2019年08月05日

アイルランドのコークの街並み

今にも降り出しそうな月曜日のロンドン。本日の予報は雨後曇り。夕方には雲が切れて太陽が見られる時間もありそうです。最高気温は24℃。午前中は涼しそうですが、午後雨が止んでから気温が上がりそうです。

決壊の危険性があるダムは順調に水を抜く作業が進んでいますが、まだ近隣の住人は避難したままです。現時点ではいつ自宅に戻れるか分かっていないそうです。本日もスコットランドと北アイルランドを中心に雨が降る予報で、ダムでの作業への影響も心配されています。洪水が起きたり、この夏もイギリス全土で天候に振り回される事態が続き、今朝のBBCでは保険会社の担当者が呼ばれてコメントしていました。先週だけで1万3千回の雷が観測されたそうで、イギリス全土で天候が荒れていたのが感じられました。影響で引き続き鉄道に影響が出ているとのこと。お出かけ前には必ず運行状況を確認する必要があります。

昨日テートモダンの10階にある展望台から男の子が投げ落とされる事件が起きました。犯人の17歳の男は逮捕され、被害に遭った男の子は重傷なものの一命は取り留めたとのこと。事件の影響で昨日からテートモダンは閉鎖され、本日も開館する予定は無いそうです。事件が起こった当時、テートモダンは夏休みを楽しむ親子連れで賑わっていたそうで、「That's my boy!」という母親の絶叫が響き渡ったと報道されています。犯人と男の子に面識は無く、通り魔事件と考えられているそうです。マレーシアにバケーションで訪れていたイギリス人の10台の女の子がホテルの部屋から攫われたとみられる事件も起きており、お子さんがいらっしゃる親御さんには心配な事件が立て続いています。テートモダンの展望台には柵などが設置されるかもしれませんね。

今日・明日と予定されていたヒースロー空港職員によるストライキは一旦回避されたものの、150にも及ぶフライトは予定通りキャンセルされるとのこと。また引き続き賃金の交渉は続き、合意が得られなければ1週間後にもストライキが予定されているそうです。ヒースロー空港利用のご予定がある方は、事前確認をお忘れなく。
********************************************************************
さて、今回はアイルランド南東部にあるアイルランド共和国第2の都市コーク(Cork)の風景をお届けします。
2019-07-26 14.06.30.jpg
しつこいですが、今回の2泊3日のコーク旅行はサンディエゴから1週間のアイルランド旅行に訪れていた友達カップルと約1年振りに会うために計画したもの。たまたまパックツアーでアイルランド周遊をしていた彼女たちが週末滞在していたのがコークで、日程を合わせて金曜日の正午頃ホテルに到着し、日曜日の午後1時のバスで街を離れるという短期滞在でした。
2019-07-26 13.31.00.jpg
常々、各地を旅行したらウォーキングツアーに乗って歴史やその土地の謂れを学ぶよう心掛けていると書いていますが、コークのウォーキングツアーの開始時間は午前11時。到着した日は既に終わっていましたし、帰国する日はバスの時間に間に合わないので乗れず。
2019-07-26 13.41.11.jpg
唯一時間があった土曜日は、1日友達カップルと過ごしていたので勿論ツアーどころではなく。結局今回はあまり歴史を学ばず仕舞い。それがちょっと心残りです。
2019-07-26 14.06.18.jpg
とは言え、元々ウォーキングツアーは半ば諦めていたので、訪れる前はネットでコークの歴史を読んだり、動画を見たり。エリザベス要塞で少しだけ歴史を読んだりしました。
2019-07-26 13.44.22.jpg
後は、食事やカフェ、パブを梯子しながら街中を散歩したり、目抜き通りであるオリバー・プランケット通りでショッピングをしたり。ついでにエリザベス要塞や聖アン教会等の名所を見物に出掛けたりしただけです。
2019-07-26 13.58.51.jpg
その為、今回は街の風景をざっとご紹介します。
2019-07-26 13.06.58.jpg
コークの観光名所の1つであるイングリッシュ・マーケット(English Market)。1610年まで起源が遡り、1788年から営業していたという歴史ある屋内市場です。

2019-07-26 13.15.51.jpg
広めの市場には日用品が並びます。肉屋が多く感じましたが、魚、ベーカリー、スイーツ、チーズ、オリーブ等一通りの物が揃っています。ホテルの部屋でつまむ物を購入するには便利そう。

2019-07-26 13.17.08.jpg
どうせ必要な物を旅先で購入するのが好きなので、帰国する日にパンを買いにイングリッシュ・マーケットを訪れたのですが、日曜日は閉まっていました(月曜日~土曜日の午前8時~午後6時営業)。カトリックの都市らしく、日曜日は殆どのお店が閉まっていたので、旅の日程を組む際には考慮に入れた方が良さそうです。

2019-07-26 13.20.12.jpg
アイルランドのベストなショッピング通りの選考に上げられた事があるというオリバー・プランケット通り(Oliver Plunkett Street)。アイルランド第2の都市のメジャーなショッピング街と聞いて想像するよりは、数段こじんまりしています。

2019-07-26 13.24.39.jpg
でも個人商店や地元のお店が多くあるので、お土産を購入するのにもってこいです(でも絵葉書やキーホルダー等の所謂お土産っぽいお土産はありませんが)。

2019-07-26 13.25.08.jpg
観光客が多く訪れるパブなんかも多いようでしたし、人気のレストランもこの通りにありました。アイルランドの服飾ブランド『Carousel』の路面店もここにありました。NYCではほぼヨガウェアとアウトドアウェアで生活していたのですが、ロンドンでは流石にそうはいかず。加えて長袖シャツが駄目になってしまったので、思い出にシャツを旅先で購入したかったのですが、サイズが無くて買えずに残念でした。

2019-07-26 13.29.06.jpg
何故か夫が歯ブラシを忘れて、オリバー・プランケット通りにある量販店で購入したのですが、安かったです。コークは全般的に物価が安い印象でした。一部カフェを除けば。

2019-07-27 19.55.17.jpg
2011年にオープンしたアイルランドの駄菓子を販売するお店『Aunty Nellies Sweet shop』で、友達カップルが嵌りにはまっていたボン・ボン(BON BONS)が売られていたので思い出に購入。€10でした。

2019-07-27 16.39.20.jpg
ばらまきお土産に便利そうなお菓子も豊富に揃っていたので、お土産を探すのにも良さそうでした。

2019-07-26 14.02.18.jpg
コークにはあまりマグネットや絵葉書を売っているお土産物屋さんが多くないのに加え、日曜日は殆どお店が営業していなかったので困り果て。結局Crawford Art Galleryのショップでカードと昔のコークの風景を描いた油絵のマグネットをお土産に購入しました。早速お便りを頂戴したままになっていた数人に返事をしたためました。コークの著名建築と花が一緒に描かれたカードで、園芸好きの人達への便りにぴったりです。

2019-07-26 14.02.33.jpg
コークのオペラハウス。元気だったら夜観劇に繰り出せるんですけどねぇ~。

2019-07-26 13.56.21.jpg
翌日訪れたコーヴ(Cobh)ほどではありませんでしたが、同じ港町であるコークも割とカラフルな家があったように思います。

2019-07-26 13.33.37.jpg
Bishop Lucey Parkというシティーセンターにある公園。コークの町を最初に築いたバイキングが造ったとされる城壁の一部が発掘され保存されています。

2019-07-26 13.36.52.jpg
市民の憩いの場です。サラダバーのロケットマンはこの公園から徒歩5分以内なので、ここまで持って来て食べても良さそうです。

2019-07-26 14.06.39.jpg
PCの調子が悪くて記事が書けないので、続きはまた今度。
posted by london-twosome at 15:37| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

アイルランドのコークでの食事

曇天の日曜日のロンドン。今日は曇ったり、太陽が顔を出したり、小雨が降ったりと天候がクルクルと変わる、イギリスらしい1日になるようです。最高気温は23℃。朝ジムに行こうと半袖で出たら肌寒かったですが、日中はムシムシとしそうです。

7月はどうにも体調が優れず寝込むことが多く、気付いたら8月になっていました。今日もまだまだ本調子とはいかないものの、ジムに復帰できました。これから少し散歩したり、買い物したりと、体を慣らしていくつもりです。

今週は夫に夏休みを取ってもらい、基本的にはステイケーションを楽しむ予定にしています。何しろ7月に週末旅行とは言え、友達に会いにパリとコークに出掛けたのでお金をこれ以上使えませんし。まだまだロンドン近郊で足を運べていない場所を沢山あるので、自宅から小旅行するだけでも十分旅行気分を楽しめるのが理由です。火曜日から一泊で近場に遊びに行く予定なので、それまでに体調を完璧に戻したいと努力中です。

寝込んでいる間は、物を読んだり、TVを見たりもできなくなるので全くニュースが分からなくなるのですが。今回はイギリスのダムが決壊の恐れがあると避難勧告が出たり、アメリカで銃の乱射事件が起きたりと、激動の5日間だったようですね。今朝久し振りにニュースを見て、早速凄く凹んでしまいました。待ち受けに『Start where you are. Use what you have. Do what you can. 』というArthur Ashe氏の言葉を設定しているのですが、めげずにできることからコツコツと…と自分に言い聞かせる日々です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日で訪れたアイルランド南東部の都市コークでした食事の備忘録です。

今回の旅行は友達カップルと時間を過ごす事が主眼。そして彼女たちはベジタリアンで、1人はアレルギーも多く(柑橘系やトロピカルフルーツを食べると蕁麻疹が出たり)、食事にあまり力を入れていないので、必然的に私達も軽く済ませたり。また帰りの飛行機が午後4時離陸だった為、バスの時間の関係で最終日は空港でセキュリティーを通ってからホットドックをつまんだだけでランチを済ませたりしました。

従って、通常に比べて数も少なくなってます。

シティー・センターにあるサラダバー『The Rocket Man Food Co.』
始まりはファーマーズマーケットの出店だったというサラダバー。2012年にファーマーズマーケットでの営業を始めてから人気を博し、今では3店舗を営業する人気店に成長。
2019-07-26 12.39.50.jpg
私達が訪れたのは目抜き通りであるオリバー・プランケット通りを少し入った場所にある常設店舗です。とは言え、カウンターがあるだけの、基本お客さんはテイクアウトをする小さな店構えです。

金曜日のランチ時だったので、近くで働く人々がサラダやプレートをテイクアウトして、近くの公園で食べたり、職場に持ち帰ったり、店舗の前に設置されたベンチで食べたりしていました。我々もホテルが近いので持ち帰れたのですが、天気も良かったので店舗前のベンチで食べることに。
2019-07-26 12.45.27.jpg
そこまでお腹が空いていなかったので、2種類のサラダを選択。カウンターに乗っていた5種類のサラダから選ぶと、ベビーリーフが敷かれた器に盛って出してくれます。夫はそれにチキンをトッピング。

カウンターに乗っているサラダは、キヌアやクスクス等の穀物類やひよこ豆やレンズ豆等の豆類をベースにした物が殆ど。スパイシーだったり、さっぱりしていたりするので、組み合わせを工夫すれば違う味を楽しめます。
2019-07-26 12.45.34.jpg
このサラダが非常に美味しかった!私は『Telegraph Travel』のエクスパート・レビューを信頼していて、ロンドンに居を構えてからホテルや食事処を選定する際に大いに参考にしています。このサラダバーも、当該レビューで薦められていたので試したのですが、大正解でした。

直ぐ傍にベンチが沢山ある公園があったので、其処で食べても良かったかも。サラダ2種盛×2で€11・80でした。トイレはありませんので、ゆっくり寛ぎたい時や天候が悪い時、トイレを借りたい時にはお勧めしません。

The Rocket Man Food Co. HQ Princes Street店
no. 38 Princes Street, Cork City
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

地元ブロガーお勧めの歴史あるパブ『Sin É』
コークの中で歴史あるパブを紹介するパンフレットにも取り上げられていた、リー川を渡った一角にあるパブ。コーク出身のブロガーさんがコークでやるべきことを紹介したポストの中で紹介されていたので、昼間に訪れて地元のスタウトを飲みました。
2019-07-26 14.11.43.jpg
夜訪れればライブ・ミュージックを楽しめるようでしたが、私達が足を運んだのは金曜日の午後3時頃。それでも地元の人達がビールを飲んでだべっていたり、社員証を首から下げた人達が外のテラスで立ち飲みしていたり。

イギリス同様、アイルランドも仕事中にビールを飲むのは一般的なようでした。それとも金曜日は午後仕事が早く終わるとかあるのでしょうか…?
2019-07-26 14.17.40.jpg
このパブは昼間でも薄暗くて、壁から天井から様々な写真や名刺、ポスターなんかがペタペタ貼られていて、雰囲気満点。なんだかアイルランド人になったような気分でビールを飲めます。

コークの地ビールで有名なのは、スタウトの『マーフィーズ』(Murphy’s)と『ビーミッシュ』(Beamish)。マーフィーズはイギリスでも見掛けるビールで(テスコに売ってたような?)飲んだことがあったのですが、ビーミッシュは初めて口にしました(両社ともハイネケンの傘下に入っているようです)。

夫も私も「ビーミッシュの方がキレがあって、コクも深くて美味しい」という意見で一致。でも個人的にはビーミッシュよりはギネスが好きかな、とも思います。
2019-07-26 14.20.40.jpg
「スタウトは泡が落ち着くまで時間が掛かるから待っててくださいね」とバーテンダーさんに言われた通り、3分~5分という結構な時間かかって、泡が落ち着いてから出してくれて本格的。泡がクリーミーでとっても上手に淹れられていて、美味しかったです。

コークの日常を垣間見れますし、雰囲気も満点。バーテンダーさんもフレンドリーで親切でした。パイント2杯で€9.10でした。
2019-07-26 14.17.30.jpg
Sin É
8 Coburg Street Cork cork city
フェイスブックページはこちら

地元で愛されるインド料理店『Iyer's』
8人も入れば満席になってしまう小さなインド料理店。リー川沿いのポープス・キーにあり、有名な聖アン教会(シャンドン塔の鐘がある教会)に登っていく入口のような位置にあります。中心地からも徒歩5分程ですが、地元の人が食事をする場所という雰囲気でした。
2019-07-26 14.50.14.jpg
友達カップルと訪れたので外観を撮り忘れてしまいましたが、簡素で清潔な雰囲気のお店で、開店と同時に満席に。開店前から並んでおいて正解でした。こちらも前述のテレグラフのエクスパート・レビューお勧め店舗。

メニューは5種類ほどで多くはありませんでしたが、味は本格的。結構スパイシーで、辛い物が苦手な私は驚きましたが丁寧に作られている味がしました。ラッシーを頼んで正解でした。
2019-07-26 18.22.07.jpg
人気が高くてひっきりなしにテイクアウトを頼む人や席を待つ人が訪れるので、久し振りに会う友達と話し込むのには向かないお店で少し失敗しました。食べ終わったらさっさと出てジェラートを食べに行ったので、それはそれで結果オーライだったのですが。

トイレは借りれますし、美味しいので、チャチャっと食事を済ませたい人にはお勧めです。何故かレシートが見つからないので定かではありませんが、安価だった印象が残っています。
2019-07-26 18.22.11.jpg
Iyer's
38 Popes Quay Cork
フェイスブックページはこちら

大人気のテイクアウト和食店『Miyazaki』
サウス・カナルを渡ってエリザベス要塞の方に向かった場所にあるテイクアウト専門の和食屋さん。こちらも前述のテレグラフのエクスパート・レビューで高評価を得ており、人気も高そうだったので土曜日の夜に訪れました。
2019-07-27 18.13.16.jpg
このお店はテイクアウト専門店と言いつつ、カウンター席が少しだけ用意されていて、店内だけで食べられるラーメン等の店内専用メニューがあります。とは言え、殆どの人はテイクアウトしたりデリバリーを頼むようでした。

私達が店舗を訪れた際は店内は満席。テイクアウトしてホテルに戻るのも億劫だったので、諦めて目の前にあったアイリッシュ音楽の生演奏が行われているパブに代わりに入店。食事のメニューがあるか質問したところ、「今日はグリルドチーズサンドイッチとおつまみしかないんです。でも目の前にあるテイクアウト店から食事を持ち込むことが可能ですよ。ほらあのお客さん達は皆そうしてるんです」と。よく見ると、皆さん丼を箸で食べてました。
2019-07-27 18.49.10.jpg
これは渡りに船とMiyazakiに戻ると丁度カウンターが空いたのですが、既にパブでビールを飲みながら和食をつまむモードに入っていたのでテイクアウトで注文。するとお店の方が「20分~25分掛かります」と言うではありませんか。

既に支払ってしまったし、気分的にも既に和食とビールになってしまっていたので、大げさに言ってるんでしょ…とか思って待つこと25分。皆さんパブで飲みつつ待って、時間が来たら受け取りに戻っていたので、私達もそうすれば良かったです。本当に25分まるまる掛かりました。それでも皆さん待つんですから、相当の人気店です。
2019-07-27 18.49.15.jpg
でもいざパブに戻って丼を食べたら、人気が納得の美味しさ!日本に住んで美味しい和食食べ放題だったらここまでの感動は無いのだと思いますが、ロンドンでなかなか美味しい和食にありつけない環境に住む私達にとってはとびきり美味しく感じました(お米はイマイチでしたが)。

ただ量は多過ぎて、半分近く残してしまったので、量を半分にして値段も半額とは言わずとも€10位に抑えてくれると嬉しいのですが。丼2個で€28でした。ロンドンに来てくれないかなーと願ったお店です。

Miyazaki
1A Evergreen Street Cork
フェイスブックページはこちら

Miyazakiの持ち込みOKのパブ『O'Sho』
Miyazakiの目の前に位置するパブ。丁度我々が訪れた際にはアイリッシュ音楽の生演奏を行っていましたが、普段からカルチャー・イベントに力を入れているようです。お茶のテイスティングや淹れ方講座、生音楽の演奏等。
2019-07-27 18.15.04.jpg
Miyazakiの持ち込みを積極的に受け入れてくれるだけでなく、食事後の容器も嫌な顔1つせずに処分してくれました。しかもアサヒのスーパードライがタップであるので、スーパードライを飲みながら和食を食べるという海外生活組には涙が出そうな組み合わせを堪能できます。
2019-07-27 18.49.39.jpg
私は高校生の頃からアイリッシュ音楽が大好きで、引っ越しに次ぐ引っ越しで殆どのCDを処分した今でも数枚CDを所持しているほどです。その生演奏を聴きながら食事もできて、なんならコーク旅行の一番の思い出になりました。勿論、友達カップルと再会を果たしたのは除いてという意味ですが。
2019-07-27 18.46.03.jpg
若くて活気あるバーテンダーさんが居るカウンターで、日本の生ビールを頼み、人気和食店から持ち込んだ丼を食べながらアイルランド音楽を聴く。大学町でアイルランド共和国第2の都市(北アイルランドを含むとベルファストに次いで第3の都市)の、町全体としては景気が悪そうなものの、若者やEU域内から訪れている人達のパワーが感じられるスポットでした。
2019-07-27 19.26.41.jpg
パイントのビールを2杯で€12とコークにしては少し高めの値段設定でしたが、場所代だと思えば納得です。凄く愉快な夜でした。

O'Sho
13A Barrack St, Ballintemple, Cork, T12 Y720
フェイスブックページはこちら
posted by london-twosome at 19:55| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

アイルランドのコークでカフェ

快晴の火曜日のロンドン。ですが、本日は予報では天気が目まぐるしく変わり、曇った後は雨が降ったり、太陽が顔を出したり。夕方からは雷雨の可能性があるそうですので、気を付けてお出かけください。最高気温は20℃比較的涼しい1日になりそうです。

昨日は買い物やクリーニング屋以外は家で家事や雑用をして過ごし、薬を飲んで大人しくしていたのに、とうとう風邪をこじらせてしまいダウンしてます。ので、早速本題です。
*********************************************************************
さて、今回は2泊3日のアイルランドはコークの旅行中試したカフェの備忘録です。

今回のコーク旅行では由緒あるホテルに泊まったので安くはなかったのですが、ホテルの中では安い部屋にタイムセールで宿泊。よって朝食もついておらず、コークのコーヒー文化を試すべく朝食を2日ともカフェでとりました。

コークの名物カフェ『Alchemy Coffee and Books』
このカフェはコーヒー文化で名を馳せるコークの中でも有名なカフェだと思われ、フードツアーでも案内されるようです。中心部からは川を渡って徒歩10分程の少し外れた場所にありますが、観光名所である『エリザベス要塞』(Elizabeth Fort)の直ぐ隣なので、観光のついでに立ち寄れます。
2019-07-27 15.51.26.jpg
私達が訪れたのは土曜日の午後4時頃だったので、店内にちらほら空席があり直ぐに座ることができました。壁にはドリンクメニューがありますが、カウンターに並ぶスイーツのメニューはなし。

店員さんに口頭で説明をしてもらわねばなりませんが、嫌な顔一つせず丁寧に教えてくださいます。「全部美味しいって言ってるけど、本当に美味しいのよー」と笑ってましたが。
2019-07-27 15.32.57.jpg
私はキャロットケーキに似た味のハーブのケーキを。夫はアップルケーキを注文しましたが、両方とも大味で甘味が強かったものの美味しかったです。

コーヒーは今風の酸味が強い味。私達は好みではありませんでしたが、ブルーマウンテンとかこだわりのコーヒーがお好きな方は気に入るのでは?
2019-07-27 15.33.10.jpg
木の家具で落ち着ける内装の店内は、皆さんゆったりされていて居心地も良かったです。ラテ+アメリカーノ+ケーキ×2個で€14.20でした。

Alchemy Coffee and Books
123 Barrack St, Cork City
お店のFBページはこちら

川縁にあるカフェ『Union Grind Espresso Bar』
このカフェはWEBマガジンで薦められていたので2日目の朝食を食べに出掛けました。午前7時半から営業していたのですが、何故か午前9時からだと思い込み、その時間に訪れました。
2019-07-27 09.05.34.jpg
土曜日の朝はあまり外食をする人がいないのか、川辺を歩く人もまばらで、店内は貸し切り状態でした。店内で焼いているように見えたスコーンが美味しそうだったので、私はラズベリースコーンとラテを。夫はベジタリアン・ブレックファースト・プレートとラテを注文しました。
2019-07-27 09.14.01.jpg
食事は注文してから作ってくれるので、出てくるまで約5分かかり。ドリンクも食事と一緒に出てきました。
2019-07-27 09.14.06.jpg
このカフェのコーヒーは酸味が強すぎず、2人共好きな味。スコーンは外側はサクッとして中はしっとりで非常に美味しかったです。夫のプレートには食べられる花が添えられて見た目に可愛らしく。
2019-07-27 09.14.36.jpg
音楽が低めに掛かっている他は静かな店内で、陽の光を燦燦と浴びながら食事ができて、ゆったりとした気分に浸れました。以上で€14.70でした。

Union Grind Espresso Bar
4 Union Quay Cork
お店のFBページはこちら

こだわりコーヒーのカフェ『THE BOOKSHELF』
コーク内に2店舗を構えるお洒落なカフェ。朝食を食べたのは、目抜き通りであるオリバー・プランケット通りから1ブロック、宿泊したホテルの隣にあるサウスモール店。
2019-07-28 10.47.30.jpg
日曜日の午前9時に訪れたのですが、既に半分席が埋まる人気店でした。私達はブランチメニューから食事を頼み、コーヒーを飲みながらロフト席でのんびりと食事を待ちました。
2019-07-28 10.12.30.jpg
コーヒーは酸味が強めのサードウェイブ系の味。ここのコーヒー豆を購入しましたが、ベルリンでローストされた豆でした(確かデンマークのカフェでも使われていた豆だった記憶があります。サードウェイブの豆として有名な会社なのでしょうか)。
2019-07-28 10.23.30.jpg
ポリッジもあったのですが、私は焼いたピーチとマスカルポーネのトースト。夫はフムスのトーストを注文。自分でも作れそうな味でしたが、見た目も可愛く、外さない味でした。
2019-07-28 10.22.09.jpg
もう一つの店舗は、川を渡った先にあるビジネスパークのようなガラス張りの建物の1階に入っており、もっとピッカピカの店舗でした。そちらはディナーも提供しているので、夜まで利用できます。
2019-07-28 10.22.12.jpg
コーヒー豆をサウスモール店で購入しようとしたら、店員さんお勧めの豆を切らしており、もう一つのElysian店で買うように勧められました。そこで夫がアイスコーヒーを購入して飲んだのですが、「あ、美味しい」と思わず口にする位美味しかったようでした。
2019-07-27 19.55.25.jpg
コークは白人の世界だなーと感じることが多かったのですが、このカフェの店員さんは皆さん若くて、有色人種や英語が第一言語ではないと思われる方も多くて、コスモポリタンな雰囲気でした。食事やフィルターコーヒーが出てくるまで15分は待ったと思いますので、時間に余裕がある時にのんびりと訪れるのに向いています。

トースト×2+ラテ+フィルターコーヒーで€23.80でした。

THE BOOKSHELF
78 SOUTHMALL, CORK CITY
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 22:51| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする