2019年10月23日

秋のキューガーデン

雲が多いものの青空も見えている水曜日のロンドン。なんだか週の始めに予想されていたよりも雨が多そうな今週。本日も午後3時以降小雨が降る予報が出ています。最高気温は15℃。風も出るようなので、用事を済ませるなら早めが吉。

昨日は久し振りに完璧に寝込んで、家事も放棄。お陰で今朝は体調がまだまだで水泳はできないものの、家事はできそうな感じまで回復しました。そこで2日ぶりに新聞やニュースに目を通しましたが、既にブレグジットがどんな状況なのか全然わかりません。昨晩採決がやっと行われ、取り敢えずEUとの合意案を通す望みは繋いだようですが、まだまだ予断を許さない状況のようです。

ハロウィンが近づき、元々はイギリス文化に無かった風習のようですが、ロンドンでもすっかり定着。色んなイベントが計画されて盛り上がっているようです。スーパーにはハロウィンのお菓子が並び、怪談を語る会やゴーストツアー、ハロウィンテーマのダンスパーティーなんかがずらりとラインアップされています。今年は怪談を聞きに出かけようかな?なんて思いますが、夜だからなぁ…と躊躇してしまいます。夜も出掛けられる体力と健康が欲しいものです。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)の秋の風景をお届けします。
IMG_9411.JPG
今回『Agius Evolution Garden』を見に行ったのですが、ついでに園内を少し散歩して紅葉狩りもしました。
IMG_9412.JPG
まだ見頃では無いように感じましたが、綺麗でした。写真に撮るとのっぺりしてしまうので、少しだけしか撮影しませんでしたが、風景のお裾分けです。
IMG_9408.JPG
樹木園の方が紅葉が楽しめるのでしょうが、そこまでは足を伸ばしませんでした。次回リベンジしたいです。
IMG_9407.JPG

IMG_9409.JPG
外周に沿って移動中に眺めた紅葉。

IMG_9446.JPG
赤い可愛らしい木の実が実っていたり。

IMG_9410.JPG
Clerodendrum(クサギ?)の美しい紫色の実がなっていたり。

IMG_9445.JPG
エボリューション・ガーデンの外壁沿いのボーダー。

IMG_9444.JPG
ロックガーデン(Rock Garden)にポツンと紅葉。

IMG_9447.JPG

IMG_9413.JPG
パームハウス前の池。

IMG_9414.JPG
posted by london-twosome at 03:05| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

キューガーデンの新ガーデン『Agius Evolution Garden』

まだ真っ暗な火曜日のロンドン。今週末夏時間が終わるのも納得の日の短さです。今朝は冷え込んで現在6℃しかありませんが、最高気温は14℃。予報も曇り時々晴れで太陽が出る時間は少し寒さも和らぐでしょうか。金曜日と土曜日に少し雨が降りそうですが、先週までみたいな連日の雨にはならなそうでホッとします。

今日は風邪が悪化してダウンしているので、早速本題です。
*****************
さて、今回は王立植物園『キューガーデン』(Kew Gardens)にこの夏新たに誕生した庭『Agius Evolution Garden』です。
IMG_9417.JPG
ダーウィンの進化論に則って、植物がどのように進化してきたかを感じられる、科学と園芸の融合を目指して新たに造られたお庭。オープン直後から行きたいと思っていたのですが、花の盛りだった夏は行きそびれてしまい。秋になってようやく足を運べました。
IMG_9436.JPG
この庭はベジタブルガーデンだった場所に構造はそのままに造られており、進化の過程に沿ってシダ類など原始の姿に近い植物から、どのように枝分かれしていったかを花壇を辿っていくことで感じられます。同じ門や網に属する植物が同一セクションや花壇に集められているので、その類似性を感覚的に掴めます。
IMG_9419.JPG
既に枯れている花も多かったのですが、花の盛りに訪れたら単純にその美しさを堪能できたことでしょう。秋でもウォールド・ガーデン風の庭が十分楽しめました。
IMG_9440.JPG
また隅の方にはベジタブル・ガーデンと果樹が残されているので、秋の実りも見られました。お子さんと一緒に訪れて勉強するのにも良さそうです。
IMG_9435.JPG
原始に近い形の植物から。

IMG_9427.JPG

IMG_9430.JPG

IMG_9428.JPG

IMG_9429.JPG
難しいので日本語で意味を調べても知らない概念。単子葉植物の花壇には、確かこんな植物が植えられていました。

IMG_9433.JPG
モクレン類の説明も。

IMG_9434.JPG
例として植えられていたのはこんな植物だったような…既に自信がありません。

IMG_9420.JPG

IMG_9426.JPG

IMG_9416.JPG

IMG_9415.JPG

IMG_9421.JPG

IMG_9418.JPG

IMG_9423.JPG
純粋に綺麗な花を鑑賞も。

IMG_9431.JPG
真正双子葉植物の説明。

IMG_9432.JPG

IMG_9422.JPG
例としてバラ目やホオズキが植えられていたような…。

IMG_9425.JPG
ワンポイントの植物の見分け方を教えてくれたりも。

IMG_9424.JPG
不思議な色合いのベリーがなる蔦は、確かに葡萄の葉っぱにそっくりです。

IMG_9439.JPG
庭全体の構造はウォールド・ガーデンぽいまま。

IMG_9441.JPG
果樹セクションには、果汁たっぷりで歯ごたえ抜群。とても美味しかった林檎の品種もありました。

IMG_9437.JPG
スクウォッシュ(カボチャ)もまだ少しだけ実ってました。

IMG_9438.JPG
フラムパレスでも野菜畑にマリーゴールドを植えてましたが、コンパニオンプランツなのでしょうか?

IMG_9443.JPG
posted by london-twosome at 01:34| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

リッチモンドヒルのペルシャ風カフェ『R & H cafe』

朝から小雨が降り続くロンドン。本日の予報は雨時々曇り。でも晴れ間が出る時間もあり、雨は午後2時前には上がる可能性が高そうです。その後も夕方まで降水確率が高めなので、傘は携行した方が良さそうですが。最高気温は13℃。土曜日の夕方から引き続き、寒い1日になりそうです。昨日は厚いウールの冬用コートを着たので安心して帽子を持たずに出掛けてしまい、あまりの寒さにとても後悔しました。もう冬の装いをする時期が来たようです。

2週間に亘ってセントラルロンドンで行われていた環境問題に対する行動を求めるデモ。もうすぐデモが終わるという頃、朝の通勤時間帯に地下鉄の屋根によじ登って地下鉄を止めた人を怒った通勤客が引きずり降ろして殴りつけるという事件が起きました。勿論暴力に訴えたのはいただけませんが、地下鉄や鉄道を止めることには個人的に解せない思いを抱えていたので、気持ちは分かると思ってしまいました。これから個人の自動車の利用を減らして、皆でなるべく公共交通機関を使おうと呼びかけているのに、その公共交通機関を混乱に陥らせてどうするの?!と。なんでもかんでもアタックするのではなく、きちんと戦略を立てて、きちんと政治家やビジネス、人々に訴えかける方法を選んで頂きたいものです。

今週はミッドタームの休暇で殆どのイングランドの学校がお休み。私の学校も休みなので、なんだか嬉しくなっています。先週から引いている風邪が週末の寒さで悪化したので、今日は温かくして大人し目に過ごします。
******************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外にある高級住宅街リッチモンドの見晴らしの良い丘リッチモンドヒルにあるペルシャ料理を味わえるカフェレストラン『R & H cafe』です。
2019-04-28 11.22.00.jpg
このカフェは前を通りかかる度に気になっていたのですが、いつも混んでいたので行きそびれていました。しかし夫が出張で不在の折、一人でリッチモンドに足を運んだ際に早めのランチで訪れるとすっと座ることができました。
2019-04-28 10.45.18.jpg
ペルシャ料理を提供するカフェなので、メニューも見たことも聞いたことも無いような物が多く。選択肢も多くはありませんが、ワクワクしながら選べました。説明は細かくされているので、何を注文しているか分からないということはありませんし、よく読むと馴染みがありそうなベーシックな料理も多いです。
2019-04-28 10.51.16.jpg
私は冒険してみたくて『Anjir』を注文。卵の中にセミドライいちじくやピスタチオが入り、蜂蜜が掛かっているという味わったことがない料理でした。
2019-04-28 10.35.19.jpg
これが甘みが強いのですが、驚くほど美味しく。ペルシャ風の紅茶で口の中をさっぱりするし、一人の食事がとても楽しめました。
2019-04-28 11.28.13.jpg
店員さんもテキパキしていてフレンドリーでしたし、食事は美味しかったですし、店内も異国情緒に溢れながらも落ち着いていて素敵。立地も見晴らし抜群の丘からもリッチモンドの地下鉄/鉄道駅からも徒歩圏内で便利でお薦めです。

R & H cafe
15 Richmond hill London, United Kingdom TW10 6RE
メニューや写真などの詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 00:57| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする