2020年03月02日

少人数ツアー『Rabbie's』で日帰りバース旅行

朝からコビット19のニュースが流れる月曜日のロンドン。本日の予報は曇ったり、晴れたり、時々雨が降ったりという変わりやすい天候。最高気温は9℃で最低気温は0℃なので、温かくしてお出掛けください。

今年に入ってから住人が変わったのか、何処からか流れてくる音楽(というかドラムやベースの振動?音?)に悩まされる事が多くなりました。去年までは金曜日の午後5時半〜6時位まで30分だけだったので、「Thank God It's Friday!」みたいな感じで、帰宅して週末モードに切り替える間大音量で音楽を聞いているのだろうと我慢していました。

でも今年から平日の午後中とか夜7時〜10時過ぎまでとか長時間に亘り音楽を聞いていて、夜も聞こえるので非常に邪魔に感じ。先日とうとう我慢できずコンシェルジュに異議を申し立てました。イギリスでもアメリカと同じく、コンシェルジュさんが証拠を取りに来て、騒音が確認できた場合のみ原因を追求。騒音の原因となっている部屋に注意を促すという手順が決まっています。

平日の昼間にコンシェルジュさんに文句を言った時には、丁度遅いランチ時だったらしく一人しか担当者が居ないのでデスクを離れることができないという理由で来てもらえず。2時間後に来てくれた時には音楽が止んでいました。

この週末には、セキュリティーとコンシェルジュが2人で何回も来訪して、部屋に入って騒音を確認したり、戸口で説明してくれたり。対応していたら1時間程経ち、でも結局原因は解りませんでした。上階も、同階も、下も回ってくれたそうですが、全く音がせず、ドアを開けて貰ってもTVの音しかしなかったとのこと。マネジャーに報告してくれるそうですが、暫く騒音が続きそうで頭が痛いです。
*****************
さて、今回は最大でも16名までしか乗れないバンでツアーを催行するツアー会社『Rabbie's』のロンドン発着の日帰りツアーで、バース、エーヴベリーおよびレイコックを巡るツアー『Bath, Avebury & Lacock Village 1 day tour』の感想です。
IMG_2232.JPG
ツアー会社『ラビーズ』にはグラスゴーからスコットランドのハイランド地方を巡る日帰りツアーでお世話になりました。その際にバンの乗り心地が良く、ツアー内容も充実していて、何よりガイドさんが情報量が豊富で楽しませてくれたのでとても気に入り。

ロンドンに住んでいても、なかなかイギリスの文化や風習を学ぶ機会に恵まれない事もあり、是非ロンドン発着のツアーも利用したいと思っていました。ラビーズのロンドン発着の日帰りツアーには:①ボンベイ・サファイア(ジン)の歴史とウィンチェスター、②オックスフォードとコッツウォルズ、③シェイクスピアのストラトフォード=アポン=エイボン等の選択肢もありましたが。
IMG_2265.JPG
我々はジンを嗜みませんし、オクスフォードとストラトフォード=アポン=エイボンには訪れたことがあった為、バースの日帰りツアーを選択しました。しかし最初に申し込んでいた催行日は、大雨や強風注意報が出され、嵐の到来で大荒れになると予想されていた週末。

規約では日帰りツアーであれば3日前までにキャンセルを知らせれば、全額返金されるとなっていたので、日付を変更させてもらいました。結果変更した催行日にもストームの予報が出ていたのですが、みぞれや雨が降ってはいたものの、バンを降りて散策している間は晴れ間も覗く、まずまずの天候でした。
IMG_2164.JPG
ツアーの申込み後、集合場所や集合時間の連絡がE-mailで届きました。私達のツアーの発着はビクトリアにある『Greenline Coach Terminal』(ビクトリアバスターミナルから道を挟んで向かいにある)に午前9時集合。
IMG_2165.JPG
『停車場所3』に来るよう指示があったのですが、実際にターミナルを訪れると集合場所を示す看板があり、オクスフォードツアー等全てのツアー客が一旦その看板に集合するシステムになっていたようでした。

運転手さん&ツアーガイドさんにチェックインしてもらったら、バンに乗車して待機。計画では午前9時15分に出発する筈だったのですが、参加者の1人が現れず、電話でも連絡がつかず。結果として規定通り25分まで待ってからの出発となりました。当日ツアーをキャンセルする場合は、迷惑が掛かるので必ず連絡を入れましょう。
IMG_2180.JPG
バンは一路ロンドンからストーンサークルがある世界遺産の町『エーブベリー』(Avebury)へ。道中、ロンドンの豆知識やらを20分程説明しましたが、それ以降はひたすら移動。私はほぼ寝ていました。

エーブベリー到着は午前11時半。そこから30分はバンを降りて自由行動でした。
IMG_2170.JPG
エーブベリーは、ナショナルトラストが管理する町&土地。その為、ナショナルトラストの運営するショップや博物館、古本屋やお庭等が点在しており、トイレも無料で借りられます。

私達は先ずトイレを借りた後、ストーンサークルを見物。時間が許せばぐるーっとストーンサークルに沿って歩けるそうですが、私達は小さなサークルとそのすぐ外側のサークルの一部を眺めつつ歩いて写真を撮ったのみ。
IMG_2173.JPG
でも町自体も非常に可愛らしかったですし、ストーンサークルはミステリアスで満足でした。30分あれば一通り見物が可能でした。お庭は見れないにせよ。

正午にエーブベリーを後にして、今度はコッツウォルズらしい可愛らしい町『レイコック』(Lacock)へと午後12時30分に到着。この町は『ダウントン・アビー』や『ハリーポッター』等数々の作品のロケ地として使われたことで有名な『Lacock Abbey』があることで人気です。
IMG_2186.JPG
しかしツアーの自由時間は1時間。先ずはレイコック・アビーの外観を見物した後、小さくとも可愛らしい村をくるっと散策。ランチはバースで食べると選択肢が沢山あると言われていたのですが、どうにもお腹が空いたのでナショナルトラスト経営の『Stables café』でランチ。

因みにステーブルカフェの隣にあるトイレは誰でも無料で利用できます。他にもベイカリーやパブ、カフェやショップが少しですがありました。
IMG_2264.JPG
レイコックからは、コッツウォルズらしい茅葺屋根のコテッジや、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン殿下が通った学校がある裕福な町等を眺めつつバースへと向かい。バースでは午後2時15分〜午後4時15分まで2時間の自由時間がありました。
IMG_2249.JPG
バンの中でモデルコースが描かれた地図をくれたので、コース通りに散策すること1時間10分。それからトイレを借りたり、有名なパン屋でお土産のパンを購入したり、カフェで一休みしたりであっという間の2時間でした。

2時間あれば一通り町の様子は見ることができますが、教会やローマの大浴場、有名なカフェでの飲食等は全くできませんでしたので、バースのイントロダクションみたいな気持ちで臨むと満足できる気がします。町の様子は分かりましたし、綺麗な景色を見れましたし、美味しい名物パンも購入できましたし、満足でした。
IMG_2263.JPG
集合してバンに乗り込んだら、小高い丘から丘陵地帯をウェールズまで見渡せる絶景を車窓から臨み、その後は高速に乗ってロンドンへ。寝ていたら午後6時40分頃ビクトリアにあるグリーンライン・コーチ・ターミナルに戻りました。

この内容で£46/大人であれば満足でした。見て回る時間は無いとは思いますが、念の為ナショナルトラスト会員の方は会員証を持ってツアーに参加することをお勧めします。
IMG_2262.JPG
ツアーの内容はラビーズのHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 03:24| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

ブライトン&ホーヴ散策

雨の予報の木曜日のロンドン。今日は1日雨が降る予報で、最高気温は9℃。明日からは数日晴れそうなので、今日は温かくして濡れないようにお出掛けください。

今日はとうとう総選挙の投票日。ということで、今日は1日TVでイギリス政治について発言することは禁止されているそうで、BBCのプレゼンターさんは「久々の政治からの休憩を楽しんでくださいね」とか冗談を言っていました。確かに最近どの政党がどの位票を伸ばしているかとかそんな話題ばっかりでうんざりはしていましたけれど。今晩は選挙特番も予定されているようで、一体どうなるのでしょうか。ナンバー10(首相官邸)の住人は変わるのでしょうか?ドキドキですね。

緊急救命が上手く機能していない事が引き続き問題になっています。急を要する手術が4,000件以上キャンセルされたことも判明し、相変わらず病床が足りないので、治療の順番が回ってくるまで廊下で寝かされる患者が出ていること等も分かっています。今日の選挙で勝利した政府には早急に対策を打ってもらいたいと願います。
*****************
さて、今回はロンドンから電車で1時間南に下ったイーストサセックスにある海辺のリゾート『ブライトン』(Brighton)とホーヴ(Hove)の町とビーチを散策した備忘録です。今回でブライトンの旅行記は最後です。
IMG_0737.JPG
ブライトンへは鉄道を使って訪れたのですが、鉄道駅の周りはノースレーン(North Laine)と呼ばれる個性的なお店やギャラリーが並ぶ町並み。

IMG_0766.JPG
この地区はストリートアートも沢山で歩くだけで楽しいのですが、賑やかな商店街もあります。

IMG_0828.JPG
チェーン店は無く、アーティストのお店やここにしか無いcafeとかが約400店舗並びます。

IMG_0831.JPG
ブライトンとホーヴに数店舗展開している人気ベーカリーの一号店『THE FLOUR POT BAKERY』もあります。

IMG_0837.JPG

IMG_0838.JPG
お土産にサワー種のパンを購入しました。中でコーヒー飲みつつデザート食べたり、軽食を食べている人が多く人気のほどが伺えました。

IMG_0753.JPG
Magazine Brighton』は、小さな出版社が出している季刊誌等も取り扱う雑誌専門店。

IMG_0841.JPG
珍しい雑誌も多くて、思わず長居。来年訪れたいと思っているコーンウォールのガイドがあったので思わず購入しました。写真が綺麗で眺めているだけでも楽しめます。

IMG_0765.JPG

IMG_0764.JPG
いかにも観光地っぽいお土産物屋さんがあったりもします。

IMG_0827.JPG
ノースレーンをビーチ側に歩いていくと、チェーン店が並ぶ太い道に出ます。

IMG_0826.JPG
ショッピングモールがあったり、時計台があったり。夜はクリスマスのイルミネーションが綺麗そう。

IMG_0782.JPG
そこからビーチに向かっては細い路地のような道が多いです。

IMG_0783.JPG
ビーチには約15分で到着。

IMG_0787.JPG
観光名所である『Brighton Palace Pier』は信号を渡って直ぐ。

IMG_0786.JPG
普段はゲームセンターがあったり、屋台が並んでいたりで楽しめるのだと思うのですが、この日は強風で全然進めず。危ない気もしたので断念しました。

IMG_0792.JPG
ビーチは屋外美術館みたいになってます。こんな風にオブジェが設置されていたり…

IMG_0798.JPG
ブライトンの風景写真の写真展が行われていたり…

IMG_0793.JPG
小さな海洋博物館があったり…

IMG_0794.JPG
絵が描かれた小さな小屋があったり。

IMG_0797.JPG
昔のピア跡(でしょうか?)には廃墟萌。

IMG_0801.JPG
そのままホーヴ方面に歩くと10分位でもう一つの観光名所『British Airways i360』という展望タワーと商業施設が合わさった施設があります。ブライトンが一望できるらしいのですが、この日は視界ゼロ。勿論スルーしました。

IMG_0802.JPG
そのままレストランなんかを横目に見つつ海沿いの遊歩道を15分位歩くと…

IMG_0809.JPG
カラフルな海小屋で有名なホーヴに到着ます。

IMG_0810.JPG
天気が良ければピアからホーヴまで約25分の海辺の良い散歩道だと思います。

IMG_0814.JPG
ホーヴの町は小ぢんまりしていて、ブライトンより落ち着いて食事とかができそうでした。

IMG_0816.JPG
Table』マガジンで勧められていたイギリス産の女性服や手作りアクセサリーを販売するお店『Igigi General Store』もあります。すごーく素敵な品揃えで、思わずピアスを購入しました。これからホリデーシーズンに活躍させます。

IMG_0811.JPG
ブライトンとホーヴを結ぶバスのチケットがブライトン駅前で販売されていました。足に自信のない方はバスで移動すると良いかもしれません。

IMG_0813.JPG
復路はお店が並ぶ道をブライトンまで歩きましたが、色んなソースが選べるポテト専門店とかフレンチ風パブとか面白そうな食事処も多かったです。

IMG_0789.JPG
posted by london-twosome at 02:16| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

ブライトンでの食事と休憩

現在4℃の割には寒く感じる水曜日のロンドン。本日の予報は晴れのち曇りのち雨。最高気温は9℃です。昨日は強めの雨が降る予報でしたが、小雨しか降らなかったような?BBCの天気予報が全然当たらないので、周りの皆さんのように気象予報のアプリを入れようかな?と考えてしまいます。直ぐに容量が足りなくなるので、あまりアプリは増やしたくないのですが。

昨日夫が無事帰宅し、今朝は元気に出社の準備をしているので一安心。でも折角夫が帰ってきたのに、昨日は1日寝込んでいました。ボランティアも今日に変更してもらったのに、本日もぐったりしていてお休みを頂くことに。もうかれこれ1ヶ月近く体調が悪い→少し良くなる→悪化するの繰り返しのような。1日も早くスッキリ回復したいです。そんなこんなで本日も早速本題です。
*****************
さて、今回はイーストサセックスの海辺のリゾートタウン『ブライトン』(Brighton)でとったコーヒーブレイク、ランチとジェラートの備忘録です。

ノースレーンにあるコーヒーショップ『Coffee Zur』
個性的なお店が集まるノースレーンの角にある小さなコーヒーショップ。テーブル席が一つあり、カウンターが2つあるだけの狭い店内ですが、丁度通りかかった際にはイートインしている人は居らず、駅から近くて便利だったので休憩しました。
IMG_0758.JPG
少ないながらもケーキや菓子パン、サンドイッチや食事パンが並んでいましたが、朝一だったこともありイギリス定番のソーセージロールを温めてもらい、ラテと一緒に食べました。
IMG_0755.JPG
ひっきりなしに近所で働く肉体労働をしている男性陣が休憩に訪れるような、気軽なお店。トイレもあって、落ち着いて休憩できました。

ブライトンの情報誌も置いてくれてあったので、これから町の散策をするのにぴったりでした。ブライトンはコーヒーショップが沢山あるみたいで、実際お洒落なcafeも多く見掛けました。
IMG_0756.JPG
何故かこのcafeの情報は全く見当たらないのですが…新しいのでしょうか?ラテはミルクが超多めの優しい味で、ソーセージロールはテッパンの味でした。
IMG_0757.JPG
お店の方が「Having it?」と言われ、最初『?』となりましたが、あぁステイするか聞いてるのかと納得。そんなちょっとロンドンとも違う言い回しを面白く感じたのでした。

Coffee Zur
お店の情報が全く見つけられません。Trafalgar StのFOLDという素敵なお店の直ぐ近くにありました。

ビーガン&ベジタリアンフレンドリーなダイナー『Dough Lover』
ビーガンとベジタリアンでも安心して訪れることができるノースレーンにあるダイナー。ここは外観があまりに可愛らしかったので、入ってみたくなり。全く情報がなかったにも関わらず、ランチに訪れました。
IMG_0830.JPG
後で調べると、ナッツから作るミルク(イギリスではビーガンの方が多いので、アーモンドミルクとかカシューナッツミルクを牛乳代わりに摂取する人が多いです。ソイミルクは乳癌の確率が上がるとか色々な理由で女性に敬遠されてます)から何からなるべく自分たちで作る拘りよう。理由はアーモンドミルクはコーヒーと合わないから(凄く同意!コーヒーにアーモンドミルクってまっずいですよね!)。

提供している全てのパン、菓子パン、デザートの類も全て手作りしていて、全てがグルテンフリー。グルテンアレルギーとか不耐性をもっている方も安心して食事が楽しめるだけでなく。
IMG_0829.JPG
殆どの原材料がオーガニックという徹底ぶり。店員さんも全員フレンドリーでそこはかとなくLOVE&PEACEな感じが漂ってます(アフロだったり)。

拘りはドリンクにも及び、コーヒーやお茶にも凄く力を入れているとの事。他のテーブルの方々は殆どお茶を注文していましたが、ケメックスのコーヒーメーカーに入って出てきてました。蓋がされていないけれど、美味しいのかな?とちょっと不思議でしたが…こだわってはいるのでしょう。
IMG_0795.JPG
私はビーガンチーズたっぷりのグリルドチーズ・サンドイッチを頼みましたが、グルテンフリーのパンにビーガンチーズの割にはコクがあって美味しかったです。でも量が多すぎて完食できませんでしたが(お店の人が持ち帰りに包むか聞いてくださいましたが、ロンドンまで帰るのに心配なので断りました。勿体ない…)。

ビーガンチーズにグルテンフリーのパンだとどうしても少し違和感があったのですが。サイドに添えられていたサラダが、ロンドンに住み始めて食べたサラダ全ての中でも1−2位を争う新鮮さでした。特筆に値するサラダだと感じました。サラダ好きの方にはお勧めのお店かも。
IMG_0823.JPG
ちゃんとお肉のメニューもあるので、ハンニバルの人でも大丈夫。色んな食の拘りがある人と訪れても安心・安全で、スッキリした居心地の良い店内でのんびり食事が楽しめると思います。

但し、値段はちょっと高めです。お財布に余裕がある時にどうぞ。

Dough Lover
99 Trafalgar Street Brighton BN1 4ER
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

ブライトンと言ったら『GELATO GUSTO BRIGHTON』
多くのイギリス人(ヨーロッパの人もかも?)の中では、「海辺のリゾートにアイスクリームは欠かせないでしょ!」=「ブライトンに行ってアイスクリームを食べなかったら旅は終わらないでしょ!」ということらしく。夏にはビーチにずらりとアイスクリーム屋さんが並ぶみたいです。
IMG_0767.JPG
私が訪れた冬でも、町中にはアイスクリームやジェラート屋さんが目に付き、それなりに繁盛しているようでした。そんな中で立ち寄った『ジェラート・ガスト』は、ブロガーさんが一番おいしい!とお勧めしていた店舗。

店員さんはフレンドリーで味見を勧めてくれましたし。店内にはテーブル席が用意された割と広めのスペースもあり、ゆっくりとジェラートを味わえました。
IMG_0833.JPG
ジェラートは美味しかったのですが…どうしてもチヂックのDuciと比べると…。でも最近では他のジェラートは美味しくないと感じてしまう事が多いのに、ここは美味しいと感じたのでかなりイケてると思います。

でも夏であれば、味はともかくビーチでアイスクリームを買って、カモメに怯えながら食べるのが醍醐味な気もします。

GELATO GUSTO BRIGHTON
2 Gardner Street Brighton BN1 1UP
お店のFBページはこちら
posted by london-twosome at 00:00| Comment(0) | 日帰り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする