2019年06月29日

ケンジントン宮殿の庭

霞がかってはいるものの晴れている土曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。ヨーロッパを苦しめていた熱波が今日1日だけロンドンにも到達するそうで、本日の最高気温は33℃。でも昨日の最高気温も30℃だったそうですが、乾燥していて涼しい風が吹いていたので長袖で歩くと汗をかくくらいのもので、とっても気持ち良かったです。今日も今の所は快適そのもの。今日は夕方まで家の中でゴロゴロ週末版の新聞を読んだりして過ごそうと思っていたのですが、散歩しても気持ちいかも?と思い始めました。

ロンドンの西にあるシェパーズブッシュで19歳の学生が刺殺される事件が起きました。コンビニエンスストアの前で待ち伏せしていた男二人に襲われたのですが、どうやら人違いだったようだとのこと。これで13日間で8人が刺殺/射殺されたことになり、警察の対応が叫ばれていますが…。近年警察官が襲われる事件が急増中。結果として精神的に病んでしまい仕事ができない警察官も急増中とのことで、色んな問題が山積み状態。ロンドンはテロリストに狙われやすいので注意を怠らず、不審者を見たら直ぐに通報するよう改めて促されていましたし、怖がらずでも注意深く生活したいと思います。
******************************************************************
さて、今回はケンジントン宮殿の庭(Kensington Palace Gardens)を見物してきましたので、その風景をお届けします。
2019-06-28 11.11.02.jpg
前回ケンジントン・ガーデンズを散歩した事をブログに書くために調べていたら、初めてケンジントン宮殿の庭は無料で見物できることを知った私。今回用事でケンジントン・ガーデンズを通り抜ける機会があったので、ここぞとばかりにケンジントン宮殿の庭を見物してきました。
2019-06-28 10.52.03.jpg
先ずは庭の端に野生の草原のような草刈りをせず、芝生を植えこまずに雑草を生えさせたワイルドフラワー・メドウ(Wildflower Meadow)。

2019-06-28 10.52.54.jpg
第二次世界大戦の戦没者を悼むシンボルとして使われている赤いポピーですが、そもそも戦争で荒れ果てたフランスの荒野に一斉に咲いたことからシンボルとして採用されたというエピソードからも理解できるように、綺麗な花の割には雑草なんですよね。

2019-06-28 10.53.56.jpg
放っておくと至る所から生えてくるようで、散歩をしていると色んな場所で見掛ける花です。

2019-06-28 10.53.32.jpg
ボランティア先でも「それはポピーの苗だよ。雑草なんだけど、綺麗な花が咲くから抜かないでね」とか言われます。

2019-06-28 10.52.32.jpg
蜂などの虫を守る為にも、植物の多様性を保護する為にも増えてきている雑草をそのままにした野原。なんだか田舎にハイキングに出たような気分が味わえて、とっても気に入っています。

2019-06-28 10.52.19.jpg
この調子で増えてくれると嬉しいのですが。

2019-06-28 10.54.19.jpg
ケンジントン宮殿の花壇。

2019-06-28 10.54.57.jpg
終わってしまった花と咲く前の花が多く、少し端境期っぽかったですが、それでも綺麗。

2019-06-28 10.55.35.jpg

2019-06-28 10.57.18.jpg
細長い花壇にぎっしりと植えられた花。

2019-06-28 10.57.47.jpg
クガイソウ(Veronicastrum)と思われる紫色が綺麗な花とか…

2019-06-28 10.56.02.jpg
ヒナギクのような可憐な花とか…

2019-06-28 10.58.15.jpg
タンチョウアリウム(Allium spaerocephalon)と思しき可愛らしい花が。

2019-06-28 10.59.32.jpg
ヴィクトリア女王生誕200周年を祝う花壇を通り…

2019-06-28 11.01.10.jpg
ケンジントン宮殿のサンクン・ガーデン(Sunken Garden)へ。

2019-06-28 11.01.37.jpg
サンクン・ガーデンは1908年に遡る歴史あるお庭。

2019-06-28 11.03.01.jpg
池の周りをぐるりと種類豊富な草花が植えられた色とりどりの花壇が囲んでいます。

2019-06-28 11.00.59.jpg
サンクン・ガーデンの周りはTilia platyphyllos(ライムの木の一種なのでしょうか?red-twigged limeと書かれています)の綺麗なアーチに囲まれています。

2019-06-28 11.03.51.jpg
アーチには所々小窓があって…

2019-06-28 11.02.02.jpg

2019-06-28 11.02.43.jpg

2019-06-28 11.04.07.jpg

2019-06-28 11.04.15.jpg

2019-06-28 11.07.23.jpg

2019-06-28 11.07.43.jpg

2019-06-28 11.09.27.jpg

2019-06-28 11.09.44.jpg

2019-06-28 11.10.42.jpg
其々の窓からサンクン・ガーデンを覗くと違う花が見えて飽きません。

2019-06-28 11.02.26.jpg
サンクン・ガーデンと反対側の小窓を覗くと、フォーマルガーデンが見えます。

2019-06-28 11.05.29.jpg
見頃は4月~10月。春の庭を見逃したのが残念です。来年こそは。

2019-06-28 11.06.04.jpg
無料でこんな綺麗な庭を見せてもらえるなんて、ロンドン太っ腹。

2019-06-28 11.07.13.jpg
花壇を植え替えていくらしいので、これから用事で通りかかる度にチェックしたいと思います。

2019-06-28 11.09.04.jpg
Kensington Palace Gardens
Kensington Palace, Kensington Gardens, London W8 4PX
開園時間などの詳細は宮殿のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 04:53| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

バーンズのデリ&カフェ『&Feast』

曇天の金曜日のロンドン。本日の予報は晴れ。最高気温は23℃まで上がって暑くなるようです。明日は32℃まで上がると予想されていますので、週末の計画も暑さ対策を念頭において立てた方が良さそうです。

ヨーロッパは記録的な熱波に襲われ、スペインでは山火事が森林を広範囲で焼いています。フランスも国境で消火訓練を行うなど準備を始めたとのこと。学校が休校になったり、パリの地下鉄内の気温が38℃に達したりと、市民生活にも影響が出ています。ウィーンの友人は「こっちは暑いよー。今週は平均気温が30℃を超えてる」と書いていました。ロンドンは割と涼しくて、朝晩は長袖を着てるんですけどね。昨日は午後移動したら汗をかきましたが、本当に過ごしやすい気候でありがたいです。

今週は体調を崩して寝込んでいました。休み休み掃除や洗濯だけはしていたのですが、他は放棄。昨日の午後やっと回復して買い物ができるようになって、今日からはいつも通りとはいかなくとも用事を済ませられそうです。今週末は少しおとなしめに過ごして、体調の回復に努めます。
******************************************************************
さて、今回はロンドンの西の郊外にある高級住宅街『バーンズ』(Barnes)にあるデリ&カフェ『&Feast』です。
2019-05-31 15.17.42.jpg
このカフェは何時前を通りかかっても人気があるので気になっており、週末のグリーンマーケットに買い出しに出掛けたついでにランチを楽しみました。流石に混んでいましたが、直ぐに席に着くことができました。
2019-05-11 12.12.23.jpg
ただ、席が空いていたので注文をしようと並んでいたら、後から来た人たちにテーブルを取られてしまったので、先に席を取ってから交代で注文をする事をお勧めします。晴れた日に人気なのはやっぱり外にあるテーブル席ですが、私は日差しアレルギー気味なので勿論中に陣取りました。
2019-05-11 12.12.28.jpg
このお店は2004年にケータリング業としてスタートしたそうで、現在もカウンターで様々な総菜とサンドイッチ、デザートを並べて、お客さんが各々注文。お皿に乗った重さで総菜の値段を支払う方式です。
2019-05-11 12.13.27.jpg
お皿は小さい木製ですが、頑張れば3種類乗せられました。味付けは若者向けで濃いめ。スパイシーな物が多いですが、ぎりぎり美味しいの範疇に入る位の感じでした。
2019-05-11 12.13.33.jpg
しかし!ここのラテ&コーヒーは、ロンドンで今まで試した中で一番美味しかった(私達は酸味が苦手なので、サードウェイブと呼ばれる拘りコーヒーが好きではないのです)。夫と思わず顔を見合わせて「美味しいね」と言い合ったくらい。どちらかというと食事処という印象だったので、このコーヒーの美味しさは予想外でした。
2019-06-23 16.01.07.jpg
スイーツも甘さ強めでしたが、素朴で手作りしている味がして、健康志向っぽい作りな気がします。目の前に有名なバーンズの池もあり、コーヒーを飲みつつ休憩するのにもぴったりです。
2019-06-23 16.01.18.jpg
散歩のついでにケーキを購入してテイクアウトしたのですが、総菜やコーヒーも勿論テイクアウトが可能。周りのパン屋や八百屋、近くのグリーンマーケットと併せて買い物すれば、自宅で手抜きディナーをする事も可能。
2019-06-23 12.31.43.jpg
店内はノイズレベル高めなので店員さんとのやり取りがし難かったり、店員さんが何故かオーストラリア訛りが強くて聞き取りが困難だったりはしますが、皆さんフレンドリーでカジュアルな接客。店内もリラックスした雰囲気で、居心地が良いです。
2019-06-23 12.19.28.jpg
値段は安くありませんが、場所代だと思えば納得。バランスよく色んな野菜が食べられますしね。のんびりしたい週末にお勧めのカフェです。

&Feast
57 CHURCH RD, BARNES, LONDON SW13 9HH
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。
posted by london-twosome at 15:54| Comment(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

2019年6月第4週のリージェンツ・パーク

雲が多めなものの青空が顔を覗かせる月曜日のロンドン。本日の予報は晴れ時々曇り。夕方から徐々に降水確率が上がり、日付を超える頃から明日の午前10時頃まで大雨になる予報です。所によっては雷雨になるそうなので、お気を付けください。あぁ、また雨漏りしそうだなぁと憂鬱な気分です。最高気温は25℃。

先日用事でいつもと違う曜日にボランティアに参加したら、弱視で全く文字を読めない方が、補助してくれるご友人と一緒に午後だけ活動に参加していました。何の作業をするにも二人一組で取り組んでいて、社会参加を楽しそうにされていて素晴らしいと感心しました。イギリスのBBCをはじめとするテレビを見ていると、片腕が無い女性がお天気を報じていたり、車椅子の男性がトラベルレポーターとして世界各地で取材をしていたり、身長が1メートルもないと思われる男性が世界各国からトレンドを紹介していたり、ゲイの男性がLGBTQのリポートをしていたりと、多様な方々が活躍されています。

人間の脳は頻繁に目にするものに共感を持ち易い為、PCのスクリーンセーバーを世界各国の見知らぬ人々にして数秒ごとに画像が変更するように設定するだけで、世界ニュースに興味を持つようになるという研究結果が出ているそうです。毎日のように目にするニュース番組で、多様な方々を積極的に採用するのは多様性を認める社会構築に効果がありそうです。
******************************************************************
さて、今回は前回に引き続き2019年6月第4週の王立公園『リージェンツ・パーク』(Regent’s Park)の薔薇園以外の風景をお届けします。
2019-06-22 12.06.28.jpg
グレート・ポートランド通方面から入って直ぐにあるアヴェニュー・ガーデンズ(Avenue Gardens)。

2019-06-22 12.07.26.jpg
Liriodendron(ユリノキ属:チューリップ・ツリー)がここでも綺麗に咲いてました。

2019-06-22 12.07.44.jpg
ブロードウォークを挟んで東側の通路の花壇は未だに空っぽ。噴水の周りの花壇だけは綺麗に植えこまれていました。

2019-06-22 12.09.26.jpg
東側の通路の突き当り。

2019-06-22 12.10.50.jpg
ブロードウォークを挟んで西側の花壇は花盛り。

2019-06-22 12.11.05.jpg

2019-06-22 12.11.34.jpg

2019-06-22 12.12.28.jpg

2019-06-22 12.12.38.jpg

2019-06-22 12.12.50.jpg

2019-06-22 12.13.09.jpg
北側は青と紫の花が中心。

2019-06-22 12.14.25.jpg

2019-06-22 12.15.19.jpg
ライオンの花器(Griffin Tazza)の周りはパッションピンクがテーマカラーなのか凄く派手な色合い。

2019-06-22 12.14.30.jpg
まだ真ん中のアクセントになる背の高い花が咲いていなかったり…

2019-06-22 12.15.55.jpg
花が植えられていないスペースがあったり。

2019-06-22 12.16.02.jpg
黄色の花と大きな葉っぱで夏の雰囲気。

2019-06-22 15.12.06.jpg
ロンドンっ子達はピクニックが大好き。どんな狭い芝生にでも陣取っています。

2019-06-22 12.20.06.jpg
ライオンの花器の南側に広がる花壇。

2019-06-22 12.17.28.jpg

2019-06-22 12.17.38.jpg

2019-06-22 12.18.04.jpg

2019-06-22 12.18.39.jpg

2019-06-22 12.19.29.jpg

2019-06-22 12.19.45.jpg
こちらは豊富な色彩の葉っぱと鮮やかな色の花、面白いフォルムの植物が使われた高低差が上手く取り入れられた花壇。

2019-06-22 12.24.19.jpg

2019-06-22 12.27.10.jpg
ブロードウォークの東側に広がる芝生の空間(イングリッシュガーデン?)。

2019-06-22 15.31.02.jpg
瑞々しい緑が綺麗なジャパニーズ・ガーデン・アイランド。

2019-06-22 15.38.42.jpg
ザ・リージェンツ・バー&キッチンの前に咲いていたブラシノキ。

2019-06-22 15.39.36.jpg

2019-06-22 15.40.30.jpg
薔薇の花壇に挟まれて。

2019-06-22 15.42.51.jpg
アウター・サークルに抜ける小道沿いにあった花壇には、2020年までかけて草本植物を植える計画である旨を知らせる表示がありました。

2019-06-22 15.42.26.jpg

2019-06-22 15.43.28.jpg

2019-06-22 15.43.48.jpg
派手さには欠けるものの、シーズン毎に植え替えをするよりは手間暇が掛からず、環境への負担も少ないからでしょうか?

2019-06-22 15.46.30.jpg
暖かい日だったので、ボーティング・レイク(The boating lake)に沢山のボートが浮かんでいました。それにしても名前に創意工夫が見られないですよね…。

2019-06-22 12.14.00.jpg
posted by london-twosome at 03:48| Comment(0) | ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする