2018年11月01日

ハリーポッターの巨大魔法の杖

雨がしとしとと降っている木曜日のロンドン。今日は午前中雨が降ったり止んだりするようですが、午後には上がり。夕方には太陽が顔を出すところも多いようです。本日の最高気温は12℃。でも雨が上がるに従って、段々と気温も下がるようなので、帰宅が夕方になる方は温かい格好をした方が良さそうです。

最近花火がよく上がります。最初は秋祭りでもやってるのかな?と深く考えなかったのですが、続くのでロンドンでは秋に花火が上がるのか?と不思議に思い始めました。調べてみると、11月5日がガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)という日だからではないかと気付きました。ガイ・フォークス・ナイトとは、1605年にプロテスタントであった時の国王ジェームス1世をカソリック教徒の一味が上院議場ごと爆薬を使って暗殺しようとした事件の首謀者が逮捕された日を記念して、民衆が祝うようになった風習とのこと。昔は焚火の上に火薬を乗せるという危ないことが行われていたようですが、段々と飲めや歌えやのお祭り騒ぎが加わり。現在の屋台で飲み食いしながら、ライブミュージックを楽しみ、花火を眺めるというスタイルに変化していったようです。

今週末は至る所でガイ・フォークス・ナイトに因んだ花火大会が開かれる予定です。屋台が出て音楽が聴けるエリアに入るのに£7-10のチケットを購入する場所も多いようですが、無料のイベントもあります(サッカー場とか)。お子さん向けにちょっと早めに花火を打ち上げて、大人向けにも夜打ち上げを行うというフェスティバルも多いようですので、お子さんと出掛けるのにぴったりかも。私達も風習を知るために、何処かには足を運ぼうと話しています。
*************************************************************************
さて、今回は2018年10月18日~11月12日までミレニアム・ブリッジの袂で展示されている、ハリーポッターに登場する魔法の杖を模した巨大パブリックアート『Lumos!』です。
2018-10-31 17.05.56.jpg
昨日はハロウィン。仮装とかデコレーションとかをする気は無いものの、なんとなくハロウィンらしさを味わいたいと、以前から見に行くつもりだったパブリックアートに足を運びました。
2018-10-31 17.20.28.jpg
場所はセント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)とミレニアム・ブリッジの間。10本の魔法の杖が並んでいる場所に、人だかりができているので直ぐにわかります。
2018-10-31 17.21.40.jpg
記事を読んで勝手に魔法の杖が光るのだとばかり思っていたので、わざわざ暗くなってから足を運んだのですが。何故か全然光っていませんでした。壊れたのか、元々光るわけではなかったのか、時間が早すぎたのか(午後5時半頃訪れました)…。ちょっとがっかりしました。(追記:午後6時45分以降灯りが灯されるとのこと)
2018-10-31 17.22.38.jpg
でも訪れた人たちは満足そう。スリザリンとグリフィンドールのローブを纏った青年がセルフィーを撮影していたり、お気に入りのキャラクターの杖の前で記念撮影をしていたり。まだまだハリーポッター人気が健在なことを感じました。
2018-10-31 17.21.13.jpg
わざわざこれだけを見る為に訪れるには物足りませんが、周りはロンドン観光の中心地。テムズ・パスを歩いたり、テート・モダンに足を運んだり、セント・ポール大聖堂を見物したり、シェイクスピア・グローブ座で観劇したりするついでに見に行けるロケーションです。
posted by london-twosome at 16:26
"ハリーポッターの巨大魔法の杖"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。