても綺麗ですが、流石に花の種類も数も減っています。

IMG_9359.JPG

IMG_9361.JPG
とは言え、写真ではよくわかりませんがまだまだ美しい風景で見入りました。

IMG_9358.JPG
この草原が花で一杯の時に訪れたら感動するでしょうね〜。

IMG_9362.JPG
川と池の堺に架けられた橋。今回は増水して橋すれすれまで水面が迫っていて渡るのが怖いくらいでした。

IMG_9366.JPG
池の反対側からイタリア庭園のテラスを見るとこんな感じ。

IMG_9365.JPG
ここまで来ると殆どビジターが居なくて、とっても静か。

IMG_9363.JPG
前日まで雨が降り続いたので、池が満水。春には湿地に生える水草が茂っていた辺りも水没してました。

IMG_9364.JPG

IMG_9368.JPG
もう少し進むと対岸に茶室(JAPANESE TEA HOUSE)が見えます。

IMG_9367.JPG
茶室の対岸には太鼓橋(風)。

IMG_9306.JPG

IMG_9350.JPG
まだ紅葉のピークではありませんでしたが、所々で色付いた葉っぱが楽しめました。

IMG_9369.JPG
道沿いには栗やどんぐりが。沢山落ちていたので、お子さんと実を拾って工作できそうです。

IMG_9371.JPG
ボートハウスの周りも黄色の葉。

IMG_9360.JPG
posted by london-twosome at 05:09| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする